12392292 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

ラグビーより #おげ… New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (10月1… New! BROOKさん

ラグビーW杯、日本、… ショコラ425さん

台風18号の影響か… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2013.12.29
XML
カテゴリ:八重の桜
第50話(最終話)『いつの日も花は咲く』


「わだすは諦めねえ」by八重


それまで敵を撃っていた銃を空に向ける八重。
そして、この台詞。

解釈は色々あるのだろうけど
このところの流れから言えば、やはり
再び戦を学ばず」ということになるのかな?


襄が言った様に
彼も八重も種を撒いたところ。
世の中は戦争に次ぐ戦争で
この言葉は全く生かされていないけれど
いつか花開く時を信じる八重の図ぅ?

八重自身も
かつては銃を取り実際に戦いに身を投じていたわけだけど
今は頼母に「桜だ」と言われる女性になった。
つまり、この教えは八重個人の中では美しく強く花を咲かせていると?


この教えとは裏腹にキリスト教世界は戦争を多く引き起こしてきたし今もそう。
でも、それは聖書が間違っているのではなく
聖書を実行していないから…その通りに生きてはいないから。

つまり、逆に
聖書の教えに逆らえば全ては上手くいかない
ということを実証しているってことだ。

そんな世界にあっても
諦めない!と強い眼差しで言う八重の姿は
本来なら、私の感動どころのど真ん中に来そうなもんなんだけど
何かイマイチな印象だった>スミマセンスミマセン


視聴率のためのテコ入れってヤツか
後半に入り脚本家が変わったそうだけど
却ってマズかったんとちゃう?>個人的見解

前半は
八重自身は会津に留まり世の大きな流れからは蚊帳の外って感じで
まあそれは当時の女性の立場としては当然なんだけども
ドラマ的には話が2つに分かれてしまったし
それが対比的に描ければ良かったんだろうけど
ちょっとトーンが違い過ぎた…

というネックはあったものの

会津視点で描かれるところや
八重を始め実戦に参加する女性達の姿等
色々と見所はあったし緊迫感もあったと思う。

後半は明るさが出てきたのは良かったものの
能天気な感じにまでなっちゃってたし
軽~く薄~い話になっちゃってた気がする。

八重周辺はホームドラマの様相だったし
折角の会津視点の戦争、ひいては歴史感が
何か行ったり来たりでウヤムヤというか…

そのトーンの変化と共に
八重自身の内面の変化をドラマチックに描いてくれたら面白かっただろう。
でも、八重も、覚馬も、襄も…何だか薄かったなあ…と思うのは私だけ?


まあ
もしも聖書の基本的知識は誰もが持っているものとの前提であるならば
多少は脳内補完できるってもので
女でありながら鉄砲に惹かれ、やがて戦争に参加するまでになった八重が
最終的には「再び戦を学ばず」に至った物語―
とシンプルに受け取って感動すべきかもな。

そういう意味では徳富蘇峰と好対照になっていたし
彼との会話から銃を空に向ける象徴的なラストシーンに至るところは
面白い表現だよね。


ただ
同じく蘇峰と対照的な人物として位置していた蘆花が
「生きた人間を描かく」とか何とか言って
その姿だけは共感できるのだけど
書いていたものが『不如帰』って…

いや、読んだことはないんだけどさ
検索してみたところによると
大山巌の娘をモデルにした小説で
捨松を継子イジメをする酷い人間として描いているために
捨松は長いこと風評被害に悩まされていたんだとか…

「生きた人間」ってそれかい!?
って気がしちゃうしなあ…


つまりはそういう風に
綺麗綺麗に纏め様として
史実とは微妙に異なる薄いドラマになっちゃったんじゃ…

なんて思ってしまった>スミマセンスミマセン


いやいや
NHKでちょこちょこ流してる復興支援ソングを
まんま持ってきた今回のタイトルからして
これは被災地の人々を力づけるためのドラマだったんだ
と認識を新たにすれば、これはこれで良かった!
っちゅーことになるのかも>そうか?



でも、綾瀬はるかの八重は素敵だったし
オダジョーの新島襄は大いに支持するのだけどね。
他の登場人物達もそれぞれ良かったから
全体的には、このドラマ、好きだったと言えるかも。





☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1325-d152812f


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ            blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

☆映画&ドラマ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

ブルーレイBOX


桜もちチョコ


さくらゆらゆら







Last updated  2013.12.29 17:14:06
コメント(6) | コメントを書く
[八重の桜] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:『八重の桜』最終話(12/29)   BROOK さん
どうも中途半端な締め方だったような気がしてしまって…
やはり大河ドラマは主人公の死までを描いて欲しいです。

個人的には会津戦争が物語のピークでした。
その後の展開は、ちょっと苦手だったかもしれません。

http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312150002/ (2013.12.29 17:18:25)

 Re:『八重の桜』最終話(12/29)   神風スズキ さん
Good evening.
How are you ?

今日で今年の仕事は終了です。

日頃掃除しておりますので

別段することもございません。

自宅兼教室の周囲を見回る程度です。

明日から近場でスキー三昧、嬉しいなあ ♪

自分にとって今年は

全体的に良い年でした。

来年も背伸びせずじっくりいきます。

Have a happy Sunday night.
Thank you.

☆ 長崎から真心応援完了です ♪

(2013.12.29 17:28:25)

 Re:『八重の桜』最終話(12/29)   かとかと さん
結局、まともに見れないまま最終回を迎えてしまった…。綾瀬さんは好きだけど、「八重って誰?」とあまり興味がわかなくて…。第一印象も、「ああ、紅白の司会決まったな」くらいでした。
歴史ものは、作者の好みや贔屓で「ぼくのかんがえたさいきょうのしゅじんこう」化して史実と異なる人物像になったり、敵が本来は公正な人物なのに愚鈍に描かれたりとか多くて 実は苦手。八重はそんなところは少なめなのかな…。総集編で楽しみたいな、と思ってます。
レビュー、お疲れさまでした!
よいお年を…。 (2013.12.29 23:38:25)

 BROOK さん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
前半後半でハッキリと区別がついちゃって違うドラマみたいになっちゃってましたね。
やはり戦争をピークにした前半の方が見応えがあったと思います。
それが辛くはあったので早く明るくなってほしかったけど、明るい分ちょっと軽くなっちゃってた様な…
描き方によっては、なかなか深い物語になったと思うので、ちょっと残念かも? (2014.01.03 21:58:57)

 神風スズキ さん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
うわあ、スキー三昧!良いなあ!
私は寝正月もイイトコでした(^^;)
のんびりできれば、それでも良いのだけど、意外と細かい用事が多くて忙しないです。
でも、年が明けて、気持ちだけでも新しく頑張っていきたいです。 (2014.01.03 22:05:18)

 かとかと さん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
総集編は観なかったのですが、本編とはイメージが違ってた可能性もありますね。
私も新島八重さんって全く知らず、夫の新島襄が同県人ということで興味
が湧いたという程度です。
といっても新島襄のことも、そんなによくは知らないのですが(^^;)
でも、ドラマはやはり、タイムスリップした現代人みたいな人物になっちゃってましたね>話も軽くて薄かったし (2014.01.03 22:08:45)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.