11940580 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

もう…何がなんだか日記

PR

Free Space

Hee Jun flash-2

Hee Jun flash-1

hee jun flash

お尻ダンス


Category

Freepage List

Recent Posts

Calendar

Favorite Blog

今日の収穫 (5月… New! BROOKさん

連続テレビ小説『な… New! レベル999さん

「KAT―TUN」の元メン… New! ショコラ425さん

いざ、タイのバンコ… New! らぶりーたわ子さん

なつぞら<東京に行… ねむにゃんさん

Keyword Search

▼キーワード検索

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

韓国ドラマ-4-

2008.03.13
XML
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
ああ、レビューが大幅に遅れてしまった(^^;)
2話分、纏めていきますデス。

今のところ表面上はジョンミン&ジウンのラブストーリー。
でも、真の相手はセフンであることが、所々で見え隠れ。


ジョンミン父に罵倒されたジウン。
貧富の差が激しいのも韓ドラの“お約束”なら、金持ち側が居丈高なのも“お約束”。
貧乏が板に付いてるチェ・ジウと違って>ぇ
我らがジウンは元々が高ビーお嬢様。
プライドを傷つけられて平気でいられるわけがない。

脳裏に浮かぶのは自分の両親に罵倒されたセフンの姿。
ジョンミンにはあっさり別れを告げ、セフンを呼び出して謝罪。

う~ん…状況激変& 年月の流れにより、期待していた事のひとつではあったんだよ。
あの時のセフンは本当に可哀想だったから、いつかジウンが分かってあげなきゃ…って。
その時が訪れた、ということ自体は良かったと思うんだけど
それが今かい!?…という感じもする>ぉ

ジョンミンとの将来に生かすのでなく、彼のことはスパッと切れちゃうところに
やっぱ彼のこと愛してないんじゃん…
結局のところ自分の母親と同じなんじゃん…
と、ヒロインに対し、かなり冷めてしまった>今更?

だって本来なら、それでもジョンミンと共に歩いていこうという決意に繋がるはず。
でなければ、ジョンミンのためを思って身を引くという形で別れるはず。
だけど、彼女が気にしているのは自分が受けた屈辱だけ。
反省しているのは昔、同じ目に遭わせてしまったセフンのことだけ。

「愛されることばかり考えていた」
と、後になって後悔していたから良しとすべき?

そして唐突な火事騒ぎ。
以前に溺れたジウンを助けたのはセフンの方だったけど、今度はジョンミン。
しかも怪我までしたジョンミンに、今度こそジウンの心が動くことになるのかな?

でも、やっぱり最後の最後はセフンで落ち着くんだろうな…(――;)

ジョンミンの方は、かろうじてブラック化は免れたかと思えたけど
功績を挙げるセフンに嫉妬心を抱き始めてきたみたいだし、まだまだ油断出来ない?
そのセフンに、ミランの企みなのがバレバレの偽物事件の犯人と疑われるのは気の毒過ぎ。
ジウンにまで疑われるのは悲し過ぎ。
「若くて長身でハンサムで眉毛が濃い」?
たたた確かにジョンミンにはズバピタの特徴だけど(笑)

誰かジョンミンの内面をもっと見てくれる女性が出現してくれないものかしら?

ミランの方は悪女路線まっしぐら。
セフンを監視したり、ジウンに嫌味を言ったり、比較的セコい行動が続いていたけど
今度は会社に打撃を与える作戦。

たまたまローズマン社に入った友人を利用してってところが、やっぱセコい?
つーか、電話での会話をセフンに立ち聞きされてしまうユルさが問題だな。
脚が回復し始めていることも盗み見されてしまったし…何かショボい(^^;)
つーか、詰めが甘いっつーのか脇が甘いっつーのか?

☆☆秘密はすぐに暴かれるし、くっついたり離れたりは激しいし、
そういう意味では展開が早いんだけど…
肝心の部分が凄くスローというか、ほとんど進んでないので、
ちょっと退屈感が漂ってるなあ>スミマセンスミマセン



下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG


一家に一台!かわいいクマさんマークの圧力計付き消火器☆クマさん消火器
韓流大図鑑 ハイライト・NG集DVD(DVD) ◆20%OFF!

韓流ドラマ★6%OFF★美しき日々~Beautiful Days~DVD-BOX2イ・ビョンホン、チェ・ジウ出演【...






