589462 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山ボケ社へようこそ            山ボケ猫(野口いづみ)のブログ

PR

Calendar

Recent Posts

Category

Favorite Blog

わたしのブログ 山ボケ猫1057さん

Comments

山ボケ猫@ Re[1]:晴れ晴れと奥多摩御前山ー登山教室同行記ー(08/08) 山ホープさんへ コメントありがとうござ…
山ホープ@ Re:晴れ晴れと奥多摩御前山ー登山教室同行記ー(08/08) 生徒さんはいろいろ学べてしあわせですね。
山ボケ猫@ Re[1]:快心の月山ー1日目 北品倉尾根ー(04/20) naokoさんへ 北品倉尾根はダイナミックで…
山ボケ猫@ Re[1]:熊野古道小辺路 1日目高野山から野迫川(06/02) Naokoさんへ コメントありがとうございま…

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2019.02.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


日本山岳会アルパインスキークラブでは初の試みとして栂池北東の山スキーツアー、裏コルと裏ヒヨが企画された。裏コルとはコルチナスキー場の北の尾根の北側のことで、裏ヒヨとは栂池スキー場の早大ヒュッテの東の鵯峰(通称ヒヨドリ)の北側のエリアをさす(らしい)。

2019年2月23日

GPSデータは村松哲彦リーダー作成)

前夜、東京を3名で出発し、深夜、大町の哲彦リーダー宅に着いた。4名が泊り客となる。おでんが用意されていてありがたく頂戴する。一人暮らしの男性は料理上手。少なくとも私よりは。登山グッズがたくさん置いてあって、トモちゃんは板をゲットしていた。朝6時起床。コーヒーなどを用意してくださった。おでんの残りを食べ忘れたのが残念。バナナの大房から各自もぎとる。



外へ出ると、北アルプスの山麓らしいダイナミックな山の展望があり、開放感あふれる立地。300坪の豪邸とのこと。7:15、出発。



道路を北上すると次第に天気が悪くなり、小1時間でコルチナスキー場に着くころには日差しはなくなっなっていた。雪が舞っていて寒かった。コルチナスキー場のベースに、大きいことは良いことだ風なホテル(グリーンプラザ白馬)があった。混雑するロビーに三々五々、メンバーが集まってきた。地元の松沢さんという女性が先導してくださるとのこと。



9:30、11名で出発。2台目のリフトは運航開始まで15分待たされた。リフトに乗るので寒かろうと、上着の下に羽毛服を着ておいて正解だった。



1342mのリフト終点トップから北側の樹林を滑った。樹林の中をそれぞれに気持ちよく滑った。



10:30、977mの沢の底まで滑った。シールを付けて南の尾根を登り返した。11:20,1141mの尾根に着いた。



尾根を滑り降りてから、11:50、先ほどの沢床の少し下流(925m)でランチを摂った。



12:05、出発。沢の下の方で、ガイドツアーらしい4,5人パーティーが休んでいた。ガイドは松沢さんの知り合いのようだった。林道を歩き始めたころ陽が差してきた。840mまで下って車道に出てから右折、南下して斜面を登り始めるとスキー場跡に出た。使われていないリフトの橋脚が廃墟のように見えた。



160mほど登り、アヤメ池の北側の尾根の北の雪原というか谷間(1000m)に出て一休みした。ここからさらに谷を奥に進んでから北側の尾根の斜面を40mほど、1040mまで詰めるとスキー場に出た。一気に滑り降りて、14:30にスキー場に戻った。栂池へ向かい、駐車場のすぐそばの若松荘に15:30に到着。私はロープウエイ乗り場のそばの栂の湯に行った。夕食後、今晩はたいまつ行列祭りの日ということで、4名でスキー場まで見物に行ったが、行列はもう終わっていたらしい。



30分ほど花火を見物した。花火は豪快、壮麗にして、あえかではかない(芥川龍之介は人生になぞらえている)。美しいもんで、歓声を上げてしまう。寒さの中を頑張った甲斐があった。このところ、偶然、イベントに遭遇することが多い。燕山荘のコンサートもしかり。

2019年2月24日


(GPSデータは村松L作成)
6時起床、7時朝食、8時出発。
今日は裏ヒヨの予定だったが、横田さんなどの地元の方々が数日前に下見にいくと雪質が悪く最中(もなか)状態だったと、悪そう。ゴンドラとリフトを乗り継いで、滑ってからいつもの場所(1695m)でシールを付ける。9:10出発。



とりあえず裏天狗(天狗原の南側の台地)を目指す。天気が良くて絶好の好展望。今日はこの展望のためにあったかと思った。最後の登りが急で、女性陣が滑落したりしており、苦労した。
12:00に裏天狗(2158m)に着く。30分ほど休む。裕也さんが弱層テストをする。数日前に雨が降ったとのことで、雪がカリカリ。裏ヒヨコースは滑落すると止まらない場所もあるとのことで、中止となる。
残念だが来年の課題か。



ほとんど来たコ―スを滑り下りる。今年はあまり滑りこんでいないせいか、滑りの調子が悪い。衝突してみごと前方一回転したが、特に問題なかった。アッというまに下まで降りる。13:45、下のロープウエイ乗り場(836m)に着く。解散。そばの元湯栂の森荘に初めて入る。土着感のある風呂で、今まで入ったことがなかったのが不思議。15時半ころ研吾車で出発。途中、高坂まで2時間程度、運転を交代した。20時半頃、自宅に託送していただいた。






Last updated  2019.05.03 19:23:38
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.