13274626 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

小林誠司捕手、交通… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

コロナ東京367人過去… ショコラ425さん

メーキャップ教室に… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2017.03.06
XML
今日も今日とて
無駄に揉めてる主要登場人物達

この『べっぴんさん』ワールドでは
何事も短時間でアッサリ解決するんだから
騒げば騒ぐほど虚しいと視聴者は既に学習している

ましてや今のヒロインさくらの望みは
全て叶うに決まってんだし

↑投げやり

…ひじゅにですが何か?



「おう」by潔



↑台詞自体がどーのこーのじゃなくて
こう言いながら店に入って来る潔の仕草が
いかにもオヤジっぽくて印象に残った(笑)


では、もう一つ


「守るべきものは守らなあかんのや」by紀夫



お前が言うな!としか言い様のない台詞(笑)


さくら&健太郎の結婚が簡単に認められたと思ったら
今週になって後継者問題が勃発。

この時代、その意識は大きいと思う。
それを描きたいがために、さくらも健太郎も一人っ子にしたのか

…と一瞬思ったけど

龍一も一人っ子だし
正太君も一人っ子だし
悦子様の所も一人っ子だったよね。
あ、近江の孫も一人っ子だったよね。
この時代には珍しいパターンかも?

…単に脚本家が複数の人物を扱うのが下手なため?


前編後編が「対」になるよう構成されているのだとしたら
確かに前編で坂東家の後継者問題に関するエピはあったので
ここで持ってきたのだろう。

家を継がせるために潔を養子にした野上家と
坂東家の長女ゆりの結婚問題。

でも、そこは五十八お父さんの計らいで
ゆりが野上家に嫁入りする―
という結論になった。

その代わり、次女すみれが紀夫を婿に迎えたわけだけど
(リアルすみれ@坂野惇子さんは恋愛結婚だったらしいけどね)
紀夫自身の能力不足で“坂東営業部”は潔が継ぐことになった。


ちゅーことは
さくらが村田家に嫁入りし(村田の姓を継ぐ)
健太郎が“キアリス”を継ぐという結末か?


坂東という姓については近江の家があるし
実際のところ、墓を守っているのは近江の人々だしね。


さらに、もう一つ


「坂東の家に婿に行ってもええんやないかって」by健太郎


↑そうだよな、健太
そんなこたー構わないよな。
だって

目的は“キアリス”乗っ取り

だから>ぉ


どちらにしてもさ
ドラマとして面白くないんだから
「対」というより二番煎じにしか感じない(酷

面白くないだけでなく
同じ様なエピなのに意義も印象も変わってしまっているし。

…ああ、そうか

前編とはヒロインさえも変わってしまった後編。
テーマもまた然り。

前編における「べっぴんさん」は
“特別に良い物”という意味での別品で
思いを込めて作られ、受け取る人を幸福な気持ちにするもの


…だったけど

後編における「べっぴんさん」は
“特別に悪い物”という意味で
自己中な欲望で作られ、受け取る人を不快にさせるもの


…ってことかも?

さくらのキャラのヘンテコ具合は、まさにそれを表しているのね。
凄い、凄いよ渡辺!

しかもさ
前編と後編は別品(別物)でもあるよね。
脱帽だよ渡辺!


龍一が作ったホットドッグは美味しそうだった




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2486-596f5102


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


メガネケース


↓【クイズ】何故これが「ホットドッグ」なのか(笑)
鉄腕アトム 


ベッド






Last updated  2017.03.06 20:13:22
コメント(6) | コメントを書く
[NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:あいを継ぐもの>『べっぴんさん』第128話(03/06)   かりん さん
今日のさくら様の物言いにはほんとに頭にきてしまいました。いえ、わかるんですけど、若い時って、家を継ぐとか墓を守るとか、そういう事は個人の思いのはるか下にあるものだという事は。でも、相変わらず、自分たちのことばかりにしか目にいかないおばかキャラ炸裂してて、どうしても応援する気にならない。
まだ、私は、けんちゃんの嫁になる!と言うなら許せたんですけどね。

