12028069 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

なつぞらより猫が気… New! らぶりーたわ子さん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

銀魂 最終訓読みました New! みやさとver.さん

今日の収穫 (6月… BROOKさん

新潟で震度6強 津波… ショコラ425さん

Keyword Search

▼キーワード検索

全138件 (138件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 14 >

日常あれこれ

2014.03.19
XML
カテゴリ:日常あれこれ
取り合えず、昨夜は容体が急変する様なことはありませんでした。

今朝は
カーテンは閉めたまま
点滴をしながらベッドに横になっています。
顔の周りに巻かれていたシートは外されました。

話しかけると普通に言葉が帰ってきました。
このところ、会話はかなり普通になっています。

本人によれば
吐き気も腹痛も治まり、気分は良いとのこと。

特に喉の渇きや空腹感はないけれど
何か少し飲食したい様な気がしてきたそうです。


看護師さんの話では
微熱がある―
今朝は食事は出していない―
菌によるものかどうかはハッキリとは分からないが
大抵、ある程度経ってから判別できるもので
今のところ他の人達には感染っていないから
大丈夫だろう―

…とのこと。


今日は「家族会」があって
介護士からの話や、自宅介護をしている人の経験談
そして同立場の人達の交流
が行われる予定で、私も参加しようと時間を空けていたのですが
気持ちの問題で欠席することにしちゃいました。

今はいったん家に帰ってきているのですが
少ししたらまた様子を見に行ってきます。

ひとまず安心…して良いのかな?





☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1407-ac642623


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

とろみアップ








Last updated  2014.03.19 12:43:12
コメント(2) | コメントを書く
2014.03.18
カテゴリ:日常あれこれ
少し前に介護施設から電話がありました。
祖母が突然、嘔吐をし始めたとのこと。

熱はないし、意識もしっかりしているから
便秘のせいかもしれない。
(かき出してみたら奥の方に固いのがあった、とのこと)
でも、万が一、ノロ等の可能性も考えて対処している。
(多分違うだろう、とのこと)
吐しゃ物で汚れた衣類やタオル類はそのままビニール袋に入れたので
明日にでも取りに来てほしい。


との内容。

心配なので、父と一緒に行ってみました。
嘔吐に加え下痢が始まったそうで
ベッドの周囲にカーテンが引かれ
何人かの人達が何か処理をしていました。


真っ先に聞かれたのは
汚れるので下着の下側を切り取って良いか?
というものでした。

廊下でしばらく待っていると汚れ物の袋が運ばれてきて
汚れ具合が酷い物は捨てて良いかと聞かれました。
それ以外は涎が付いた程度なので普通に洗えば大丈夫だと
渡されました。


そして
身体の大きさに対し、出てしまった水分が多いので
もしものことがあったらどうするか…
すぐ隣の病院に移すか、施設で最後を看取るか…

という選択を迫られました。

私は前者が良いと思ったのだけれど
病院では苦しい思いをするだけかもしれない…と言われ
施設ではモニターで常時監視するということはないので
様子を見に行った時に意識を失った要る状態なら後者
苦しんでいる状態なら前者
ということになってしまいました。

まあ、そうそう簡単に悪化してしまうことはないとは思えるが
高齢のため予想はつかない部分がある…
と言う様なことを言われました。


その後、処置が終わったので本人のところに行くと
頭にはシートが巻かれ>嘔吐対策と思われ
足には点滴が繋がれていました。

意識はハッキリしていて
吐き気は治まったが、お腹がちょっと痛い
食事はできない
頑張る
…と言っていました。



それまでは非常に順調でした。

先週の話し合いは
介護士、看護師、栄養士等からの現状報告と今後の方針についてで

食事はほぼ完食しているので
三食を普通の(口から食べる)食事に変え
さらに量を増やし
そのため初期には付けていた栄養バランス食は取りやめにしよう
ということになりました。

本人の希望でトイレにも行き始めたとのことでした。
介護士が2人がかりで介助しなければなりませんが。
(この数日後、尿の管も外すことになりました)

ただ、高齢なので
以前の状態にまで回復はしないだろうし
また悪化してしまう可能性はある…
とのことでした。


その後、
やたら水分を欲しがったり
   飲み過ぎると心臓に負担がかかるそうなので
   なかなか要望は叶えられませんでした

逆に飲食を控え気味になったり
   トイレに行くのを気にしたり
   お腹の具合が良くないと言っていました

色々変化はあったものの、全体的には元気でした。


そして今夜の出来事です。
不安な一夜になりそうです。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1406-60486e54


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!







