000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

ロボサムライ■第六章古代都市

■ロボサムライ駆ける■
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/
■第六章 古代都市

   (1)
 三日後、機械城の後はくすぶっていたが、早急に対応がなされている。
「主水殿、我々に、その剣技を貸してはくださらぬか」
 水野都市連合議長は、西日本都市議事堂議長室で、主水に対して膝を屈した。
 二人は、機械城から、助け出されたことに礼をいい、続けて本音をしゃべっていた。
 ともかくもこの事態を収拾しなければ、ならない。
 主水にとっても、ロセンデールから、落合レイモンをはじめ助け出さなければならない人がいるのだ。
 ここは、西日本都市連合とも手をむすんでおくのが、得策といえた。
「無論、主水殿、剣闘士としての身分は解消する。東京の自由なロボットととして活躍していただきたい」
 水野が汗を拭き拭き、付け加えた。
「斎藤殿、ありがとうござる、まずはどのような企てかお聞かせ下さい。話によりましたは、非力なこのロボットの私が力をお貸し致しましょう」
 少しばかりイヤミを言う主水である。
「落合レイモン殿。さらには貴殿の生みの親、足毛布博士も、閉じ込められておる場所を、つまり、ロセンデールの隠れ場所を、我々のロボ忍が発見しておる」
 斎藤が一気にしゃべり出した。
「何と。あなた方が落合レイモン様を拉致したとばかり思っていたのですが」
「いやいや、さようなこと、同じ日本人同志ではござらぬか」
「して、レイモン様は」
「ロセンデールの古代都市復活プロジェクトチームに使われておられる」
「はて、古代都市とは…」
 知らぬ言葉に主水は戸惑う。
「霊戦争のおり、日本の西日本エリアが大打撃を受けたのはご存じであろう」
「神の衛星ボルテックスから全日本軍がレーザー攻撃を受け、近畿地方ことごとく消滅。同時に、古来からある神社仏閣がことごとく消滅したと聞き及びます」
「それじゃ、それが近畿新平野の地下に埋もれておるのじゃ」
「消滅したのではなく」
「そうじゃ、ある一点に向かい、すべての霊力が集中した場所があるのだ」
「その場所は…」
「昔の記録にある…奈良、飛鳥のあたり。近畿新平野の地下に巨大な空洞があることが発見されている。その場所に古代都市があり、心柱、おはしらさまがある」
「先刻、貴公が黄金の大仏と戦った化野は、その都市へ通ずる入り口の一つなのだ」
 水野が付け加えた。
「斎藤殿がいわれるその古代都市の中に、落合レイモン様も足毛布博士も…」
 主水は戦うべき場所を二人から指示されているのだ。
「そうじゃ、そこにおられる。主水殿、西日本は及ばず、東日本エリアからも、かなりの霊能師が消えておることは、知っておられよう」
「つまりは、この古代都市を復活させるためのプロジェクトが進んでおるわけだ」
 斎藤がいった。
「しかし、なぜ、ロセンデールに『ライオン』の回航を許したのですか」
 主水は話を変えた。
「むむっ…」
「それは…」
 二人は言い淀んだ。
「外交的圧力という奴じゃ」
 斎藤は汗を拭き拭き答える。
「それでは、あの剣闘士大会も」
「むろん、ロセンデールが日本の戦闘力を調べるために行った。貴公も気がついていようが、あの『ライオン』船上に西日本エリアの主な都市の首長が招待され集まっておったろう」
「そうですな、彼らはいかがされました」
「ことごとくロセンデールに連れていかれた」「連れていかれたですと」
「ロセンデールめが、誘拐しおったのじゃ。我々、西日本都市連合が逆らわぬように、安全処置としてな」
「我々が表立って、古代都市の復活を妨げようものなら、血祭りにあげるというのじゃ」「何と、卑劣漢め」
 主水の顔も怒りで真っ赤になる。
「そこで我々は、貴公に頼らざるを得ない」「この話は、徳川の主上にも」
「むろん。が、主水殿、悪い知らせじゃ」
 悪い予感が主水の胸に走った。
「何か、東京エリアの徳川公国に起こりましたか」
「徳川公もロセンデールのところじゃ」
「徳川公もですと。まさか…」
 しばし、主水は無言となる。
 徳川公がつかまっておられるのなら、主水としては、ぜひとも戦わざるをえない。
「致し方がありますまい。戦いましょう」
 主水は決意した。
「しかと頼んだ。日本の命運はつとに貴殿の両肩にかかっておる」
「戦力としては、西日本の反乱ロボットを使いましょう。彼らが反乱を起こしたことにすればよい」
「なるほど、我々政府は何の責任もないことになる」
 水野が考え込む。
「が、約束していただきたいことがあります」「何じゃ」
「もし、この計画が成功した暁にはロボット奴隷制度を廃止していただきたい」
「そ、それは難しい問題じゃ」
 斎藤が呻く。
「我々の責任ではいかんともしがたい。政治体制の崩壊にも繋がりかねん」
 水野が続けた。
「と、いわれると、この日本がロセンデールに支配されること、さらには古代都市が復活することをお望みなのか」
 主水は二人を責め立てる。
「いや、そうではない。が、しかし…」
「しかし、どうだといわれる」
 水野はすこし考えていた。
「わかった。その問題を議会にかけることを誓おう」
「よろしい。その誓いを正式文書にしていただけるか」
 主水は念を押しておく。
「わかった」
「それが整い次第、私は出掛けましょう」
 ロボザムライ主水が部屋を立ち去った後、二人は話しあっていた。
「あやつが、この問題を解決すれば、どのようにでもなりましょう」
 斎藤は言った。
「そうじゃ。あやつを抹殺すればよい」
 水野がほくそ笑む。
「議長もお人が悪うございますなあ」
「貴公、我々は政治家でじゃぞ」
「ああ、そうでござりますな」
 二人の乾いた笑い声が続いた議長室に長く響いていた。
 が、ロボザムライの耳は、この話を聞き取っていた。
「ふふう、水野たち、後でほえずらかかせてやるわ」
 主水は独りごちた。まずは知恵と、山本一貫に連絡しようと考える主水だった。
     ◆
「主水殿、どうぞ、こちらへ。狭きところなれど」
 山本が廊下を案内して進んでいる。
「これは…、これは…」
 主水は驚いている。
 反乱ロボットの本部であった。地下道のはずれの巧妙に隠されている。内部では二十人くらいのロボットが忙しく立ち働いていた。通信設備が完備している。
「申し訳ございません。我々の本部を探ろうと、西日本都市連合は『イヤーバード』なる聴音飛行機を飛ばしております。それゆえ、我々は地下に潜らざるを得ませんでした」
「いやいや、なかなか立派な。よく短期間でここまで」
「いや、これも怪我の功名でござる。この知恵めがこの空洞を見つけたのでござる」
 知恵が頭を掻いていた。
「いやねえー、俺がさあ、いろは組にいたとき、特に地下坑道で頭から逃げようと思ったときに、この空洞を見つけたのさー」
「この知恵めは、この空洞で一週間も粘っておったようです」
「そりゃそうさー。逃亡ロボットの追及は激しいからね。鞭で打たれるくらいじゃ済まないさ。特にいろは組はねー」
 知恵は頭を掻き掻き、褒められてことに対して恥じらっていた。
     ◆
 サイ魚法師は、大阪湾でロセンデールの空母ライオンを、サイ魚で沈めた後、ひたすら逃げることばかり考えていた。反乱ロボットが機械城に向かったおり、主水とはわかれていた。機械城の爆発も船上で見ていた。現在どうなっているのか、まったくわかっていない。ロセンデールから復讐されないためである。
 が、大阪湾海流が、法師の思うとおりには流れていない。
「法師、潜水艦が不思議な方向に引っ張られております。何か水流が変化しております」 乗組員がサイ魚法師に呼びかけた。
「どちらの方向へじゃ」
「それが、陸地へと思われます」
「何ごとかあらん」
 モニターに、地下に大きな空洞が穿たれているのが見える。これは先刻まではなかったのだ。
「どうやら、海水が、地下の空洞に吸い寄せられているようです」
 サイ魚法師はしばらく腕組みをして考えていた。
「地下空洞への道に、水路がないか検索してみろ」
「わずかながら、可能性があるようです」
「が、まてよ。ひっとして、これは主水たちが地下都市を発見したのかもしれんのう。よし、その空洞への水流に乗るのじゃ」
「どこへまいるのでしょ」
「いわずとしれておる。古代都市にある、古代大和湖(やまとこ)じゃ。奴らが大和湖を発見したに相違ない」
 法師はほくそ笑んだ。
 古代大和湖は大昔、琵琶湖が発生する以前に、近畿地方にあったと言われている。
「これはまた一戦あるかもしれん。さらに古代の宝物が見つかるかもしれんのう。おもしろいことになったわ」
 法師は独りごちた。

