000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

●(編集終了)■ロボサムライ駆ける■第1章

●(編集終了)■ロボサムライ駆ける■
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/
■第1章  胎動

  (1)
 巨大な島が動いている。その島が瀬戸内海を航行しているのだ。まろやかな陽光たなびく中、その島は動く。空母ライオンであった。「風光明媚なところでございますなあ」
 バイオ空母ライオン、排水量一〇万トン。甲板の幅五〇メートル、全長四〇〇メートル。ロセンデール卿の私物である。
 ロセンデールの秘書官のクルトフが、ライオンの鑑橋から、瀬戸内海を見渡しながら言った。
 今年六十になるクルトフは、鷲のような顔付きをしている。赤く思慮深い眼、大きない鼻梁は高くいかつい感じをましていた。長い白髪は仙人を思わせる事がある。
 ヨーロッパの首相級を思わせる華麗な宮廷服を着ていた。
「クルトフ。ここ、日本が手にはいるわけですから。心して計画にかかねばなりませんね。それでどうですか。大阪シティの受け入れ体制は」ロセンデールは言った。
 ロセンデールはいかにもヨーロッパ的な顔立ちであり、言葉使いも優しく、一見やさ男であるが、よく観察すると、野望を秘めた目と高貴な育ちを表す高い鼻と、力強い意志をもつ顎が見えて来る。そして、体全体からは権力を持つ男のオーラが発されているようであった。今年三七才になるが、二〇代後半にしか見えなかった。
 長い金髪を後ろで束ねて垂らし、ビロードでできた古代ペルシア風のチュニックとショートコートを来ていた。
「万全のようです。これも卿の深慮遠謀のお陰」
「くくくっ、ともかくも、世界史上誰もなし得なかったことをしようとするわけですからねえ。ところでクルトフ、例の霊能師の方は大丈夫なのですか」
「その方の準備も万全でございます。西日本都市連合議長の水野なりが、餌をまいておりましょう」
「ロセンデール様、皆の用意ができました」
 聖騎士団長シュトルフが言った。
 シュトルフは、戦のなかで生まれたような男だった。赤ら顔で首は太く、胴は樽のようだった。その樽の上に乗っている顔はどちらかというと愛嬌があった。眼は小さく、鼻は団子鼻で大きく、口もまた大きかった。ロセンデールいわくジャガ芋顔である。
 大きな戦いを生き残ってきた四五才の精鋭だった。
 光る電導師の制服を着ていた。そのコスチュームは、昔の十字軍を思わせた。
「よーし、お前たち聖騎士団、電導師たちの力を見せてもらいましょう」
 ロセンデールは剣を引き抜いていた。
 ゲルマンの剣である。切っ先が陽光を受けてきらりと光る。
「殿下、さすがに見事でございます」
「ほれぼれとするお姿じゃ」クルトフが言った。
 ロセンデールの後ろには、うすぎぬを着た巫女たちが戦いの歌を歌い始める。一五才から一八才の美女ばかりだった。
 ロセンデールの歌姫たちだ。
 ゲルマンの剣はわざわざ、ルドルフがロセンデールに渡したものだった。
「皇帝ルドルフ猊下、この剣にて帝国の土ひろげましょうぞ」
 こう見栄をきったロセンデールだった。
 ロセンデールはヨーロッパの某国で生を受け、霊戦争後のし上がってきた貴族である。現在、神聖ドイツ帝国ルドルフ大帝の右腕とすらいわれている。
「シュトルフ、例のものを合体してみせて下さい」
「殿下、ここでですか」
「まだ大阪港へつきません。ここで、姿と力を見てみたいのです」「わかりました。殿下のおおせのままに」
「飛行士の諸君、甲板にバイオコプターを集めよ」
 バイオコプターは生体を形どった機械飛行機で、大きな羽根で羽ばたくことにより揚力を得ていた。この生体とは、とんぼとか兜虫とかの昆虫である。
「よーし、動かせ」
 バイオコプターが一点に集まっていた。
 そのバイオコプターの群れが別のものに変化した。何か巨大なものが、ロセンデールたちの前に立ち上がっていた。瀬戸内海の陽光を受けて、それはきらきら輝いている。
「まことに見事です。これで日本人どもの肝を冷やさせるでしょう」     ◆
「大仏様が、大仏様が、こちらへ動いて来るぞ」
「ああ、ありがたいことじゃ」
 都市にいる人々は、空母上の大仏を見て大騒ぎとなっていた。海岸のほうへ人々は繰り出していた。人もロボットも。
「ありがたい、大仏様じゃ」