Last updated  2014.03.18 22:29:47
コメント(0) | コメントを書く
2014.03.04
カテゴリ:日常あれこれ
祖母は先月7日に病院から介護施設に移りました。

やがて、元気が出てきたらしく
鼻に入れた管を自分で引き抜いてしまう様になりました(^^;)

また入れる時になるとかなりの力で抵抗し
少し経つとまた引き抜いてしまう…という状態が続き

遂に医師から話し合いに呼ばれました。


素人なので単純に
鼻から胃に変えることになるのかな?
と思いながら臨みました。

ネットで調べてみたところ
胃の方が抜いてしまう危険性は低くなるし
口から食べる方向に導くのも鼻よりスムースだとありましたから。

そう
ケアマネージャーが立ててくれた計画では
少しずつ口から食べる練習もするということでしたので
私としてはすっかり、そのつもりでいたのです。


ところが医師は
経鼻を即座に取りやめ、経口のみで行こうと言うのです。

病院ではどうあっても食べようとしないので経鼻栄養法にしたわけで
イキナリ戻しても上手く行く可能性は高くはない様に思えました。

医師が言うには
嫌がるものを無理に施して強制的に生かすより
例え一口も食べて美味しいと思えれば
その方が豊かな人生だ…とか何とか。

勿論、それはそうだと思います。
実際、管を嫌がっているのですから
取れるものなら取ってやりたいと思います。

でも、栄養が必要量取れなかったら?

医師の答は

「それでオシマイ!」

ムッとしました。


病院でも「天命」なんて言われましたし
確かに祖母はもう高齢ですから
第三者的に見れば、いつ死んでも大往生ってヤツなのでしょう。

でも、意識がないとか、全く気力がない状態ならともかく
少しずつ元気が出てきて意識もハッキリしてきているのに

「じゃあ、オシマイの方向でひとつお願いします」

なんて言うべきなのでしょうか?


まあ私は、こういう時
却って表面上は落ち着き払って笑顔さえ浮かべてしまう癖があって
今回もそんな態度を示しながら
「患者を見る目と家族を見る目は違いますからね」
と皮肉っぽく言ってしまいました。

そして、ケアマネが言っていた通り
経鼻で栄養を補いつつ徐々に経口を練習していくことはできないか
と聞いてみました。

ハッキリした返事をもらうまで一時間半かかりました。


ようやく、三食の内一食を経口にして様子を見ていこう
ということに決まりました。

それでも、係員が面倒なので
「嫌がるだろうね」
と、医師が他の人に言うので
またまた私は意地悪く
「嫌がるんですか?」
とニヤニヤしながら聞いてしまいました。

「いや、慎重にしなければならないという意味で
仕事は一生懸命しますよ」
と、一生懸命言い訳していました(笑)

   …私って嫌な女ですかね?(^^;)


で、翌日からスタートしたので
私も毎日通い、何とか食べさせ様と努力しました。

といっても専門家ではないので
どうすれば効果的かなんて分かりません。
ただ、無理にお願いしている以上、何かしなければ…という思いでした。

でも、家族が行くと、向こうも遠慮するらしく
結局、食べさせるのは完全に任されてしまう状態です。

嫌がればなだめたり強く言ったり…
こちらとしては必死なのですけど専門家には歯がゆいのでしょう
祖母が煩がると
「ハハハハハ」なんて大声で嘲笑われたりしました(――;)

   ↑中年男の介護士

スッタモンダの挙句

1日目:半分弱?
2日目:少々
3日目:ほぼ完食
4日目:私の介助で1/3ほど
    介護士の介助で残り全部
5日目:私の介助で1/3ほど
    介護士の介助でも数口程度