Last updated  2008.03.13 20:24:47
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.24
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
ななな何だかよく分からなかったんですけど、
ここここれは私がみしめて観ていなかったからでせうか…?
今回は(今回も?)辛口になっちゃいました>スミマセンスミマセン

「彼女は俺の神」byジョンミン

ジウン&セフンの過去を知り、イジケてしまったジョンミン。
仕事に私情を出すのは子供っぽいと言えば言えるけど、
それに対するセフンの言動の方がナンダカナ…と感じたのは私だけ?

「愛する者と別れ」
未練があることを認めちゃってるじゃん。

「偶然再会した」
ちゃうやろ、指名したんやろ?

「不幸な暮らしを助けてやりたかった」
ジウンにキッパリ断られてたじゃん。

「ソ理事だったから伏せておくことにしました」
他の男だったらバラしてたんかい?

「あなたを彼女の男と認めたからです」
めちゃくちゃ嫉妬してただろうが!?

…説得力のない言い訳で保身を図っているだけに見えてしまう>ぇ

「私の立場だったらと考えてみて下さい。簡単に話せると言い切れますか?」
いや、隠すから拗れたんだと思うのだが…

「許せないなら仕方ありません」
逆ギレかい?!

四角関係は韓ドラには付き物。
だから色々工夫をこらさなければならないのは分かるけど
このドラマの特徴はヒーローと悪役のキャラを逆にしていることなのかな?

それとも、セフン&ジウンのラブストーリーというのは勘違い?
でも、この2人の愛が復活する結末でなければ『火の鳥』のタイトルの意味がないよね。
ジウンもミランに対して逆ギレするから、お似合いカップルでOKってこと?

「何が望みだ?
仕事か?
俺が探してやる。
金か?
俺がやる。
一体何が望みだ?
何故ソ理事に拘る?
お前が何故あんなボンボンに拘るんだ?」

…ジョンミンにだけでなく、ジウンにも暴言を吐くセフン(――;)

ミランにも「うんざりだ」なんて言っちゃうしなあ…。
それで飛び出したものの後悔してミランに電話しちゃうのも、とことんナサケナイ。

…今回は(今回も?)セフンに厳し過ぎ?

まあ、ミランに関しては同意する部分もあるが>ぉ
でも、それはセフンが中途半端だからで、不安でイッパイのミランの気持ちは分かるよ。
ドラマの意向としては“ミラン=とんでもない意地悪女”としたいのだろうけど
ハイテク機器(?)まで駆使してセフンの動向を探る女心は責めるに責められない>甘い?

まあ、一番同情するのは顎で使われる運転手君なのだが(笑)

ともかくも、脚が治る見込みが出てきて良かったね。
ヘソ出しでリハビリする姿は、ちょい色っぽい>ぉ
治るのは嬉しいけれど、セフンを繋ぎ止める唯一の綱だということも理解しているミラン。
それがジョンミンをも巻き込んだ悪企みに発展する様子だけど、
嫌な女というより哀れな女だなあ…と悲しい思いになってしまう。

一方、ジョンミンの方はあのままブラック化してしまうのかと思ったら
立ち直ってくれたので良かった>まだ油断できない?

ただ、ミランからプライドを捨てるようにとアドバイスされたのに、
自分でなくジウンに向かって「プライドは捨てろ」と言っちゃうのは何なのか?

自分を変える気はないし、ジウンは自分を好きだと自信満々?
まあ、ジウン自身も彼を好きだと認めちゃったわけだが(^^;)

で、早速ショッピングに連れて行ってもらうジウン。
彼女を「売女」呼ばわりするジョンミン父は論外ではあるんだが、
疑いたくなる気持ちも分からないでもな…こらこらこらっ

ともあれ今回のところでは、ジョンミン&ジウンの王道ラブストーリーの趣だな。



下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG


書道家が、手書きした文字/漢字を和風和柄Tシャツにしました”逆ギレ(縦書)”書道家が書く和柄...

韓流ドラマ★17%OFF★チェオクの剣DVD-BOX[通常版]【送料無料/代引手数料無料】【リボ払いCP】
バンジージャンプする






Last updated  2008.02.24 16:24:46
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.17
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
お前はアホか!?

