12389295 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

ラグビーW杯、日本、… New! ショコラ425さん

非国民と言われても… New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (10… BROOKさん

台風18号の影響か… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2015.11.04
XML
カテゴリ:ドラマ-1-
遂に最終回。
何だかとても寂しい気がする。

だから感想も大幅に遅れました>ぉ



「生きるって楽しいんだな」by一馬



一馬は障碍者の自立支援施設へ。

そこは、最初に暮らした洞窟に近い場所。
かつて両親や兄弟達と暮らした家にも近い場所。

つまり群馬県

ああ、ひじゅに地元に
こんな人がいて、こんな生き方をしてきて
そして今も生きている。


今回、さり気なく
御本人登場。


それも、最終的に一馬が
この地に居場所&自分なりの生き方を見出した
象徴ともいえるブルーベリー栽培に関するシーンで。

だから最後に
ドラマと現実とが繋がって
“今”に至って終わったところが良かった。

未来へと続く余韻を持って。


それにしても、感心したのは
丹波さん@施設の理事長。

一馬が携わることになった仕事@工事現場で出逢った
絵に描いた様な意地悪キャラの若社長の存在も
一馬が心開いた軽部さん@施設の事務員との突然の別れも
乗り越えるべきもの、そうして前進するためのもの…と
積極的な見方をするところ。

軽部さんの働きは凄く立派だし
彼女あっての、この結果ではあるけど
よくあるドラマみたいに(?)彼女の単独行動ではなく
丹波さんの指示によるものってところ。

情は勿論ある>寧ろ情で動いている
けれど
決して流されず、理性で判断し決断する
その柔らかい強さみたいなのが凄いと思った。


とはいえ、やはり
素晴らしいのは軽部さんの熱意。

山に逃げ出した一馬が
「シロ」と呟くところにはグッときたんだけど
その直後に軽部さんが現れることで
ああ、やっと、シロに匹敵する存在が見つかったんだな
…と思って嬉しくなった。

彼女との触れ合いは、まんま一馬の今迄の生き方を辿ること。
線路を行く一馬を追いかけることから
魚釣りから
最初に暮らした洞窟を訪れることから
一馬のシロに相当する、軽部さんのクロの話をすることから
一馬の両親のお墓に行くことまで―


この、お墓に行ったことで
一馬は過去から一歩踏み出すことが出来たんだろうね。

ところどころでフラッシュバックする両親からの虐待シーン。
縛られたり殴られたり…という行為そのものだけでなく
ていうか、それよりも
それが親から与えられた…というのが、あまりにも重い。

一馬はそれから逃げていたし、忘れようとしていたけど
親への思慕だって、やはりあったのだろうし
何十年も経ての再会がお墓だったわけで
そこに湧き上がった複雑な感情は、甘ちゃんひじゅにには想像もつかない。

車に戻ってから号泣する一馬の横に
一緒に泣いてくれる軽部さんがいて本当に良かったと思ったよ。


それにしても、一馬
山関係だけでなく機械にも強い
ってところが凄い。

それと
意外にボキャブラリーが豊富。

それだけ、人間との出逢いも豊富だったって証拠なんだろう。

野生動物の様に生きてきたといっても
言葉を持っている=人間、だから
本当の居場所は人間社会だってことだな。


恐さには耐えられたけど、寂しさには耐えられなかった―
そう言っていた一馬は

その寂しい心を埋めてくれた軽部さんが好きな
ブルーベリーを植え

そのブルーベリーをジャムにして売ることで
今度は多くの人達の心を喜ばせようとする。

この心の成長が感動的だった。




原作:加山一馬『洞窟オジさん 荒野の43年』
脚本:児島秀樹、吉田照幸
演出: 吉田照幸
出演:
加山一馬
(中年時代):リリー・フランキー
(青年時代):中村蒼
(少年時代):富田海人
宅間刑事:浅利陽介 / 桃園刑事:生瀬勝久
軽部久美:尾野真千子
丹波惣一郎:小野武彦






☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1990-2499c926


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

洞窟オジさん


ぼくを救ってくれたシロ


ラベンダー×ブルーベリージャム








Last updated  2015.11.05 14:31:14
コメント(2) | コメントを書く
[ドラマ-1-] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:生きる>『洞窟おじさん』最終話(11/04)   茉莉花 さん
ひじゅにさん、初めまして。茉莉花と申します。
もう何年も前からこちらを毎日のぞいては、ひじゅにさんの朝ドラレビューを楽しませていただいています。ロムってばかりですみません。
ひじゅにさんのドラマ分析もすばらしいし、常連さんのコメントも楽しく、え、そんな細かいところまで見てなかったわ、皆さん観察がすごいなーと録画を見直したりして楽しませていただいています。

さて、洞窟おじさんですが、なんとなく番宣で見て録画が4話たまって見始めたのですが、最初、子供が虐待されるシーンが辛くて、見るのやめようかなと思ったのですが、狂言回しのように入る刑事さんとのやりとりでなごまされて、2話まで見て、これはすごいわと思い、連れ合いにも無理やり見させて(割と強引なのでよくこういうことします)、結果、4話見終わって、両名とも感動して心が温かくなりました。見て、よかった。。。

おじさんご本人がチャーミングでよかったですね。凄まじい人生を送って来られたのに、魂が善良で、学校の勉強はしてこなかったけど聡明な方なんだなと思いました。

今年出版された本はアマゾンもヨドバシも品切れ状態だし、10年ほど前に出版されたのは市内の図書館に1冊しか所蔵がなく予約待ちが19人とのことで、単純計算しても1年待ちになるようだったので、駄目元で市内の書店を何軒か回ってみたら、運よく今年出版の分が手に入りました。図書館で借りるより、購入すれば印税も入り、おじさんの暮らしに何か役立つかもとも思い、少しうれしい気持ちもあります。

まだ本文は読んでいませんが、おじさんとリリー・フランキーさんとの短い対談、番組プロデューサーの解説、おじさんのサバイバル術図録もついていて、とってもお得だし、群馬にお住まいのひじゅにさんなら、もっと楽しんで読まれるかもしれません。お勧めです。

長々とすみません。久々に保存版を作っておこうと思ったスペシャルドラマでした。


(2015.11.10 12:35:03)

 茉莉花 さん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
私も番宣をたまたま観て、何となく良さそう…オノマチも出るみたいだし…程度で観てみたのですが
本当に凄いドラマという形容がピッタリの作品でしたね。
そうそう、経験されたことも凄いのだけど、何よりご本人が魅力的ですよね。
原作はまだ手にしたこともないんですが、そんな面白そうな特典付なら私も探してみようかな。
楽天内のショップもどんどん売り切れになっているみたいですね、急がねば(^^;) (2015.11.13 21:01:57)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.