ひめちゃん ゆき とのお出かけ日記

2008 夏休みサイパン家族旅行 その1

サイパンでわりと新しくはじまったツアーのレポート。

題して、「ボージョボー製作ツアー」3人で60ドルでした。

高いとお思いでしょうが、送迎、ボージョボー1体ついてます。

DFSでは1体20ドルするので、トイトイでは?

サイパン0006
サイパン0006 posted by (C)EZ30

これは、ガラパンのボージョボー人形屋さん。ここでは20ドル以上します。

ボージョボーは現地のマーケットでは8ドルで買えるんですけどね。

すごい利益率です。

上記ツアーも正規料金だと、84ドルです。どんだけぼるんだよ!

それでは早速ツアーのレポート。

1時40分ごろ、宿泊のパームリゾート(旧日航ホテル)に迎えのバスが来ました。

到着当日なので、2人は昼過ぎまで寝てるので、たたき起こし、用意させました。

私は、7時から起きてます。規則正しいもので(笑)

サイパン0002
サイパン0002 posted by (C)EZ30

ボージョボー人形は、チャモロ族が、古くから伝えてきた、愛と富を成就させる願掛け人形です。

サイパン0003
サイパン0003 posted by (C)EZ30

BAYOGOサンという人が、初めて作ったらしいです。

そして次第に訛って、BOJOBOになったらしい。私も始めて聞きました。

サイパン0004
サイパン0004 posted by (C)EZ30

一人1体なので、これは私のもの。

腰みのの色が選べるんですが、数ある色の中で偶然にも、1昨年ぐらいでしょうか?日本の皇室としては、初めて慰霊墓参のため現地を訪れた、今上天皇に献上したものと同じ色だそうです。

これを聞いた時は、うれしかったー。

もう少し早く、慰霊に訪れたらいいのに、なんて思っていたんですが。

この人形の手足を色々な方法で結び合わせ、いつも見えるところに飾り、強く信じることにより願いが叶う、という伝説があります。

私はもちろん、背中で手を結び合わせ金運上昇。(笑)

これ以上忙しくなっても困るんですが。

サイパン0005
サイパン0005 posted by (C)EZ30

他にもいろいろ飾ってありました。新作のココナッツの豚の貯金箱。

ちょっとほしかったー。

このツアーの参加は現地入りした午後だったんで、木曜日の夕方なんです。

木曜の夕方といえば、ガラパンのストリートマーケット!

これは、外しちゃだめです。夕食が、安上がりになります(笑)

サイパン0010
サイパン0010 posted by (C)EZ30

これは、ガラパンのメインストリート。相変わらずがらがら。

正面突き当りが、フィエスタホテル、そこからハイアット方面に出店が続きます。

サイパン0012
サイパン0012 posted by (C)EZ30

以前より、かなりしょぼくなりましたが、ローカルの方と触れ合えます。

もちろん会話は日本語交じりでぜんぜん大丈夫です。

もっとローカルなススペの朝市にも行ったのでその話は後日。

サイパン0001
サイパン0001 posted by (C)EZ30

屋台を全部見てまわって、買ったのはこれ、フィエスタ(旧第一ホテル)のBBQコンポ!

これでも5ドル。

ホテルの夕食は40,50ドルするので、昼食の値段で買えます。

味は少し濃いですが、ビールと一緒だと丁度いいです。

サイパン0009
サイパン0009 posted by (C)EZ30

その後、ハファダイのスーパーで、翌日分の朝食や御菓子、水などを買って、

ホテルまで戻りました。

現地は、路線バスがなくなってしまったので、DFSのショッピングバスで帰りました。

不便になりました。

英語と、現地の交通法規に自信がある方はレンタカーがよいかと。

でも交通違反は厳しいです。

英語できないと、刑務所行きになるかも。私も危うい時がありました。(笑)

4日目に行った潜水艦ツアーのレポートです。

こちらもかなりの目玉だと思います。

以前のしょぼい潜水艦から、海底までもぐれる、DEEPSTAR号へ変わっていました。

グアムのものと同じだと思います。

料金はかなり奮発して、一人75ドル!これは痛かったー。

その分ナイトパブ我慢しました(笑)

