589159 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山ボケ社へようこそ            山ボケ猫(野口いづみ)のブログ

PR

Calendar

Recent Posts

Category

Favorite Blog

わたしのブログ 山ボケ猫1057さん

Comments

山ボケ猫@ Re[1]:晴れ晴れと奥多摩御前山ー登山教室同行記ー(08/08) 山ホープさんへ コメントありがとうござ…
山ホープ@ Re:晴れ晴れと奥多摩御前山ー登山教室同行記ー(08/08) 生徒さんはいろいろ学べてしあわせですね。
山ボケ猫@ Re[1]:快心の月山ー1日目 北品倉尾根ー(04/20) naokoさんへ 北品倉尾根はダイナミックで…
山ボケ猫@ Re[1]:熊野古道小辺路 1日目高野山から野迫川(06/02) Naokoさんへ コメントありがとうございま…

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2019.03.10
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類


2019年3月9日~10日
9日:9:25鴨沢バス停→10:00小袖乗越10:10→12:20堂所12:50→13:50七ツ石小屋分岐15:30ブナ坂→16:30奥多摩小屋→17:50雲取山→18:40雲取山荘(泊)
10日:6:40雲取山荘→7:15雲取山7:50→8:40奥多摩小屋8:50→11:00堂所11:30→13:00小袖乗越→13:40鴨沢バス停

3月9日
雲取山の登山教室の修了山行に3年ぶりに同行することになった。日本山岳会東京多摩支部の初級者登山教室の6期生の修了山行だ。6期生は20名弱で、参加者は11名と少なかった。男性2名、女性9名、平均年齢58歳と、年齢は例年と比較して若干高めか。スタッフは9名で総勢20名。
奥多摩駅前のバス停で待っている間に登山計画書をチェックしていると、それが目に入ったのか隣のおじさんが、「雲取山で初級者ですか!?雪もあるでしょう」といった。ふふふ、当たり前じゃん、うちの教室は甘いもんじゃないのよ。なんせ、初心者登山教室から初級者登山教室まで2年間、手塩にかけて大切に育ててきたのじゃ。初級者といっても、その中の上級なのだ。8:35、西鴨沢行のバスに乗る。前回と異なって青空が広がり、天候はすこぶるよい。奥多摩湖の水は少なく、そのせいかドラム缶橋は渡れないとの由。30分ほどで鴨沢着。ブリーフィング、体操などをする。



9:25、出発。鴨沢バス停は標高540mで、雲取山山頂まで1500m近い。長丁場である。10:00、小袖乗越(上の駐車場)で休憩。



駐車場を過ぎて杉林に入る。10:50、祠の前を通過。5日前に雲取り山荘で42cmの積雪があったそうだが、登山道になかなか雪が現れない。それどころか、春の日差しでスッカリ杉も元気になったか、スギ花粉が激しく飛んでいるようだ。杉林になると、私はどうしたの!というほどくしゃみが出てきて、鼻水も飛び散り、止まらなくなってしまった。『あの人、誰?』などと話している声も聞こえる。首にタオルを巻いたが、それがびしょびしょになってしまう。しっかりと花粉症対策をして来るのだった。顔スプレーなどを貸してくれる受講生がいたが、かなり厳しい山行になってしまった。
12:20、堂所(1280m)に着いて30分ほど休んでランチ。3年前はここは雪で真っ白だったが、今年はまったく雪がない。3年前は雪の上に座ってランチを摂ったのだが。



13:50、七ツ石小屋分岐の手前で受講生の足がつり、芍薬甘草湯をのませ、ゴムベルトを巻いた。まだ標高差で500mもある。この辺りからペースが落ちたようだ。分岐(1488m)を過ぎて七ツ石山の巻道になり、木橋を渡る。登山道にようやく雪が見られるようになった。北側で路面が凍結している場所があったが、何とか通過。



14:50、ブナ坂の手前でその先、雪道が続いている様子なのでアイゼンを装着した。装着した直後に雪の中に前のめりにころんだ受講生がいてひやっとした。



15:30ブナ坂(1653m)で石尾根にのると、切通しで展望のある解放的な登山道になった。左手、南西に富士山も見える。道は雪がとけて泥と混じり、アイゼンに泥ダンゴがつきやすかった。登山道はまっすぐに緩やかな上りが続く。奥多摩小屋の手前に来ると、テントが散見された。



