2019.04.22

なつよ、女優になれ>『なつぞら』第19話

(2)
​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​ばばば番長!?(笑)


…ひじゅにですが何か?



​「さあ、次はお前が魂を見せる番だ」​byウッチャン



↑今は何考えているのかよく分からない、なつだけど
(それでも、心を封印していた…とも言える子供時代とは違う)
演劇によって全てを曝け出せる様になる…ってこと?



なつ、演劇部入部―

今週のタイトル『なつよ、女優になれ』からすると
一週間、これがメインか?
金曜か土曜に演劇大会があって
泰樹の心を動かして、メデタシメデタシ?


先週の時点で
農協=全面的に正しい
泰樹=本当は認めているけど意固地になっている
…という図式が出来上がってしまった。

それに
​強引にも程があるんじゃ…​
ってなくらい強引に、演劇エピが絡まる(笑)


おじいちゃんのため…と言いながら
必死さもなく
やる気も伺えず
ただ何とな~く…という感じで流されていく、なつ。

ここまで来て思うのは
なつ=巻き込まれ型ヒロイン
ってわけなのかもな…ってこと。

先週、剛男&富士子の馴れ初めを聞くところは
なつ=狂言回し的役割、かと思ったけど
そこ以外は、あまり自主的に動いてないよね?

なつを巻き込む外的要因が無理くり過ぎ(笑)
でもって、なつが主体性なさ過ぎ。


子供時代はそんな風には思えなかった。
確かに周囲の出来事に翻弄されてはいたけど
戦争という凄まじく抗い様の無い嵐によってだし
その中で全てを諦め、感情を表に出すことができなくなり
“子供”であることを武器に必死で生きる彼女の姿は
健気で、“流されている”なんて言えないものがあった。


まあ、それはともかくも、演劇部での活動がスタート。

まずは、付き物の早口言葉。
最初は「空回り」

​自虐か!?​
今のドラの状態への自虐ネタか!?


牧場の仕事は休んでも良いと言ってくれる富士子さん達に対し
牧場の仕事が好きなのだと答える、なつ。

演劇は、ひとえに泰樹さんのため。

周囲を思いやり、恩返しのために
自己犠牲を払うヒロイン?

…あまり、そういう風にも見えないのが困る(^^;)
周囲の人々は皆、優しいし
あまりに、なつが持ち上げられ過ぎているからかな…?

そうだ、子供なつは決して持ち上げられなかった。
置かれた状況の中で必死に頑張っていた。
…そこが大きな違いなのかな…?


それを強調するかの如く、今日も​良子​が弄られる。

数少ない女生徒の一人で、同じクラスで
あの“人工呼吸”再現を演じた(演じさせられた)相方なのに
なつは演技部に(それも用意周到に、めちゃ強引に)誘われ
良子はスルー。

なつの誘いにちょいと色を見せたら
「裏方は沢山いた方がいいんだから」

笑わせたいシーンなのは分かるけど
これを本気で笑う人って、そんなに多いかなあ…?


ヒロインなんだから、何がなんでも
目立つのは、なつ
好かれるのは、なつ
…でも、まあ構わないと思うよ。
ヒロインなんだから(笑)

でも、それを自然に受け入れられる様にするほど
なつを魅力的に描いていないと思う>今のところ

広瀬すずだから飛び抜けて可愛い
広瀬すずだから、ただそこにいるだけで目立つ
…というのは分かるけど
それじゃ広瀬すずのPVだというだけで
なつという少女を描いたドラマではないじゃん。
(そういうのを望む方がKY?)


なんて言っている間に、​番長登場​

彼の存在を菊次郎も良子も知っているのに、なつは知らない…
これってオカシクない?

番長に対しビビるどころか堂々と反論する、なつ。
これは、よくあるパターン。

その番長も仲間になる…という展開は嫌いじゃないよ。


そうこうしているうちに、台本完成。
タイトルは​​​​​『白蛇伝説』​​​​​

おい…
もしかして、このためだけに柄本佑を起用したのか?

黒板の字は読める様に書くけれど
台本は「魂で書いている」…と言う​倉田先生​

理屈ではなく感情…というところが泰樹さんと共通?


要素だけ拾うとギャグドラマなんだよなあ…
でも、笑えもしないんだよなあ…>番長は笑ったけど



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3233-018ae609

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
       
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 

番長


白蛇





​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​​





TWITTER

Last updated  2019.04.23 13:23:02
コメント(2) | コメントを書く
[朝ドラ-4>わろてんか~なつぞら] カテゴリの最新記事