   (2)
 山本以下ロボット反乱軍を率いた主水は、地下空洞、化野に辿り着いていた。
 周りの岩肌は高さ三百メートルはあり、神社仏閣がはりついていた。それが奥の方まで続いているのだ。主水の目から計算しても、三キロは続いている。
「主水様、ここから先が急に広く明るくなっております」
 先頭にいる偵察員が告げた。
「ようし、ここが化野じゃ。皆様方、戦闘準備をお願いいたす」
 主水が、後ろのロボットたちを振り返って叫んだ。
「おう、外国の手先の奴ら、目にも見せてやる」
「よいか、これは日本文化を守る戦いでもあるが、この西日本エリアにおいて我々ロボットが自由を得る戦いでもあるのだ。皆、心してかかられよ」
「おう」
 掛け声が響く。
 空洞の天井の方から声が落ちて来る。
『ほほう、主水君、私達がそれくらいのことに気付かないとでもと思っておられたのですか、寂しいなあ、私達はそれほど甘くはありませんよ。何しろ、一国の支配がからんでいますからね』
 ロセンデールの声だ、自信たっぷりに聞こえる。
「待っておりました。皆さんがた」
 明かりの中から何かが集まってくる。
 パワードスーツの一団、聖騎士団が迎撃体制を取っていた。ロセンデールの秘蔵集団である。
「シュトルフ君、さああなたの腕の見せ所だ。せいぜい日本ロボットに、神聖ゲルマン帝国、精鋭人間部隊・電導士の実力の程をおみせしなさい」
 ロセンデールは声高らかにシュトルフに命令する。
「殿下、喜んで」
 シュトルフは、ジャガ芋顔の下にはシルバースーツを着ている。戦いを前に武者ぶるいをしていた。
 両軍ががっぷり交戦する。
 光りが交錯する。レイサーベルと日本刀である。
「どうして、あいつらは化野を突破できたのかなー」
 知恵が主水に訪ねた。
「あやつらの手に、落合レイモン様がおられるからのう」
 主水はつぶやいた。 
 突然、通路の向こう側から強烈な光りが襲ってきた。それはまるで、光の洪水のようだった。その洪水がここ化野に満ちたのだ。
「何だ、この光は」
 聖騎士団たちが、反乱ロボットが、ざわめく。
「まさか、心柱が動き始めたのでは」
 だれかがつぶやく。
「ありえん、そんなことは」
 回りの岩肌にある神社がスーッと光の中で消滅した。というよりも、その中心に呼び寄せられたかのようだった。化野大空洞が光によって大きく拡大していた。