 大仏が、空母ライオンの甲板上に、座を組んでいる。ロセンデールのライオン丸であった。その上には天女が竪琴をもって演奏している。先刻のロセンデールの歌姫たちが服装を変えて違う歌を奏でているのだ。演出効果バツグンである。
「ふふう、見てごらんなさい、クルトフ。大仏とやらは、日本人によく効くシンボルですねえ」
「タイのバンコクで手に入れたのも、この効果があれば安い買い物でしたな」
「それに、この大仏のもう一つの目的を知れば、水野たちも驚くに違いありませんねえ」
 大阪港に接岸した空母ライオンに、人々が群がり集まって来るのだった。大阪は、いや、近畿エリアはまさに平野であった。かつて存在していた山並みは、霊戦争のおり消滅している。
「これ、斎藤、落ち度があってはなりませぬぞ、あの方には」
 二メートルの大身の水野は、ネズミのような小男、斎藤にいった。 二人とも日本の礼服である裃に身を固めている。上下二本の刀をさし、草鞋ばき。当然頭は丁髷を結っている。この二人だけでなく、一般人も、和服、丁髷である。人間だけでなく、ロボットも同様の風体だつた。
「わかっております、水野様。あの卿の取り扱いいかんでは、我々の手に日本が…」
「しっ、斎藤。それは禁句じゃ。誰が聞いておるやもしれん」
「が、水野様。わざわざあのロセンデールとか申す神聖ドイツ帝国の手の者を、日本に入れる意味がありましたでしょうか」
「何を今頃申しておる。足毛布(あしもふ)博士の強制ロボット動員策でも、あの場所がみつからんのだぞ。ヨーロッパ随一の心柱(しんばしら)発見の著名人であるロセンデール卿を招くのは当たり前だろうが」
「が、心柱を発見された各国、いずれもルドルフ大帝の支配下に入ったと聞き及びます」斎藤は不安げに言った。
「お主も心配症じゃのう。支配下に入った各国はヨーロッパぞ。東洋の一国である我々には関係ないわ。よいか、これからの時代で俺は織田信長、お主は豊臣秀吉じゃ」
 水野は、織田信長。斎藤は、豊臣秀吉そっりの顔をしていた。
「が、水野様。東京には本当の徳川公がおわしますぞ」
「本当に心配症の奴じゃのう。心柱さえ見つかれば、そのようなこと取るに足りぬ」
 大笑いする、水野。西日本都市連合議長である。
 自らの未来が、鮮やかに脳裏に浮かび上がっているのだろう。
 一方、斎藤は大阪市長だが、顔色は優れなかった。ともかく、秀吉も信長も外国の力を借りはしなかった。と斎藤は思った。
「それ、ロセンデールが現れよった。斎藤、笑顔じゃ、笑顔」
 ロセンデールが、ケープをひるがえせて降りて来た。あとには鷲顔クルトフ、ジャガ芋顔シュトルフが続いている。
「これは、これは、ロセンデール卿、遠い道程、お疲れ様でございます」
「水野どの、日本は美しい国ですね。とても欲しくなりました」
 憂いを秘めたロセンデールは、簡単に言ってのける。
「えーっ」
「いえ、冗談ですよ、外交辞令ですよ」
 にこやかにほほ笑みながら、ロセンデールは言った。
「では、早速、現況をお伺いしましょうか」
「化野と呼ばれる地下エリアが、我々の掘削機械やロボットの侵入を防いでおります」
 水野は汗を吹きつついった。先程のロセンデールの言葉が心に残っているのである。疑いが少しずつ水野の心にひろがっていく。
「と、いうことは、それより先は、あきらかに心柱、そして古代都市というわけですねえ」「そういう可能性がかなり高かろうと思われます」
「我々が、日本じゅうから、多くの霊能師を持ってきても、その化野エリアを突破できまないのです」
 斎藤がいった。
「この方はいったい。水野さんの小姓ですか」
「いえ、紹介するのが遅れました。大阪市長、斎藤光三郎です」
「斎藤です。以後お見知りおきを」
 斎藤は怒りを隠しながらいった。
「水野さんだから、私はお土産を持ってきたのです」
 ロセンデールは、水野とその閣僚連中に向かって胸を張った。
「あの大仏です」
「何ですと、あの大仏」
「が、あの大仏は、空母の上に置かれております。それを化野までどうやって」
「心配ご無用です」
「まさか、運搬機械が必要とか、おっしゃるわけではありますまいな」
「あの大仏、実は戦闘用ロボットなのです」
 ロセンデールは嬉しそうに言った。
「何ですと」
「我々が、タイランドの軍隊と戦ったおりの戦利品なのです。賠償金がわりに受け取った訳です」
 聖騎士団長シュトルフが誇らしげに語った。
「あのロボットならば、あの化野の霊を打ち破れると」
「そう考えております」ロセンデールが言った。
    (2)
 漆黒の闇の中、小さな明かりが灯された。何やら呪文が繰り返されている。
