13272051 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

坂本勇人選手、3000… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『エ… New! レベル999さん

Official髭男dism「H… BROOKさん

コロナ東京367人過去… ショコラ425さん

メーキャップ教室に… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.06.05
XML
​​​​​​​​冒頭の、音がいない練習室で
千鶴子さんに近付いて行く後ろ姿の女生徒が
音と似た髪型なので、一瞬、音かと思ってしまった(笑)

ワザと後ろしか映さなかったってことは
ワザと見間違えさせようとしたってこと?

音がひとまず音楽を諦め
ヴィオレッタ役を千鶴子さんに託すことになるとの
前振り?

…考え過ぎ?

…ひじゅにですが何か?



「ほとんどの人が茨の道ではなく平穏な幸せを選ぶ」
                                       by環



「平穏な幸せ」って、よく聞く言葉ではあるけど
「平穏な幸せ」なんて現実にはそうそうないと思うよ。


そりゃあ、環さんが歩んできた世界的な歌姫の道は
相当大変なものだっただろう。
​でも、子供を産み育てるのだって相当大変なんじゃ…​

自ら歩む道を「茨の道」と表現する環さん。
実際に苦労してきたのも勿論あるけれど
それが誇りにもなっている…と思う。

それに対し「平穏な幸せ」という表現は
少し見下す気持ちがあるのと同時に
妬みや僻みも含まれているという気がする(酷)


無いものねだりじゃないけどさ
2つの道の内、どちらかを選ばなければならないとしたら
選んだ方に誇りを持つと共に
選ばなかった方に少しばかりのコンプレックスは残ると思う。

良い悪いじゃなくてね。
人間って、そんなものじゃないかと…


でさ、肝心の音はというと
やはり「強欲」なだけあって(笑)
両方選んでしまうってのが良い。

​かなり現代風ではあるけれども。​


「仕事と私、どっちを選ぶの?」
朝ドラに割と多い台詞

大抵、ヒロインが相手役の男性に向かって言うんだけど
これって実はブーメランで
朝ドラ・ヒロインって、大抵
夢と家庭の両立に悩むことになっている。

ついでに言うと
一応、両立はするものの
周囲に迷惑かけ放題…というのが多い(笑)
子供は誰かに預けっ放しとかさ。

音はどうなるのだろう?


正直言って、音のキャラは今でも、あまり好きになれない>スマソ
​でも、今回はちょっと良かった気がする。​

何としてでも夢を叶えたいとジタバタするところは
必死さよりも身勝手さを強く感じて少しばかり不快ではあったけど
でも、アッサリ諦めるのではなく最後までジタバタ…ってところは良いんでない?

頑張ればできそう…な余地を残したままでは残念感が残るけど
音の歌は本当にダメダメな状態にまで追い込まれてしまったから。
「子供ができたのは嬉しい」
と、子供にもちゃんと情があることを示してもいたから。


「僕は作曲家として声楽家の君に伝えたいこと言う」
いつもは周囲にも音にも支えられてばかりの裕一が
今日は強く妻に向かう。

以前、豊橋での音楽会の時にも、そんな面を見せたことがあったよね。
時々こうして裕一自身の強さを見せるという逆転があった方が良い。

「美しいメロディーも表現できないし、聴く人を不安にさせる
そんな歌しか歌えないんじゃ、お客さんにも失礼だ」
聴く側の気持ちを考えさせたのも良かった。

千鶴子さんは聴衆のことを考えて歌うと言ったのに対し
音は「歌って楽しい」と自分の気持ちにばかり向いていた。
あの時の回収だね。

「その夢、僕に預けてくんないか」
少し先に延ばすだけで諦める必要はない…というのが良いよね。
「君にもいつか僕の夢を叶えてほしい」
裕一が包容力を示す…というだけではなく
お互いがお互いの夢を叶える…という考え方が良い。
「僕の作った曲で君がおっきな…おっきな舞台で歌う」
音楽の道を歩むのは同じでも、2人は別々の所に立っていた。
それがやっと、ひとつになるということで
ドラマ的にもやっと(ある意味)スタート台に立ったと言えるのかもね。


ちゅーことで、音は両方取り。
​​まさに「強欲」(笑)​​

彼女より遥か上に立っていた環さんが
初めて少し揺らぐ…


でもさ、あれだけ騒いでいた『椿姫』の舞台はまるっと省略?
幾ら音との関わりがなくなったからとはいえ少しくらいは…
これじゃ“喫茶バンブー”夫婦の寸劇しか印象に残らないじゃん>ぉ

あ、ここで、千鶴子&久志による華麗な歌声を流してしまったら
いずれ披露することになるかもしれない音の歌唱が霞んでしまうから?>こらこら


出産が半年後というのは
音が悩んでアレコレして遂に決断を下すまで
何か月もかかったってこと?


鉄男の屋台のおでんは串付き
静岡おでんは串付きなのが有名だけど、福島もそうなの?
単に、残された串の数で客が食べた量を見て会計しやすくするため?


最後は食べ物に関する疑問になるのが、ひじゅにらしい?



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3612-8053013d

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
      
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 


串立て


ラフマニノフ『音の絵』他


メガ盛り野菜セット
​​​​​​​​






Last updated  2020.06.05 15:17:13
コメント(2) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:一番大事なこと>『エール』第50話(06/05)   オフロ さん
茨の道については環さんの表情から過去に色々と諦めたんだな、という所までは読み取れるけれど、掘り下げがないのでそれ以上はドラマからは分かりませんね。

よく分からないのは「歌手になる夢を諦めない」の部分で、音はまだあまり基礎ができてないという話なのに、なぜ学校で学び続けることは即諦めて退学を受け入れるのだろうか?
本当の茨の道って子育てと学業の両立、周囲の無理解と戦うことなのではないだろうか?何だか問題の本質をズレた回答で誤魔化された感がするのは私がひねくれ者だからかもしれない。

とは言えエピを懸命に回収しようと頑張っているのは今までに無かった事なので凄く嬉しい。 (2020.06.06 02:04:58)

 オフロさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
環さんだけでなく、前の週の鉄男の悲恋にしても、全く掘り下げがないですよね。
役者によっては、あれだけの描写でも、表情や佇まいで十分に表現できるかもしれないけど
残念ながら、そこまでには至らなかったし>そこまで求めるのも酷だし
音は、嘆くのも分かるけど・・・お父さんの教えとは逆方向にばかり行ってるので同情し難いです(酷) (2020.06.11 19:35:24)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.