ひめちゃん ゆき とのお出かけ日記

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

伊豆 旅行

2010/05/20
XML
カテゴリ:伊豆 旅行
伊豆旅行に限らず旅行のお楽しみといえば、私の中では、お土産。

特に特産物、名産品。これは絶対はずせない。

今回いろいろな所で買い求めたのですが、一通り食してみたのて、ご紹介したいと思います。

まずお土産を買う定番といえば、道の駅。

まず最初に一番近い道の駅「伊豆のへそ」に行ったのですが、植物園が併設していて、興味を持っただけで、めぼしいもの無し。

車を沼津方面に走らせ、伊豆 村の駅へ

村の駅HP

画像 006
画像 006 posted by (C)EZ30

駐車場は、大きいのですが、かなり込んでいました。

時間も5時過ぎ位で、買い物にはいい時間でしたから。

画像 008
画像 008 posted by (C)EZ30

これが購入品。

特にしいたけは、ここら辺の特産。

道沿いにも、内閣総理大臣賞受賞しいたけなどの看板がありました。

醤油バターいためにして食しましたが、肉厚で味が濃くとっても美味しかったです。

ゆきに半分以上食べられてしまいました。

ラー油ニンニク、昨今のラー油ブームに乗り出てきた商品だと思いますが、これ以外とお勧めです。

何にでも会う。

それから、飲兵衛さんには、酒盗。読んで字のごとく酒を飲むのも忘れるくらいうまい。

かつおの塩辛です。

今回のは、ちょっと辛かったかなー。私しか食べれないので、ビンの大きさはよかったですが。

他所だと、大きくて食べきれない。

お魚の干物は、前にも書いたとおり??。身は詰まってましたけどね。

村の駅は、お勧めです。野菜も豊富にありましたし。他所で5時ごろだと商品がなくなってます。

楽天内にも村の駅が出店してました 「こだわり味通信」はこちら

買い物は、私のつまみが、主流。

家で飲むことが多いので、買い置きしておかないと。

つまみって言うと、プロセスチーズしか出てきませんから......

そして高速でお土産を買うなら定番SA

今回は、往復とも足柄SAによりました。

なぜかというと、足柄山の金太郎~をゆきの前で歌いたかった。

おかっぱで、超優良児で、女版金太郎。ゆきに言うとおこられちゃいますけど(笑)

まずは、足柄SAには、ドックランが新設されました。

画像 002
画像 002 posted by (C)EZ30

かなり込んでいたので、ひめちゃんはパス。

そばの広場で、気晴らし。

下り線のほうが近いと思います。

画像 003
画像 003 posted by (C)EZ30

下り売店には、くまのカステラ店。

人形焼でしょうね。ほしかったのですが、却下されました。

帰りにも、足柄SAにより軽い夕食。

画像 076
画像 076 posted by (C)EZ30

こちらは、B-1グランプリ連続優勝の富士宮やきそば。

「富士宮やきそば」は、一般的に販売されている柔らかいやきそば麺とは違い、コシのある麺が特徴です。
最初は、「なんだこのいつもと違う麺は」と感じた人も2度、3度と食べるうちに、コシのある麺の触感と独特の味付けが忘れられなくなります。 市内には、それぞれ味にこだわりをもったたくさんのやきそば店があります。どうぞ、富士宮やきそばをお楽しみください。と
富士宮焼きそば学会HPにあります。

麺の腰はありますが、いつも食べているシマダヤの焼きそばと大して変わらない。

SAだからか?今度町内で食してみたいと思います。

画像 074
画像 074 posted by (C)EZ30

そして、気になり食べたのが、こちら

画像 077
画像 077 posted by (C)EZ30

お好みたい焼き。お好み焼きとたいやきの融合。ベーコンとキャベツをはさんだお好み焼き風のたい焼き。

これは、美味しかったなー。

190円だったかな?ちょっと高め。

画像 079
画像 079 posted by (C)EZ30

ひめちゃんも、美味しそうに食べました。

何でも美味しそうに食べるひめちゃん。CMの出演依頼こないかなー(笑)

私とゆきは、この2つでとりあえず終わり、帰ってからインスタントカレーでも食べることにしたのですが、

Mさんは、一人また差をつけて

画像 009
画像 009 posted by (C)EZ30

牛めし。

お腹一杯だったのでしょうが、

画像 007
画像 007 posted by (C)EZ30

ギャル曽根一押しというポップを見つけ衝動買いしたそう。

私は食べてないので、一人で食べたんだろうなー。

ポップをわざわざ写真に収めてる所など、やる気満々。

団子の方は、いただきました。えー3本入ってますからねー。(笑)