歳をとると、家の名前を継ぐとか、墓を守るとかって事は、面々と受け継がれてきた先祖の思いや繋がりとか感じてずっと重いものだなぁって感じるんですよ。

もちろん、板東の家は本家があるので、途絶えはしないですが、それゆえ、けんちゃんのところは、繋いであげないとね。と思うのです。それくらいの思いやりはないのかな。そんなに軽くないですよね。この問題。
まぁ、簡単に片付くんでしょうが、なんかとっても不愉快でした。 (2017.03.06 19:49:48)

 Re:あいを継ぐもの>『べっぴんさん』第128話(03/06)   継ぐもの さん
婿養子のノリオと、嫁に来たキミちゃんが、感情的になって(妻や夫よりも)、それぞれの家にこだわるというのはなぁ・・・。
坂東は本家があるんだから、さくら、おまえは嫁にいけよ。
健太郎が東京の大学に行って、がっくりきたのか、村田家のおばあさま(演じたいしのようこは、まだ40代)は、いつの間にか亡くなってたんだね。

それから龍一、本格的な食堂やるには食品衛生責任者がいないと、保健所の許可おりないぞ。

アトムのホットドッグ兵団は、犬を人間型に改造したサイボーグのお話だったかな。 (2017.03.06 20:59:43)

 Re:あいを継ぐもの>『べっぴんさん』第128話(03/06)   ぷよぷよ さん
昨日の、さくらの「考えが古い」という言い方にカチンと来ました。
開けた新しい考えのさくらに、視聴者が好感持つと思ってた?
ますますさくらが大キライになった。

昨日、「鶴瓶の家族に乾杯」に、芳根京子さんが出てました。
北部九州地区が、特に視聴率がよくないということで、福岡県糸島市(私が住んでいるところのお隣の市です)一生懸命にドラマをPRしてました。
北部九州地区が他の地区に比べて視聴率が低いのは、昔からそうであって、要は全国的に評判が悪いことを気にして、主演女優自らが立ち上がったのでしょう。
戦犯は、脚本家と演出、統括プロデューサーなのに…。
素顔の芳根京子さんは、とても可愛らしくて好感が持てました。
ロケは1月27日にあって、とある老夫婦のお宅に鶴瓶さんと芳根さんがお邪魔して、「べっぴんさん」再放送を観る場面があったのですが、ヒロインの芳根さんが出て来たのは、半分過ぎてから。それまでの間は、さくらのぶーたれた顔のドアップばかり。この頃はさくらの反抗期真っ盛りだったんですね。
ようやく出て来たかと思ったら、セリフは一言だけ。鶴瓶さんから散々突っ込まれていたけれど、芳根さん、笑顔でかわしていた。
何か健気だったなぁ。
ホントに、こんな酷い脚本と演出で芝居する俳優さん達が気の毒になってきました。 (2017.03.07 07:41:06)

 かりん さん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
良家で、一人娘で…となれば、小さな頃から教育する様に思いますけどね。
お嬢様なんですよね…ただワガママいうのがお嬢様だと脚本家は思っているのでしょうか。
「新しい女」を描きたいにしても…好き勝手を通すのが新しいこととは燃えないし(笑)
やはり、脚本家の知識とセンスの問題なんだろうな…と、どうしても思ってしまいます。 (2017.03.14 15:21:55)

 継ぐもの さん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
お返事めちゃくちゃおそくてスミマセンスミマセン!
私も龍一(勝二も)保健所の件はどうクリアしたのだろうかと思っていました。
まあ、そこまで考えてはいないんだろうなあ>脚本家が
ナレ死ならぬ写真死(?)が多いですよね…粋だと思っているのかなあ…
『アトム』はその通りです。 (2017.03.14 15:24:45)

 ぷよぷよ さん ☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
芳根さん、気の毒過ぎます…それじゃあ公開処刑みたいなもんじゃないですか…
でも、ある意味、彼女がヒロインとは名だけでそんな扱いを受けていることを訴えているものにもなったかも?
それに、そんな場に、さくらの中の人が出演することになっていたら余計に嫌ですね。
芳根さんは女優としてこれから伸びて行く人だと思うので、めげずに頑張ってほしいです。 (2017.03.14 15:27:43)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.