12792861 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

火曜ドラマ『恋はつ… New! レベル999さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

スカーレット、カレ… New! らぶりーたわ子さん

冬ドラマ視聴率一覧… ショコラ425さん

コロナウィルスが怖… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.03.26
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​父が風邪をひいて帰ってきたと思ったら
しっかり感染ってしまった(^^;)

だから今日の感想は
風邪熱に浮かされて書いたので>熱は出てないけど
話半分にお読みくださりませ

…ひじゅにですが何か?



​「くそったれ! ええ加減にせえ!」​byアサリ



↑実際に空襲なんぞを経験したら、こう思うだろうな



何と!
アバンは​栞様​のアップから―

やっと退場fできたと喜んでいたのに
どんだけ頼るのよ?>ぉ


てん達の疎開先は滋賀県。

あれ?何か既視感?
と思ったら
『べっぴんさん』の疎開先も滋賀県だったよね。
あっちは近江で、こっちは米原。

…なんてことは置いといて


何と!
てんの妹​りん​の夫の従兄弟の家だとか。

今迄にも何度となく、りんに助けられてきたよね。
最近では『月刊キタムラ』のスポンサー。

困った時のアメリカ頼みの次は
​困った時の、りん頼み?​


つーか、実家頼みだな。
借金を申し込みに行ったときからずっと。

現実はともかくドラマとして見た場合
覚悟の上の駆け落ち+夫婦で未知なる世界への進出と成功
というヒロインの道程が少しばかり緩やかに感じられてしまって
効果的とは言えない(つーか、逆)と思うけど…

どのみち、吉本せいさんは駆け落ちはしてないわけだけど(笑)


そして、​​西川きよし​登場。

吉本枠ということなのでせう。
大阪にも吉本にもなじみのないボンクラひじゅにだから
彼の存在に伴う“何か”みたいなのは感じられないので

彼の姓が横山​​
台詞が「お笑いなんてくだらん!」
なのは、笑えるどころか、ちょっとイタイ>スマソ


最初の食事風景。

「これだけ?」
あまり良い印象ではないけど
藤一郎はまだ子供だから―
長旅してきた後だから―
今迄は、食べる物には大して困ってなさそうだったから―
と、割り引いて聞いていた。

「はい、小判一枚どうぞ」
お金に例えちゃうところがナンダカナ…と思ったけど
子供相手だから―
その方が分かりやすいしインパクトもあるだろうから―
そう例えたくなるほど大きくて綺麗なサツマイモだったしな―
と、割り引いて聞いていた。

その後、藤一郎にばかり次々とサツマイモをやるところは…
まあ、つばきにとっては姑の行為に倣わないわけにもいかないしな―
トキだって、お嬢様の手前、自分の娘にやるわけにもいかないしな―
と、ちょっとばかりモヤモヤした

で、さらにその後、藤一郎と飛鳥の追いかけっこには…

それこそ、子供だから―
イカニモ子供らしいやりとりだし―
と、思いながらも、何かイライラ。

​底意地わりーな、藤一郎!​

↑そう思ってしまう、ひじゅにこそ子供?


ドラマとしては
つーか、吉田としては

これと大根の件とは
微笑ましいシーンであり
まさに「辛い時こそ笑う」を体現したものであり
それらに目くじらを立てる西川きよしは
「笑い」を理解しない唐変木ってことなのだろうな。

ままままさか、きよしがてん達の行動に打たれ
改心し、「お笑い」を受け入れる
…ってところに、このドラマ全体のテーマを象徴(もしくは集約?)
するという算段?

何しろ、今週は最終週だから。


一方、大阪に残った連中はシリアス展開。

こちらのパートにヒロインてんを置かず
芸達者の風太に任せたのは正解かもね>ぉ

何故か「喋らん漫才」から「喋くり漫才」に宗旨替えしたみたいな
ミスリリコアンドシローだったけど
空襲警報に脅えるリリコや
一転して逃げ惑うシーンになるところや
「僕の手離したらアカン!」と叫ぶシローや
(ももももしや『マッサン』オマージュ?)
はぐれたキースの名を呼ぶアサリ等の様子は良かった。

風太はちょいとやり過ぎ感もあったけど
勿論、寄席小屋に対する思いの大きさ故の行動だけど
その思い入れの部分が素直に伝わって来るほど
積み重なる描写はなかったからなあ…(^^;)


ちゅーことで、​最終週の第一日は終了​

あ、その前に
大阪の状況を知らされ同様する、てん質の図ぅ―
があったけどさ

「山越えなあきませんから」
の台詞に持ってかれてしまった(笑)

地理も当時の交通事情も(現在のもだけど)
知らない無知ひじゅになので

え?
山を越えて来たの?
徒歩で?
子供連れで?
その割には大して汚れてもいなかったし
付かれた様子も感じられなかったけど?

と、変なところで動揺してしまった(*^^*;)




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2859-880b9c0e


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
         blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


だいこんチョコレート


小判でなく大判焼き


黄金色に輝くモンブラン


​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2018.03.26 15:36:23
コメント(0) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~スカーレット] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.