最終更新日  2010/05/20 09:14:00 AM
コメント(10) | コメントを書く


2010/05/19
カテゴリ:伊豆 旅行
いよいよ、観光も終わり、伊豆旅行も終盤を迎えます。

今回の伊豆旅行は、ETC休日割引が使えたので、沼津IC.を使いました。

割引が無ければ、厚木、小田原厚木道路、ターンパイク、伊豆スカイラインがいつものコース。

タイヤ磨耗促進コースです(笑)。特にターンパイクは空いていてすきなんですよねー。

しかも今伊豆スカイラインは、上限200円とお買い得です。景色も最高各所に展望台もありますし。

しばらく、沼津ICは使うことなさそうなので、以前より行きたいと思っていた、柿田川湧水群を見学に行きました。

IMG_7258
IMG_7258 posted by (C)EZ30

IMG_7268
IMG_7268 posted by (C)EZ30

水中の植物としてミシマバイカモが繁殖していて、見た目も綺麗です。

1970年代には、水資源を求め進出してきた工場の排水や護岸工事で、かなり汚くなってしまったようですが、1980年代から、市民運動や工場移転で、現在の自然が戻ってきたそうです。

人間やれば出来るんだなー。私もガンバロ。


画像 069
画像 069 posted by (C)EZ30

名水100選に認定されている国道1号線直下の湧水は、柿田川に流れ出ます。

砂を吹き上げる湧出口は川全域に見られ、総湧水量は一日100数万tで東洋一だそう!

この湧水は、富士山周辺に降った雨や雪が、水を通しやすい多孔質の三島溶岩流といわれるもののの中を流れ湧出したもので、ミネラル、炭酸ガスや酸素も豊富に含まれ、飲料水としては理想的だそうです。エビアンみたいだなー。

画像 070
画像 070 posted by (C)EZ30

画像 067
画像 067 posted by (C)EZ30

IMG_7257
IMG_7257 posted by (C)EZ30

画像 071
画像 071 posted by (C)EZ30

こちらは、数多くある湧き出し口の一部。

飲料水として使用もされているため、注意書きなどの看板も立ってます。

実に綺麗な水。この湧き水群は、渋滞で名高い国道1号線のすぐ近くにあるんですから、東京じゃ考えられません。

砂を巻き上げる様を動画でとったのですが、かなり見ずらい。

一応動画はこちら

画像 072
画像 072 posted by (C)EZ30

難点は、犬をつれての入園はお断りということ。ゆきも疲れたというので、ひめと駐車場で待っていてもらいました。

犬不可は、水質管理の面では仕方が無いことでしょうね。

以前は入れたみたいなので、愛犬家のモラルの問題もあるのでしょう。

駐車場も無料ですし、あまり歩かなくても極上の自然を味わえる、かなりお得なスポットだと思います。

IMG_7287
IMG_7287 posted by (C)EZ30

こんな感じで、遊歩道もしっかり出来ていて、歩きやすいです。






最終更新日  2010/05/19 10:23:06 AM
コメント(12) | コメントを書く
2010/05/18
カテゴリ:伊豆 旅行
今回の温泉旅行は、Mさんが足の裏と手が痛いということで、主に足湯、手湯をめぐりたいなーと思っていました。そして、ゆき部活、資金すべてがいいほうに回って、旅行に来れたのでした。

神の思し召しかな?

なぜか、Mさんは温泉に来ても1度しか入浴しないものですから、足湯、手湯なら何回も入れると思ったからです。

でもねー手なんか、自分でストレッチしていて、やりすぎで筋を痛めたんです。

半分喧嘩して、行かないと意地張っていた整形外科に行かせたら、なんともないとのこと。さすがに転んだとDrには、言ったみたいです。

「医者に、行かせたから恥かいた」とのお言葉..........

年を考えろ!子供じゃないんだからーーーーおりゃ!!!

そんなわけで、またしても土肥温泉の手湯足湯の紹介から。

土肥温泉の松原公園近くにあります。

画像 059
画像 059 posted by (C)EZ30

いかにも観光客用「黄金の湯」です。綺麗に出来てました。

源泉温度は、57.8度、湧き出し当時からの温度を保っているそう。

加水していても熱い。長岡もそうですが、こちらの地方の方は、熱いのが好きな様。

土肥金山開発中の1611年、当時の坑口安楽寺境内から温泉が湧出したのが土肥温泉の始まりであるとあります。

私は湯の名前から、足をつけ、手もつけ、金運アップ!!!という信念で望んだ、10日月曜に大掛けした相場は、見事撃沈。

退場しました。傷口を広げないうちの退場だったので、ご利益があったような、無かったような。びみょー。

画像 060
画像 060 posted by (C)EZ30

こちらは、手湯。すごく熱い。飲泉不可になってます。

IMG_7167
IMG_7167 posted by (C)EZ30

足湯は、2箇所の浴槽がありました。

それぞれ7-8人ほど入れるので、込むことはないかな?