という流れ。

4日目と5日目に手を貸してくれた介護士さんは
嘲笑ってきた人とは別人の、ベテランらしき女性で
上手いこと祖母の気持ちを動かすので感心しました。

こーいうのを見せてもらいたかったんだよ!
って感じ。


こんな状態でしたが
それでも完食の日があったせいか
一週間経たない内に二食を経口に変えられました。

私が手を出すと却ってワガママが出てしまう様子になってきたので
食事時には行かない様にして記録だけ聞かせてもらう様にしたら
その後はほとんど食べた日が続いたらしく
遂に完全に管を排除することとなりました。

で、昨日、久しぶりに食事時に行ってみたところ
2/3ほど私の介助で食べ、残りは自分でスプーンを使って食べました。
今迄は残していたお茶も半分以上飲みました。

順調に行っている様子なので嬉しい気持ちと
気分によって食べない日もありそうなので
本当に一食一食が勝負だな…という緊張感と
何か上手く医師の方針に乗せられてきてるのかな…という疑いと>ぉ

色んな気持ちがない混ぜになっています>ヒネクレひじゅに?

それでも、元気になってきているのは事実なので
そこは単純に喜んでいます。


で、
来週また話し合いが予定されているんですが
さて、どうなることか?



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1389-bdfa62d9


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ             人気BLOGRANK
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   人気BLOGRANK

高栄養流動食


動作誘導型湯呑み


タンパク質・糖質調整流動食







Last updated  2014.03.05 13:49:14
コメント(6) | コメントを書く
2014.02.16
カテゴリ:日常あれこれ
『祖母と病気と病院の話』続きです。


あれから間もなくケアマネージャーと連絡が取れました。
退院後は一時的に介護施設に移り自宅に戻れるようリハビリをしよう―
という話になりました。

食事をしない、という件については
施設の方の準備が整うまでの間は病院にいることになるので
まずは好物を与えてみて食べられるかどうか試してみるよう
病院側に話してみる、と言ってくれたのですが

ケアマネージャーが帰ってすぐに医者から呼ばれ
点滴を続けるか経管栄養法に切り替えるか
と決定を迫られてしまいました。


ケアマネージャーによると

数年前、やなり同じ様な状態に陥った90代の女性が
ある日、「苺が食べたい」と言ったので
与えたところ、ちゃんと食べられた上
その後は急速に回復し、意識の方もハッキリして
無事に自宅に戻れた―


という実例があるそうなんです。

しかも、帰宅して第一声が
「カツ丼、買ってこい」

だったそうで(笑)


確かに病院の食事は味も薄いし
何が何やら分からないドロドロ状態に加工してあるので
自宅で普段食べているものとは全く違います。

実際、飲み込む力がないわけではなく
口を閉じてしまって食べようとしない状態なので
好きな物を…というのは良い方法に思えました。

でも、医者は
それはもう充分試したが効果がないので、これ以上は無駄!
の一点張り(^^;)

介護施設に移る方針にしたと話してあるのに
点滴のままなら病院、経管栄養にするなら施設に行くことになるので
どちらかを今すぐ決めてほしい、とのこと。

試すことさえ許されないのかと、ちょっと頭に来ましたが
仕方ないので、鼻から管を入れる経鼻栄養法を選びました。

鼻から必要な栄養を取りつつ、口から食べる練習をしていけば
却って良いかもしれない…と考えて。


翌日、処置が施されました。
看護士の話では、入れる時はやはり痛がったそうですが
その後は落ち着いていました。

栄養状態が良くなったせいかどうか分からないけど
意識の方も少しずつハッキリしてきて
短い会話ができる様になってきました。


そして約一週間後、介護施設に移りました。

その前に施設に見学に行ってきたんですが
何となく暗い雰囲気なのは仕方ないとして
作りは悪くないな、と思いました>エラソウ

でも、説明の時に
こちらからバスタオルはいるかと聞いたら
いらないという返事だったのに
入所した翌日、バスタオルを持ってきてほしいと電話があったりして
ちょっと不安…と思っちゃったりしましたけど(^^;)

   ↑気にし過ぎ?