ホテルから送迎バスで10分ほど、ターシツアーのマニャガハ島送迎船が出ている場所から艀で潜水艦へ向かいます。

潜水艦0002
潜水艦0002 posted by (C)EZ30

海軍士官服もってくればよかった。

ここは、旧帝國海軍軍港だったところです。今は見る影もないですが。

でも、水上機の陸揚げ場は、ありました。

潜水艦0014
潜水艦0014 posted by (C)EZ30

大きさからすると、零式水偵、二式水戦あたりのものでしょう。

これについては、まったく記述がないので、思い込みかもしれませんが。

艀で10分ほどで、潜水艦「DEEPSTAR」へ到着です。

潜水艦0013
潜水艦0013 posted by (C)EZ30

奥に見える島は、マニャガハ島です。

海は別世界! マリンスポーツの拠点になります。

しかし、昔は軍艦島の名前がついており、島のあちこちに砲台があります。

詳しくは、3年前のサイパン旅行日記

今回は、行きませんでした。

潜水艦0011
潜水艦0011 posted by (C)EZ30

艦内乗り込みも、雰囲気でてるー。

わくわくしながら艦内へ。

潜水艦0008
潜水艦0008 posted by (C)EZ30

残念ながら艦内は、完全に観光船。隔壁扉をくぐりたかったなー。

「急速潜行!いそげ」の命令とともに、居住区から前部魚雷室に走りこむ。

子供の頃からイメージトレーニングしてたのに。(笑)

しかも艦内90%は中国の方。

サイパンも変わりました。

中国の好景気を目の当たりにしました。

でも帰りの送迎は、私達は、単独でアストロのバンでしたが、中国の方は同じアストロに、満席状態に押し込まれてました。

値段が違うのかなー?

艀の船員さんも、英語がまったく解らない中国の方々に切れて、突き飛ばして通路を確保してたのには、さすがに閉口しました。

2度とこのツアーに参加することはないでしょう。

文句ばかり言っても仕方ないので続きです。

潜水艦0005
潜水艦0005 posted by (C)EZ30

これは千年サンゴといわれる大きなサンゴの一部です。

サイパンの海は透明度が非常に高いのですが、今回はしけていたのかな?、非常ににごっていました。

房総あたりの海とは比べ物にならないくらいの透明度はありますが。

肉眼だとこのくらいしか見えません。動画

潜水艦0001
潜水艦0001 posted by (C)EZ30

こちらはダイビングポイントのB-29です。

これは、皇軍機だというのは、ダイビングやる人なら御存知のはず。

二式大艇だということです。

とすると、このハッチは、前部搭乗員用ハッチでしょうね。

しかし艦内の放送は、betty bomber といっていたのです。

とすると、1式陸攻の米軍コードネーム。

確かにここには陸攻も二式大艇も墜落しているので、ここには2機の残骸があるのかもしれません。

20mm機銃も見れたのですが、旋回機銃ではなかったので、なぞがなぞを呼びます。

思うに観光のため、周りから残骸を集めてきたような?

昔、ダイビングをしていた時、サイパンで陸攻の残骸を見たことがあるのですが、明らかに後部機銃座が残ってました。

翼も近くに残ってましたし。20年の歳月は長いですね。

やっぱり私が依然見たものと違うような気がします。

動画はこちら

私自身は、二式大艇の数奇な運命が、当時の帝國海軍の苦悩を表しているようで昔から気になっていた機体なんです。

両機あわせて17名の搭乗員と皇軍将兵への心からの慰霊の気持ちとともに下船しました。

今回は、3日間ホテル前のプライベートビーチで過ごしました。

私はいつもは遊びに行ってしまうので、珍しいことなんです。

潜水艦や、ハイアットのサンドキャッスルのディナーショーを組み込んでいたため軍資金が乏しいんです。

まずは、ダイビングスポットの写真です。

200mくらいの沖合いでしょうか?