 京都、中央区にある広大な屋敷、足毛布博士の屋敷である。
 度の強いメガネをかけ、白髪まじりの蓬髪の五〇くらいの男は、なにやら独り言をつぶやいていた。
 足毛布博士は秘密の地下室で祈りを捧げていた。この儀式のことは、誰も知らなかった。それを知れば、足毛布博士を、西日本都市連合も放っておかない。
 足毛布博士は、日本古来の着物を脱ぎ捨て、彼が信じている大義のための服装に着替えていた。
 何かの祭壇がある。日本古来の神棚ではない。
『古来より、日本へ飛来しました我々足毛布一族、ついにその目的の貫徹はちこうございます。願わくば、私の世代にその願いを叶えられんことを』
 祈る足毛布博士であった。
 足毛布博士は、京都市内に広大な土地を占めていた。この本宅以外にロボット製作所が近畿エリアに四十ヵ所ある。
 足毛布人造人間製作所といえば、泣く子も黙る西日本の大企業である。が、最近、足毛布博士は政府の要職も、会社の経営も他人に譲り渡していた。
    ◆
「博士、博士はご在宅か」
 八足移動ビーグル、クラルテに乗った武士が、玄関先で呼ばわっていた。足毛布博士の屋敷は、博士が人嫌いのため、使用人は雇っていない。全自動ロボットシステムで構築されていた。
「これはどちらさまでしょう」
 玄関に設置せれているロボットボイスが答えていた。
「水野都市連合議長の使いの者じゃ。足毛布博士、至急にご登庁をお願いしたい。火急のこととあり。以上を足毛布博士にお伝えいただけるか」
「わかりました。至急お知らせ致しましょう」
 足毛布博士の情報モジュールは、都市連合からの連絡情報を一切入力させない設計になっている。それゆえ、わざわざクラルテに乗った使者が現れるわけである。
 博士は書斎兼図書室にいた。古書籍がずらっと並んでいた。一冊の本を取り出す。タイトルは『西洋の没落』となっている。
 博士は誰かにしゃべっている。
「貴公はシュペングラーの『西洋の没落』という本の名を聞いたことがあるかね」
「いや、そのような本、耳にしたこともない」
「ふふん、まあ、ロセンデールなら知っていよう。あれは第一次大戦の前だったか、このページに書いているのだが。文明が没落する兆候はテクノロジズムとオカルティスムの流行と言っておるのじゃ」「ふふぉ、我々のことか。予言しておったのか、そのシュペングラーとか申す霊能師」

   (3)
 機械城。ロセンデールによって、極めて短時間に作られていた城である。
 ロセンデールが、日本に到着した六カ月がたっている。
 この時期、古来からあった城は霊戦争のおりなくなっていた。それゆえ大阪城の場所にその機械城は建てられていた。
 外見上は日本の城に見える。城壁、天守閣、櫓などを見ても変わっているようには見えない。が、すべて機械でできているのだ。城壁の石垣の一つ一つも、窓枠の一つ一つも、すべて機械なのだ。
 それもロセンデールの命令どおりに作動する一つの機械生命体であった。城壁の四隅に櫓があり、中央部に天守閣、小天守閣がある。 この天守閣のみ、少しばかり形が変わっていて、西欧の寺院風にも見えた。
 一階から五階まで、吹き抜け部分が作られていた。小天守閣には、心柱を探るための研究機材が集中していた。
 天守閣は、ロセンデールの居城であり、そして何か別の目的で建てられているのであった。
     ◆
「斎藤殿、水野殿、ご覧ください。もうここまで進んでおります」 ロセンデールは、機械城の中央、天守閣にあるコントロールルームの巨大なモニターを二人に示した。
 この画面には、心柱があると思われる位置がコンピュータグラフイックスで描かれ、その心柱に向かって進む地下坑道が数多く表示されている。この地下坑道のすべてで、数百体のロボットが作業を行っていた。
「西日本がロボット奴隷制でようございました。東日本ならロボットを強制労働させるわけにはいきませんからね」
 ロセンデールがいった。
「さようでござる。ロセンデール卿も運のいいことじゃ」
 水野がほくそ笑む。
「しかし、やはり足毛布博士がいなければ、こうもいきませんでした」
「さようで。で、足毛布博士は」
「ああ、彼は人に会いたくないとおっしゃって坑道A-五〇に入っておられます」
「博士の人嫌いにも困ったものじゃのう」
「いやいや、それだからこそ、このようなロボット強制労働ができるというものです」
「ほほ、博士の性癖に感謝せぬといかん訳ですな」
「そのようですな、はっはは」
「が、ロセンデール卿。みはしらが発見されたあかつきのこと、よろしくお願い申しあげますぞ」
