778004 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

山ボケ社へようこそ            山ボケ猫(野口いづみ)のブログ

PR

X

Calendar

Recent Posts

Category

Favorite Blog

わたしのブログ 山ボケ猫1057さん

Comments

山ボケ猫@ Re[1]:五輪岩と山急山ー西上州の小粒な山椒ー(11/22) New! 山ホープさんへ コメントありがとうござ…
山ホープ@ Re:五輪岩と山急山ー西上州の小粒な山椒ー(11/22) なかなかハードな山のようですね。 ネジネ…

Archives

2021.03
2021.02
2021.01
2020.12
2020.11

Keyword Search

▼キーワード検索

Freepage List

2020.09.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
2020年9月22日



8月1日に御坂の王岳から鬼ケ岳を周回した折に鬼ヶ岳の山頂から節刀ケ岳(せっちょうがたけ)がまじかに見えた。こちらに悠然と稜線を伸ばしている姿をみて、登りたいと思った。大石峠は昨年秋、天下茶屋から来て、南の大石に下っているので、今回は北のすずらんの里入り口から登ることにした。
9月の4連休は昨年も天候が悪かった。今年も前半はパッとしなかったが、最終日は晴れそうだ。前日の声かけになったが、御坂に行かないかと山ボケ塾塾生に声をかけると2名が行けるとのことで、3名で行くことにした。



大月から乗った富士急電車は、車体にガスパーとリサが描かれ、目を楽しませてくれた。かわいいイラストは人の心を和ませる。おまけに富士山がよく見える場所で徐行運転してくれた。くっきり浮かぶ富士山の写真を撮る。サービス精神を感じる。



8:21、河口湖駅着。8:30、タクシーですずらんの里入り口へ向かう。途中、河口湖畔の、富士山の展望の良い所に停めてもらって、富士山の展望を楽しんだ。



大石峠入口は若彦トンネルを抜けてすぐだったが、運転手は大石峠入口を知らず、通り過ぎてしまったので戻ってもらった。8:57、下車。寂れたところかと思っていたが、意外と車の往来の多い国道だった。
9:00、出発(970m)。しばらくは林道を行く。荒れた林道で、一時はタクシーに行ける所まで入ってもらおうと思っていたが、頼まなくてよかったし、頼んでも断られただろう。路面にどんぐりがイガをつけたまま沢山落ちていた。動物の良い餌になるだろう。1000mで大石川を左に渡り、すぐ右に急角度に曲がる。9:30、軽ワゴンが1台停まっており、作業用と思われた。他に登山者はいず、あまり歩かれていない雰囲気がした。



9:45、大石峠の道標があり、その先、10:05、水場分岐で一休み。登山道らしくなる。1200m位から真面目な登りになる。山腹を巻くように標高をあげていくと、エミコさんが足底がつったという。一息入れると、すぐなおったようだった。



まもなく前方が明るくなって、10:50、突然、前方が開け、富士山が真正面に見えた。大石峠だ。視界いっぱいに両裾を広げていたが、少しもやがかかっているようだった。右に十二ヶ岳のピークの連なりがデコボコと見えた。気持ちの良い草原で休憩する。バナナとユベシなど、少し食べ過ぎた。笠をかぶった女性の二人連れが南から登ってきて、先行して行った。10分ほど休んで、私たちも右手、節刀ヶ岳へ尾根をたどり始める。



金堀山の登りは少し急だった。ふと、生あくびが出て、冷や汗をかくような感じがした。左足は太腿が、右足は下腿がつるような感じもした。1年半前に経験した機能性低血糖の症状に似ているように思えた。甘いクルミユベシのせいか。経験的に早めに休むに限ると、金堀山の山頂と思われた(実際はその前のピークか?)ので一息入れた。しかし、歩き始めると、あらっ、右足がつってしまった。ゴムベルトを出して左太ももと右下腿を巻いた。ベルトが効いたのか、その後は足はつらずに、歩けた。しかし、若干時間を食ってしまった。塾生は、尾瀬に行って10日しかたっていないので、「大きい山をやった後だから体が楽ねえ」などと話していて、私の荷物を少し持ってくれた。塾長が情けない・・・。この日はエミコさんは絶好調のようだった。男女のペアーが追い抜いて行った。カイフウロのほか、今回もキノコが多かった。



