13212303 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

たまたまFM NHKに合… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

メーキャップ教室に… New! ねむにゃんさん

山本さん主演の舞台… ショコラ425さん

劇場鑑賞「WAVES/ウ… BROOKさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.06.01
XML
​​​​​先々週の
裕一、応援歌を作曲するの巻
…も、個人的には薄いと感じたんだけど>感動した人スマソ!

最後の最後に応援団長に切々と語らせるだけでなく
このドラマで最も重きを置いていると思われるコントモドキを減らしてでも
最初から少しずつ話として仕込んでおけばよかったのに
…と思ったりもしたんだけど

先週の
音、ヴィオレッタ役を獲得するの巻
…は、全体のお話としては裕一と同パターンなれど
音の心を動かす鍵@鉄男の悲恋は最初から少しずつ仕込んであった。

では、裕一の時より出来が良かったかというと
描き方も扱いもあまりに軽く、余計に薄いと感じてしまった(^^;)

やはり、このドラマは
変に期待せず、ただコントモドキを軽く楽しむのが正解だな。

楽しめるかどうかは別にして>ぉ

…ひじゅにですが何か?



「あいつは金のことしか頭にないから」by木枯



廿日市さんのキャラはこれが基本なのは分かっているけど―

今迄の彼は
覚醒前の裕一の曲に対する批評は的確だったし
そもそも、売れるか売れないか…を判断できるだけの
“目”を持っている人という印象だった。

芸術の観点からではなく
商売の観点からではあってもね。

でも、今日の彼は
同郷の裕一や久志だけでなく、木枯さんをも感動させた
鉄男の詩を全く理解できず、ボロクソに言うばかり。

全然売れなかったそうだから、文句を言うのは分かるけど
「素人の思い出作りにつきあってる暇ないんだよ」という言い方は
裕一の曲への感想とは、ちょっと違う。

キャラを少し変えたってこと?

分かりやすい“敵”であると共に
遠慮せずバカにできて笑い飛ばせるキャラに?



ま、そんなことはどーでもいいけど>どーでもいいんかい



鉄男は新聞社を辞め、東京に引っ越し。

「副業は禁止だの縁談断んなら左遷だの、色々言われて面倒になってな」
前者に関しては、上京前の裕一が鉄男の申し出を受けていたら
もっと早くに決断できていたんじゃ…と思えるし
後者に関しては、最初からその覚悟で断っていたら
希穂子さんと別れる結末にはならなかったんじゃ…と思えるし
鉄男ったら、もしかして行動が遅い?>こらこら

「福島の家も引き払ってきた」
えっ、もう養わなければならない家族はいないってこと?
その枷があるから、なかなか動けないのかと思っていたのに…


「ここ、最高にうめえんだ」
上京するなり、お気に入りの屋台を見つけちゃう鉄男。
さす元新聞記者>ぇ

木枯さんはカフェ、裕一は“喫茶バンブー”と
​それぞれ気の置けない場所がすぐ見つかるのも東京?​


ヴィオレッタ役を見事獲得!と思っていた音は環さんに真相を告げられる。

「1つ目は、夏目さんが選考会でベストを尽くせなかったこと」
「2つ目の理由、夏目さんがベストを出せなかったのは
選考会でのあなたの気迫に動揺したから」
つまり、千鶴子さんが実力を発揮できなかったから(笑)

音が「恋愛の機微」を理解し、歌に心を反映出来る様になったから
…とするのは、ちょいと弱かったもんなあ…先週の話。

まあ、千鶴子さんを動揺させるだけのものが音の歌にはあった
​…ってことではあるけどね。​


技術の面では圧倒的に勝っているけれど
ストイックで、その分「心」が足りないかもしれない
…と、先週カミングアウトしたけど

技術はイマイチだけれど「心」では勝れる
…と思っていたのに、そこまたイマイチだった音よりは
やはり千鶴子さんの方が上だという気がするな(笑)

それに、音の変化に気付き、動揺した…だなんて
千鶴子さん、「心」も十分に繊細で感受性が鋭いじゃん。
この点で努力したら、まさに完璧じゃん。


そんな千鶴子さんも、演出家の挨拶の場にいたから
何かしらの役が付いたってことか?
それとも補佐?