病院から施設までの移動手段をどうしたら良いのか心配していたら
聞く前に病院から介護タクシーを手配しようかと声をかけてくれました。

病室までストレッチャーで迎えにきてくれるので
とても楽でした。

父が一緒に乗って行き
私はいらない荷物を自分の車に運び
入院費を払ってから後を追いかけました。


大変な出来事ではありますが
普段はできない経験ができることに
ちょっぴり面白味を感じたりもしています>酷?


まあ、命に関わる状態ではなくなったからでしょうね。


次は介護施設でどれだけ回復できるか…です。
最長3ヶ月しかいられない所なので。

でも、希望は持っています。


☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1372-08adb9b8


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
               blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

介護タクシー





介護施設を間違えたら…







Last updated  2014.02.16 14:55:42
コメント(4) | コメントを書く
2014.01.26
カテゴリ:日常あれこれ

祖母が入院中なのですが、その前後にあった話。


*出血

本人はどこも痛くも何ともないとのことで
私も下着に付いた血液と粘液を目撃しただけで
どこからの出ているものかも分からず
とにかく、A病院へと行きました。

そこは祖母が10年以上前から月一回通っている病院で
ちょうど担当医がいる曜日だったので良かったなと
その時は思いました。

でも、担当医は身体のどこも直接診ることはなく
「痔が出ちゃったのだろう」との言葉。

血液検査とCT及びレントゲン検査はしましたが
結果は二週間後と言われ
ちょうど翌週(一週間後)いつもの予約がしてあったのですが
二週間後に予約を変更され、その日は終了。

痔の坐薬を入れたので、処置してくれた看護士さんに
痔の様子を聞いてみたところ
「それらしいものは見えず、乾いてもいましたよ」とのこと。


*経過

翌日、出された下剤により数日続いていた便秘は解消
出血もなくなったかの様に見えましたが、翌々日は再び出血。
祖母は気力がなくなっていき、食事も食べなくなってしまいました。

なので、さらにその次の日、堪りかねた父は
検査の結果だけでも教えてほしい、何か手当できるものならしてほしいと
A病院に頼みに行きました。

担当医はいない日だったし、既に時間外にもなっていたので
まず無理だろうな…と思い
父が騒ぎを起こしたら大変だ…と、私も後を追いました。
(父は普段は寧ろ争いは極力避けたがる人なので余計に心配でした)

勿論、私としても
できることなら説明だけでもしてもらえたら…
という希望もありました。

一応、戸締りしたり寝ている祖母の様子を見たりしてからだったので
父より少し遅れて病院に着いたところ、受付で軽い口論が始まっており
急いで間に入りました。

まあ、私のことですから、そうそう上手い対処の仕方はできませんが
何とか感情的になっていた雰囲気は治まり
受付の人が当直医に電話で聞いてくれました。
でもやはり、担当ではないので却下。
受付の人が予約を一週間早めてくれたので、そこで私達も帰ることに。


*救急車

その翌日、祖母は弱っていく一方だったので
父の決断で救急車を呼ぶことにしました。

電話で取り合えず現状を話して相談してみたところ
救急車を派遣しましょう、との返事。

救急車が到着して皆で乗り込んでから、隊員がB病院に連絡。
B病院の医者はA病院に検査結果を聞いてほしいと言うので
隊員がA病院に問い合わせてくれたのですが、やはり却下。
なのでB病院へ。

あちこち検査で引っ張り回され、夜も遅くなってから>到着は午後3時前後
出血は膀胱からと判明しました。
腎機能が衰えている上に、尿管と膀胱内に何か邪魔物があって尿の出が悪いとのこと。