大石峠から節刀ヶ岳へは金堀山を含めて4つのピークがあり、アップダウンが多かった。やっと節刀ヶ岳の東に長く伸びた尾根に取り付く。節刀ケ岳は遠目にもこの尾根が長く平らに伸びて見え、特徴的だ。12:15、東の展望があり、三つ峠、河口湖などが望めた。12:50、100mほど標高をあげた1710mあたりで、金山との間の尾根に突き上げる。そこから右へ戻るように岩場交じりの道を登ると山頂のようなところに出た。ここが山頂かと一時は思ったが、岩の後にまだ道があって、20m位進むと山頂の標識があった。手前で戻らずによかったと胸をなでおろした。


13:00、ここが山頂だったのだ(1736m)。やはり、山頂はこうでなくては(扉写真)。途中で追い抜いて行ったペアーが休んでいた。富士山は霞んできていたが、河口湖はもちろん、山中湖まで見えた。男性に写真を頼むと、「僕は入らなくてよいですか?」と笑いを取った。地元の方だそうで、私たちが東京からと聞くと、それだけでセレブ扱いした。



彼らは金山と鬼ケ岳の間の鞍部から大石ペンション村へ下るそうだ。大石へ下る道は迷うことはなく、下口に立派な標識もあるといってスマホの写真を見せてくれた。私は2年前に十二ヶ岳から登って鬼ヶ岳へ向かった折にその標識を見た覚えがあった。やや時間が押しているのと、遠くで雷が鳴って、空模様が怪しい感じになってきていたので、早めに降りた方がよいかとも思えた。十二ケ岳から下っても早いが、十二ケ岳の手前にある崖が塾生には心配だった。大石ペンション村へ下山してもよいかと思った。ミナコさんが鬼ケ岳の角を見たかったと残念そうだった。塾生に余力はありそうだ。ペアーはそこから下ると言って、先に降りて行った。



13:20、私たちも出発する。東からの登山道が尾根に合流するところで女性の二人連れとすれ違う。御坂にはトリカブトが多いようだ。トリカブトは株ごとに紫の濃さが異なる。金山(1686m)までは緩やかな下りで、すぐだった。金山で十二ケ岳から来たと思われる男性が一人いて、今日、遭遇した登山者は7名だった。さて、最低点(1625m)で大石へ下る道が左にあるはずだったが、山頂で地元の男性から見せてもらった立派な道標がみつからない。あの写真を見ていなければ、この道かと思われる登山道があることはあったが、確証はなかった。もう少し上に登るとあるのかと鬼ケ岳へ少し登るが、それらしい道はもうなかった。戻るのも面倒くさくなって鬼ケ岳に標高差約100mを登ることにする。



最後はちょっとした岩場が数か所にあり、ロープなどもあるがたいしたことはない。塾生がすこしびびっているようだったが。修行が足らん。



14:30、50日ぶりの鬼ケ岳山頂(1738m)。節刀ヶ岳を振り返っては満足感に浸り、前方に王岳をながめては満足感に浸る。足元に西湖沿いの大石あたりがみえる。鬼の角で写真撮影などして15分ほどで根場への下山を開始する。



梯子を下って、15:00、雪頭ヶ岳(1715m)へ至る。



雪頭ケ岳は富士山をはじめとする展望が良いことで有名。しかし、私は3度目だがここから富士山が見えたことがない。



その先は、塾生は急な下りをまだ怖がるのか、ゆっくりペースになる。私は3回目の道だが、塾生の目で改めて眺めると、こんなに難渋する道だったのかと、あらためて思った。大石峠から節刀ケ岳まできてからピストンして戻るという報告もあったが、車デポの都合と、この下りを降りたくないということも理由にあるのかもしれない。16:00、ブナの林で10分休む。私は「最後の1時間は事故が多いので注意して」といった。ここでカメラのバッテリー切れで以降、写真はない。
しばらくたつと問題の少ない、ゆるい登山道になった。16:50、と、一番後ろを歩いていたミナコさんが滑って足首をくじいてしまった。テーピングする。歩けそうなので、ゆっくり下って行った。林道に出る寸前、登山道の右側に50日前にあった鹿(らしい)の骨格標本のような白い骨があったが、今回はかなり骨がばらけ、肋骨12対の整合性は失われていた。頭蓋骨は行方不明で、骨盤は登山道の左に転がっていた。野生動物が食い散らかすのだろうか。
17:20、林道に出たので、タクシー会社に電話した。17:45、根場でバス道路(906m)に出た。トイレに入っていると民宿の方へ行ってしまったタクシーが戻ってきた。道路はすいていて、河口湖駅発18:16の電車に乗ることができた。
余談ながら私は大石峠から節刀ケ岳を越えて金山まで歩いたので、御坂の主稜線が天下茶屋から王岳までつながったのだった。
歩行距離9.3km、累積登り1215m、下り1279mでした。







Last updated  2020.10.22 23:55:04
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.