今回感じたのはそれだけ>ぉぃぉぃ


…気を取り直して最初から(笑)


まずは先週の続き。
セフンとジウンが2人だけで話しているところを目撃してしまったジョンミン。
あそこで何故、彼を正面から映さないんだろう?
斜め横を向いたロングショットだから、2人に気付いているように見えないんだけど。
…なんて、そんなことはどうでも良いですねそうですね(^^;)

アカラサマに動揺するジウン。
セフンやミランに口止めを強要されて仕方なく…というのだと思ってたら
自分自身も知られることが怖いんじゃん。
本当はジョンミンを捕まえたくて仕方ないんじゃん。
…と、意地悪な見方をしてしまった(^^;)

その場を取り繕ってくれたのはミラン>いつ来たんだよ
嫉妬してしまったと素直に謝るジョンミンが気の毒。
「嫉妬という気持ちは正直な告白だから、あなたが理解してあげてね」
セフンに向けたミランの言葉は何重もの意味を含む皮肉。
ミランの意地悪ぶりを描いているつもりなんだろうけど、
このくらい言ってやれ!と思ってしまうな>ぉ

先週ちょびっと期待したローズマン社によるジウンのスカウト。
テキパキ感がない家政婦姿よりスーツ姿の方が似合うだろうと単純に思っただけだけど
考えてみたらセフン達と関わらせるための設定に過ぎないんだな。
それに家政婦の立場とは力関係が変わってくるし。
離れる離れると言いながら、いつでも何処でも関わりになる4人。

済州島最後の夜は野外パーティ。

ローズマン社の会長が歌うのは『My Way』
この選曲って、どーよ?
ベタでナルなおやぢをアピール?
…と言いたいけど、日本と韓国では感覚が違うからなあ。

続いて歌うのはセフン。
歌い出した途端にフランク・シナトラ(だよね?)の歌声が被さるのって、どーよ?
そんなにイ・ソジン氏は音痴なのか?>こら

それは2人の思い出の曲。
仕事の手を止めてウルウル目でセフンを見つめちゃうジウン。
同じくウルウル目で見つめ返すセフン。
…ちょっとキモイ>スミマセンスミマセン

極め付けはジウンの部屋に勝手に入っちゃうセフン。

いくらドアが開いたからって>自動ロックじゃないのね
帰ってくるジウン&ジョンミンの姿と交互に映すサスペンス風味の演出も
ドキドキハラハラというよりも何だか変。
セフンが悪役なら分かるけど…
流れから言ったら、やはり最後は彼とジウンのハッピーエンドだろうに。

今はちょっと嫌な奴になっちゃってるみたいだけど、ストーカーはないだろう?
ていうか、アホ過ぎ!

「雷に当たったことあるか?
俺は昨日、強い雷に当たって心臓が燃え尽きた」
byジョンミン

てことで、自棄酒をあおるという韓ドラ“お約束”シーン。
今迄さんざんキザな台詞で押しまくりだったから、思い出すたび自己嫌悪の嵐だろうな…
このまま黒ジョンミンに変身かしら?

「これは違う気がする」
クラブのおねえさんとベッドイン直前で(いや、一応ベッドには入ったけど)
引き返す純なジョンミンには、まだ希望があるな。




下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG

フレンチパイ(りんご味)12入
【月夜野工房】レース ピッチャー
無敵の新入社員 DVD-BOX






Last updated  2008.02.17 11:29:25
コメント(2) | コメントを書く
2008.02.09
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
「焦げ臭くないですか?僕の心が燃えてるんです」byジョンミン

今日のジョンミンの見せ場は幅跳び?

セフンとジョンミンのサウナ・シーンはファン・サービス?
2ショットでの朝食シーンも、そこはかとなく色っぽいし>ぇ
今からこの2人のラブストーリーに変更してくれても良いんだけど>ぉぃぉぃ

ジウンを呼び出し、強引にキスするセフン。
「どうだった、10年ぶりのキスは?」
最低なヤツ(爆)

そのシーンを目撃してしまったミラン。
(運転手をしてる男性が気の毒だなあ、と思ってしまった^^;)
ちゃんと見ていればセフンの方からの強引な行為ということは分かるはずなのに
ジウンの方を責めてしまうのは、やはり女の法則?

パートナーが浮気した時、男性は本人(女性)を、女性は浮気相手(女性)を恨むとか。
つまりは、いつでも矛先は女性に向けられるってことじゃん(笑)
まあ、自分自身を振り返っても、そう感じるけどね>どっちの意味でよ?