16:30、奥多摩小屋(1776m)で一休み。3月末で封鎖されるとのことだが、もうすでに営業はしていない様子だった。しかし、トイレは使えた。



奥多摩小屋を出るころには西の空に陽が傾いている。陽のあるうちに山頂に着きたいと思った。追いかけっこの気分になる。



西の空から今まさに沈もうとする陽が差し込み、山並みや木立をシルエットに浮き上がらせ美しかった。富士山も残照に染まって神々しい。



まだ元気です。



17:50、ようやく雲取山(2017m)山頂に到着。予定より約1時間遅れた。富士山がシルエットとなって裾を引いていた。山頂に着いてから、夜のとばりが降りようとしていた。写真もそこそこに雲取山荘に下山を開始する。みるみる陽が沈んで一気に暗くなった。前回と異なり山頂直下にロープ工作は不要と宮崎L は判断し、順次、下山を開始した。私はヘッデンの電池が切れてしまったが、ほかのメンバーの明かりを参考にすれば歩けた。しかし、雪の夜道をアイゼン履いて歩くとは、初級ではなくて中級登山教室だなあ。雲取山荘まで遠い気がした。山荘の明かりが見えたときはほっとした。



18:35、雲取山荘
着。ラストグループは30分近く遅れたようだった。例年より約1時間遅くなった。皆もつかれたことだろう。山荘でも心配していたようだった。夕食後、修了証の授与式を行った。私から一人一人に終了証を渡した。後で写真を見たら、私は首に花粉症対策の手拭いを巻いたままだった。失礼してしまったとげんなり。授与式後、狭い部屋でこたつの周囲に集まった。消灯後もヘッデンの明かりで懇親会が続いた。女性部屋はこたつが真ん中にあるだけで寒かった。しかし、放射状に寝て足をそれぞれこたつに突っ込んだところ、夜半には暑いくらいになっていた。

3月10日



4:30頃から、皆が起き始めた。6時少し前に東の空にきれいな日の出が望めた。
5:30、朝食。6:30に出発準備を整えて山荘前に集まった。写真を撮ったりして6:40に出発した。



快調に登って、7:15、雲取山山頂に着いた。早朝の空の下に見事な展望が広がっていた。引き続き東に奥多摩、南に丹沢と富士山、西に南アルプス、さらにその右には奥秩父があり、赤岳も頭が見えた。北の樹間に浅間も見える。多くの山が同定されてうれしかった。山頂からの眺望は見飽きることがなく、30分以上、山頂の滞在して存分に展望を堪能した。



頂上から少し下った所で大菩薩が一望されるところがある。3年前は真っ白だった正面の大菩薩の山々に、今回はほとんど雪がないのに驚かされた。比較写真を示します。左が3年前、右が今回です。雪景色はやっぱりきれいだなあ。



7:50、山頂を出発。急な斜面を慎重に下る。



8:40、奥多摩小屋で一休みした。昨日より融雪して雪が少ないように思えた。七ツ石小屋の巻き道でアイゼンを外した。木橋の手前の、昨日、凍っていた個所は緩んでおり、問題なく通過できた。
11:00に堂所について30分のランチをした。受講生の一人が足底、もう一人が足の親指底が痛いとのことで、発赤部にクッションパッドを張ってテーピングした。その後、問題なく歩けたようだった。



昼前から曇ってきたせいか、恐怖の杉林の中でとくに激しく花粉症の症状が出ることなく通過できた。
1ピッチで小袖乗越までおりたが、途中、受講生が躓いて、ひやっとする場面もあった。路面や狭かったり、谷側に傾斜があるなど、気を付けて通過しなければならない箇所が所々にある。
13:00、小袖乗越(駐車場)トイレ休憩。駐車していた車のフロントガラスが黄色い粉で覆われていた。
千葉からバイクで来て、雲取山をテント泊して登ったお姉さんがバイクで元気に帰って行った。
13:40、鴨沢バス停に着いた。昨年の修了生の5期生がコーヒー、甘酒、お菓子、フルーツなどを用意して出迎えてくれた。感謝!
帰路、立川の居酒屋で5期生と打ち上げして解散となった
楽しく、山行としても充実したものだった。
受講生が皆、山が好きになって、日本山岳会に入ってくれるといいなと思ったことでした。













 







Last updated  2019.05.17 13:53:39
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.