13287564 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

【半沢直樹(2020年版… New! ショコラ425さん

特集ドラマ『JOK… New! レベル999さん

リヨーユーパンで、… New! ねむにゃんさん

猫もソーシャルディ… New! らぶりーたわ子さん

Blu-ray「search/サ… BROOKさん

Keyword Search

▼キーワード検索

2020.07.13
XML
​​​​​​​​​​​​​​​​出演者による副音声付き再放送も3週目。

話数でいうと
第13話(本放送3週目半ば)~18話(4週目半ば)

そして今週の担当は​藤堂先生​

さてさて…?

…ひじゅにですが何か?



​「トウモロコシだ」​by藤堂



↑う~ん…冗談かな本気かな?>ぇ



ハーモニカ倶楽部で初めての自作披露、初めての指揮。
でもそれは、初めてにして最後…だった。

…ということが、回想シーンを織り交ぜて描かれる。

…ということが、藤堂先生によって丁寧に解説される。


本放送の時は、藤堂先生が顔を出したのはほんのちょっとで
取って付けた様な印象がないでもなかった(笑)
それに、あくまでも、メインの話は裕一だしね。

でも、藤堂先生が藤堂先生の視点で話してくれるので
存在感が増したというか、存在価値が出て来たというか(笑)


何度か書いたけれども
藤堂先生は立ち位置的には草間さん@『スカーレット』の様なのだけど
彼自身の存在感も
彼を通して浮かび上がって来る主人公の成長も
草間さんには遠く及ばない感じなのが、ちょい不満だった。

先生のキャラも、森山直太朗さんの演技や雰囲気も
なかなか良いな…と思えるので
それが生かされていないなあ…と。


それが、当初は予想もできなかった状況により
このような形での再放送となって
それで却って改善されるというのは嬉しいことだな。

久志、吟、そして藤堂先生…と、これで3人目になるから
スタッフの方も慣れて要領が分かってきたのか
ハジケてきたのか
森山さんの持ち味なのか

…知らんけども(笑)

藤堂先生​⇔​裕一
なのが本来だと思うけど
そこが、てんで弱かったわけで…

今回により、少なくとも
藤堂先生​⇒​裕一
なのは伝わってきたな。
 


お話に関しては―


「“喜多一”を…おめえでも浩二でもなく
赤の他人に継がせるって考えっと嫌なもんだ」by父さん

当時は家は何より大事だったのだろうな。
現代の感覚では>いや、ひじゅに個人の感覚か?
「父さん、それはちょっと傲慢ってものじゃ…?」
と思っちゃうけどさ(笑)

でも、長男の裕一ではなく、次男の浩二を跡取りと決めたのは
浩二の気持ちを思いやって…というのでも
浩二の能力を買って…というのでもなく
裕一を自由に羽ばたかせるため
…だよね?

そうじゃないと父さんは言うかもしれないけど
そうとしか見えないじゃん。

なのに、そのために肝心の裕一を養子に出す羽目になるとは
どこまで行っても​ダメダメ​な父さんの図ぅ?


窪田正孝さんは、コメディよりも
シリアスに苦悩する演技の方が決まっている感じがするけど
だから、そういうシーンを入れたのは正解という気もするけど

それでも、一向に
裕一に同情する気持ちにならないのは何故?

まあ、どのみち、将来は音楽で成功することが分かっちゃっているからだろうな。
養子になれば権藤姓になるはずだけど、作曲家となった裕一は古山姓だから
養子の件も解決するのはバレバレだし。

それに、何より
ここまでの経緯がイマイチだからだよなあ…


藤堂先生
裕一に関するモヤモヤも、先生の解説で解決して!​>ぉ



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3642-2c442a78

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
      
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 


音楽隊>コースター


トウモロコシを持つクマ


コンダクター


​​​​​​​​​​​​​​​​






Last updated  2020.07.14 14:07:33
コメント(5) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.