それにしてもジウン、ミランと2人きりの場でくらい、もっと心を割って話しても良いのに。
まあ、相手の婚約者の悪口を言うわけにはいかないか…>私なら言っちゃうかも?

それに言葉が足りないのは韓ドラの法則のひとつではある。

「誤解は人を愚かにさせるみたいね」
むしろ、ちょっと気になったのは、ジウンが怒りを表していること。
ミランの言い方は遠慮なさ過ぎ&一方的なものではあるけど…
うーん、何かちょっと違うような…。

…なんて言ってるうちに4人は済州島へ―

こんな風に一時的な舞台チェンジで雰囲気が少し変わるものの、
結局のところ四角関係を成すメンバーズが全員集合になっちゃうところも韓ドラ“お約束”。

最初の事件=ジウン、船から落下

予告で観た時はミランの企みかと思っちゃったけど、単なるハプニングみたいだな。
セフン、ジョンミンが次々に海に飛び込み救助合戦。
ジウンを挟んだ三角関係の象徴。
ミランは蚊帳の外。
彼女の悪意の結果だったら皮肉な結末だったのに、そうでないとなると逆に気の毒。

セフンの夢を見るジウンは、セフンへの愛を捨てきれないことがバレバレなのに
ジョンミンのキザな口説き文句に乗り気になっちゃうところが、どうもなあ…。

それより、ローズマン社の会長に英語が堪能なことと忠実さを認められて
仕事の上で何かに抜擢されるフラグが立ったジウン。
こういう方が恋愛エピより面白そうじゃん。
家政婦としても有能…なハズなのに、家事をする手つきはイマイチ危なっかしいし(笑)
これで颯爽としたキャリア・ウーマン姿を見せてほしい。

…でも、次はいよいよジョンミンに過去が知られてしまいそうだし
やはりドロドロ展開が主流かしら(^^;)




下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG


家族の安心飲料!ゼリーもつくれます。夏みかんオレンジ4 1000ml
NEW!!!Tシャツ
神話 新商品ダイアリー手帳






Last updated  2008.02.09 20:26:17
コメント(2) | コメントを書く
2008.02.04
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
セフンの元妻はジウンだったことを知ってしまったミラン。
早速始まる嫌がらせ…(^^;)

好きな人の過去は気になって当然だよね。
どうしようもないことだと分かってはいても…。

好きな人がかつて愛していた人が自分の友人だった…これはキツイ。
しかも2人して黙っていた、という行為が許せないと思う。
哀れまれているみたいでプライドに障るし、
終わってしまったことではないと証明しているようなものだし…。
実際のところ、ミランはセフンの心が自分にはないことを察していながら
彼を繋ぎとめようと必死でいるのだから。

足が不自由でなければ、もっと正当にセフンに向かっていけると思ってるかもしれないし、
事故に遭ったからこそ、彼を縛ることが出来たという現実も分かっているだろう。
介助を必要とする自分を、彼が負担に感じる日が来ることを怖れているだろうし、
そうした負担をも武器にして彼を傍に置いておきたいと切望してもいるだろう。
単純な嫉妬心だけではなく、切実な思いなんだろうな。

それにしても、車椅子ごと階段から落ちるなんて、凄い勇気だな(^^;)

そんなミランの態度から事実がバレたと悟ったジウンが、ちょっと意外だった。
あんなけされれば分からない方がオカシイ?
状況の変化に今度は泣き落とし作戦に切り替えるミランったら、さすが。

今回の見どころは、ジョンミンのダンスシーン♪

一瞬、ヒップホップダンスを始めるかと期待してしまったのは私だけではあるまい(笑)
車のヘッドライトに照らされて、ちょっと照れたように踊る姿がカワイイ。

その後、バーでのダンスシーンもあり。
何気にエリックにいさんのPV状態。
キザキザだけど登場する度に良い奴になっているのは、神話ファンへの配慮?

そんなジョンミンにジウンも魅かれてきている様子。
少なくとも、彼に癒しを求めている。

…分かるけどさ(^^;)
家でも職場でも落ち着けないもんなあ…。
ちょっとそこは同情するなあ。

セフンへの気持ちはまだ残ってはいるのだろうけど、残っているからこそ
あの女々しい態度にはガツンと言ってやりたくなるよなあ。
でも、セフンったらジウンにキスしちゃったよ。
ミランに目撃されちゃったよ。

ああ、ドロドロ展開が待っているよ…(――;)



下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG


チルド海鮮チゲ鍋セット《札幌・桑園 韓国家庭料理の店『愛(マナ)』》【送料無料】

■10%OFF+送料無料■神話(SHINHWA) DVD【SHINHWA in 2003-2007 MUSIC VIDEO COLLECTION】07/...

