10863381 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

美味しい!爽やか!… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

ネタバレ【半分、青… ショコラ425さん

WJ2018年28号、29号… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.05.22
XML
​​​​​​​​​律だけでなく
まー君の旅費も出してくれた秋風

鈴愛が帰れるように
予め切符を用意してくれていた秋風>それもグリーン車

そもそも
自分に非があったとはいえ
下っ端も下っ端の鈴愛のために
ワザワザ関西まで出かけ、謝罪し
鈴愛の「調子乗り過ぎ」な振る舞いや要求を飲み
迎え入れてくれるのだから

変態どころか人格者だな

寧ろ変態は鈴愛達の青い部分(半分)
成虫になるためメタモルフォーゼ中

周囲の大人達は
優しく導き
優しく送り出し
優しく見守ってくれる存在

…ってわけ?

…ひじゅにですが何か?



​​「領収書は切ってね」​by秋風



菱本:はい、“オフィス・ティンカーべ…”
 あ、先生、いかがなさいました?

秋風:今、岐阜の猿…じゃなかった、鈴愛君の家を出たんだが
 駅はどっちの方だっけ?
 いや、今夜はホテルに泊まることになっていたんだっけか?

菱:案内役のタジオとオタマジャクシはどうしたんですか?
 彼の実家に訪ねてみては?

秋:そっちにも、どう行くのか分からないんだ

菱:では、私から電話しておきますから
 先生は分かり易い所で待機していて下さい

秋:分かり易いって何処だよ
 ここが何処かも分からないのに

菱:何か目立つ建物とかありませんでしょうか?

秋:え~っと…え~っと…
 あ、角の向こうに食堂がある
 ​“つくし食堂”​とか書いてある

菱:そこ、鈴愛さんの実家ですけど

秋:あ、そ、そうか…
 いや、戻るのも恥ずかしいから
 ここで待ってることにする

菱:で、ちゃんと謝罪できたんですか、鈴愛さんに?

秋:勿論じゃないか
 一家揃って頭を下げてくれたよ
 どうせなら、父君にフライング土下座してもらいたかったな

菱:向こうに謝らせてどうするんですか!?

秋:僕もちゃんと謝ったよ
 おかげで岐阜の猿…じゃなくて鈴愛君に写真を撮られた
 「この様なことはもう二度とないと思ったので、記念に」
 なんて言われちゃったよ

菱:ああ、確かに滅多にない光景でしたでしょうね
 私も拝見したかったです

秋:おまけに色々と条件付けられたよ
 猿とは呼ぶな、名前で呼べ!とか
 メシアシのままじゃダメだ!とか

菱:それ全部お飲みになったんですか?

秋:写真も撮られたわけだし、弱み握られちゃったからねえ

菱:​さすが岐阜の猿!
 自己保身に長けてますね
 自分からは決して謝らないのも当然ですね

秋:彼女をちゃんと扱えと言ったのは君じゃないか
 忙しい僕を岐阜くんだりまで出向かせたのも君だし

菱:だって、​朝ドラ・ヒロイン​ですもの
 無意味であろうと、理不尽であろうと
 ヒロインを持ち上げるのが脇役の宿命です

秋:まあ、僕の方も適当に褒めてはおいたよ
 ​桃源郷​の様だってね

菱:そんなに居心地良かったんですか?

秋:いや…そこは普通だけど
 家族愛は豊かだなって感じたよ
 ほら、僕も君もアシスタント達も
 家庭には恵まれていない設定みたいだからさ
 鈴愛君は過保護のきらいはあるけど
 逆を言えば家族に愛され大切にされてるってことだから

菱:つまり、そこしか褒める要素がなかったと?

秋:そそそそこまでは言ってない
 君だって、鈴愛君が僕の原稿を捨てると脅してきた一件を
 僕の創作意欲に良い刺激を与えるものだと妙な褒め方をして
 あのトンデモナイ行為を正当化してたじゃないか

菱:そうでもしないと話が続きませんから

秋:ともかく、蕗味噌も貰ったから

菱:五平餅じゃないんですか?

秋:あ、しまった!忘れてた!

菱:では、タジオに連絡しますから、少々お待ち下さい


(時間経過)


菱:連絡付きましたよ
 お迎えに行ってくれるそうです

秋:今すぐか?

菱:いえ、夕食に特上寿司をとってもらう予定なので
 食べてから、と

秋:じゃあ、僕の夕食はどうなるんだ!?

菱:蕗味噌があるとおっしゃっていたじゃありませんか

秋:こ、これだけを、ただ舐めろと言うのか?

菱:それより、オタマジャクシが良い仕事をしてくれました
 タジオに鈴愛さんと付き合わないのかと聞いてみたそうです

秋:で?
 
菱:そう考えたことがないわけじゃないけど
 今が一番良い様な気がする…と
 それに他に好きな人がいる…と答えたそうです

秋:​まんま少女マンガだな​

菱:少女マンガ的展開にキュン!としてくれる視聴者がいないと
 先生がお描きになる少女マンガも売れなくなるか、と

秋:逆に、少女マンガなんてこんなもの!と
 悪いイメージ付けられる可能性もあるんだが…

菱:先生、これは朝ドラであることをお忘れなきように

秋:わ、分かった、これからはなるべく岐阜の猿を持ち上げよう

菱:それでは、蕗味噌は半分お持ち帰りいただけますように
 私も食べてみたいので
 それでは失礼いたします




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2915-b5bd2724


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
        blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


桃源郷>Tシャツ


桃源郷>予約受付中


糖限郷>低糖質スイーツ


​​​​​​​​​






Last updated  2018.05.22 15:31:11
コメント(3) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~半分、青い。] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.