2019.05.01

東京へ>『なつぞら』第27話

(2)
​​​​​​​​​​​​「冷たい牛乳」
と、なつが言ったら
「アイスミルク」
と、店員がいい直したシーンを観て

遠い昔
「氷いちご」
と注文したら、店員ポカン顔
「いちごフラッペ」
と言い直したら、通じた時のことを思い出した

…ひじゅにですが何か?



​「案外、美味しい」​byなつ



↑そのアイスミルクを飲んだ、なつの感想。

上質&搾りたての牛乳を飲み慣れているから
「う~ん、イマイチ」という反応をして
北海道と東京を対比させるのかと思ってしまった
ひじゅにはドラマ脳?(笑)

いやいや、逆に
東京の流通の良さ
良質のものを求める余裕&拘りのある人々が多いこと
何よりも、なつがこれから暮らして行くのに支障の無い場所であること
…等を示唆していたりして?

考え過ぎ?(笑)



富士子&なつ、東京へ。
4年前(だっけ?)に咲太郎が居たという新宿へ。



迎えてくれたのは信哉。
「お帰りなさい」
と言い換えてくれたり、相変わらず気遣いの人。

訪ねたのは“川村屋”
パン屋と紹介されていた様だったけど
カフェ・レストランも併営していて
咲太郎がよく行っていたらしい。

ってことを
信哉も前に行って聞いたらしい。

名前からして、中村屋がモデル?


でも、どっちかっちゅーと
『ひよっこ』の“すずふり亭”を思い出しちゃうな。
まあ、あそこほど人情あふれる場ではなさそうだけど…


店主は光子@​比嘉愛未​
言わずと知れた(?)『どんど晴れ』ヒロイン。
今作の売りの一つが過去作ヒロインが多数登場のことらしいから
北海道での松嶋菜々子@『ひまわり』に次いで
新宿では比嘉愛未ってこと?

あ、でも、“雪月”のとよさん@高畑淳子も
『つばさ』でWヒロインみたいなものだったっけね。


さらに
“角筈屋”の茂木社長>角川書店がモデル?
歌手の煙カスミ>変な名ま…失礼!
登場。

癖のありそうな人ばかりで
本来なら楽しみになるところなのに
何だかメンドクサイ気持ちになってしまうのは
​何故だろう何故かしら?​


肝心の咲太郎は
話の上では、「咲ちゃん」「咲坊」と呼ばれ
皆に可愛がられていた…ということだけど

「また、じっと見られたわ」
2人の女性の反応や
“川村屋”の従業員用アパートに泊めてもらうことになった、なつ達を
「人質」と光子が言っていたことからして
何か騒動を引き起こした様子。

それで姿を晦ましたのか?


番宣でチラリ見かけた咲太郎は
回想でのみ登場の子供咲太郎とは違って
朝ドラ“お約束”の

​ちょっと困ったちゃんなオジサン​

の枠に入るキャラっぽかった。

小次郎叔父ちゃん@『ちりとてちん』とか
最近で言えば
宗男叔父さん@『ひよっこ』
鉄郎叔父さん@『とと姉ちゃん』
陽造叔父さん@『梅ちゃん先生』…等々(笑)


それで、楽しみか?と聞かれたら
​う~ん…​と言葉を濁してしまうけど>こらこら


まあ、取り合えず、今日はネタ振りの回…ってことで。



☆トラックバックは何がなんだか…ひじゅに館へお願いします☆
http://yakkunchi.blog90.fc2.com/tb.php/3241-b77c2e80

☆応援クリック、よろしくお願い致します☆
       
にほんブログ村    人気ブログランキングへ 


昭和の東京


リンゴ追分


インドカレー


​​​​​​​​​​​​





TWITTER

Last updated  2019.05.01 14:24:50
コメント(2) | コメントを書く