韓国語版 韓国テレビドラマ「香港エクスプレス」原作小説(火の鳥)二巻セット






Last updated  2008.02.04 20:08:01
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.27
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
「恋愛ってものをしてみたかったんです。してみませんか、恋愛を?」byジョンミン

ジョンミン=ジウンにラブラブ
セフン=ジウンに恨み言&ジョンミンに嫉妬
ミラン=嫉妬戦に参加
ジウン=どっちつかず(笑)

韓ドラには欠かせない四角関係。
分っかりやすく勃発。

ミランが嫉妬で意地悪キャラになるであろうことは第1話から…いやいや、
タイトルバックから既に予想がついたけど、
セフンが嫉妬で感情的になっちゃうとはなあ…(>_<)

ジョンミンとジウンのキス・シーンを目撃して激昂するセフン。
まあ、それは分からないでもないんだけど…
ジウンに対してもジョンミンに対しても嫌味っぽく接するのは、どーなのよ?
一見ちゃらんぽらんなジョンミンに逆に諭されちゃってるし(^^;)

それにアメリカで成功して帰ってきたのだと思ったら、バブル崩壊で多額の借金を背負い
それをジョンミンの父親に肩代わりしてもらったらしい。
知らんかったよ…て、私がボンヤリ観ているせいですねそうですね。

それでも能力を買われての社長抜擢だったのだろうけど、
お金の関係で下手に出るしかないわけだし、
実子のジョンミンがやる気を出せば、社長の座は彼に持って行かれる可能性大だし
めちゃくちゃ弱い立場じゃん。
それで女のことでジョンミンに突っかかるなんて…トホホじゃん。

まあ、本人も自覚してるみたいだけど。

ヒロインの相手役なのに、普通ならライバル役のキャラ設定のようだな。
ただでさえルックスはジョンミンに負けてるのに>こらこらこら

「熱く燃える2人には時間は関係ない」
受付の女性社員にまでちょっかい出しちゃうジョンミンだけど、ジウンには本気。
…何故なら本人もそう言ってるし、ジウンも認めてるから(笑)

ストレスが溜まっているというジウンのために、あらかじめ卵を大量に用意して
自分の車に投げつけさせるジョンミン。
勿体無い…と思ってしまうのは貧乏人の根性?
でも…こんな風に女性の心を思いやってくれるのは素敵だな、と思ってしまうわ。

「俺、今凄く感動してる」
卵で汚れた袖口をさり気に拭いてくれるジウンを見つめるジョンミン。
ジウンったら、何気に小悪魔>ぉ
デートにもハグにもキスにも応じるのに、
思いに応えることは出来ないと繰り返すばかりのジウンって…痛い>ぉ

『秋の童話』では主人公のジュンソ&ウンソよりも、
四角関係の一角を成す役割のテソクの方が感情移入できたし、好きだった。
自己犠牲的な愛を捧げ続けたのにウンソには“都合の良い男”で終わっちゃったテソク。
ジョンミンには、ちょいとばかり似た匂いがするなあ…(^^;)

ミランも気の毒。
市場で、通路に渡されたホースが車椅子では乗り越えられず立ち往生してる姿が
彼女の今の立場を象徴しているようで悲しかった。

そんなジョンミンとミランに対し、離婚の件を黙っておこうなんて姑息な約束を交わす
ジウンとセフンって…
案の定、ごくアッサリとバレちゃうし(――;)

…って、ちょっと主人公に対してキビシイでせうか?>スミマセンスミマセン



下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG

おがわのたまご50個入り化粧箱『ピンク卵』
フェラーリ レーシング SHINE 万年筆
(手塚治虫)マスコット根付 火の鳥【0125子年2】






Last updated  2008.01.27 19:18:08
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.19
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
セフンはジウンを指名していた。

う~ん、例えば私みたいなヘタレなら、
ここで彼に援助を…と言い出されたら、喜んで受け入れちゃうかもしれない>ぉ
でも、ジウンには、これまで頑張って来たプライドもあるわけだし…ねえ。
言い方が悪いよ、言い方が。

