12784937 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

劇場鑑賞「ミッドサ… New! BROOKさん

【スカーレット】第21週ネタハ… New! ショコラ425さん

連続テレビ小説『ス… New! レベル999さん

女はケロッと言う?… New! らぶりーたわ子さん

コロナウィルスが怖… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.02.13
XML
​​​三津役の黒島結菜さん主演で
何と『らーめん才遊記』が実写ドラマ化!

基本的にマンガの実写化は好きではないんだけど
『孤独のグルメ』の成功例もあるしな…

4月から放送予定だそうですぜ

…ひじゅにですが何か?



「“女性”は余計や!」by喜美子&ちや子



アバンは時間が少し戻って
武志が一人暮らしをしたいと言い出すシーン。

一昨日に既にそう語られて
昨日は引っ越しの様子まで映して
今日もまた違う角度から…

​​大事なことなので三回繰り返したのか?​


一人で食事をする喜美子の姿も何度も出て来る。
元々、大人数の方だったから
(ピークは7人?>両親・喜美子・八郎・武志・百合子)
それとのギャップを強調?


以前は、家族のために色々と諦めなければならなかったし
ひたすら、お金を稼がなければならなかった喜美子が
今は「やりたいこと」に専念できていて、しかも成功していて
昔は考えられなかった額を稼げている。

その代わり…独り

と言いたいのかもしれないけど…
妹はいるし>一人は近くに住んでいるし
妹義実家とも仲良しだし>かなり良い人達
幼馴染で親友も近くにいるし>ちょくちょく訪ねてくれるし
息子だって、別暮らしとはいえ比較的近くにいる。
元夫だって、この間の様子では絆が切れてしまっているわけではないし
きっと、また連絡すれば優しく話を聞いてくれると思う。

寧ろ、幸福の絶頂と言っても良い状況だと思うな>他人事だから?


昨日、ラストで登場した謎の女性はアンリさん
元ミス琵琶湖とか。

喜美子の顔も知らなかったのは
この間の個展にやって来たミーハー・ファンとの対比?
喜美子の穴窯による初めての作品を買いたいとのことだけど
あの様子では本当にあの作品に惚れ込んでいるって感じだったな。


諦めさせるために「100万円」と吹っ掛ける喜美子(笑)

これを引き立てるため+当時の金銭価値を説明するためか
喜美子のほかの作品の値段が表示された。
自分では千円台の値段を提示したのに、万円台に直されて
ビックリする喜美子の図ぅ…で(笑)

↑ちょっとアザトイ気がしなくもなくも…(^^;)

だって、結婚する時
八郎さんは、お父ちゃんに陶芸家の価値を示すため
湯飲み一個が5万円にもなる…と、お金に換算して話したし
喜美子も、初めての作品@コーヒーカップがお金になったのを
大喜びしていたじゃん。

勿論、喜美子は世間に疎いし>留守電エピで協調
作る…ということが重要なのであって
喜んでもらえるなら、お金は二の次…という思いもあるだろう。

でも、穴窯制作には大金が必要なのは身に染みて分かっているはずだし
​まだまだ色々作りたい…作らずにはいられない…はずじゃん。​


「きみちゃんは変わってないよ」byちや子
ちや子さんとの会話で“荒木荘”時代に戻れると断言する喜美子。

そうかなあ…
家族も状況も、あの頃のままに戻るなら、そうせざるを得ないだろう。
でも、今の喜美子は陶芸を捨てることはできないんじゃないの?
家族のために自己犠牲を払うことは、今の喜美子には難しいんじゃ…?

…なんて思ったら、酷?


ちや子さんは市会議員に。

女性問題が散りばめられたドラマだというのは承知している。
時代時代での、そうした要素が所々で顔を出す。
それは分かるんだけど…

肝心の喜美子が、女性であるが故の苦労を沢山してきたというわけじゃないよね。

女性だから学校に行けなかったというよりも、貧しさ故だし。
絵付け師になる時も特に障害はなかったし。
結婚後、柴田さんの女性蔑視的発言と八郎さんの「女」発言くらい。

↑寧ろ最後のは、その前までがよく描かれていたなら
​ズシン!と来るエピになったはずなのに残念…という気持ちが残った。​

以前は、そこが上品で良いと思っていたけど
(初期の個人的印象は「上品」「知的」だったなあ…遠い目)
ここに来て、こういう点を持ち出すなら
やはり、もうちょい前面に出る様に描いた方が効果的だった気がする。

だから、女性に関するアレコレも、テーマというより
時代を表すアイテムの一つという印象に留まってしまっている。


まあ、好意的解釈をするなら
喜美子も、ちや子さんも生き方そのもので示している―
ということなのかもな。
殊更「女性」に拘るのではなく
女性としてというより、人間として
ただひたすら自分の人生を追求して来て今に至った…だけだと。


それにしてもさ、ちや子さん
ジャーナリストであったために
喜美子が陶芸家として世に認められる助けになってくれたわけで
今度は市会議員として何か喜美子に役に立ってくれるという前振り?


100万円をポンとだしてきたアンリさんも
客として以上の役割があるんだろうな。



*明日はPMが忙しいので、感想は
時間が取れればAMに、場合によっては夜になってしまうかもしれません。
​どうぞよろしくお願い致します。(。v_v。)ペコ



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3512-8f7f0354

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
      
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 


100万円札


ちらし寿司


きゅうりパック


​​​






Last updated  2020.02.13 15:21:56
コメント(2) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~スカーレット] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.