画像 062
画像 062 posted by (C)EZ30

土肥温泉といえば、海水浴場の周りにホテルや旅館が立ち並ぶシュチュエーション。

海岸沿いのホテルからは、綺麗なサンセットが見えるでしょうね。

次回は、土肥温泉に泊まりたいかも。

電車で来ると、修善寺からバスで1時間ほどと、ひっそりしているイメージもありますから。

海水浴場がすぐなので、夏場に遊びがてらというのもいいと思いますが、さすがにこむでしょうね。

画像 064
画像 064 posted by (C)EZ30

歌人若山牧水の胸像。

若山牧水は土肥温泉に通算で5回も長期滞在しているそうです。よっぽど気に入ったのでしょうね。私の水上温泉みたい。

牧水荘 土肥館という宿がありますから、そこが定宿だったのかな?

画像 066
画像 066 posted by (C)EZ30

さてお待ちかね、世界最大の花時計。

花時計の大きさは、直径31メートルで、平成4年3月5日にギネスブックに「世界最大の花時計」として認定されました。

時針の長さは8.8メートル、分針は12.5メートル、秒針は10.8メートルの長さを誇っています。

と静岡県のHPにあります。展望台から写真を撮ってますが、イメージほど大きくはない。

IMG_7156
IMG_7156 posted by (C)EZ30

右手が展望台、中央が観光案内所です。展望台の右手道路を挟んだ反対側に足湯があります。

IMG_7155
IMG_7155 posted by (C)EZ30

花時計の周りには、長岡温泉にもあった足つぼコース。

伊豆の人は、足湯と足つぼマッサージが好きなのか?

上記足湯と道路を隔ててすぐに花時計があるんです。

駐車場も無料のものがあり、ゆっくり海岸などとともに散策できます。

土肥金山もすぐ近くです。






最終更新日  2010/05/18 05:26:52 PM
コメント(13) | コメントを書く
2010/05/17
カテゴリ:伊豆 旅行
伊豆旅行4回目は、時間軸をちょっと戻って宿泊の伊豆長岡温泉。

ひめちゃんの気晴らしのため、少し歩いてきました。

温泉街のため、今流行の足湯が、出来てました。

伊豆長岡温泉の湯らっくす公園の足湯、以前温泉神社と共同浴場があったところか?記憶がすごく曖昧ですが。

実に新しい、綺麗に整備された足湯があります。

画像 021
画像 021 posted by (C)EZ30

画像 020
画像 020 posted by (C)EZ30

東屋が足湯です。めっちゃくちゃ熱いお湯です。土曜の夕方ですが足湯には人が一人だけ。

公園には随分と人がいたのですが、熱いので観光客と子供は、長くは入れないからでしょうね。

飲泉用の投入口もありました。

そばに広がる通路は足壺マッサージ。

画像 022
画像 022 posted by (C)EZ30

ひめちゃんもやってみました。

ソフトコースハードコースありますが、ソフトでも我慢できない。

めっちゃ痛いです。

まず足湯で暖め、コースをまわり、また足湯で飲泉しながらゆっくりするの繰り返し。

これがお作法だそう。

画像 023
画像 023 posted by (C)EZ30

公園内に流れる小川は、水面に降りれるようになっており、夏にはここで遊べるのかな?

気温は高かったのですが、広場に沢山いた子供達はひとりも入っていませんでした。

川には、大きな鯉が沢山いました。

IMG_6690
IMG_6690 posted by (C)EZ30

公園ではないのですが、宿泊記で紹介した源氏山のあやめ御前の石造も見てきました

こちらのように広場になってます。

そばには毘沙門天さん。七福神周りのスタンプラリーもやっているそうです。

観光協会のHPに書いてありました。

画像 016
画像 016 posted by (C)EZ30

あやめ御前の石造、新しいもののようですね。

画像 017
画像 017 posted by (C)EZ30

雰囲気でてる祠もありました。

長岡地区からはあまり行く人がいないようで

画像 018
画像 018 posted by (C)EZ30

階段が、苔、雑草だらけ、ひめちゃんも降りる時すべりまくってました。

画像 019
画像 019 posted by (C)EZ30

画像 025
画像 025 posted by (C)EZ30

私の長岡のイメージというと、熱海張りの温泉芸者と古の温泉街。

若い頃、毎月末、熱海で遊んでいた頃がよみがえります。

でも長岡地区は、ほとんど閉鎖されてました。今はそんな遊び流行らないのだろうなー。

温泉芸者の芸は男のロマン。祇園、神楽坂芸者とは一線を画す。

わかる方にはわかると思いますので、突っ込まないでね(笑)