深さ2mほど。

ダイブポイント
ダイブポイント posted by (C)EZ30

ペンタックスの防水カメラで撮っています。

浅いので、太陽光で十分だった感じですが、ストロボ使っています。

ものすごい数の魚が近寄ってきて怖かったです。

ダイバーに餌付けされているんでしょうね。

宿泊のパームリゾートから目印のロープが続いてます。

初心者用ですね。体験ダイブかも?ホテルのプールでも練習してました。

私は、根性入れてシュノーケルでもぐってます。

エンゼルフィッシュ
エンゼルフィッシュ posted by (C)EZ30

綺麗な魚です。オオツノ何とかという魚だと思いますが、私の中ではエンゼルフィッシュ。

肉眼だとゴーグルなどつけてますので、こんなにクリアに見えません。

サヨリ
サヨリ posted by (C)EZ30

ちょっと先にはサヨリもいました。

私の周りを群れでぐるぐる回ってました。

えさ持ってないんだよなー。

パームリゾート前
パームリゾート前 posted by (C)EZ30

これも綺麗に撮れてます(自我自賛 笑)

ファインダー見れないので、めくら撃ちです。100枚は撮ってます。

ということは、偶然撮れたものです。(笑)

肉眼ではこんな感じ動画

ホテル前
ホテル前 posted by (C)EZ30

こんな感じ浅いところでは、2人が遊んでいます。

後ろに見えるのは、宿泊のパームリゾート。

パームリゾート
パームリゾート posted by (C)EZ30

写真よく見てください。人影なし。

完全な貸切! ガラパンなどのビーチでは考えられません。

これだけでも価値があるのでは?

かっこ悪いでっ腹も他人に見せずに済みますし(笑)

