12698642 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

木曜ミステリー『科… New! レベル999さん

冬ドラマ視聴率一覧… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

スカーレット  電… New! らぶりーたわ子さん

正月休みが多くて疲… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2017.07.05
XML
宗男叔父さんに子供がいたとは
それも3人も…

お父さんなのに自由過ぎる(笑)

名前は上から
勇気・元気・丈治(ジョージ)

早苗さんがリンゴ好きなら
私はジョージ!
と思ってたので嬉しい

4人の内、日本人の名前に当て嵌めるには
ジョージが一番無難なわけだが>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「そんなことに慣れちゃあダメだ」by滋子



↑今日はこの台詞にウルッと来たわ

宗男叔父さんの妻だけあって
しずちゃん@滋子さんも、人が好くて熱い。


赤飯弁当は無事に完成。
この点でのドジ話はなかった。

なくてホッとしたとも言えるけど
メインの話を進めるために皆が一緒になるのに
不自然でないシチュエーション作りのため…感が強い>こらこら


場を和めるオチ要員という役割ばかりだった祐二&啓輔は
今回は逆に今回の件に刺激されて
「お赤飯くん」
「ごま塩くん」
という新しいマンガを思いつく。

叔父さんの話でも、戦争でもなく
みね子が感じていた様に皆で働くことの楽しさでもなく
食べ物…というところが「らしい」っちゃー「らしい」し

それで今迄にない傑作を生みだすこととなり
遂に成功!というハッピーエンドになるなら素敵だけど

やっぱダメダメ
…という、しょーもないオチになったとしても
やっぱ「らしい」


夜明けに『夜明けのうた』を口ずさみながら
最後の仕上げをする女性陣。

早苗さんにもソロの番が回って来たところで
画面が変わって皆の合唱に切り替わったところは
幸いなるかな?

大きなおたまを持って歌う真似をする一郎さんは
ハッキリ言って面白くはないけど>ぉぃ
イカニモ素人の中の、ヒョウキンなキャラという立ち位置の人が
イカニモやりそうなことなので、ある意味リアル(笑)


そして、短い眠りにつく人々。

島谷さんの部屋に、秀さんはともかく叔父さんまで一緒にいるのは
ちょっとばかし違和感がないでもないんだけど>ぉ
まあ、叔父さんは誰とでも親しく(もしくは馴れ馴れしく)するのが
上手い人だけどね(笑)

そんな叔父さんにビートルズのチケットを差し出す島谷さん。
このために、彼の部屋に叔父さんを…感が強い>こらこら


みね子が歯磨きの懸賞に躍起になっていた時に
島谷さんが受け取って表情を和らげていた手紙が
そのチケットだったのか?

クラシック好きでビートルズにはさほど興味がないという息子に
意向を聞くとかもなくイキナリ送り付ける両親って…

お金はあるしコネもあるしで、チケット入手は簡単だから
何てことのない、本当にちょっとした、プレゼントなのかもしれない。
「悪気はない」どころか、息子に良かれと思ってしているのは確か。
もしかしたら、最新のもの、世界的なものに触れさたいという前向きな親心。

でも、この行為には、少~しばかり
独善的とか、押し付けがましさとか、親のエゴって言葉が浮かぶな。

それが島谷さんが背負っているもの?

今、一人暮らしをしていて
学校の勉強だけでなく、世間をも学び始めていて
自分とは正反対の、みね子の様な境遇の人々もいると知って
「恥ずかしい」
「やりきれない」
と感じている島谷さん。

「可哀想な子と思われたくない」という
みね子の小さなプライドとは真逆の
罪悪感、後ろめたさ…

それが島谷さんの苦悩?


それを感じ始めた島谷さんが、みね子に惹かれるのは
必然っちゃー必然だけど…

逆に脆い気もするので、そこが心配。


チケットを見知らぬ女の子にプレゼントする叔父さん。

これってどうなのかなあ…
ちい~っとばかり違う様な気もするけどなあ…


叔父さんにしてみれば

ビートルズと同じ東京の空の下にいる―
ってことで、思いは完結しているのかもしれない。

皆に全てを話したことで、区切りも付けられ
今の自分の生き方にさらに確信を持てたのかもしれない。

思いを音楽に乗せて叫ぶ―
それで叔父さんの目的は果たせたのかもしれない。

でもなあ…


ビートルズ・ファンの女の子達は度々映っていた。
ボンクラひじゅには全く覚えてないけど、彼女もいたのだろう。

そんな彼女達を叔父さんが何度も見ていたとか
できれば、ちょっと話もしたことがあったとかなら
まだ分かるんだけど…
(まあ、雨の中で叔父さんがほぼ一方的に挨拶したことはあったけどさ)

それとも、彼女が“すずふり亭”の前で泣いていたのが重要なのかな?

件の米兵とも、その時だけの、偶然の出逢いだった。
それ以前から特別な存在だったわけではない。
例の一件こそが全てで、それが特別だった。

それで叔父さんが変わった様に
彼女も、チケットを貰ったことを切っ掛けに
今後の人生が変わるのかもしれない。

それこそ「後のロック評論家」となるみたいにさ(笑)

まあ、ならないかもしれないし
ならない方がリアルではあるけど
でも、叔父さんだってひとかどの人物になったってわけじゃないし
内面の何かが変わることは確かだと思うので

それと重ねているのかな…
一応そういうことにしておこう>ぉ


ともかくも
「良い人」ワールドはどんどん広がって行く―




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2608-6a86959c


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


勇気


元気


ジョージ






Last updated  2017.07.06 12:37:56
コメント(2) | コメントを書く
[NHK朝ドラ-3>あまちゃん~ひよっこ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.