高齢のため造影剤は危険性が高いので使えず
その邪魔物の正体はハッキリは分からないままなのですが
恐らくは腫瘍で、それがこすれて出血したと思われるとか。

高齢のため急変する可能性も高く
その場合は覚悟してほしいと再三言われました。


*入院後

数日後、血液検査の結果は正常に。
膀胱内はどうなのかと聞いたところ、急遽内視鏡検査をしてくれて
良性の腫瘍だから心配ないと言われました。

なので、すぐにでも退院できる状態になったのですが
別の問題が…


寝たきり&飲食禁止が続いたせいか食欲を全く失ってしまった様子で
食事が出る様になってからも、ほとんど食べないのです。
認知症も進んでしまい、受け答えはするものの、気力は失われたまま…

飲み込む力がないのではなく、飲み込もうとする意志がないのです。

今は点滴もしているから食べないでも何とかなっていますが
退院となると、食事は要になりますよね。

私としては必死で、なだめすかして食べさせ様としているのですが
やっと口を開いても食べ物を近づけると固く閉じてしまう有様です。
何とか押し込んでも出してしまいます。

祖母は耳が遠いので大きな声で話しかけざるを得ず
褒めたり怒ったり下手に出たり懇願したり…って感じなので
同室の患者や見舞客に笑われてしまう始末。
こっちは泣きたいです。

医者は胃に穴を開け流動食を送り込むという方法もあるけれど
もう年齢的に無理しなくても良いだろう
天命だと諦めた方が…なんて言うし

退院後の受け入れ態勢については、入院直後から言われ、書類も書かされたのに
別にアドバイスがあるわけでもなく>望む方が間違い?
今だ顔を見るたびに「どうするのか?」と問い詰めてくる看護師も…

私としては、できるならば自宅で世話したいけれど
食事ができないとなると素人では難しいだろうから躊躇もしてしまいますし
ケアマネージャーに連絡はしてあるものの休みも重なったせいかまだ返事はなく
施設を頼むにしても何処がどうで何をしたら良いのか全く無知なもので
答え様がない状態で気持ちばかりが追いつめられていく一方でいます。

まあ、早く次の患者を入れたいのでしょうし
その人には申し訳ないと思うけれど
このまま放り出されたら祖母の命が危うくなるわけで…
いや、ハッキリ言えば見殺しにされる様なもので…

つくづく
医療とは人間とは命とは…等と考えてしまう今日この頃です。


…と言いつつ
「覚悟」とまで言われた腎臓は驚くほど早く良くなったし
数年前に入院した時も認知症が酷くなったかに見えたのに
退院後かなり回復した経験もあるので
希望は持っているのですけどね>医学的根拠はまるでないけど




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1350-87477a4a


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ            blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

高栄養流動食


低カリウム野菜&フルーツ


とろみ名人







Last updated  2014.01.30 12:54:04
コメント(10) | コメントを書く
2013.04.20
カテゴリ:日常あれこれ
祖母と美容院に行き食事をして帰ったら
うわあ、もうこんな時間…

…ひじゅにですが何か?



「あるんだ!?」byアキ



【知秋&つばさ】

と:アキちゃんって可愛いなあ
 可愛いよねえ

つ:うん、可愛い可愛い
 知秋とそっくりだもんね

と:あ、気付いてた?
 僕が女だったらヒロインになってたかもしれないよね

つ:お祭もミスコンも、あっという間に終わっちゃったね

と:アカラサマに話を逸らさないでよ
 まあ、祭は朝ドラ名物だし、ミスコンは今後の話に関わるわけだし
 もうちょい盛り上げるかと思ったよね

つ:あのアッサリぶりとスピード展開がクドカン流なのかな?

と:ウニは引っ張ってるけどね

つ:簡単に海女になれちゃってもドラマ的に難だからね

と:そりゃあさ、
 なかなか上達しなかったり失敗したり、それで叱られたり
 師弟関係を扱うなら避けて通れないネタだけど
 それだけに既視感も避けられないよね

つ:どうしても伝えたいテーマを生かすために
 敢えてベタな作りにすることもあるのよ

と:それって僕らのドラマの時に、ひじゅにが主張してたことじゃん

つ:夏さんの孫への愛情が表現されてて良かったじゃない
 春子さんとの母子関係にも重なることだし
 そもそも、春子さんと夏さんがギクシャクしてたはずなのに
 今回のことでアキちゃんと夏さんがギクシャクしてることになって
 捻っている様で分かりやすい構図になってると思うな

と:そんな深読みする様なシーンだったっけ?

