11376735 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

大河ドラマ『西郷ど… New! レベル999さん

まんぷく42回目 New! らぶりーたわ子さん

ネタバレ【まんぷく… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「ボーダー… BROOKさん

ジャンプSQ.2018年12… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2018.07.13
XML
​​​​​​​​​​​『雨に唄えば』の翌日から
急速に堕ちていく2人

昨日は涼ちゃんのだめんずぶりが見え始め
今日は鈴愛のクズっぷりが晒され始める

あ、鈴愛は前からだっけ

…ひじゅにですが何か?



​「良いとこなんだけどね~」​byお祖母ちゃん



↑えっ、そうだったの?



いつの間にやら帰って来ている嶋田久作店長。
真相は『失楽園』らしい。


原作も未読だし映画も未見。
淀川長治が
周囲に迷惑かけまくりだし美しくもないラストだ―
と(いう様な意味のことを)言っていたと何処かでチラリ聞いたことはある。

結合したまま…というのなら
韓国映画『輪廻』(パク・スンべ監督)がモロでグロくて笑えるぞ(笑)


その影響で鴨とクレソンの鍋が流行ったとか。
何かオシャレな響き。

『クレヨンしんちゃん』で
お母さん@みさえさんが八百屋に行ったら、イケメンのバイト君がいたので
急遽予定を変更して、オシャレっぽく聞こえる野菜を一生懸命挙げた―
というエピソードを思い出してしまった(笑)

そんな風に、本当はドロドロの不倫や心中という題材を
オシャレなイメージでコーティングしていたので人気が出たのかな?


『半分、青い。』も初期の頃は
鈴愛と世代の近い視聴者達から「あったあった」という
懐かしむ声が上がったらしいけど
その後は、流行歌にしろマンガ作品にしろ言葉遣いにしろ
舞台になっている時代とはズレたものが多い様子。

なのに、以前の『金妻』といい今日の『失楽園』といい
不倫物に関してはしっかり時代を取り入れているのね。

やはり、視聴者の大半を占めると思われる主婦の人達は
​不倫が大好物!​という信念があるから?


ま、そんなことより肝心の鈴愛。


涼ちゃんの甘い演出にすっかり舞い上がっちゃったか
…と思いきや

いつもの後出しで、涼ちゃんについて色々説明してくれる店長に
素っ気ない態度。

好きな人のことなら何でも知りたいし
知っていることでも何度でも聞きたいと思いそうなものなので
実はやはり本当に惚れているのではないことを示唆?

涼ちゃんの「気が変わらないうちに」
自分自身の「気が変わらないうちに」
そう焦っているのは
この結婚が無理があること、長続きしそうもないことを
本当は分かっているから?

それでも進めたいのは
「11時25分」を気にしなければならない生活から逃げ出したいから。

マンガを描くことが苦痛でしかなくなってしまったのは
空想の世界に遊び、物語を作り出すことができなかったからで
今の鈴愛には​“現実”​しか見えていない。


少女マンガチックなフワフワしたシーンもポエトリー台詞も
グッと減ってきたし
多分、台詞でなく紙に書かれた詩が登場したのも
あの痛々しい「雨に唄えば」も
律という“夢”が失われた世界というのを表現しているのかも?

…あ、でも、「雨に唄えば」はDMKなんだっけ(^^;)


風邪を引いた涼ちゃんのお見舞いと称しながら
お泊りグッズをしっかり持参していく鈴愛。

2人だけになることを目論んでいたのに
同居人の存在を知りアカラサマに不機嫌になる鈴愛。

不機嫌を通り越して敵対視だな。

「2人は デキてる! 」
「ゲイか?」
相手が男でも女でも関係ない。
自分の結婚の妨げになりかねないものには歯を剥き出す。


そこまで追い詰められた女を>崖っぷちってヤツか
描いているわけなのかな?

でも、似た様な態度は清で披露済み。
女は所詮、皆こうだ!と言いたいのかな?

でも、鈴愛って元々こんな女だった様な…

秋風に対する様な傍若無人ぶりが収まり
敬語も使える様になり、幾らか大人しくなってきていたので
それなりに“成長”したってことなのか…とも思っていたんだけど
落ち込んで気力をなくしていただけで
ターゲットを見つけた今、華々しく​復活?​


「私との結婚は目晦ましか!?」
これって、“逃げ場”としての結婚であるならば
大した問題じゃないという気がするんだけど?

やはり、ちょっとは夢を追い求める部分も残ってるってことか?
それとも、プライドか?


そんな風に、自分を隠れ蓑にしてくれる男性が理想だと
『バナナブレッドのプディング』(大島弓子)のヒロインは言ってたっけな。
それは彼女の心の問題が関係していたわけなのだけど
あのマンガはとても面白かったな。


ところで

ロングカーディガンは>『ロングバケーション』とかけてる?
この前の冬、ひじゅにも多用したなあ…

鈴愛の時代にも既に流行っていたのなら
もはや流行ではなく定番?
今年の冬も活躍する?




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/2967-1a29d3f3


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
        blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!


クレソン


バナナブレッドのプディング


お泊り5点セット


​​​​​​​​​​​






Last updated  2018.07.13 23:06:22
コメント(0) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~まんぷく] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.