ましてや自分はミランと婚約しているわけで、
それは愛情ではなく責任感によるものなわけで、
それって余計に別れ難い状況なわけで…。

10年前はセフンの方に同情的に観てたんだけど、
10年経ってジウンが落ち着いた女性に成長したのとは逆に
セフンは少し凝り固まっちゃってるのかなあ…って感じ。


ともかくも、ジウンに未練タラタラなのは紛れもない事実(^^;)

結婚していた時は食べられなかったジウンの手料理を、離婚後の今は食べられる…
なんて言っているところはカワイイというか、いじらしくもあるけど>ぇ

それにしても、家政婦だから下着の洗濯もするのは当然なんだろうけど、
パンツを畳んで引き出しに区分けしてしまうシーンは、ちょい微妙…。
いや、私がだけどね>ぉ

これもまた、妻である時にはしなかった事を、今は家政婦として行っているという
皮肉な現状を示唆するものなんだろうけど。

スプーン等を左にセットしておいたのも、セフンが左利きと知っているからではあるけど
だからセフン自身が望んでいるように、今でも彼のことが好きって意味じゃなくて
そういう気遣いを自然にできるようになった、ってことなんだよね。

といっても、ジウンの方も、ちょっとした事から昔の日々を思い浮かべたりして
セフンに思いが残っているのは事実ではあるけど。
でも、ジョンミンは純粋にジウンのことを好きみたいだから、
彼の方を選んじゃいなよ、と思ってしまう(笑)

ジョンミンが抱える心の傷は、なかなか深そう。
弟を亡くしただけでなく、今は父親に新しい女性@今のとこ未入籍がいて
我がもの顔で家にいて、ジョンミンにはアカラサマに意地悪な態度。

公園にひとり佇み、近くを通る家族連れの人々を寂しそうに眺めるジョンミンの姿は
母性本能を擽りまくり>ぉ

食事会のためにジウンに洋服を買ってやる、韓ドラお馴染み(?)シーンでも
ストップモーションが多用されててジョンミンのハンサムぶりをアピール。

だからジョンミンにしちゃいなさいって>ぇ

とはいえ、あの洋服はいかがなものか…
ピンクの地に赤や黄色のパイナップル柄だよ…

その洋服を着て2人で行ったレストランで、紹介された友人とはセフン&ミラン。
これまた韓ドラお馴染みのシチュエーション。
途中でセフン席を外すのも、直後にジウンの携帯が鳴ってやはり席を外すのも、
廊下で2人顔を合わせて言葉を交わすのも、全て韓ドラ御用達>ぇ

先回は、ミランが意地悪キャラ変貌かと思ったけど、その前にセフン自身が嫉妬キャラに。

ヨンウンも姉ジウンへの恨みと嫉妬を露わに。

ミランも、セフンの前では甘えているけど、ひとりになると暗い顔に。

ドロドロ度が増してきた(^^;)

ミランがベッドで自分の脚を見つめている姿に、もしや動かないというのは騙りでは…
と、疑いの目を向けてしまったのは私だけ?>こらこら
でも、本当だった。
本当は深く嘆いている。

…これから彼女が予想通りに痛いキャラに変貌するとしても、
苦悩を抱える姿にはやはり、大いに同情してしまうよ。



下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG

銀のスジョ(一人用) 緑と赤の花模様
Born T wild 家政婦Tシャツ~悦ちゃん~半袖Tシャツ■新品■
     【送料無料選択可!】スカーレットレター / 洋画






Last updated  2008.01.19 19:42:52
コメント(2) | コメントを書く
2008.01.15
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
4話まで観てから大分経つので、人物設定にちょい戸惑ってしまった(^^;)
でも、登場人物達の上にも長い時間が過ぎ去り、以前とは立場も人柄も変わっている。
同じように、浦島太郎状態を楽しもう>ぇ

離婚して10年、全く正反対の立場になって再会する2人。
高ビーなお嬢様だったジウンは今は家政婦。
苦学生だったセフンは今は成功した実業家。

ジウンはジョンミンがアタック中。
一緒に競馬(!)を観に行って盛り上がったりして、まんざらでもなさそうじゃん。
何も話さず、ただ傍にいてくれる人が欲しい時がある…
というようなことをジウンが言っていたけど、そういう気持ち、分かる気がするなあ。
特に彼女の場合、誰にも頼れず、ひたすら頑張ってきた10年だったろうから。

