12319833 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

5年ぶりの優勝なので… New! らぶりーたわ子さん

オトナの土ドラ『そ… New! レベル999さん

ネタバレ【なつぞら】最… New! ショコラ425さん

劇場鑑賞「HELLO WOR… New! BROOKさん

ジャンプSQ.2019年10… みやさとver.さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2019.08.13
XML
​​​​​​​​​「フーテン族」なるものが流行っていたらしい
今日も時代性を出してみましたby大森?

『フーテン』(永島慎二著)は昔読んだことがあるけど
アメリカで流行ったヒッピーに追随するものとして始まったものの
ヒッピーとはちょっと違う、日本ならではのもの
…みたいなニュアンスだった

少なくとも、この作品に出て来るフーテン達は
育ちはともかく、現在は物質的にも貧しく
心にも何か傷や寂しさた生き難さを抱えている人達だった

でも、なつによると
本当は恵まれているのに表面だけ浮浪児の様な恰好を気取っている
…といったニュアンスで
なつの様な戦災孤児には見下され軽蔑される様な存在らしい

よく知らないけど
フーテンの寅さんとは別物らしい

…ひじゅにですが何か?



​「本当~に」​byなつ



↑ワザとなのか?

「本当~なんですね」
「本当~に夢の様な」
「本当~に良かった」
やたらと
「本当~」を口にする、なつの図ぅ―

後の方のシーンで、亜矢美さんも
「本当~によろしくお願いしますね」
なんて言ってたし

大森の言葉遊び?

本当~に耳についたんですけど(^^;)
こんなことが気になるなんて、よっぽどドラマがツマ…ゴホンゴホン!



今日は、咲太郎&光子の結婚話に終始。

過去に何度か亜矢美さんが仄めかしたりからかったりしていて
多分、なつも一緒にいた時にもそうしていたので
なつも薄々は勘づいていたんじゃないかと思っていたけど
あの驚き様からすると全く予想外だったらしい。

自分の恋には超鈍感だけど
他人の恋には敏感で”やり手婆”状態>こらこら
…なのが朝ドラ・ヒロインの法則なのにぃ>ぉ

坂場さんの方はとっくに気付いていた様子。
碌に付き合いないのに…と思ったけど
自分達の結婚式に2人揃って来てくれたことで悟ったのだとか。

坂場さんらしくない気もするし>そういう機微には疎そう
坂場さんらしい気もする>細かいところに敏感&洞察力がありそう

そりょり何より、これって
やはり、あの時の2ショットには意味があったってことじゃん。

​サプライズ好きというか、インパクト重視の大森は​
視聴者の期待やドラマとしての趣向なんぞお構いなしに
箇条書きの様な進め方に固執?


なつに対しオヤジ全開の態度だった茂木社長が
なつの結婚には大してショックを受けた様子もなかったのに
光子さんの結婚の知らせには放心状態(笑)

光子さんは新宿のワケアリ男達のアイドルだったのだろうな。
いや、“川村屋”の客全てのマドンナだったのかもな。

そう言ってしまっても全く不自然さがないほどに
美しさも存在感もある。
さすが、朝ドラ・ヒロイン!


…と書いてしまうと

どうしても現在のヒロインとの比較になってしまうな。
これってマズイかしら?

美貌という点では、広瀬すずさんは引けを取らないけど
存在感とか艶(?)みたいなのは、あんまり…って感じ。
だって埋没してるんだもん>言っちゃった

そんな中、何とかヒロインとして目立とうと
もしくは、狂言回し的役回りを粋にこなせる様にと
所々で小さなツッコミや解説を入れる、なつ。

いやいや、それが却ってさあ…
​痛々しくて​見るのが辛かったですぜ。

だから、茂木社長の反応の差に
この残酷なまでの事実が付き付けられているかの様で
涙を禁じ得ない、ひじゅにであった>言い過ぎ?


ともあれ
光子さんは結婚と同時に“川村屋”を野上さんに任せ
咲太郎には一切、渡さない考え。

ビルにすると聞いて結婚を急いだのだったら
計算違いだったな、咲太郎>ぉ

いやいや、咲太郎の本音をそう見せないために
敢えて出した、この光子さんの決断なんだろうけども(笑)

同時に、当時の女性…というより、当時の事業主として
この決断は新しいものなんじゃないかと思う。

なつがこれから直面する(と思われる)
働く女性としてのアレコレに少しは関係してくるのか?


ところで
ここで、浮上してくるのは
亜矢美さんは咲太郎に恋愛感情を抱いているのではないか―
という雪次郎の推測(もしくは、男の勘)

ちょうど“風車”が立ち退きを迫られている時だからさ
亜矢美さんとしては
「自分の時代は終わった」
って気になっちゃってるんじゃないかなあ?

“ムーランルージュ”を再興し
亜矢美さんをダンサーとして復帰させる―
というのが、かつての咲太郎の夢だった。
亜矢美さんは、現実的には無理だろうと思いつつも
嬉しかっただろうな…と思う。
でも今、その夢の終わりが訪れた…って感じ?

だから、これって、亜矢美さんの退場フラグって気がする。

そこへ持って来て、本当~に咲太郎への恋心があるのだってことになったら
​もっと悲しい​じゃん。

ドラマとしては盛り上がるのかな?
いや、このドラマだから大して期待はできない。
だったら、そんなものはない…ってことにしといてほしいな。

大森よ、単純に、なつへのミスリードってことにしといてよ。
それで、なつは今日、咲太郎&マダムの組み合わせに驚いていたのだから
これで、この件は終わり!
にしといておくれ。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3338-91dec1d3

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
       
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 

フーテンの寅


フーテンの寅゛焼き


フーテン(永島慎二著)


​​​​​​​​​






Last updated  2019.08.13 15:45:10
コメント(0) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~なつぞら] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.