余談ですが、タクシーなどで、行き先を告げるのですが、私の発音が悪いんでしょうねーパームリゾートと1度で解ってもらえません。

食事の予約とピックアップのお願いの時も......悲しいー。

でもNIKKOと言うと解ってもらえます。英字で書くとPALMS RESORTなので、パームスリゾートと発音するのかも知れません。

海も貸切なら、プールも当然貸しきり状態

パームリゾート プール
パームリゾート プール posted by (C)EZ30

こんな感じ。

セーフガードの人は、4人くらいいますが、

暇なので、ゆきと遊んでくれてました。

プール
プール posted by (C)EZ30

結構難しいですね。

まだ砂の上のほうが、やりやすいかも。

砂浜にも、ビーチバレーコートがあります。

ナンヨウショウビン
ナンヨウショウビン posted by (C)EZ30

人影がまばらなので、かわせみ君も水浴びに来てました。

ナンヨウショウビンと言うかわせみの仲間です。

大きいですよ。

声もうるさい。日本だと石垣とかで見られるらしいです。

ナンヨウショウビン
ナンヨウショウビン posted by (C)EZ30

こちらの方が、野鳥らしいですね。

同じ固体ではなく、ツガイだと思います。

ずっと一所に行動してました。

サイパン、グアムにきて飛び物と言えばこれ

F-15?
F-15? posted by (C)EZ30

昼前の米軍の定期便。

サイパン島のパトロール飛行です。

爆音轟かせ、低空でも飛んでくれることがあります。

今回は搭乗員はまじめな人のようで、いつものコースだけ。

私の一番のお楽しみです。ハイアット、PICに行けば、本物の海兵に合えます。

グアムのウエスティンあたりだと空軍のパイロットが休暇で来てます。

うまくことが運べば、基地へ御招待かも。昔はよくあったんですよ。

サイパンのマウントカーメル大聖堂 , サンタルーデスの祠のレポートです。

サイパンの宗教は、土着宗教は現在は見られず、カトリック教徒がほとんどです。

しかも敬虔なカトリック教徒。各村にあるのが教会と小学校です。

今回紹介するマウントカーメル大聖堂は、スペイン統治時代が起源とされている教会ですが、大東亜戦争中に破壊され再建されたものです。

北マリアナ諸島のカトリックの総本山?となっています。

サイパン0010
サイパン0010 posted by (C)EZ30

ミクロネシアの建物とはぜんぜん違います。

ヨーロッパ風の建物になります。

私は敬虔なカトリック教徒ではないのですが、訪れることが多いです。

場所は、サイパンの中心地ガラパンから北部方面へススベにあります。

ビーチロードのグランドH先の反対側にあります。

この建物を見るたび、平和を噛み締めています。

中はものすごく広いです。

サイパン0009
サイパン0009 posted by (C)EZ30

日曜日のミサの時は、いっぱいになります。

誰もいないと、ちょっと怖いですけど。

両側の、ステンドグラスには、私の記憶が確かならば14体の神様が描かれています。

これは北マリアナ連邦に14の島がありそれぞれに決まった神様がいるので、ここに14体の神様が描かれていると聞いたことがあります。

サイパン0007
サイパン0007 posted by (C)EZ30

こちらは、サイパン島の神様。

サイパン0005
サイパン0005 posted by (C)EZ30

こちらは、グアムだったかな?

サイパン0006
サイパン0006 posted by (C)EZ30

こちらは、正面。

ここには上がれませんが、身が引き締まる思いでした。

重厚と言うか?何度見ても見飽きることがありません。

信者方々にとっては、もっと大事な思いがあるんでしょうね。

サイパン0008
サイパン0008 posted by (C)EZ30

こちらは、入り口近くにあるキリスト像。

私も、信者宜しく首筋と、足首にキスしてきました。

隣には懺悔室があるのですが、ここに入ると私など俗人は出てこれないくらい懺悔があるので、恐れ多く写真も撮ってきませんでした。

サイパンの宗教を鑑みる上で忘れてはならないサンタルーデスの祠

こちらは、かなりホテル群から離れているため訪れるためには、前もってツアーデスクと相談した方がいいと思います。

サイパン0013
サイパン0013 posted by (C)EZ30

マリア像です。

ここは、大東亜戦争当時現地の方が、マリア像を隠したと言われている場所になります。

友軍から見れば、野戦病院近くになります。

祠の上は

サイパン0015
サイパン0015 posted by (C)EZ30

このような感じ。

なんとも神秘的な景色です。

不謹慎ですが、ラピュタのテーマ曲が頭に鳴り響きました。

ここはサイパンでも高地にあるため、湧水が出て井戸があります。

低地の水は、塩分を含んでいて飲めません。

サイパン0014
サイパン0014 posted by (C)EZ30

現在は聖水。

サイパン戦末期には、多くの皇軍将兵がこの水のおかげで、命を長らえたと思います。

サイパン0016
サイパン0016 posted by (C)EZ30

そばにはタロイモがたくさん。これも貴重な食料だったはず。

こちらの方面へ、頭礼し現地を後にしました。


サイパン旅行5回目は、サイパン動物園です。

ここは初めておとづれました。

サイパン植物園は、ツアーもありますし行ってる方は多いと思いますが、

サイパンで動物園は???

と言う感じで行ったことはなかったのですが、新しい動物も入ったと聞き行ってみることに。

宿泊のパームリゾートから5分ほど、手作り標識にそって入ります。

なんか怪しい(笑)そのまま誘拐されるんじゃないかと言う雰囲気。

中に入ると、チャモロ美人のお母さんが100万ドルの笑顔!

ほっと一安心。

なんかわけが解らず言われるままにポップコーンとバナナを買って園内へ。

食べるのかなと思っていたら、動物にあげるんでした(笑)

ゆきはかなり食べちゃってました。よく見ると人参も入っました。

2008サイパン旅行0001
2008サイパン旅行0001 posted by (C)EZ30

最初は、モルモット、カメなどがいました。

フーンと言う感じ。これならどこでもあるじゃんと言う感じ。

カメにも餌揚げれましたが、人参は食べずポップコーンはばくばく食べました。

でもカメって怖いですね。ガツンと来るので指をかまれたら痛かったろうなー。

2008サイパン旅行0002
2008サイパン旅行0002 posted by (C)EZ30

これは、美味しいといわれる、フルーツバット。

これを食べれるお店もあるらしい。食べるなんて信じがたいですが。

でも予約するのは日本人が多いらしいです。気合のある方は検索してみてください。

私は絶対に食べません!