ももももしかして
子供音の『竹取物語』の逆パターンになったりして?



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3608-dc8d610c

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
      
にほんブログ村    人気ブログランキングへ


おでん


椿


食べるトランプ


​​​​






Last updated  2020.06.01 20:06:17
コメント(4) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~エール] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:響きあう夢>『エール』第46話(06/01)   rev.9ch さん
>「副業は禁止だの縁談断んなら左遷だの、色々言われて面倒になってな」

こういう制約をうまく逆手にとって物語を進めるのがドラマじゃないのかな。

面倒になったので辞めて終わりって、裕一のしたことと同じに見えます。
私のボキャブラリではこういうのを「無責任」と呼びます。

それに辞めるにあたり、新聞記者の名刺くれた藤堂先生と、その名刺の沖隆記者に鉄男はどう申し開きをしたのか。
していないなら私はそれを「不義理」と呼びます。
突然、筋を通さない男になってしまったのでしょうか。

>「福島の家も引き払ってきた」

家族をどうしたんだろう。心配です。

--
なんの前触れもなく性格を変えたり、成功失敗の過程が安易だったりで、全てが脚本家のペン先ひとつで行われているんだなと感じます。
次はどうなるんだろうか、と考えても意味が無い気がしてきました。脚本家の思い付き次第です。

(2020.06.01 18:51:40)

 Re:響きあう夢>『エール』第46話(06/01)   オフロ さん
>分かりやすい“敵”であると共に
遠慮せずバカにできて笑い飛ばせるキャラに?

裕一がヒット飛ばし始めたら掌返しで媚びる未来が見えました。


>えっ、もう養わなければならない家族はいないってこと?

学歴や家柄を無視して、鉄男の身辺調査や身辺整理をしてまで新聞社の後継にすることに執念を燃やし、希穂子さんに金で身を引かせているくらいだから、既に”整理”されたんじゃ…(怖)

腹筋の練習?よく分からないけど基礎トレーニングって選ばれたから慌てて始めるんじゃなくて、積み重ねていくものだと思うんだけど、裕一のセリフだと最近始めたみたいですね。
御手洗さんに教えてもらわなかったんだろうか?というか完全に忘れている疑惑が…千鶴子さんが「イタリアの先生に教わってる」と言ったら「私はドイツ帰りの先生に習ってた(なぜか英語だけど)」となってもいいのに思い出さなかったし。 (2020.06.01 21:45:26)

 rev.9ch さん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
いくら音のためのエピだとはいえ、いえ寧ろ、それだけ音の心を大きく動かさなければならないエピなわけですから
鉄男&希穂子の件はもっとちゃんと描くべきでしたよね>箇条書きとさえ言えないくらいの薄さで、視聴者に脳内補完を強いるだけ
鉄男が無責任で不義理なのは裕一そっくりですね(笑)
似た者同士というよりも、結局、制作側がそれだけの話か描けないってことなのでしょう>力不足か熱意不足かそれこそ経験不足で独りよがりか… (2020.06.06 17:16:34)

 オフロ さん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
歌そのものの練習風景を入れても千鶴子さんには敵わないのが素人の視聴者にもバレバレになっちゃうからでしょうかね(笑)
技術が足りないと言っているのだから、そこを頑張る姿を見せなくては意味がない様な…
というか、私は、技術の千鶴子さんVS「心」の音で勝負するのかと思っていたんですよ(ベタではあるけど)なのに、その「心」もダメで…
それで女給って…きっかけになったのは女給ではなく他人の恋話の盗み聞きで…それで選ばれちゃって…千鶴子さんの敗因も根本はそれって…
何か話になっていない様な気がするのは私だけ? (2020.06.06 17:29:53)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.