000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

永遠なる愛&英会話 New! 神風スズキさん

昨日、不思議な夢を… New! yuu yuuさん

パスタランチ New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (3月… New! BROOKさん

べっぴんさん 第1… New! レベル999さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2017.03.13
XML
物知らずひじゅになので
上地雄輔さんのこともよくは知らないのだけど
アイドル的人気のある人なんでしょ?

「キャメダです」

…こんな役でファンは怒らないのかな(^^;)

例えば『あまちゃん』の前髪クネ男とかなら
寧ろ嬉しい起用だろうけど

あれとは役も作品も天と地ほど違うってことは
『あまちゃん』イマイチだった私にも分かるぞ(笑)

…ひじゅにですが何か?



「掃除洗濯料理くらいしか、することがないんやからね」byゆり



子育てを終えた専業主婦@ゆり―

小娘さくらには
もはや、すべきことなど何もないだろう…的なことを言われ

定年退職する従業員には、
生きがい=仕事なのに、仕事をしないなんて…的なことを言われ

そして今回、栄輔さんからは
家事しかしない毎日なんて勿体ない…的なことを言われ

開き直ったかの様な、もしくは自虐的な
上記の台詞を口にする、ゆり。

手伝おうともしない、さくらは勿論
気を遣ってみせる栄輔さんにも何もさせないのは
甘やかしというより、ゆりなりの意地の表れ?


知らない間に自宅で英語教室を始めている、ゆり―

「ご近所のお母さん方に頼まれて」
だったら、そう頼まれている様子をチラリとでも出せば良かったのに。

イチャモン?

ゆりと英語というと、明美が彼女に英語を習いに行くという
ナンダカナ…な印象しかなかったエピを思い出すもんで(^^;)

実際、イキナリ映画好きとカミングアウトしたり
そのせいで映画版『キアリスガイド』の脚本担当にさせられたり
明美がクローズアップされている。

ゆりのイキナリの英語教師エピも
そっちに関わる伏線(?)のつもりで入れてきた様な気が…

考え過ぎ?


その映画化へ向けての道のり。

1:メリヤス機械の行方―

“エイス”倒産で気に掛かっていたのがこれ。
そしたら「機械は何とか守りました」とのこと。

おお、珍しく細かい設定を忘れるどころかフォローを入れたわね!
と感心(?)していたら
「予想以上に経費がかかっちまいまして」とのこと。


2:縮小と「夢」、守ることと停滞―

その「予想以上に経費が…」が縮小に繋がり
健太郎の暴走と真正面にぶつかることに。

何と何と健太郎の暴走は彼の「夢」が動機となっていた!?

門前の小僧のハズなのに、本人も知っていることを売りにしていたのに
実際には“キアリス”の真髄を全く理解していない健太郎。

原点であるハズの肌着を疎かにしてカラータイツを並べたり
鬼嫁さくらに文句を言われてもライセンス契約に躍起になったり…
そんな彼の「夢」が、すみれ達のそれとは全く違うものなのは明らか


3:すみれの「何か…何かな…」攻撃―

折れる気の全くない健太郎を制したのは
ノホホンすみれの映画企画。

経費がないというタケちゃんに
「自費」という印籠をかざす明美。

元々これはお金持ち連中のお話だってことは分かってるけどさ
今はオイルショックで大変な時期なんでしょ?
戦中戦後を思わせるほどの混乱期なんでしょ?

まあ、何をやっても上手くいくことに決まっているドラマだけどさ。


こうして、映画制作決定!

ナンダカヨクワカラナ…
いやいや!
健太郎の「夢」という名の野心を制したのは、すみれの「夢」!
ちゅーことでせうか?

そして、健太郎が遂に“キアリス”真髄に気付くという流れ?


調べてみると、実際にリアル“キアリス”@“ファミリア”が
映画を制作したことは事実らしい。

ただ、それは創業30周年記念事業として企画されたもの。
『キアリスガイド』に相当する『ファミリアガイド』を
映像化したというものではなかった模様。

『キアリスガイド』の様に多くの人が日常的に参考として用いるには
現在の様にDVDやブルーレイ等が普及していたわけでもない当時では
ちょいと無理があるんじゃないのかなあ…
あちこちの映画館で上映するつもりなのかな?
オイルショック云々を抜きにしても何度も足を運べる人は少ない様な…



ともかくも
監督:紀夫
カッコイイから

助監督:タケちゃん
紀夫が一番頼りにしている存在だから

主演:藍ちゃん
「お母さんも一緒に」が激しく不安

脚本:明美
加えて映画に詳しいから
キアリスガイド』は彼女の知識が土台だから


明美の前者(映画に詳しい)は取って付けだよな(笑)

「仕事帰りに」と言ってたけど
“キアリス”本店とは並びの“レリビィ”二階に住んでるんだよね。
どんだけ遠回りして帰ってんだ?

『さくら青春篇』では「仕事帰り」に“ヨーソロー”に通ってたし
都合良く使われてんなあ(笑)

後者(知識)はその通りだけど
文章が固くて可愛気がないとかで、すみれに代わったんだったよね?
脚本なら良いの?
台詞はどうなるの?
今回も途中で交代なんて事態にならなきゃ良いけど。




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2493-3a54d930


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


ゴッドファーザー


シネマ食堂


ベストバリュー(ブルーレイ)






Last updated  2017.03.14 08:23:42
コメント(4) | コメントを書く
[NHK朝ドラ-3>あまちゃん~べっぴんさん] カテゴリの最新記事
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.