つ:それに長内さん夫妻の、引いては漁師町の悲哀も盛り込んで
 話に厚みを持たせていたしさ

と:あの場合、夏さんの話だけじゃ浮いてたよ
 長内さんちの事情を入れたのはテクニックってもんでしょ?
 せっかくの脇役だもの、そんな風にして使わなくてどうするのかって話

つ: あの回想シーン、テトラポッドの向こうに消えていく息子さんに
 かつての春子さんが夏さんが海に潜るたびに上がってこないんじゃないかと
 恐怖していたという話が重なって、何とも言えない気持ちになったわ

と:あれが彼の最後なの?

つ:知らないけど、あのシーンをワザワザ入れたってことは
 そうなんじゃないの?

と:分かり難いとこが多かったよね
 例えばアキちゃんがヒロシさんに呼びかけた時とかもさ

つ:あれって、「ストーブさん」って呼んだんじゃなかったの?

と:ああ、ぼくには聞き取れなかった
 あ、そうかあ、ストーブなら納得!

つ:知秋のドラマの見方に問題がある気がするなあ…

と:あれだけ町興しに躍起になってたハズの大吉さん&吉田さんが
 あれほど騒いでた水着審査もスルーして
 栗原さんに親身になってる菅原さんもスルーして
 それどころかミスコンそのものもスルーに近い扱いで
 意外にクールに対処してるところは面白かったよ

つ:彼ら好みの熟女じゃなかったからかも?
 春子さんも出場しなかったし

と:吉田さんが菅原さんを無視して無線機に叫んでるところとか
 菅原さんが栗原さんに「これ着て帰れば」と言ってるところとか
 笑っちゃったな

つ:栗原さんがお笑い要員なのは最初からミエミエだったし
 ユイちゃんがグランプリなのも分かりきってたから
 あのくらいのアッサリぶりで良かったのかもね
 その後のユイちゃんの状況が重要なんだし

と:ネットで宣伝すれば必ず成功する、というのも
 朝ドラ“お約束”だよね

つ:アキちゃんはユイちゃんとの差を感じているみたいだけど
 アキちゃんの方は既に海女になりたいという夢に後一歩の状態でしょ
 ミス北鉄をきっかけにユイちゃんの方がアキちゃんに追いつくと言えるかも?

と:これから親友同士が並んで前進していくってわけだね
 それよりさ、姉ちゃんはちょっと複雑な心境にならない?

つ:何で?

と:僕達、母さんが家出したことで苦労してきたんだよ
 アキちゃんのお母さんは今や二重家出だし
 でも、アキちゃんも一緒だし

つ:人にはそれぞれ事情があるものよ

と:残してきたお父さんは料理上手だそうだし

つ:だから何よ?

と:姉ちゃんは母さんの穴を埋めるために「おかん」になろうって
 自分で自分に枷を作ってたじゃん
 ラジオ天使なんてイマジナリ―フレンドに支えられて

つ:あ、もしかして私に言わせたいの?
 アキちゃんったら、まだまだ「あまちゃん」!って?
 春子さんに「悲劇のヒロインみたい」って言われちゃうよ

と:あ、それって『純と愛』のサトさんの台詞っぽい

つ:これもクドカン流朝ドラ過去作ネタ化コーナーなのかもね

と:そのタイトル自体、『おひさま』の時の
 岡田君の朝ドラ過去作ちょくりまくりコーナーみたいじゃん

つ:いや、どっちも、ひじゅにが勝手に名付けて喜んでるだけだから




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1021-a0278eb3


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ            blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち

ひゃっこい>アイスどら焼き


コンサート用うちわキット


つばさ総集編DVD







Last updated  2013.04.21 15:23:14
コメント(6) | コメントを書く
2013.04.06
カテゴリ:日常あれこれ
【その1】>コメント

コメントお返事、めちゃくちゃ遅れていてスミマセンスミマセン!

