13291361 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

お医者さんもレジ袋… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

【半沢直樹(2020年版… ショコラ425さん

リヨーユーパンで、… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2015.02.25
XML
エマ役の優希美青さん
病気のため一時活動中止だとか…

『あまちゃん』の時はひたすら可愛かったのに
エマは何となし精彩が欠けると思ってたんだよね

え?
そんなことない?
充分に輝いていた?

ススススミマセンスミマセン!

とととともかく
ゆっくり療養してくださいまし

まだまだ若いんだ大丈夫だっ
15歳だなんて私の○○年も下だっ

…ひじゅにですが何か?



「年頃の娘が葡萄が発酵してるとこ見てて楽しいか?」by熊虎



↑この台詞、何だか笑ってしまった(笑)


冬が来る前に納品せよと
収史が言ったから
2月25日は石灰記念日


↑何のこっちゃ!?

いやいやドラマ内は既に夏。
時間がもうないからと
一馬君が考え出したのは石灰

実験は見事に成功し
残った葡萄酒は酸味が抜けてしまうため
甘味を入れて飲みやすくすることに。


甘くした葡萄酒は従業員に飲んでもらう
と、マッサンは言ってたけど
一般に売り出すことはしないにしても
味を変えるなんてマッサンの主義に反しないのかしら?

…と、ちょっと気になる。

まあ今は、そんなこと気にする状況ではないのだろうけど。
肝心のウィスキーだって今は味のことなんて騒いでないしね。

今は“未来”のために仕込み中。


その“未来”のためにある若者達は
戦争によって抑圧されている。

エマに嫌味を言う2人組の女の子は
その犠牲者と言って良いのだろう。

そんな中で初恋に胸を焦がすエマは
好対照であるし
本来あるべき姿なんだろうけど

色々な面で恵まれている苦労知らずのエマだけに
ただ単に浮いて浮かれて…いるだけの状態に見えてしまい
共感するまで行かないのが悲しいところ>こらこら


とはいえ、この浮かれ具合は
後の悲劇を盛り立てるためのものなんだろうけどね。

上記の2人組とは違う意味で
犠牲者になりそうな一馬君…

いや、ネタバレ読んでないし予告もちゃんと観なかったので
ひじゅにの誤解に過ぎない可能性は大なんだけども(^^;)

ベタな羽原流からしたら
やっぱ、そうだよね…って感じの今の展開だから。

マッサンの甥@姉の息子の名前も出てきたことだし。


にしても

エマ転ぶ

一馬、助け起こす

エマ告白


昨日の指切りに続き
何てベタな…(笑)

まあ、現代のラブストーリーなら
もっとフィジカルに行くところ
あくまでも純情に清らかに可愛らしい描写にしなくてはね。

それでも、この急進展は
石灰を加えることで酒石酸の精製が早まる様に
戦争が2人の心に影響を与えているっちゅーことかもね。


落した始業の鐘は何を意味?
始まりであることの宣告?
始まりであることの警告?



机の引き出し事件で一瞬対立したエリー&エマは
一馬君との恋にエリーが反対するフラグ?

エリー&エマに確執が生まれるのは
血の繋がりとか
外国人の子供ということで受けるイジメとかよりも
一馬君への恋が悲劇で終わることが一番の原因になる?

だったら凄く辛いことになると思うんだけど…

でも、朝ドラだから
そこは上手く修復させるのかな?






☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1748-a60eeeb8


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

石灰で防ぐ病気と害虫


一升瓶ワイン


恋いろ想ひそめし>5色のチョコレートあられ








Last updated  2015.02.26 13:13:31
コメント(2) | コメントを書く
[NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.