10836849 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

怖い!地震 New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

劇場鑑賞「空飛ぶタ… New! BROOKさん

半分青い<デビュー… ねむにゃんさん

ネタバレ【半分、青… ショコラ425さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.03.05
XML
​​​​​​中国に慰問団を送ったのは史実なので
それを取り上げること自体は良いと思うけど

史実とは全く違う隼也の恋愛騒動に
3週間(だっけ?)もかけた後だし

史実に基づいたマーチン・ショーや25周年記念イベントは
台詞のみで終わっちゃったわけだし

何だか白々しいというか
シラケるんだよなあ…

…ひじゅにですが何か?



​「あん時から大事なんは愛と自由やったんですね」​byてん



↑知らんがな


昭和14年(1939年)―

4年のワープ。
その4年の間に
さすがのてんも栞様も少しだけ老けて、髪に白いものがちょっぴり。

先週まで全く年を取った風がなかったので
やっと…と言うべきか
今更…と笑うべきか。

あ、『わろてんか』なのだから笑うのが正解ですね。


「何やまた俺に名無しの手紙が来てな」

史実では隼也に相当する人は若くして亡くなってしまったけど
ドラマでは駆け落ちという形にしたので
このまま“なかったこと”にするわけにもいかず
「名無しの手紙」という形で後日談―

隼也は川崎で工場勤め
結婚し、子供も誕生
男の子で、名前は藤一郎

…とのこと。

下働きを嫌がったり
自分がしたいことには立場を超えて暴走したりしていたのに
分野の違う仕事+雇われる立場で満足しているのだろうか?
もしかして、それが新たなる暴走に繋がるのだろうか?

結婚したといっても
相手は、つばきなのだろうか?
お互いよく知り合わないまま一緒になって
合わない部分がどんどん出て来る時期ではないのだろうか?

子供の名前は藤吉から取ったのは明らかで
父親を超える生き方をしたいという“夢”が
今更ながら浮上してきた証拠ではないのだろうか?
結果的に親をないがしろにしてしまったことを
今になって悔いているのではないだろうか?

つまり
​こんなはずじゃなかった…​」という思いに囚われていて
それが風太への甘えの形で表れてきているんじゃ?

…と
ヒネクレひじゅには斜めな見方をしてしまうのであった(笑)


それよりも今週は慰問団―

「演芸を通じて民心を纏め、聖戦完遂に資するべく
協力をお願いしたいのであります」
まずは軍からのお達し。

戦争になると、どうしてもどうしてもこの手の難問が持ち上がる。

これって、それこそテーマに大きく関わる問題だと思うので
どこまで真剣に取り組んでくれるか、どこまで描けるか
これからの展開で『わろてんか』評が覆る可能性も…ないこともない?

「是非、北村笑店の芸人さんらで慰問団組んで
戦地に行ってもらえんかと」
楓さんが世話になったという(後出し)新聞記者からの依頼。

ここがクライマックスとなるのかな?
隼也達をどう絡ませるか(絡んでほしくないけど)も問題だな。




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2840-f3e8753a


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
         blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

わらわし隊


修身の教科書


昭和14年・1939年生まれのワイン


​​​​​​






Last updated  2018.03.05 21:52:42
コメント(0) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~半分、青い。] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.