高度成長時代、バブル期、プチバブル、社会が狂ってたのかなー。盛者の爪あとの修復はすぐには出来ないでしょう。

旅館組合などでは、子供手当て割引など、数々のキャンペーンをやっているようです。

行く前にHPをチェックするとよいと思います。






最終更新日  2010/05/17 10:01:54 AM
コメント(12) | コメントを書く
2010/05/14
カテゴリ:伊豆 旅行
伊豆旅行3回目は、土肥金山。

ゆきが砂金採りして、大儲けしたいそう(笑)

宿泊の伊豆長岡から、下道で1時間ほど、修善寺道路走ると少しは短縮になるのですが、貧乏性な物で。

行楽期は、有料道路は抜け道が無いのでやばい時もありますからねー。

土肥金山HP

HP上には、土肥金山は、江戸時代に第一期黄金時代を明治時代から昭和にかけて第二期黄金時代を迎え佐渡金山に次ぐ生産量を誇った伊豆最大の金山です。推定産出量は金40t、銀400t。
金山は昭和40年に閉山されたと記されています。

今は、観光坑道が整備され、ひめちゃんもカートでの入場なら無条件で見学が出来ますとのことでした。抱っこではだめだそうです。

画像 031
画像 031 posted by (C)EZ30

テーマパーク入り口。力はいってるー。

20年前に来た時より、数段綺麗になってます。

大人 840 円 で犬は無料。10%引き券が各案内所においてあります。

観光地図と一緒の物が、他所の割引券も付いているのでお勧め。

画像 032
画像 032 posted by (C)EZ30

黄金の工夫像と黄金色の鯉。

まさにジパング!!!!

私も一攫千金目指すぞ!!!!!あれ地道にやるんじゃなかったっけ?(笑)



画像 033
画像 033 posted by (C)EZ30

坑内めぐりの長さは、約400メートル。約15分ほどでまわれます。

舗装されていて、カートでも無問題。

画像 034
画像 034 posted by (C)EZ30

金山の守護神が祀られた山神社があります。事故が多かったでしょうから、みな信心深いのでしょうね。

私たちも、家内安全を祈念してきました。

画像 036
画像 036 posted by (C)EZ30

こちらは、金子地蔵。地蔵菩薩の願いは一切の衆生に何処にいても救いの手をさしのべる六道救済の信仰から「延命」「厄除」「治癒」を願って坑夫達がお祀りして信仰をあつくしていたということです。

私も今は神頼み、地蔵頼み、全部人頼み。どうするべきか......

画像 035
画像 035 posted by (C)EZ30

こちらは、水換え作業。

採掘現場が深くなると地下水が湧出するので、排水坑道まで水を汲み上げ無ければならず、昼夜交代で作業をしていたそうです。

汲み上げポンプなど無かった時代は、大変だったのですね。

写真にある風景のように、江戸時代の坑内作業風景を等身大の電動人形がリアル?に再現しています。

画像 038
画像 038 posted by (C)EZ30

こちらは、資料館の黄金館入り口の金鉱石。

これからどれくらい採れるんでしょうね、1g採れたら御の字なのかな?

画像 040
画像 040 posted by (C)EZ30

画像 041
画像 041 posted by (C)EZ30

こちらは、千両箱の重さを体験できます。

以外と重い。TVでねずみ小僧が千両箱かついで屋根から屋根へって場面がありますが、あれば絶対うそ。

そのくらい重いです。

画像 043
画像 043 posted by (C)EZ30

さてお待ちかね、ギネス認定世界一の金塊。

250kg!!!!!!もちろん本物。

今のレートだと約9億5千万!!!!もうちょっと上がってるかな?

ちょっとだけでもわけてーーーー。

画像 045
画像 045 posted by (C)EZ30

そして、次の砂金館では、30分600円で砂金採りを体験できます。

他所でも何回かやったことがあるのですが、ここはよく採れるほうだと思います

IMG_6982
IMG_6982 posted by (C)EZ30

ゆきでも6個ほどの砂金が採れました。

別料金になりますが、ネックレス、カードなどに加工もしてくれます。

沢山採れると、名人の称号が与えられ、商品が出るらしい。

もちろん6個位じゃだめでしょうけど。

画像 044
画像 044 posted by (C)EZ30

みなの者、沢山金が採れたので、お上に献上にいくでござる。

ひめちゃんカッコイイー

お供の武士の真似だね。

大人も子供も以外と楽しめる所でした。

ひめちゃんは、カートから出せないし、砂金採り会場では水遊びがしたくなって大騒ぎで、ちょっと可愛そうでしたが。






最終更新日  2010/05/14 10:29:22 AM
コメント(14) | コメントを書く
2010/05/13
カテゴリ:伊豆 旅行
伊豆といったら、温泉、海、そして自然の景観。

特に富士山を望む絶景ははずせません。

今回無計画に来てますので、ゆきと宿でパンフと睨めっこ。

ゆきに希望を聞くと、土肥温泉近くの金山で砂金採りをしたいという。

土肥といえば結構かかるなー、私の希望のシーパラダイスは次回のお楽しみになりました。

去年は雨でお流れになるし、生涯いけないか?

