13044808 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

また一週間始まった… New! らぶりーたわ子さん

【エール】第9週(5/2… ショコラ425さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

緊急事態解除したが… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2014.08.01
XML
ももちゃん@土屋太鳳さんが
次の次の、つまり次のAKの

ヒロインに決定!

というニュースに

おめでとうさんです!
という気持ちと共に

『花アン』ではオアシス的存在の彼女が
『まれ』ではツッコミどころ満載の典型的朝ドラ・ヒロイン
…になってしまったらどうしよう

という
今はまだ余計な心配をしている

…ひじゅにですが何か?



「笑えるわけないじゃん!」byかよ



まずは良かったところ2つ―

   ↑『花アン』には極めて貴重


1:かよちゃん

表情演技も良かったし
表情の作り方だけでなく
血の気の引いた様な力の失せた様な顔色も、また良し。

かよちゃん自身は何も語らず
厳密に言えば被害に遭う前の
プロポーズの様子ばかり断片的に口にし
茫然とそこにいるだけ…という演出も良かった。


2:村岡父

さすがにベテラン俳優であるだけに
ただ台詞で語られるだけの被害状況を
ちゃんと表情で反映させているところが良かった。

次男の死の知らせに
「探してみないと分からないじゃないか」
と怒鳴る様に言うところは
(もしかしたら『花アン』で初めてか、せいぜい二回目くらいに)
ちょいウルウルしてしまいましたぜ。



2つとも演技の問題で
ここはデン氏と通じるね。

比較しちゃイケナイんだけど
つい比較してしまう花子の演技は
宮本さんと通じてしまう?


演出の責任も大きくあると思うよ。

「1」 での
尋常ならざる経験をしてきたと容易に想像できる佇まいの妹に
本人が無事だったことを喜ぶだけでなく
「郁弥さんは?」「郁弥さんは?」とシツコクと聞く
KYを通り越して残酷な花子の図ぅ―は

演技力以前の問題だし(^^;)

「2」での
村岡父のナイスな表情演技に対し
「そんな…」と
何だか他人事っぽくて軽い反応過ぎる花子の図ぅ―は

まあ、ちょっと演技力も関係してくるけど(^^;)



あ、そうそう
もう一つ、良かったところが。

花子の語る『ナミダさん』の使い方。

『ミミズの女王』も『タンポポの目』も
個人のために書いたと言いながら雑誌社に売り込むのが先だったり
作品に対する皆の反応が作品の内容とズレてたり
…ただ単に
リアル村岡花子さんの著作をちょっこしエピに入れてみました♪
って程度にしか感じられないものだったけど

今回は子供達の涙にかけて『ナミダさん』
涙の海から抜け出す手段は“笑うこと”
そして上に挙げた、かよちゃんの台詞に繋がる


ちゅーことで

おお、何と!
『花アン』なのに話が繋がっている!
という驚異の現象に。

   ↑何だか「のび太のくせに」に似ているな


かよちゃんは笑えるわけないと言ってたし
実際そうだよなあ…と思うけれども

幸せだから笑うんじゃなくて
笑うから幸せになるんだよ


ムン・ヒジュンも歌っているぞ。

『笑って』というタイトルの曲だぞ。
原題は『ウッソヨ』だけど本当だぞ(寒

   ↑ヒジュンの曲を思い出させたので
   ここは特別の特別に「良かったところ」認定!>ぉ



ちゅーことで

かよちゃんは郁弥さんを拒否る形で
しかも「バカっちょ」という罵倒の言葉を最後に残すという
取り返しのつかない別れ方になってしまったわけだけど

物語的には定番って感じだから
逆にここのところが立ち直る鍵になるのかもね。


ところで

かよちゃんにこの台詞を言わせるために
聞こえる所で花子が再び『ナミダさん』を語らねばならず

語るためには語る状況を作らねばならず
お話をせがむ子供達が再登場する羽目になり

再登場のために親の行方が分からない(?)←よく聞こえなかった
という不幸設定が加えられ

一番哀れなのは子供達

だよなあ…やっぱ。


『ごち』とは逆にヒロインが援助を受ける側になり
故郷から懐かしの面々がやって来る―

というのは良しとして

そのために動いてくれるのは、やはり地主さんで
結局のところ

地主さんは良い人

ってのが『花アン』の一番のテーマ
つーか
終了後も記憶に残る部分になるかも?





☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1542-0e8580b5


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

関東大震災の想像力


炊き出しセット


『笑って』収録








Last updated  2014.08.02 14:08:04
コメント(4) | コメントを書く
[NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:笑って>『花子とアン』第107話   HIMU さん
 後悔と自責の念に苛まれるかよちゃんに、怒りとか反発という別の感情を呼び起こすきっかけになっているんでしょうか。今の所は、負の感情だけですが。
 関東大震災時、新聞社や印刷会社の被災で、新聞自体がようやく9月5日になってから発行されたとのことです。その間、東京から避難してくる人々の情報だけが頼りだったろうと思われます。5日目に東京に来られた朝市達は、地主さんの情報収集と判断力のおかげかと。ただ、お得意先にも届けるとかいう話なのに、息子の武が安東家の方について来たのが、?な所ですが。 (2014.08.01 18:18:38)

 Re:笑って>『花子とアン』第107話(08/01)   ぷよぷよ さん
今日は今までのに比べたら、わりと良く出来ていたかなとは思います。あくまでも今までと比べてですが。
黒木華さん、やっぱり上手い人だなと思いました。今日の茫然自失ぶり、悲しみの大きさが伝わってきたし、吉高さんも悪くなかった。今までだって、これくらい真摯に向き合って丁寧に作れば良かったのに。おとうの浮気とかくだらないエピソードなんて混ぜないで。
ももちゃんが来年の「まれ」のヒロインだそうで。ももちゃん好評だったから、NHKは視聴率取りに行くつもりで選んだんでしょうね。昔は初々しい新人女優の登竜門だったのに、今はある程度顔の売れた人を持ってきて視聴率取りに行く。視聴率、視聴率…。そんなものに左右されないところがNHKのいいところだったのに。人を育てようという気持も昔の方があったような。
今の私は、どんなにいい俳優、女優を持ってきても、NHKの朝ドラにせっかくの素晴らしい才能が潰されるのではないかという危惧すら抱いてます。現にそれまでは何ともなかったのに、朝ドラに出たために苦手になった女優さんもいました。
私には今、秘かに注目している若手女優がいます。
門脇麦さんという子ですが、この前まであっていた「ブラックプレジデント」というドラマで、すごくいい味出してたんですよ、彼女。
もしや、この麦ちゃんがNHKから目をつけられて来年の朝ドラヒロインになったらどうしよう…と内心不安でした。
だから、今回の件では胸を撫で下ろしてます。
良かった!麦ちゃんのこと嫌いなってしまったらどうしようと思ってたから。
(2014.08.01 18:54:18)

 Re:笑って>『花子とアン』第107話(08/01)   かとかと さん
次のヒロインは銀二貫、GMTの松岡さんかと思ってたけど外れました…。土屋さん、いいヒロインなら良いのだけど、事務所はこの花アンを見て何も思うところはなかったズラ?
黒木さんの力を持ってしてもキャラの薄さを覆う事ができなかったかよですが、今日のはよかった。また明日はいつも通りだろうけど……。今日の甲府勢については、視聴者がもう花子は無事って分かってるのに、要るかこれ?と。ついでにあさイチ。このタイミングで仲間さんでも黒木さんでもなく能年さんの映画プッシュ。要るかこれ??? (2014.08.02 00:07:44)

 Re:笑って>『花子とアン』第107話(08/01)   満を持して さん
便りのねえのはいい知らせ


リンさん使い方間違ってると思う (2014.08.02 10:47:11)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.