000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

渡哲也さん、肺炎で… New! ショコラ425さん

金曜ドラマ『MIU… New! レベル999さん

今日の収穫 (コミ… New! BROOKさん

昨日も心地よい勝利… New! らぶりーたわ子さん

リヨーユーパンで、… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.07.01
XML
​​副音声を聞いていて良かった!
と思えたことのひとつ

子供裕一を演じる石田星空君の名前は
「せいら」と読むのね。

名前としてどうか…ってのは置いといて>こらこら
彼の名前を知ることができたのは良かった。

キラキラの美少年って感じだよなあ。

今日初登場の子供久志@山口太幹君も存在感あるし
子供鉄男@込江大牙君も目力あるし
このトリオは文句なし。

…ひじゅにですが何か?



「裕一、木陰に隠れる」by久志



↑画面の裕一はしっかり手前に立っていたから
「え?え?え?」と思ってしまった(笑)

そしたら数秒後に木陰に隠れる裕一の図ぅ―

「また笑ってる」
画面では一拍遅れて笑う裕一。

​​久志、フライング!​


↑責めてるんじゃないよ。
ちょっと面白かったから。
久志の人間味?



昨日、音楽との出逢いがあって
今日、苦手な運動の最中に音楽による“救い”を経験。

「福島三羽烏」も今日で揃ったし
藤堂先生も好感度高い登場の仕方だし
やはり第一週は◎


藤堂先生は今回の様な感じで
裕一の人生の所々に現れるのかと期待していたけど
フツッと出なくなっちゃうし
忘れた頃に再登場はしてくれたけど、その度に存在感が薄くなっちゃうし
もうちょっと上手く動かしてほしかったなあ。


ちなみに
立ち位置的には草間さん@『スカーレット』と似ていると思う。
あちらも段々と出番が減っていったし、再登場の度に薄くもなっていった。
でも、ヒロインの成長に合わせて
彼女にとって高く大きな存在だったのが
段々と同じ高さに降りて来て、等身大になっていく…という印象があって
​寧ろ面白味があると思った>脳内補完?​


藤堂先生の場合は、裕一が成長した…というよりも
先生の人間味をより出してきた…というよりも
単純に扱いが悪いって気がする(笑)

それとも、これから…なのかな?
これから…ということで期待しておこう。


ひじゅに的には
第一週は良かった
…という記憶なので
今回の再放送では少なくとも第一週は観てみようかと思う。

今日までのところ、確かに良い印象。
二度目のせいか、各キャラへの愛着も生まれた感じがする。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3630-d551a5e7

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
      
にほんブログ村    人気ブログランキングへ


フライングパンチ>玩菓


応援>メッセージクッキー


古関メロディ>純米大吟醸

​​






Last updated  2020.07.01 14:42:24
コメント(4) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


 Re:その3>『エール』(再放送)第3話(07/01)   rev.9ch さん
コメントに返事ありがとうございます。

>ドラマは戦争中をマトモに描かない(まるっと省略)という噂もあるので、ここの葛藤も省略?

私も、「戦争中をマトモに描かない(まるっと省略)」に一票です。
というのも、第一話で裕一と音が "1964 東京オリンピックのオープニングセレモニー" のため国立競技場に入っていくところが描かれましたが、その続きを2020/7/24(金)に放送するのだろうと私は考えていたからです。

だってドラマで "1964 東京オリンピックのオープニングセレモニー" を描いたその日、リアルでは "2020 東京オリンピックのオープニングセレモニー" が開かれるって劇的じゃないですか。
そしてそこから逆算すると、ドラマではとても戦争のことなど描いている時間はないのです。

もっともオリンピック・パラリンピックは延期、ドラマは中断してしまい、そのシンクロは実現できないのでもうこだわる必要はなくなりましたが。。。
さて、どうなるのでしょう。

(2020.07.01 18:34:21)

 Re:その3>『エール』(再放送)第3話(07/01)   オフロ さん
スカーレットはその辺りが抜群に上手かったですね。
藤堂先生の場合は「音楽も女もなんて無理。きみは才能があるんだから女を捨てて音楽を選ぶべき」からの「僕も結婚しちゃった!子供も生まれちゃうよ」では、その間に何があったのか想像できないので都合よく引っ張り出してきた風にしか見えないですよね。
扱い的には天陽くん(かその兄)が近いかも。

この頃のハーモニカの使い方は良いですね。
------
お返事ありがとうございます。
廿日市さんは、役者力も当然あるかと思いますが、脚本が思いっきり好意的に解釈している感じもします…後からフォローばかりなので常に後出しじゃんけんみたいになっていますが。

長くなるので60話、61話、62話の返事は個別に書いています。
その他も全て読んでいます。 (2020.07.02 04:23:42)

 rev.9chさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。  
ああ、そういう計画なら物凄くありそう・・・でも大幅に狂っちゃいましたね。
残り、思うように作れるのか、話数もどのくらい取れるのか・・・先が見えないし・・・
スピンオフモドキの繰り返しで、おちゃらけて終わりになってしまったらどうしよう(笑)
せめて、もっと音楽をふんだんに盛り込んでほしいなあ>元々、それを期待していたのだけれど (2020.07.08 19:29:12)

 オフロさん☆   ひじゅに さん
ありがとうございます。
私は『スカーレット』は全体的には好きだけど、所々不満もあったんですが  
最近は、なかなかの名作だったんじゃないかと思えてきました(笑)  
まあ、初期の頃は間違いなく名作だったし、終盤もなかなか良かったですしね。
コメント全部読ませて頂いてます、嬉しいです>お返事のお返事にお返事・・・というのも変かなと思って書かなかったのですが
(2020.07.08 19:36:29)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.