587040 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山ボケ社へようこそ            山ボケ猫(野口いづみ)のブログ

PR

Calendar

Recent Posts

Category

Favorite Blog

わたしのブログ 山ボケ猫1057さん

Comments

山ボケ猫@ Re[1]:晴れ晴れと奥多摩御前山ー登山教室同行記ー(08/08) 山ホープさんへ コメントありがとうござ…
山ホープ@ Re:晴れ晴れと奥多摩御前山ー登山教室同行記ー(08/08) 生徒さんはいろいろ学べてしあわせですね。
山ボケ猫@ Re[1]:快心の月山ー1日目 北品倉尾根ー(04/20) naokoさんへ 北品倉尾根はダイナミックで…
山ボケ猫@ Re[1]:熊野古道小辺路 1日目高野山から野迫川(06/02) Naokoさんへ コメントありがとうございま…

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2019.03.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
寡雪なシーズンの3月後半に軽井沢周辺を山スキーすることになった。
候補は1.アサマ2000スキー場から水ノ塔、2.湯ノ丸スキー場から湯ノ丸山―旧鹿沢、3.旧鹿沢から角間山、3.パルスコール妻恋スキー場から浦倉山―野地平などだった。結局1日目は1、2日目は2となった。
2019年3月23日 水ノ塔



朝6時半、西武新宿線某駅で待ち合せたがお迎えが40分遅れ、7:10出発し、長野自動車道を小諸で降りた。アサマ2000スキー場に向かう途上、雪が全く見当たらない。私はハイキングをするのかと思って、『私はスニーカーなんですが』と言って、話が???状態になった。高度を上げるにつれ、雪が現れて、アサマ2000パークスキー場に着くとスキー場は真っ白だった。万歳、山スキーができる!空は曇天で、あまり良い天気ではない。今日は水ノ塔を目指すことにする。山が黒いけれど滑れるのかしら。



11:00、板を履いて、駐車場(1874m)を出発。スキー場へは向かわず、リフトも使わない。駐車場からすぐ右の樹林の中を西へ、斜面をシール歩行する。11:30、稜線(2011m)に出る。方向を直角に変え、北、右手に進む。登山者はスノーシューやアイゼンが多く、スキーは私たちだけだった。



稜線は次第に岩が多くなって岩尾根となり、板をデポする。デポしてから山頂までの標高差は150m位だった。天気が良くなり、思いがけず展望が得られるようになった。



12:30、水ノ塔山頂(2202m)に着く。すばらしい展望。M田さんが目がとてもよく、あれが穂高、槍ヶ岳と指さしながら教えてくれる。私はあまり識別できない。歩いて下っていくと、私たちのデポ地より少し上にスキーのトレースが1つだけあった。デポ地から板を履いて、樹林の尾根を下ってから左の樹林帯の斜面をかっ飛ばした。この斜面は意外と楽しめた。13:30、一気に駐車場帰着。2時間半、標高差300mのツアー。
水ノ塔は岩山で、スキーにはあまり向いていないかもしれない。山スキーの対象にしたのは酔狂というか、玄人好みの趣向だったといえるかな。



今日は軽井沢の匙別荘に泊る予定だが、あまり早く着いても・・・という思惑から懐古園をみることにする。懐古園は私は多分初めて。千曲川の河畔にある小諸城址で、三の門と石積みの石垣が国の重要指定文化財で有名とのこと。桜も有名らしいが、春まだ浅く、開花には春まだ早い。訪れる人も少なく寒々としていて満開は想像するのみ。遠景の山にばかり目が行って、山岳同定に話が弾んでしまう。動物園によりたかったが、他の2名はそういう発想はないタイプのようだったのでスキップ。ここのライオンがかわいいと、後で聞いて、残念だった。入口で売っている屋台の手作り感のある和菓子を買い込んだ。美味だった。



ゆうすげの湯という民家風な温泉旅館による。ここも初めて。温泉旅館で日帰り入浴料は500円。湯は無色の炭酸水素塩水でほのかに硫黄の香りがする。
浅間がよく見える。
16時半ころ、匙別荘に到着。ほかのメンバーはすでに到着しており、料理にいそしんでいた。8名のうちホリホリさんは山スキーをせずに、この夕餉に参加したいためにアッシーさんをしてくださったとのこと。お好み焼きなどの夕食を食す。私が居眠りしている間にホリホリさんは帰京。皆は外で夜空の星を鑑賞していたらしい。学識に感心するばかり。22時頃に就寝。

2019年3月24日 湯ノ丸―旧鹿沢



湯ノ丸は1回来たことがあるが、その時は湯ノ丸スキー場からのピストンだった。旧鹿沢へ抜けたいものと思っていたので、今回、そのようなルートとなり嬉しかった。しかし、寡雪のためにルートの選択に工夫が必要で、予想よりもてこづるというか、骨のあるコースとなった。M田さんの読図能力の腕前が存分に発揮されたコースでもあった。
6時に起床して、各自食を摂って8時に出発した。湯ノ丸スキー場に着いて、1台を旧鹿沢温泉の下山口にデポした。待つ間、スキー靴を忘れた春香さんが靴をレンタルした。



9時半ころ、リフトに乗って上へ行った。良い天気だ。
10:00、リフト降り場出発(1847m)しばらく平坦な道を進んでから湯ノ丸山の斜面にとりつく。
11:00、山頂(2101m)の80m位下(2020m)で藪がひどくなり、登行は中止とする。板を脱いでシールを外して滑降。



先行メンバーがエントリーしたポイントは傾斜が強かったので、スキー経験があまりない春香さんがびびっていた。私が右手に回ると雪のついた緩い斜面があったので誘導した。山頂部を左側から巻いて50mほど下りながらトラバースした。100mほど、緩やかな斜面を下ってから、北へトラバースして50mほど高度を下げた。



右手に桟敷山(1931m)が黒く、その奥に村上山(1747m)が見えた。今回のメンバーは2月頃、桟敷山に行って苦労したらしい。むべなるかな。振り替えると篭ノ登山(2228m)、その陰に少し浅間(2588m)が見えた。1800m位から、ほぼ北東へルートを取る。雪があって、ヤブに突っ込まないルートを見定めて滑って行った。地形は予想以上に複雑で、シールは出さなかったが登り返しもあった。初心者コースと思っていたが・・・。登り返してから北に方向を変えた。先行したS石さんと私が、「ここは沢に下るのでは」といっていると、M田さんが来て、「対岸を上へ登れ」といった。その判断は正しく、沢を1650m位で横切って登ると、角間峠からの登山道に出た。尾根を60mほど、下っていくと雪の乏しい尾根の末端に出た。一休みする。



尾根を乗越て左の沢に入り滑っていくと、14:07、ドンピシャで旧鹿沢の車道(1530m)に出た。板を履いて最後まで滑れてよかった。
スキー場にデポしてあった車を回収してから妻恋鹿沢休暇村の温泉に入った。赤城高原SAで夕食を摂って、帰京した。このエリアの山スキーをもっと楽しみたいと思ったことだった。






Last updated  2019.05.07 10:43:41
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.