少しずつ、でも確実に書いていきますので呆れないでね。
その日の内に読ませてな頂いています。
そして凄く励まされています。

ありがとうございます。


【その2】>『あまちゃん』

朝ドラ『あまちゃん』
今のところ好感触です。
か~な~り良く出来ていると思います>エラソウ

ただ、何故か、まだハマった…というところまで行かない私(^^;)

これからどんな風になって行くのか
自分自身の変化も客観的に見守りつつ(笑)
感想を書いていきたいと思っています。

よろしくお願いします。


【その3】>『純と愛』

総括を書き始めて途中で止まっていますが
近い内に書き上げてUPしたいです。


【その4】>冷蔵庫

壊れた!!!

数日前、冷凍室が冷凍できない状態になっているのに気付きました。
色んな物が溶けてしまって捨てることに…>ああ勿体無い

そして昨夜、冷蔵室から不気味な音がし始めました(^^;)

冷えも良くないし
これは買い替えるしかないだろうと
今日、電器屋さんに行ってきました。

お高い最新式のコーナーなんて、ひとっ跳び!
安いのをさらに値引きして貰って契約してきました。

届くのは早くても来週後半。
果たして今の冷蔵庫はそこまで持つだろうか…

ドキドキの一週間となりそうです(^^;)


【その5】>ほか弁

時々通る道の端に、いつもお客で賑わっているお弁当屋さんがありまして
他にも幾つか見かける類似の店とは全く様相が違うもんですから
好奇心から入ってみたんです。

そしたらメニューが物凄く多い!
食べてみたら
カツ丼=味付けが美味しい
鶏竜田揚げ弁当=おかずが豊富

ということで気に入ってリピートました。
そしたら…

○○弁当(焼肉・串カツ等)を頼んだのに
持ち帰って開いてみたら
△△弁当(ベーコンエッグ・煮物等)が!?


値段は同じだし、まあ良いか…
と、その日は△△弁当を美味しく頂きました。

そして昨日、再び挑戦。
私はメンチ・鶏唐揚げ入り海苔弁当
連れは鮭入り海苔弁当を注文したのですが
帰ってから開くと
私のは唐揚げ弁当(唐揚げのみ、海苔なし)
連れのは普通の海苔弁当(鮭なし)

まあ、これも黙って美味しく頂きましたけど(^^;)





☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/1003-0cde23c1


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち

ドラマガイド


DVD-BOX(3)


冷蔵庫に住むペット







Last updated  2013.04.07 00:17:45
コメント(10) | コメントを書く
2013.03.31

カテゴリ:日常あれこれ






Last updated  2013.03.31 10:43:28
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:日常あれこれ
最近、ブランド名&URLばかり長々と綴った
ヘンテコ迷惑コメントが多いんですが
今朝もそれが一つ来ているのを見つけ
削除したんです。

そしたら
何故か管理画面のコメント欄が真っ白に…

まさか全てのコメントが消えてしまったんじゃ!?
と心配してしまいました。

それでブログの方を確認したら
何故か何も書いていない記事が立ち上がっていました。

何で?

普通に書いた記事でもタイトルがないとエラーになるのに
コメント(単独)の削除ボタンを押しただけで
何でこーなるの?

で、その記事の上に一旦この文章を書き込んでみたんですが
何故かコレはコレ、空白記事はそのまま残っていました。
しかも空白の方が最上部に。

で、文章のある方は削除して
また新たにこの記事をUPしてみます。


☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ            blogram投票ボタン
にほんブログ村    人気ブログランキングへ   blogramランキング参加中!

