2007.04.10

カッパ>『どんど晴れ』第8話

(16)
夏美タン=座敷童子なら、柾樹さん=カッパ!?
ラストのカッパ姿を見て思う…ひじゅにですが何か?

ロケが多いってのは、やっぱ良いなあ。
海無し県に住むひじゅには、海が映るだけで心が弾むわ。
窓越しに船を眺めながらシブーストでお茶したいわ。
―今日の感想はこれまで>こらこらこら


夏美タンに気があるのがバレバレな従業員クンは、
重い(つもりなんだろうな、一応)の雰囲気を和らげる役割だということは、
分かり過ぎるくらい分かるんだけど…ウザイです>スミマセンスミマセン


でも、いっそ、彼と結婚してケーキ屋を継ぐ夏美タン…という物語でも
こちらは一向に構わないのだが。


何だかんだで娘のためにホテルを訪ねる、口下手で不器用な夏美パパ。
柾樹の上司@友人との会話で、最初にパパ自身が脱サラした昔話が出てきたのは
いずれはパパが柾樹さんの一番の理解者になる…という暗示?

「何もお話することはありません」
ただ頭を下げるだけの柾樹さん。
ホテル側ではもう辞表を受理したらしいし、本人は旅館を継ぐ気満々だし
しかも、そのことは既にパパも知ってるし…もう隠すことは何もないじゃん。

愛する夏美タンにパティシエの夢を捨てさせてまでして自分に付いて来させ
亡くなった母親のような苦労をさせたくない…ちゅーのが本音なんだろうけど
今の彼の態度は何だかな…。
ワザと自分を悪者にしてカッコつけてる…という風にも見えない。
社会人としてどーなのよ?レベルになっちゃってる気がする。

多分、もっと後になって、この彼の本当の理由が水戸黄門の印籠みたいに掲げられ
夏美タンが感激&発奮する、という展開だろう…(――;)

「その代わり、夏美とはこれっきり会わないでもらいたい」
納得しちゃうパパ。
婚約を一方的に破棄されるんだから、もっと食い下がるべきだと思うが。
つーか、彼の方から去っていこうとしてるんだから、会わないのは当然だろう。

それにしても、何故かこのドラマでは、演技が下手に見える大杉漣。


「大丈夫?私…何て言っていいか」by久美子@親友
この口ぶりでは婚約破棄の話を聞いたのは、夏美タンからではない様子。
え、では誰から?

それよりも、久美子さんの斜め横ショットは可哀想。
何かブサイクに見えてしまう>スミマセン
あ、ヒロインとの2ショットだからか?>もっとスミマセン


「結婚する気は、もうないようだ」
娘の一大事なのに、あれだけの説明ですっかり納得し、
娘が自分の店を継ぐことの方を重視してるみたいな、謎のパパ。

「私、女将になってもいい」
変な食い下がり方をするヒロイン。
柾樹さんに他に好きな女性(もしくは男性)ができたのでは…という疑問は
誰も抱いていないようだな>ぇ

「お母さんて、どうしてお父さんと結婚したの?」
悩み苦しんでいる(はずの)最中に能天気な質問をするヒロイン。

要するに、自分が捨てられるなんて、まるで考え付かない?
つーか、ありえない?
女将になれば全てOK?
つまり、自分が動けば全て解決?

…まあ、実際そうなんだろうね(笑)
本質を見極める力に長けたヒロイン、ってことでファイナル・アンサー?


この際だ、頑張れ従業員クン!!



○『どんど晴れ』review今までの分は右矢印こちら(INDEX)から

やっくんちやっくんち

人気映画・TVBLOG

バラの花束 (20本)&洋梨のタルトシブースト仕立て
脚が濡れないレインコート。サイクルコート【春の新生活0403】
連続テレビ小説 天花 完全版 Vol.12(DVD) ◆20%OFF!





TWITTER

Last updated  2007.04.10 11:10:02
コメント(16) | コメントを書く
[NHK朝ドラ-1>ファイト~だんだん] カテゴリの最新記事