10843469 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

半分、青い。観てる… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

ロシアW杯、日本、コ… New! ショコラ425さん

今日の収穫 (6月… New! BROOKさん

半分青い<デビュー… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.05.23
XML
​​​​​​​​​​​遊び心
…とか

ファン・サービス
…とか

目の保養
…とか

言ってしまえば、まあ、そーいう回

恐らく
大喜びした視聴者は少なくないと思われ

私も基本的には好きな方だけど>好きなんかい
何かアザトイというか
そこはかとなく脚本家及びスタッフの
ドヤ顔が透けて見えて

ナンダカナ…な回だったな>スマソ

…ひじゅにですが何か?



​​「合コンじゃないんだから」​by秋風



時給2000円で10時間(2万円)
律&まー君にとっては悪くないバイトだったな。

まー君にとっては
岐阜行きに続き、新しい世界に触れる機会となったし
律にとっては
秋風から経験に基づく「回り道」論を聞くことができたし
2人共、良い経験になったんでない?


「レーサーが走る様にマンガ家は線を引く」

まだ基本をマスターできていない鈴愛にとっては
絶好の機会だっただろうけど

既にコンクールや何やらで入賞経験があり
鈴愛と「同期」とは言ってるけど鈴愛よりずっと早く
アシスタント業も始めたボクテ&ユーコにとっては
何を今更…な練習じゃなかったのかな?

勿論、重要なことだし、続けて行くべきことだけど
徹夜もしょっちゅうの売れっ子マンガ家@秋風が
長時間費やして指導すべきこと?
「各自で十分にやっとけ!話はそれからだ」
な世界じゃないのかな?


マンガ云々には無知な視聴者がほとんどだろうから
基本的なことをスポ根風に描けば分かり易いし
さらにBL風味のイケメン鑑賞会に仕上げ
BGMは懐メロのオンパレードにすれば
​高視聴率間違いなし!​
…という算段?


「脱いでもらおうか」

全国お茶の間が期待に目を輝かせた瞬間?
でも、あっけなく裏切られ
最後まで、ゆったりセーターのままの律&まー君であった。


ちょうどこの時代(1977~84年年だから少し前)に連載されていた
『摩利と新吾』(木原敏江 著)では
主人公の一人@摩利がギリシャのキトンみたいな露出の多い衣装で
女子高で絵のモデルをしている最中、風か何で肩紐が外れ
スッポンポン一歩手前!
となってしまうエピがある。

天然天性の美少年@摩利は恥ずかしがるどころか嫣然と微笑み
女の子達の黄色い声が鳴り響く…というオチ。

やっぱ
​本物の少女マンガの方が進んでるぞ、北川悦吏子!​>ぉ

…って、まあ朝ドラですからね>


「僕の今は何のための時間なんだろうって…」

自分が守るべき存在だと、ずっと思って来た鈴愛は
自分の進む道を既に見つけ、歩み始めている。

小さい頃から揺るぎない人生を歩んでいたハズの自分は
志望校もコロコロ変わり、目標を見出せないでいる。、


「そういう時間も良いんじゃないですか」

美大に入学

周囲の才能にコンプレックスを感じ中退

百科事典のセールスマン

マンガ家を目指す

…と​「回り道」​をしてきたとか。


​手塚治虫​だって、小さな頃からマンガを描くのが好きだったけど
一旦は医学の道に入り、博士号まで取ったものの
最終的にマンガ家を選んだ。

マンガは物語を描くものでもあるから
「回り道」をして色々と経験を積むのは却って良いことじゃ?

たださ
手塚治虫はマンガへの情熱は一貫して抱き続けていたわけだし
秋風も美大に入ったってことは昔から絵が好きだったのだろう。


律が、一度は挫折した永久機関やノーベル賞の夢に
「回り道」した挙句に辿り着くのだとしたら
秋風と同じパターンになるかもしれないけど

その時その時の「時間」を過ごす中で“何か”を見つけ
それから新たに、そこに向かって歩み出すのだとしたら
ちょっと意味合いが違ってくるし

もしも(もしも…の話だけど)
鈴愛がマンガとは違う世界へと路線変更する様なことがあれば
さらにもっと違う意味を帯びて来るよね。

勿論、今の「時間」を大切に生きていく―
という点は同じなのだけど。


…変なところに拘っているなあ(笑)


でも、ここでこんな話が出たってことは
律も鈴愛も、これからどんどん​「回り道」​をして行く―
ってことなのかなあ…という気がしたので。


ラストは、秋風が新連載を断ったという話。

この間の「遺作」に続いてのことなので
やはり死亡フラグかと心配になる。

秋風の死と共に『マンガ家編』終了?
それとも、そう思わせての蓋ショボ?
​…どちらになるかは北川悦吏子次第​(笑)




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2916-6dba185f


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
        blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


クロッキーブック


Tシャツ


摩利と新吾


​​​​​​​​​​​






Last updated  2018.05.23 15:57:44
コメント(2) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~半分、青い。] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.