双生児の弟を亡くして以来、人が変わってしまったというジョンミン。
あの気障な台詞は煙幕?
あの笑顔は鎧?
心に傷があるから、同じように傷を負っているジウンに魅かれたのかもね。

セフンはミランと婚約中。
純粋に恋が芽生えたというのなら良かったのに、それなら“よくあること”だったのに…
自分が運転する車で事故に遭い車椅子での生活を余儀なくされてしまったミランへの
罪悪感&責任感で一緒にいるだけ。

彼の優しさに甘えきっているミランは、もしかしたら
セフンの中に自分への愛がないことに気付いているのかもしれない。
だから、必要以上に彼に寄りかかる。
今はまだ、セフンの先妻がジウンだということを知らないけど、
知ったら途端に韓ドラお得意の意地悪キャラに豹変しちゃいそうで恐い(^^;)

ともかくも、セフンはジウンが忘れられない様子だし、多分ジウンもそうだろう。
セフンったら、ジウンと一夜を過ごした別荘を買っちゃうなんて…自虐的>そうか?

セフンが社長として迎え入れられたのは、ジョンミンが理事を務めるソリン・グループ。
そこで働いているのはジウンの親友ボッチャ。
ジウンが家政婦として派遣された家は、実はセフンの新しい住まい。

…相変わらず狭い世界だな(^^;)

ジウンがシャツをしまうためにクローゼットを開けると、そこには見覚えのあるコート。
知らない間に帰ってきたセフンが背後に立つ。
何だか『パリの恋人』みたい>そうか?

以前のジウンのワガママぶりには引くばかりだったけど、
苦労して落ち着いた様子になって、だいぶ良い感じになってきた。
感情移入して観ていけそう。

ジウンに振り回されて気の毒だったセフンは、以前味合わされた屈辱のために
少しばかり物質主義で冷徹な男になってそう。
以前はちょっとダサかったけど、髪を切ってカッコ良くなってきた。

まあ、ルックスで言ったら、ジョンミン@エリックにいさんがハンサムで素敵だす>ぉ




下矢印『火の鳥』他、ドラマ&映画の感想は「REVIEWの部屋」にあります
やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG


■送料無料+10%OFF■韓国ドラマ DVD【火の鳥 DVD-BOX I】 07/1/26
■送料無料■CD+DVD【火の鳥-サウンドトラック】 12/14
エリックの反転ドラマ DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!






Last updated  2008.01.15 21:00:50
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.24
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
おお、やっとエリック兄さん登場だあ!


お父さんが亡くなって、会社が倒産して…
全く予想通りに、セレブ生活から転落してしまうジウン。
母からも妹からも責められて、そこのところは可哀想だな。

そして、一瞬にして10年後―

え?高校時代から10年後にワープした『冬ソナ』ならまだしも、
こちらは大学生からだから…主人公2人は、もう三十路?

元々が気丈だったジウンはしっかりした“働く女”になってて好感。
お母さんは相変わらず“お嬢様気質”が抜けなくてグータラしてる様子。
妹は姉に責任転嫁して反抗的>10年も恨み続けてるのかい


そして、ジョンミン・ミラン・セフン…と立て続けに再会。


ジョンミン@エリック兄さんは、お金持ちのお坊ちゃま―
噂通り、か~な~りの気障キャラ。
『美しき日々』のビョンビョンと良い勝負かも。
(双方のファンから抗議されるかな?)

ジウンが彼を妹と間違えて引っ叩いちゃうのは、かなり無理があった気がするが(笑)
その後の絡みも笑える。

客のドレスにワインをこぼしてしまったジウンを助けるため、
ジウンのエプロンにワザとワインをかけるところや、
オレンジ・アレルギーでクシャミをするジウンの隣で同じようにクシャミして、
「オレのは唯の風邪」なんて言うところは可愛い。
車の陰から携帯で、バッグが開いてるとかストッキングが伝線してるとか言ったり、
直後に一輪の赤いバラを差し出したりするのは…キモい。


「これまで心を奪われた女性はひとりもいない。
あなたに奪ってほしいんだけど」

「狼でも見てるようだ。
狼ってメスが死ぬとオスも後を追って死ぬんだって。
だから狼は、そんなに敬遠しないでいい」



うわあ~、うっとりした方がいいのか、のたうちまわった方がいいのか
難しいところだわ>こらこら

ジウンを落とせるかどうか先輩と賭けをしてたけど、
実は大学での唯一度の出会いを、しっかりと覚えていたのね。
あの時は可愛かったのに、今回は髭面だよ。
え?それも素敵だって?
そそそそうですね、スミマセンスミマセン。

