12779190 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

帯ドラマ劇場『やす… New! レベル999さん

NHK感想。こころ旅と… New! らぶりーたわ子さん

今日の収穫 (コミ… BROOKさん

コロナウィルスが怖… ねむにゃんさん

【スカーレット】第19週ネタハ… ショコラ425さん

Keyword Search

▼キーワード検索

2019.11.29
XML
​​​​​​​松明を掲げて進む…というから
オリンピックの聖火リレーをイメージしてた(笑)

あんな大きな松明を担ぐのね
フカ先生がバテてリタイアするのも仕方ないかも(^^;)

…ひじゅにですが何か?



​「皆て誰?」​by喜美子



そうなんだよね…

よく「世間は…」とかいうけど
曖昧なもの。

よく「皆が…」ともいうけど
たまたま話を聞いたごく少数の人だったりする。

その「世間」もしくは「皆」が
フカ先生と兄弟子達はクビになった…と噂しているらしい。
そして
「マスコットガールいうて持ち上げられて
ほんで、先生おらんようになって喜美ちゃん大丈夫?」

これって心配とは違う。
良くて下世話な好奇心。
悪ければ嘲笑と見下し。

↑そう受け取ってしまう、ひじゅにが歪んでる?


喜美子としては、フカ先生の名誉が傷つけられるのは許せない。
フカ先生自身はきっと鷹揚に笑うだけだろうけど。

一生懸命、先生を庇う娘を見て両親は危機感を覚えたのかな?

最初は
「うちは大丈夫!今迄通り働けるから」
という言葉が欲しかっただけかもしれない。
あるいは
「食堂の仕事に戻してもらうことになった」
とか?

でも、思った以上に先生に心酔している様子を見て
このままでは先生や兄弟子達の様な惨めな結末(と勝手に思っている)に
なるばかり…と感じたのかも?


フカ先生の決断はとても素晴らしい。
でも、誰にでもできることじゃない…のは確か。

昨日、喜美子と八郎さんとの会話の中で
先生は独り身らしい…という話題が出たけど
つまりは、そういうことだよね。

喜美子の肩には​“家族”という荷​が載っている。

お父ちゃん、喜美子はちゃんと分かってるよ。
だから信楽を去る時も“荒木荘”を去る時も
陰で涙を流しながらも、笑顔で従ってきたじゃん。
フカ先生に付いて行きたい気持ちはあっても
実行できるなんて思ってないよ。


「ほんでもお前、どんだけ一生懸命やっても、一生懸命稼いでも
家庭科の先生なりたいいう娘の願いも聞いてやられへんねん」
お父ちゃんも辛いよね。
お父ちゃんが娘思いなのは「皆が」知ってるよ。

「女子に学問は必要ない」と突っぱねるのも
強がりであり言い訳であり逃げ場にしているんだってことくらい
喜美子も視聴者も分かってるよ。


でも、何故ここでこう主張するのだろう?
喜美子を何が何でも縛り付けるため?
もっと稼げと叱咤するため?

そもそも、それだけ苦労して稼いだお金の多くを
お酒に消費しちゃってる、お父ちゃんだから
​説得力ゼロ(笑)​


だからさー
やっぱさー
“丸熊陶業”唯一の絵付師になるわけだから
お給料を上げてもらうのが一番さー!

…敏春さんが許しても
アホの坂田似の番頭さんが許さない?


…なんて言っているうちに、​火祭​開催!

「演歌歌手呼べんかった」by信作
TV画面越しにも、美しく荘厳な感じの祭のバックに
流行歌が流れるって微妙…な気がするけど>偏見?

遠慮がちな態度だった八郎さんがキョロキョロと喜美子を探し
喜美子がやって来た時にフッと表情が変わったのが良い感じ。

2人が歩いて行く後ろ姿に、信作がカメラのシャッターを押したのは
何か意味あり?

フカ先生のすぐ後ろのポジションを競ったのに
いざ本番では先生自身がリタイア…って
これが​オチ?​



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3439-d295c373

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
       
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 

信楽焼 お祭りふくろう


松明


好きな仕事


​​​​​​​






Last updated  2019.11.30 15:36:07
コメント(0) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~スカーレット] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.