10848120 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

WJ2018年28号、29号… New! みやさとver.さん

連続テレビ小説『半… New! レベル999さん

半分、青い。今回は… New! らぶりーたわ子さん

ロシアW杯、日本、コ… ショコラ425さん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.06.11
XML
​​​​​​​​​​今日は​「神回」​(by北川悦吏子)
だそうですわよ、奥様!

…ひじゅにですが何か?



​「僕たちは、記憶のお手玉をする」​by律



酔ってますなあ…



清に突き飛ばされた弾みとはいえ
思い出の写真を破ってしまったのは鈴愛。

清に触発されたからとはいえ
「ルール」を破ってしまったのも鈴愛。

だから
何よりも大切だった律との“絆”を自ら断ち切ってしまった―
っちゅーことですね。


鈴愛にとっては
清は律と自分の間に割って入る存在。
清にとっては
鈴愛は律と自分の間を脅かす存在。

残念なことに世間一般では
後者の方に重きが置かれる。


同性の「親友」だって
相手の家庭にしょっちゅう入り浸っていたら
離婚案件だものなあ…

異性ってのは物凄く微妙だよなあ…

あ、まあ
律はまだ結婚はしてないけども(笑)

加えて、清がまたとんだ地雷女なだけに
「親友」の側の印象をだいぶ和らげてはいるけども(笑)


「恋って怖いな…そんなになってしまうのか…」
この台詞もまた言わない方が良かったんじゃないかなあ。

確かに清のあの考え方には引くけど(^^;)
でも、全く理解できないということはない>寧ろ「あるある」?
それに何より、律はそれをも含めて清を受け入れているのだから。

鈴愛だって恋を知らないわけじゃないのに。
まあ、“恋に恋する”段階で本当の恋ではなかった…のかもしれないけど
でも、律以外の男性に心奪われ、かなりハズカシイ言動をしていたじゃん。


律&まー君が親友になっていたから
律が「ルール」を破らずにいたから
3人で穏やかに過ごせた。

清は最初から攻撃的だったから
鈴愛もああいう対応になってしまったのも、これまた分かるけど
やはり踏み込み過ぎたっていうか、寄りかかり過ぎたよね。

前者の様でいられたら心地良いだろうけど
後者を心地良いものにできなかったのは鈴愛のせいでもある。

まあ、前者だって、まー君が降りたことによって崩れたわけだから
どの道、歪な関係だったと言えるのだろう。

で、清はまー君の様にアッサリ降りてはくれなかったから
鈴愛が落されることになったってことだな。


…と、鈴愛ばかりを悪く行っちゃったけどさ
​律も律​だよね。

一見、彼の方が「大人」で鈴愛はまだまだ「子供」って感じだけど
実際には律もまだ世界が狭いし、優しさの仮面をかぶった自己中って印象(酷)

鈴愛は「子供」というより
相手の気持ちを推し量れな過ぎて…発達障害?(酷×2)


上記の「お手玉」にしろ
「この顔が鈴愛に残る最後の俺の顔だから」
「もう遅い」
「生まれてすぐ出逢った僕らは十代最後の夏に離れることになった」
「最後に僕は鈴愛の夢を一枚だけ盗んだ」
ポエティックな台詞満載。

酔いまくってるなあ…
​痛い​なあ…

律っていうより、脚本家が(^^;)


まー君にフラれたから鈴愛は余計に律に依存しているわけだけど
まー君との恋が成就していたとしても、やはり律には頼っていただろう。
どの道上手くは行かなかっただろうから、早くに手を引いたまー君が正解(笑)

律は清とラブラブ真っ最中だから
天秤は今は清の方に大きく傾いているけれど
その情熱が落ち着いてきたら鈴愛への喪失感が増すのだろう。

だから、この「回り道」は
鈴愛と律にとっては、互いへの気持ちを熟成させる機会。
清にとっては失恋までのカウントダウンの始まり。

全ては律&鈴愛のためだけにある(^^;)

もしかしたら
律&清は結婚まで発展するのかもしれないし
鈴愛にもまた新しい相手が登場するのかもしれないけど
遠い遠い先であっても律&鈴愛のハッピーエンドは“お約束”

鈴愛が律&清をモデルに描いたマンガは
2人が50歳(の割には老け過ぎていたが)に再会するというオチ。
これが、まんま律&鈴愛に当て嵌まったりして?(笑)


週タイトル『デビューしたい!』からすると
律がいなくなって、ようやくマンガに専心するのかも?

律がいるいないに関わらず
まー君にポーっとなってマンガが疎かになっていた様に
次に好きな人が現れたら、また浮かれてマンガが二の次になりそう。

これでプロのマンガ家として大成したら
​水木しげる@『ゲゲゲの女房』に謝れっ!​
と炎上しかねないから(笑)
気の毒だけど挫折という展開の方が好ましいかも?>スマソ




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2934-ea4eabe1


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
        blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


神回転 ←意味が違う(^^;)


バイバイ脂肪


さよなら涙やけくん


​​​​​​​​​​






Last updated  2018.06.11 16:59:37
コメント(4) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~半分、青い。] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.