000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

帯ドラマ劇場『やす… New! レベル999さん

今日の収穫 (11… New! BROOKさん

スカーレット 感想… New! らぶりーたわ子さん

【スカーレット】第8… ショコラ425さん

スマホ画像が、全部… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2019.10.17
XML
​​​​​​​​​​​お父ちゃんに泣かされちゃったなあ…

最初はちょっとね
泣き過ぎ…と感じたんだけど(酷)

だって、このドラマに
過剰な演技はいらないんじゃないか
って気がして

でも、すぐに思い直した

お父ちゃんは、こういうキャラやねん
これがええねん

…で
まんまと泣かされてしまいましたとさ

…ひじゅにですが何か?



​「ラジオはあります」​by喜美子



カメラなんて買えない貧しい実家。
高校に行けなかった自分。

強がっていたけれど、本当は進学したかったし
家族と離れたくなかったし
信楽にずっといたかった。

そんな本音を隠しながら元気に働いているけど
荒れた指先は隠せない。

そんな喜美子がラジオを自慢する。

自慢できるものなんて、これくらいしかないから。
これが唯一のプライドだから。

つーか
まだ何者でもない自分が
小さいながらも抱いているプライドの象徴。



地方で育ったヒロインが東京なり大阪なり出て行く―
というのは朝ドラ“お約束”ちゅーより、基本の基本。
デフォルトちゅーヤツですね。

勿論、それに当て嵌まらない朝ドラもあるけれど
基本パターンがあるからこそのハズシ設定。

で、故郷の様子をどうやって入れるか…ってのも
結構、失敗しがちなんだよね。
ワザトラシイ形になったり
ドラマ全体のバランスが悪くなったり…

今作の場合、少なくとも今日のところは
​自然で良かった​と思う。


昨日、喜美子が書いていたハガキが故郷に届く。

​青空​​繋がりで喜美子に移る。
遠く離れていても空は繋がっている、というのが
今更ながら感じられる。

それから、喜美子の仕事の話。
今日教えられたのは、​電話​の応対。
ここのところはギャグ。
笑えるほどじゃないけど>こらこら
「あるある」だよね。
ある意味、リアル。

それから再び信楽に移り、電話の話が出る。


「楽しいなんてずるいやん」
相変わらずの直子。

大きくなって、喜美子がいなくなって今や長女の様な立場で
少しは変わったかと思っていたら全く変わらず(笑)

そんな直子のキャラを示すと共に
喜美子の「楽しいで」を額面通りに受け取っちゃう
まだまだ世間の狭い子供の直子と対照させて
お母ちゃんはちゃんと喜美子の気遣いを理解している
…という示唆というか強調だろうな。


この、お母ちゃんの親心と
「電話は高いさかい、そう簡単にはかけられへん」
というマツさんの言葉が、お父ちゃんのシーンに繋がって行く。

従業員達にイイ顔を見せる、お父ちゃん。
2人も雇ってしまったために、喜美子は大阪に行く選択肢しかなかった。
でも、お父ちゃんにもまた、2人を引き受けないという選択肢はなかったんだよね。

お父ちゃんの、良く言えば“優しさ”悪く言えば“ええかっこしい”で
草間さんと出逢うこともできたわけだし
草間さんは喜美子の内面に大きな影響を与えたから
悪いことばかりではないよね。

そんな、お父ちゃんが思わず​電話​をかけてしまう。

電話応対のギャグが、ここでは切ない。
お父ちゃんはあの声で、喜美子の苦労を察したのだろう。


次のシーンは郵便繋がりで、照子からの手紙が喜美子に届く。

喜美子はハガキに絵と短い文章を綴ったけど
照子は便箋を何枚も使ったもの。

共通しているのは​「楽しい」​という言葉。

そして、その言葉の半分は>大半かな
強がりであること。


高校に進学できた照子も
できなかった喜美子も
それぞれ大変だよね。


最後は、ちや子さんとの会話。
彼女と最初に仲良くなるのかな?

「旅のお供」の信楽焼の欠片が
もしかしたら高い価値があるかもしれない―
そう聞いて舞い上がっちゃう喜美子。

ラジオの件も生きている。

こういうところが子供っぽくて可愛いし
お金に基づいているのが、ちょびっと悲しい。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3396-7a3ae206

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
       
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 


黒電話とカエル


クッキー型


カフスボタン


​​​​​​​​​​​






Last updated  2019.10.17 15:36:03
コメント(6) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~スカーレット] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:電話>『スカーレット』第16話(10/17)   ふうさん さん
喜美子がラジオを自慢したときのちや子さんの反応も
よかったですよね。
察しがよく、なかつ受け止め方が暖かい。
仕事もできるんだろうなあと思わせます。

喜美子くらいの年ごろの女の子にとって、
こういう年上の女性が身近にいるというのは、
貴重なことだと思います。 (2019.10.17 18:46:41)

 Re:電話>『スカーレット』第16話(10/17)   rev.9ch さん
金がないからと言って卑屈になる訳ではなく、堂々としている(かといって堂々とし過ぎている訳でもない)のが良いと思います。
強くはないが、弱い訳ではない。
筋を通すが、聞く耳も持つ。
行動するけど、考えもする。
全ていいバランスです。

--
[ステマ]
スカーレットとは緋色、深紅色。
深紅色のジャージといえば、ウェールズ代表。愛称レッドドラゴン。

そのウェールズ代表は今、滋賀県大津市にキャンプをはり、トーナメント戦に向けて練習をしています。
選手たちが練習の合間に琵琶湖を訪れ、少し霧がかかった湖を背景に撮影した記念写真がネットにありました。
これは、かつて川原家が見た景色と同じかもしれません。
コーチ曰く「ここは、ウェールズ北部に似ている」とのこと。

さて、朝ドラの舞台 "信楽" は、現在の大津市のすぐ隣。
参加チームの中で朝ドラ繋がりでいうと、ウェールズが一番太い気がします。
次戦 "ウェールズVSフランス" では、ウェールズを応援する気持ちでTV観戦することにしました。

(2019.10.17 19:10:52)

 Re:電話>『スカーレット』第16話(10/17)   YUKI さん
冒頭に赤い自転車のひとが配達に来たらしいカットをチラッと見せるのがよかったです。

空のおひつを抱えた不満顔の直子を映す。

あかぎれの手をさする喜美子を映す。

映像から心情が伝わってくるところもよかったです。 (2019.10.17 23:27:21)

 ふうさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
ちや子さん、最初に喜美子が襖を倒した時、怒りも騒ぎもしないところに好感持ちましたが
その後もどんどん良い感じになっていってますね。
意外と朝ドラって、良い意味での「大人」が少ないという印象があるんですが
彼女は素敵な存在として残りそう。
(2019.10.23 17:32:02)

 rev.9chさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
ウェールズやスコットランドって何か憧れの気持ちがあるんですよ、どんな国なのかほとんど知らないのに(笑)
スカーレットというど思い浮かぶのは、やはりスカーレット・オハラで、オハラというとやはり糸子でしょうか。
この『スカーレット』も、あのくらいの良作(名作というべきか)になってくれると良いなあ。
ところで『ネウロ』読み終わりましたぜ。
(2019.10.23 17:38:08)

 YUKIさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
そうそう!このドラマの良いところは台詞にあまり頼らず、映像で語るところですよね。
(ナレーションがアナウンサーなので始まる前は不安でした)
細やかだし、役者の演技を引き出しているというか、任せているという印象です。
気持ちの良い朝が続いていて、本当に嬉しいです>まだ、どこか警戒しているところはあるけれど(笑)


(2019.10.23 19:05:16)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.