513670 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

薬師堂だより

PR

Profile


秩父武甲0231

2022.01.18
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


寒肥の済むと書き込む農日誌

 何時も今頃梅や柿、キウイフルーツ、藤、薔薇などに寒肥を施します。
 今日は朝から冷たい風が吹いていて、粉状の肥料は風で辺りに散らばってしまいそうです。
 一度始めたことなので、風がちょっと止むのを待って、配合肥料や化成肥料などを先に置き、その上から牛糞、鶏糞、粒状の骨粉入り油かすを置いて、急いで土で隠します。
 昔の俳句を見ると、担ぐとか、撒くとか、臭うとかの表現が ありますが、大変だったのだろうなと推測します。
 今すぐに効くわけではありませんが、花や良い実がなるように毎年今頃の年中行事です。






Last updated  2022.01.18 14:15:04
コメント(4) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.