☆朝ドラ感想は「REVIEWの部屋」に纏めてあります☆
やっくんち
やっくんち






Last updated  2013.03.31 11:15:58
コメント(2) | コメントを書く
2013.03.22
テーマ:徒然日記(15932)
カテゴリ:日常あれこれ
乗ったことは何回かあります。

自分の場合も誰かの付き添いの場合も。
でも、自分で呼んだのは今回が初めてでした。


何があったかといいますと


一昨日のこと
家に私と祖母しかいない時に
祖母が猫のトイレに躓いて引っくり返し
猫砂が派手に零れ落ちた上に額から倒れ込んでしまったのです。

起き上がった祖母の額から大量の出血。

消臭剤入りの固い猫砂なもんで額に食い込んでいました。
ティッシュで摘んで取り出しはしたんですが
ポッコリと大きな穴が幾つも開いていました。
クレーター状態(^^;)


これは素人では手に負えない…と思ったものの
咄嗟に何をすれば良いのか思いつきません。

近くに外科はないし>後で考えたら病院があった
祖母はただでさえ足が悪いので
今の状態から起き上がるのも難しそうだし
私が抱き起すのも上手くできないし
何より高齢なのもあって脳や骨への影響も心配だし

そうだ、救急車呼ぼう!

ようやく方針は決まったものの
今度は電話番号が思い出せません。
110番は浮かぶのに119番が出てこないんです。


知人が以前、娘さんが友達に玩具で打たれ
頭から噴水の様に血が噴き出したことがあったそうです。

慌てた知人は娘さんを抱えて家の中を右往左往…
知人の白いセーターが真っ赤に染まっているのを見つけた家族の方が
慌てて警察を呼んでしまったとか―

その話を聞いた時は同情もしたものの
ちょっと笑ってしまったんですけど
今は自分がそれに近い状態。


携帯で調べて電話をしました。

住所と所帯主の名前と状況を説明したところまでは
我ながら冷静~音符
と思ったんですけど

後になって思い起こすと
怪我したのは誰か…という肝心のところが抜け落ちていました。
本人が電話している、と思われたかも?

それに
「○○さん家の南側ですね」と聞かれ
「そうです」と答えてから
「あれ…○○さんだっけ?」と記憶がアヤフヤになり
曲がり角にある某会社の名前を言おうとしたらやはり思い出せなくて
「え~と、え~と、何だっけ…ああっ思い出せないっ!」
と思い切り叫んでしまっていました(恥)


まあ、何とか救急車に来てもらえて
上手いこと一番近い病院で受け入れてもらえて
事態は無事収まりました。

傷は深めだったので麻酔薬を打ちホチキスの様なもので止め
大きな絆創膏を貼ってオシマイ。
検査の結果、他への影響は見られませんでした。
入院の必要もなく、すぐに帰れました。


翌日、また病院に行きました。

11時半の予約なので11時頃に行ったのですが
診察室に呼ばれたのは1時過ぎ
帰宅したのは2時過ぎで
病院は時間がかかることは十分経験しているはずなのに
今回は物凄く長く感じ、ぐったり疲れてしまいました。

診察室では
変調はあったかと問診を受け
おもむろに絆創膏を剥がされ
「ああ、傷は綺麗だね」と言われ
軟膏を塗ってガーゼを当てて細い紙の絆創膏で二か所止めてオシマイ。

念のため痛み止めの飲み薬を貰いました。


ところで私の方は
祖母を病院内で待たせ私一人で薬局に行ってきたんですが
病院の入り口に差し掛かったところでマットに躓き
ドタドタドタッと三段階かけて転んでしまいました。

通りかかった人に
「だ、大丈夫ですかっ?」と聞かれ
恥ずかしさのあまり倒れた状態のまま笑顔で
「大丈夫です」と答えた私…

猫も具合が悪いので通院や自宅での皮下点滴等で毎日忙しく
そこにこの騒ぎなので心身共に疲れが出てしまったのかも?>言い訳


とにかく、そんなわけで
ひじゅにの“初めての救急車要請”でした。




☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/980-629b686a


☆クリックしてね♪(3つも多過ぎ?)☆
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ              人気BLOGRANK
にほんブログ村     人気ブログランキングへ      人気BLOGRANK

☆ドラマ&映画感想は「REVIEWの部屋」に色々置いてあります☆
やっくんち
やっくんち

救急接遇要領


救急車タイプの救急箱


救急車立体型ケーキ







Last updated  2013.03.22 23:02:33
コメント(4) | コメントを書く

全138件 (138件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.