宿は、9時にチェックアウト。車が見えなくなるまで、女将さん、従業員の皆さんのお見送りを受け感謝感激雨あられ。「またきまーす」と心からの声でお返し。

まずは、ブログの見栄えの都合上金山を後回し、

若い人が土肥といえば、恋人岬っしょ。景観も抜群ですし。

私たちも、若い頃来たくらいですから。

いまだに妻はその時の恋人証明書を持っていたりします。

まずは

画像 052
画像 052 posted by (C)EZ30

ひめちゃんの後ろに見えるのは、もちろん富士山

ガスってて、いまいちクリアじゃなかったのですが。

画像 058
画像 058 posted by (C)EZ30

画像 051
画像 051 posted by (C)EZ30

少しモニターの照度おとしていただくと見えるかも知れません。

IMG_7139
IMG_7139 posted by (C)EZ30

こちらは、覗きになってます、コントラストかえて見やすくしてるだけで、合成じゃないんですよ。

以前来た時は、こんなの無かったのですけど。

日本の心、霊峰富士山。日本人でよかったなー。

伊豆には、富士山のビューポイントが数多くあります。ここからはかなり遠めですね。

でも素敵でした。

犬も結構来てたのですが、

画像 057
画像 057 posted by (C)EZ30

こんな感じで、岬の先まで、遊歩道が出来ているのですが、階段が多く、カートが使えないので、ひめちゃんは抱っこで。

結構疲れます。ゆきはかなりここで体力を消耗し、他所は車で留守番が多かったです。

画像 053
画像 053 posted by (C)EZ30

IMG_7142
IMG_7142 posted by (C)EZ30

IMG_7009
IMG_7009 posted by (C)EZ30

2箇所に鐘があり、旧来より男女二人が互いに鐘を3度鳴らし、その愛を確認した場所として恋人岬民話として語り継がれているそうです。

民話はこちら

民話をアップしてるHPの元の店「ステラハウス」横には、

画像 046
画像 046 posted by (C)EZ30

恋人達の願い事の山。

一つ一つを読んでいくと、暖かい気持ちになります。

「お幸せに。」

ゆきもいつか恋人と来れるかな?

私もガイドとして付いて来ようと思います。(笑)






最終更新日  2010/05/13 09:23:21 AM
コメント(16) | コメントを書く
2010/05/12
カテゴリ:伊豆 旅行
GW明け8日から1泊2日で伊豆は長岡温泉にひめちゃんを連れ行ってきました。

今回は、旅行へいけないと思っていたのですが、6日、7日の大相場でごっちゃん出来たので、日本経済への景気付けの意味もあります。また偶然にも8日のゆきの部活が、変更になったっため行くことにしました。

しかし、大元の含み損は、すごいことになっているんですけどね。決済しない(怖くてできない)ので、あまり細かいことは気にしなーい。そう思わないと、口座を見るたびの損ぎり決済の誘惑と戦えないのです。

大儲けか、破産か。こんなはずじゃなかったのですが(笑)

でもここまで、赤い字ばっかリ持ってると、あきらめがつくって人間すごいですよ。

赤い字が極端に増えたリーマンの時など吐きどうしで、何も手につかなかったのに。

やっと、ほとんどが現物のみになったので、口座残高は、最悪でもマイナスにはなら無いので、見ないことが一番!いつかもどるでしょ!

ふーすっきりした。妻に隠して早8年、今年の1月に最近流行のFXで大失敗し、どうしようもなくなり生活費入れれなくなった時に、カミングアウト。

そして最近日記でもちょろちょろと皆さんにカミングアウト。

これで隠し事がなくなりました(笑)

さて本題の宿泊記です

伊豆長岡は、温泉街の中心にいちする小川家さんにお世話になりました。

長岡はサンバレーに数回来たことがありますが、ひめちゃんが別室なんですよ。

最近子供かえりしてしまったひめちゃんは、別室なんてもってのほか、何、しでかすか。

同宿できる宿をさがしてたら、絶好の宿発見。それが小川家。

料理自慢の宿ということですし、沼津港が近いためお魚が美味しく、ゆきが喜びそうなので。

画像 014
画像 014 posted by (C)EZ30

お宿はたぬきが、キャラクターのようです。

創業100年だそうです。新築は平成3年。

長岡温泉は2つの地区に分かれていて、小川家から源氏山を越えた東側古奈地区は開湯1,300年の歴史を持つといいます。源頼朝、源頼政など歴史上人物も入浴したといわれ、伊豆山の走り湯、修善寺と並んで「伊豆三古湯」と言われてます。

古奈地区の宿にすればもっと書くことがあったかな?