「日本統一のことですね」
「しっし、ロセンデール卿。声が大きすぎます」
「何しろ、これは我々だけの秘密でございます」
「まさに、まさに。それにしても、落合レイモン殿があように易々と我々に協力していただける意向をお持ちとは思いもしませんでした」
「レイモン殿も何か考えるところがあるのでござろう」
「斎藤、それゆえ、レイモン殿の監視、努々怠るではないぞ」
 水野は、隣に控えていた斎藤にいった。
「さように取り計らいます」
「水野殿、斎藤殿。珍しいものをお目にかけましょうか」
「ロセンデール卿、それは一体どのような」
「ご両公とも眼を回されるに相違ない」
「ほほう、卿がそう言われるくらいなら」
「期待いたそう」
 巨大な空間が機械城天守閣の中にある。高さ三十メートル、広さは縦横とも百二十メートルはあるだろう。その真ん中に真紅のカーテンで仕切られている。
「いったい、これは」
「お見せしよう。カーテンを開けよ」ロセンデールが命令した。
「こ、これは」
 二人は絶句した。黄金の大仏であった。
「どのようにしてここへ」
 水野と斎藤は叫んでいた。
「それはね、企業秘密です」
 ロセンデールはにこりとした。
    ◆
 聖騎士団長シュトルフが駆け込んできた。
「どういうことですか、殿下。機械城の警備を日本側のロボ忍に任せろとは」
「シュトルフ怒るな。これも殿下の深慮遠謀なのじゃ」
 鷲顔の秘書官クルトフが言った。
「どういう理由か、お教え願いたい」
「よろしいですか、日本側は我々の動きを完全に信じてはいません。この機械城に仕掛けがあると考えておる節があるのです。その疑いを少しでも取っておきたいのですよ」
「それでは殿下は、機械城すべての警備をロボ忍に任せろとおっしゃるのですか」
「シュトルフ、そのとおりです。彼らに任せなさい」
「任せろとおっしゃられても」
「よいですか、シュトルフそれでは、教えてあげましょう。機械城全体が大きな罠なのです」
「その罠に落としますのは、一体?」
 シュトルフは怪訝な顔をした。
「我らの目的の邪魔になるもの、すべてのものですよ。日本の政府関係者、氾濫ロボットどもとかね」
 ロセンデールの青眼は残酷にきらりと光った。
     ◆
 霊戦争は地球の浄化作用であった。当時、地球の文明全体が機械化文明に犯されつつあった。
 情報公社「リンクス」や機械化会社「ロボテック」などのコングロマリットが、地球の全体のほぼ利益及び生産資材を握りつつあった。世界初の企業による世界帝国である。霊戦争が始まりを、今となってははっきり記述することは不可能だろう。結果的には地球の文明は少し後退したように見えるが、地球全体の生命体から見ればそうもいえない。緑が地球の全てを覆いつつあり、河川、海の汚染度も下がりつつあった。
 地球上空何千キロの部分には監視衛星「ボルテックス」が数個設置されていた。これらの衛星はいわば、神の剣であった。
 すでにこの時期、自然類は地球外に影響を及ぼしつつあった。外惑星は、この地球の状態を理解できないでいた。ボルテックスはこの地球全体に結界を引いていたのである。
しかしながら、機械化文明は退歩した訳ではなかった。地球にはロボットや機械がうじゃうじゃ存在し、減少する傾向は出ていなかった。

    (4)
 地下坑道。巨大なトンネルがうがかれていた。ともかく天井が異常に高い。
 鑿岩ロボットたちは、手を休めていた。皆へとへとに疲れている。これから先は人間、霊能師の役割なのだ。彼らは霊能師たちを見守っていた。
 多くの人間が円陣を組み、何かを唱えていた。すべての人間が汗をかいていた。
 その円陣の向こうの壁が光り出している。
「おおっ、あれは」
 何人かが、驚きの声をあげた。
 壁という壁は、石仏、仏像、寺社の建物でひしめいていた。そこから先数キロは異様な空間を作り出している。
 うしろから、巨大な光る物体があるいてきた。
 大仏である。
 ゆるゆると、歩いてくる。ロボットたちの前をすぎ、人間の円陣の横をすぎる。
 が、その先が問題なのだ。
 バリバリと音がする。
 大仏は歩こうとするのだが、ある一定のラインを越すことができない。
 大仏がブルブルと震えていた。
 同時に壁にひっついている仏像も石仏もゆらゆらと震えているのだった。まるでその壁が揺らぎ、大仏の進行を妨げているようにも見えた。

■ロボサムライ駆ける■
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.