この檻には、3頭いたんですが、その中の1頭は赤ちゃん。

懐に赤ちゃん抱いてポップコーン食べに来てました。

ポップコーン食べさして大丈夫なんですね。

日本では考えられません。

2008サイパン旅行0006
2008サイパン旅行0006 posted by (C)EZ30

熊とにらめっこ。

熊さんには、バナナをあげました。

檻が上のほうは、隙間が開いていて、餌を投げ入れられます。

バナナは、美味しそうに食べてました。

でもけが人が、今まで出てないのかなー?

かなりなれてはいますが。

2008サイパン旅行0005
2008サイパン旅行0005 posted by (C)EZ30

これは珍しくもない豚ですが、なんか見たことありません?

「千と千尋の神隠し」の豚に変えられたお父さん。

見た瞬間爆笑しました。

2008サイパン旅行0007
2008サイパン旅行0007 posted by (C)EZ30

2008サイパン旅行0008
2008サイパン旅行0008 posted by (C)EZ30

結構まともな動物園だなー。

かなり小さいので、1時間あれば十分ですが。

2008サイパン旅行0010
2008サイパン旅行0010 posted by (C)EZ30

これもサイパンにいるのかな?

であったことはないですが、イグアナですよね。

グロテスクです。

2008サイパン旅行0009
2008サイパン旅行0009 posted by (C)EZ30

これはかわいかったんですが、かなり凶暴です。

ポップコーン以外あげようとすると、婦女子には声を上げて威嚇します。

私にはおとなしく人参あげても受け取ってましたが......

人を見てます。

感想は、意外と面白いですが、新しい動物が入らない限り行かないかな?

衛生状態はあまりよくないので、かまれたらやばそうです。

お子さんは注意が必要かも?

その後、ミドルロード沿いのタナバクビーチあたりだと思うのですが、

「WAFT By The Sea」でランチ。

HP

今回のサイパン旅行で唯一のランチ(笑)

食事より遊び、そのために脂肪を溜め込んでします(笑)

ちなみにディナーは2回。その他はスーパーのパンとカップヌードルの夕食。

2008サイパン旅行0018
2008サイパン旅行0018 posted by (C)EZ30

お店の中はアメリカンムードいっぱい。

ウッドテラスがビーチ沿いにありフロリダの雰囲気。

2008サイパン旅行0014
2008サイパン旅行0014 posted by (C)EZ30

お店前のビーチには、人影がありませんでした。

ココナッツがぽつんと。

この辺の海は綺麗でしたー。

2008サイパン旅行0012
2008サイパン旅行0012 posted by (C)EZ30

人影はなかったんですが、ワンちゃんが、たたずんでいました。

絵になるー。

ひめちゃんだとこの表現が出来ない!

だだだーって走ってきてしまいます。

水遊びの好きなひめちゃんをいつかつれて来たいです。

夢で終わると思いますが。

旅先での食事は、旅行の楽しみの一つですね。

でもサイパンの食事は、美味しいと言えるものは余りありません(個人的感想)

ここは美味しいから行ってみてなんて、書き込みなんかしてくれると、小躍りして喜びます。

次回行く時に予定を入れます。

サイパンで焼肉や、シーフード料理、中華食べてもねー。チャモロ料理は????ですし。

日本食なんか、食べる人の気が......

と言うことで、ほとんどスーパーで買ったパンや弁当、カップラーメンですごしたんですが(本当はお金がない 笑)

2日間だけ、ディナーに行きました。

ひとつは、絶対毎回行っているカントリーハウスのステーキ

PICT4312
PICT4312 posted by (C)EZ30

ガラパンにあるお店です。超有名店なので「ここかー」なんて方も多いでしょうが、日本人向けの味付けでお肉も柔らかく、なんとなくウエスタン調。

PICT4292
PICT4292 posted by (C)EZ30

この雰囲気だけでも価値ありますよ。

しかもウエイターの方なんて、日本語ぺらぺらなのに、店内では日本語使いませんから!