小川家がある長岡地区は明治にはいってからの開場となります。そこで創業100年。開場当時からの老舗ということになりますね。

画像 011
画像 011 posted by (C)EZ30

こちらが、部屋からみた源氏山。

源頼朝が伊豆に流された時につけたのかな?

名前の由来はわかりませんが、ゆかりの地にふさわしい名前付けです。

源氏山には、あやめ御前広場があります

宇治平等院の戦いで敗れ自害した、源頼政の嫁、あやめ御前は古奈の出身。その霊を慰めできた石造があるのがあやめ御前広場

源氏、平家のゆかりの地長岡には見所が一杯?なので、写真は後日一緒にアップします。


伊豆長岡温泉 福狸亭 小川家

画像 013
画像 013 posted by (C)EZ30

お部屋は広々12+4.5畳の続き部屋で、3+1には十分すぎる広さ。

ひめちゃんも、常識的な注意事項は渡されますが、ほとんど自由。

ただ注意点は、館内抱っこでの移動は出来ません。必ずキャリーに入れてくださいとのことです。

ひめちゃんはいつも移動はキャリーなので無問題。

画像 012
画像 012 posted by (C)EZ30

部屋の置物は、源頼朝公が鎮座しておられました。

そして、今回お楽しみの食事。

画像 026
画像 026 posted by (C)EZ30

画像 027
画像 027 posted by (C)EZ30

今回の宿は、部屋食です。食事中のみひめちゃんはキャリーに入れてくださいということでした。

懐石料理で、一品ずつ出てきますので、仲居さんに飛びついてしまう犬がいるんでしょうね。

ひめちゃんは大丈夫なのですが、一応入れておきました。

写真は、全部来てから撮ろうと思ったのですが、入りきらなくなってしまいました。

その他にもお刺身など2,3品ありました。この私がお腹一杯でご飯1膳ですから。

手の込んだ、料理です。当然冷めてません。

こんな感じの食事は緊張しますが、やはり暖かいものは暖かいうちが基本ですね。

素材もいいでしょうし。

料金は食事の違いで分かれていて、これは高いほう。週明けには、儲けたお金が振り込まれるので、久々にリッチですから(笑)

朝食は

画像 030
画像 030 posted by (C)EZ30

朝は、全部一度に配膳してくれたので、ひめちゃんも出してみました。

ひめちゃんが食べたそうにしてた、アジの干物!これは美味しかったー。

帰りに沼津港によって買ってきたくらい。

実は、アジの干物と思って買ったのがシマアジの干物で、味がぜんぜん違ってちょっとがっかり。何でも高いほう買うってんではだめですね。昨日またやられてリッチ廃業してるから次回からは、無問題♪

2つ目のお楽しみ、温泉ですね

画像 005
画像 005 posted by (C)EZ30

こちらは、女性用露天。

男性用は、内風呂、露天もほぼ2倍の大きさ。

このあたりは、昔の温泉旅館の造り。

長岡の湯は、ほとんど混合泉だと思いますが、アルカリ性単純泉。長岡の湯は熱いイメージがあったのですが、こちらの湯はちょうどよかったです。

もちろん循環消毒湯なので当たり前でしょうけど。

入った感じは、さらっとして長湯が出来そう。風呂上りは、お肌すべすべになりました。

浴場にあるシャンプー、浴用石鹸などは数種類おいてあり、好みで使えそう。

また町内には、公衆浴場も3箇所あるそうです。いつもながら、敷居が高く入ってきませんでしたが、そちらの方は、生源泉でしょうね。

画像 029
画像 029 posted by (C)EZ30

今回のアメニティー。

ブラシがついているのは、嫌味か?(笑)

泊まってみて、ペット連れでなくとも非常に満足できる宿でした。

浴衣もそれとなく特大に換えてくれたり、心配りが最高でした。

女将さんが部屋に挨拶に来てくれた時間が、食事中。満足にお話も出来ず、宿の歴史など聞けなかったので、次回の宿題です。






最終更新日  2010/05/12 11:29:48 AM
コメント(10) | コメントを書く
2008/12/10
カテゴリ:伊豆 旅行
最近、暖かかったり寒かったり、気温の変化が激しい東京なのですが、そのためか?風邪ひきさんが多いです。