「弟を殺した、死ねばよかったのは俺のほうだ」
―何やら暗い過去を背負ってる様子。


ミランセフンは何と婚約中―
颯爽としたビジネスマン風のセフンは、予想通りジウンと立場が逆転したみたい。
親友だったミランは車椅子。
事故に遭ったと言ってたけど、それがセフンと関係ありそうだな。



やっくんち

人気映画・TVBLOG

韓国テレビドラマ「火の鳥」DVD(送料無料)イ・ソジン ノーカットオリジナル韓国版
韓流スター Now ! 1集 (DVD)
【バラのフラワーアレンジメント】スカーレット






Last updated  2006.11.24 17:07:23
コメント(2) | コメントを書く
2006.11.05
カテゴリ:韓国ドラマ-4-
ジウンとセフンの高速展開ラブストーリーは、第3話にして離婚に至ってしまった。


流産してしまったジウン。
その心の傷から2人の亀裂が決定的なものになる…という展開かと思ったら
やっぱ、貧乏に耐えられなかった…というのが主要な理由なのね。

自分は全てを捨てたのに、セフンは何もしてくれないと責めるジウン。
何もしなかったのは、どっちだよ!?
騙して妊娠しただけじゃん>ぉ

「自分から一方的に結婚迫っといて、今度は勝手に離婚するなんてアリ?」
ボッチャの言葉そのまま(爆)
でも、こういう事をハッキリ言うキャラが脇にいるというのが素晴らしいわ(笑)


ひと言で言うと、セフンが可哀想過ぎ。
学業を犠牲にしてジウンのために懸命に働いていたのに…。
留学の話も断ろうとしていたのに…。
それが離婚で、かえって留学を決断できたわけだから、かえって良かったのかも(笑)

ジウン父娘は比喩を使った話し方が好きなのか?
“尻尾を振って服従する犬と、餓死してでも誇りを捨てない狼”
という例えは、ジウン父。
“高級酒のラベルを付けた安酒”
という例えはジウン。
―何気に、ジウンの方がキツイんですけど(^^;)

セフンには、夢を後延ばししなければならないことよりも、
こうした上目線による屈辱的な扱いが何より辛かったと思うんだけど。



母がセフンに手切れ金を渡していたことを知り、
自分たちが上手くいかなかったのは両親のせいだと責め立てるジウン。
気持ちは分かるけど…そういう責任転嫁をする、お嬢様気質がそもそもダメなんじゃ…。

セフンが出発することを、時刻まで告げるジウン母も、お嬢様ならではの甘さ?
追いかけろ、って言ってるようなもんじゃん。
車を走らせるジウンと、それを追う父の姿が交互に映されて、
「こりゃー事故るわ」
と思ってたら、やっぱ“お約束”の交通事故。
渋滞→車から降りる→後方から来たバイクに接触→バランスを崩して車の前に出る→跳ねられる
…こ、凝ってるわ(爆)


事業が不振になってきた様子だし、母が勝手に土地を売却して買った株は下落してしまったし、
ここで父が亡くなった(もう決め付けてるよ)となると…
もしかしてジウンが離婚してまで執着したセレブな生活は崩壊してしまうのかも。
あの母を抱えての貧乏生活は、相当の苦労と思われ…。

一方、夢に邁進できるようになったセフンは成功を掴む可能性大だし、
全く逆転した立場で2人が再会することになりそうで、面白そうかも。






やっくんち

人気映画・TVBLOG

い~でじ!!厳選26%OFF◆火の鳥 DVD-BOX(2)(韓国ドラマ)い~でじ!!厳選26%OFF◆火の鳥 DVD-BOX(2)(韓国ドラマ)
チェオクの剣 DVD プレミアム BOX(初回生産限定)チェオクの剣 DVD プレミアム BOX(初回生産限定)
神話の中から飛び出したシルバー925火の鳥のペンダントトップ【20061027祭10】
神話の中から飛び出したシルバー925火の鳥のペンダントトップ【20061027祭10】






Last updated  2006.11.05 11:41:26
コメント(4) | コメントを書く

全44件 (44件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.