徹底してます。予約も英語のみ!雰囲気でてるー(笑)

でも予約時「日本語でー」と粘れば対応してくれます。ツアーデスクに頼むのが一番安上がりですけど。

パームリゾートには、ツアーデスクがなく仕方がないので公衆電話でピックアップの予約をしました。(部屋の電話が、壊れていて外線につながらないんです)

でも日本語聞いても対応表みてしゃべっていて何いってるのか解らず、結局負けて英語使ってしまいました。今回は敵性語はしゃべらないと心に決めていたのですが(笑)

電話は、暇な時間に掛けてますよ。そんな意地悪じゃないですが、あちらが英語しか使わないのなら、こちらも日本語しか使わない。これが礼儀(笑)

ゆくゆくは、ガイドブック的なものをまとめようと思っているので、今回はかなり試して見ました。

年配の人が、どこまでいけるか?ツアーはどうか?など。

PICT4301
PICT4301 posted by (C)EZ30

私が頼んだT-BONE STEAK500g!

これでも小さい方のサイズなんですよ。

セットにしたので、豆のスープ、サラダ、ご飯がついてます。

ステーキだけでもお腹がいっぱいでした。

2人は、またまた差をつけてサーロインステーキセット。

さすがのゆきも残してしまうボリュームでした。

飲み物含め1人4,50ドル以下で収まります。

値段だけで言うなら高いですが、お肉の厚みが違います。ハードロックカフェのなんかぺらぺらですから。(8年以上食べてないので、今はわかりません)

絶対お勧め。サイパンに来た!と言う味がお好みなら、ココレストラン、ココナッツ亭がガラパンじゃ無難です。

そして2回目のディナーは、ハイアットのサンドキャッスルのディナーショー

こちらは、ラスベガススタイルのマジックショー、ニューヨークスタイルのダンスレビューとセットになっています。

5時半ごろ、ホテルにタクシーが迎えに来てくれました。

この場合のチップって悩みますよね。メーターないのでわかんないし。

結局5ドル。

6時から開場ということで、私達は、泊まることがないであろうハイアットを散策。

今回気づいたんですが、プールがないんですね。

でも無問題すぐにビーチです。

PICT4335
PICT4335 posted by (C)EZ30

遠方に見えるのは、米軍の軍艦です。偽装輸送船です。

海兵隊が、統治領サイパンを守っています。グアムと違ってサイパン島内軍服の米兵と合いませんが、観光産業に配慮してのことです。

でも刺青してるからすぐ海兵とわかる。ヘヤーカットも独特ですから。

こちらのビーチはかなり混んでいました。

PICT4329
PICT4329 posted by (C)EZ30

ホテル内は、生バンドも演奏されていていい雰囲気。

A(デラックス)クラスのホテルです。日本人は多いですけど。

このクラスのホテルに泊まったことないです。

IMG_1860
IMG_1860 posted by (C)EZ30

サンドキャッスル内当然のごとくがらがら、またもや貸しきり状態。

ショーの間撮影禁止なので写真は撮れませんでした。

最初のディナーの時は、撮影可ですのでちょっとだけ

IMG_1855
IMG_1855 posted by (C)EZ30

IMG_1864
IMG_1864 posted by (C)EZ30

ハイアットシェフ達が腕を振るうメニューです。
カニ味のスープ、サラダ、メインディッシュはビーフ又はシーフードから選んでヒレステーキ!やわらかくて美味しかったです。

IMG_1872
IMG_1872 posted by (C)EZ30

コースの締めくくりは、デザートと温かいコーヒー。

美味しかったー、値段が値段だけに期待していた通り。

毎日でも食べたい!

IMG_1867
IMG_1867 posted by (C)EZ30

「この子達は、私の命だー」(聖職の碑風に)

ゆきの食事は子供用プレート、ゆきでさえ食べれない量でした。

食事後、ショー始まりますが、前記どうり写真が撮れません。

HPの方で少し映像があります。

いやー面白かったなー。踊り子さんたちは少し年齢高め。

マジシャンは逆に若めでした。

テンポの速いイリュージョンとダンス堪能しました。

トラもホワイトタイガー、ベンガルトラが出ていて迫力満点。

実は、トラのシーンは少し隠し撮りしたしたんです。

檻から出たトラが私たちに向かって........

IMG_4224
IMG_4224 posted by (C)EZ30

「私も忘れないでー」


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.