仕事も忙しく、書き上げたかった伊豆のレポートも中途半端で終わろうとしてます。

このご時世忙しいというだけでいいと思わなくちゃいけないのですが、収入が伴わない(笑)

いつも思うのですが、労働時間に比例した収入は最低ほしいんですがねー。

住みづらい世の中になりました。

最新のひめちゃんの写真も沢山撮っているのですが、お蔵入りだなー(泣)

ということで、いきなり伊豆旅行最終回です。

伊豆の道の駅っぽいドライブインで最新のものだと思いますが、旅の駅 伊豆高原の紹介です。

#598951
#598951 posted by (C)EZ30

位置は伊豆ぐらんぱる公園の隣、経営も同じ会社のようでした。

こちらの駐車場は無料で、ドックランもあります。ぐらんぱるにもありますが。

#570668
#570668 posted by (C)EZ30

これは、小型犬用ドックラン。

右となりには、大型犬用ドックランがあります。

#584487
#584487 posted by (C)EZ30

ドックラン内にはひめちゃん得意のアジリティーもあります。

無料のドックランとしては充実してます。

ただ

#578639
#578639 posted by (C)EZ30

入り口下には、逃走スペースがありひめちゃんも危うく脱走するところでした。

もう少し下まで木がほしいところですが、普通は逃走しないか(笑)

そしてここの目玉

#580425
#580425 posted by (C)EZ30

ミネラル豊富な、海洋深層水の温泉の足湯。

ぽかぽか温まっていいお湯でした。

無料なんですが、足拭きようの紙タオルまでおいてあります。

もちろん無料。

お土産も伊豆のお土産全部あるんじゃないの?という感じです。

結構買ってしまいました。

予定ならこの後十国峠に行って富士山の写真をパノラマで撮る予定だったのですが、

向かっているうちに大雨になり、そのまま帰京しました。






最終更新日  2008/12/10 02:10:51 PM
コメント(20) | コメントを書く
2008/12/04
カテゴリ:伊豆 旅行
今回の伊豆旅行の最大の目的は、ひめちゃんにドレスを着せることだったんです。

そしてスタジオをお借りし、その日が来た時、献花台を飾る写真を撮りたかったのです。

今年12歳と高齢な上、大手術乗り越えたひめちゃんへのご褒美ということもあるのですが、

実際近未来の話なもので、元気な姿をちゃんと残しておきたかったのです。

メルヘンの森美術館へは、伊豆ぐらんぱる公園から車で10分ほど、案内板がありますがわかりにくい立地なので、下調べ、ナビは必須だと思います。

#615697
#615697 posted by (C)EZ30

こちらが美術館、駐車場もあります。

HPには「メルヘンの森美術館では、童心や郷愁を誘う作品あるいは空想の世界や詩情・抒情の世界に引き込んでくれる、ほのぼのとしたぬくもりのある絵画を約130点展示しています。

日常生活を離れ心ゆくまでメルヘンの世界をお楽しみ頂き、何かを感じ取っていただければ幸いです。」とあります。

入館料は大人800円子供500円と伊豆料金ですが。

美術館内は、

#603344
#603344 posted by (C)EZ30

かわいらしい絵画がいっぱい。値札がついているものもあり、購入できるようです。

ひめちゃんも目を輝かせていました。

中には、デビ婦人やペナルティーさんなどが訪れた時の写真が飾ってありました。

かなりの数の芸能人が来てました。

一通り見学したあと、ドレスを借りに裏庭へ。

#613842
#613842 posted by (C)EZ30

裏庭には写真館があり貸衣装を貸してくれます。

私たちは、宿にあった貸衣装無料券でひめちゃん用ドレス無料でした。

通常料金500円、オス犬用にタキシードなどもありましたよ。

ゆきもやる?と聞いたのですが絶対いやといわれました。

一緒にひめちゃんと撮るとよかったのですが、もう少し大きくなったら自らやりたいというのでしょうが、難しい年頃です。

#704466
#704466 posted by (C)EZ30

スタジオが併設され、お借りすることが出来ました。

専属のカメラマンに頼むことも出来ます。撮影料2000円だそうです。

ひめちゃんお疲れなのか?いつもの笑顔が出ません。

お客さんもいたので、気になってしょうがないようです。

大学生くらいのお嬢さんが、ドレスを着て写真を撮ってらしたので。

#629368
#629368 posted by (C)EZ30

#692212
#692212 posted by (C)EZ30

ひめちゃん色っぽい!!

日本一!

ライティングがしっかりしているので、やはりスタジオは楽ですね。

ストロボは、持っていたのですが使いませんでした。

ハイライト入れればよかったかなー。

外はまだ雨が降っていなかったので、お庭でも撮影しました。

#829660
#829660 posted by (C)EZ30

ギャーしびれるー。

雄犬殺しのひめちゃん!

パパもめろめろだよ!

#790769
#790769 posted by (C)EZ30

こんな感じのドレスを着ています。

ちょっと黄色は似合わなかったかなー

赤のドレスはサイズが.......中型犬用でも胸が入らないんですよ。

#831997
#831997 posted by (C)EZ30

ひめちゃんもそろそろ嫌がってます(笑)

それもそのはず、わずか10分くらいで200枚ほど撮ってます。

αはシャッター押している間ずっと撮り続けられるんです。

書き込みを待つことがありません。バッファが多いんでしょうね。

ほかに持っているのが、しょぼいだけかもしれませんが(笑)

伊豆に行ったら、ぜひ寄って記念の写真どうですか?

カメラマンにとって貰った後、自分のカメラで撮るなんてのも出来るようです。

家族全員でドレスアップして撮る方も多いとのことでした。

スタジオが1室しかないので、時間に余裕を持っていったほうがいいとおもいます。






最終更新日  2008/12/04 10:44:13 AM
コメント(20) | コメントを書く
2008/12/01
カテゴリ:伊豆 旅行
今回の伊豆旅行の宿泊先は、伊豆大川温泉のペンション あらいぐまに宿泊しました。

伊豆急伊豆大川駅から5分ほどにあるペンションです。

電車で来るとすぐわかる立地なのですが、車だと少し難儀する場所にあります。

駅から細い道になって、レガシィでは曲がりきれない箇所があり、大回りしてペンション前に車を止めました。

#427748
#427748 posted by (C)EZ30

名前の由来、あらいぐまはここにはいないそうで、別のところで飼われているそうです。

駐車場は、3台ほどしか止められそうになく、どうやって止めるのか宿のおばちゃんに聞きましたが、どうでもいいとのこと、

????と思ったら宿泊客は私たちだけだそう。

3連休なんですけどねー。

部屋では、ひめちゃんは自由に出来ます。

備品としてトイレ、トイレシート、缶詰のドックフードがついてました。

伊豆大川駅には

#436181
#436181 posted by (C)EZ30

足湯がありますが、誰かが入っている形跡は余りありませんでした。

「自然に囲まれのんびり過ごせる穴場的温泉」という大川温泉のHPでの説明がよぎります。

#456057
#456057 posted by (C)EZ30

海沿いの国道からは、大川温泉の大きな看板もあります。

#457069
#457069 posted by (C)EZ30

看板矢印を逆に曲がると、すぐ海になりますが、岩がごろごろ

海水浴場ではないので、夏も盛り上がることはないような?

まさに、自然に囲まれのんびり過ごせる穴場的温泉です。

この右手奥には、

波打ち際の公共露天風呂「磯の湯」があり有名なんですが、やってませんでした。

#460591
#460591 posted by (C)EZ30

海岸はこんな感じで、ひめちゃんを遊ばせることは出来ませんでした。

このときは、気づきませんでしたがすでに怪我しているので、

かえってよかったのですが。

#453861
#453861 posted by (C)EZ30

宿から海まで10分ほどなんですが、ずっとみかん畑が続きます。

いい色です。

昔、みかん狩りに来たことあったんですけど。1本丸ごとオーナーになっていたんです。

みかん狩りの看板は見ませんでした。

#445510
#445510 posted by (C)EZ30

マンホールには、東伊豆町の絵が施されてました。

観光地みたい(笑)たぶん観光客は、大川温泉全体で、私たちだけかも?

さて宿の温泉と夕食ですが

#1585
#1585 posted by (C)EZ30

まずは温泉。

家族風呂になっていて、ひめちゃんも入れます。

この左側にもうひとつ湯船があります。

残念ながら、源泉が濁っている様で、茶褐色の湯になってしまいましたが、

かなり熱い源泉賭け流しの湯を堪能しました。

湯から上がったあと、しばらくは体が温まりすぎて大変でした。

#21480
#21480 posted by (C)EZ30

夕食は、これだけでも十分だったのですが、200gほどのステーキとトン汁、冷製トマトもあとから出ました。美味しかったです。

私でさえ、おなかいっぱいでした。

宿ではおばあちゃんが世話してくれたんですが、志村けんのおばーちゃんみたいである意味大川温泉で、一番面白かったです。

1泊2食8000円強と満足でした。

宿泊の予約は、楽天、じゃらんなどには登録してないようです。

休業中となっているサイトもありますが、ちゃんと営業してます。

7日くらい前までに予約すれば、2食付でも大丈夫なようです。

直前になると、食事なしになります。






最終更新日  2008/12/01 05:52:52 PM
コメント(14) | コメントを書く

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

PR


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.