   (3)
 心柱のある場所はここまでの化野よりももっと広大だつた。
「なぜ、こんな広大な場所が地下にあるのだ」「これが…」主水は思わずつぶやいていた。『そうじゃ、これが心柱じゃ。日本の心柱。これを数千年にわたって探していた者がおるのじゃ』落合レイモンの声が再び響いてきた。「レイモンさま、ご無事ですか、お助けにまいりましたぞ」
 その柱は直径二十メートルほどあり、天井部分は、はるか霞んで見えなかった。同じ太さで地中に植わっている。
 その柱は輝いているが、がその色は数刻ごとに七色に変化していた。そして、まるで生き物の皮膚のようにぬめりとしていた。
     ◆
『機械たちよ、私の命令に従え』
 日本ロボット軍団の皆の心の中に、この言葉が、突然侵入してきた。
「こ、この声は…」
 侍ロボットの一人が尋ねた。
『私は超生命『心柱』である。この日本を日本たらしめている生命体である。日本列島誕生より、この日本に住み着き死んでいった生命の残留意志集合が私なのだ。古代より続くこの日本の地に霊として結集し、形をとったのだ。
 私を、ロセンデールとか申す外国人によって支配させるでない。日本ロボットの諸君、皆私の前に集まれい。私を保護せよ。日本古代よりの霊の結合体と、地下に眠る地球意志ネットワークが融合したのが、私だ』
「おはしらさまが、古代都市に結界を張っていたわけか」
 主水がつぶやく。
『そういうことだ、主水。私が動けば、古代都市を復活させることができる』心柱が答えた。
「皆、みはしらさまの前に集まれい」
 心柱を背にロボット奴隷戦士が、円陣を組んでいた。
 シュトルフ率いる聖騎士の一団が、主水たちに襲い掛かってくる。
「ここが踏ん張りどころぞ。こやつら異国の者ばらに、日本の心柱を占領させてなるものか。方々、これが日本のロボットの力の見せ所ぞ」
 主水が声を張り上げていた。
 パワードスーツの一団、聖騎士団は、レザーサーベルを抜き放つ。
「かかれ…、日本のロボットなど、奴隷の一団。おそるるにたりん。我らが聖騎士、ゲルマンの神の御加護があらん。攻めて攻め滅ぼせい。力押しじゃ」
 大夫シュトルフが、赤ら顔の表情を一層険しくして怒鳴っていた。地下巨大空洞に、怪しい光がみちみちた。
 日本の心柱を巡って、ロボットとパワードスーツがいり乱れて戦い始めた。
 そのとき、地下空洞の地面から地下水が、急に噴出してくる。
 見る見るそれは湖となる。
「これが、古代大和湖か」
 主水は戦いながら関心した。湖の色は不思議な瑠璃色だった。その中に生命が溢れているように感じた。僅か数刻で水が満ち満ちるとは。
 その地下湖から姿を現すものがある。
 小型潜水艦である。
 横腹に『水鏡(すいきょう)』と書かれていた。地下水流に乗ってきたのだ。
「あるいは……」主水は期待をもってその潜水艦を見る。
 サイ魚法師が、ハッチをあけて顔を出した。「おお、戦いの真っ最中ではないか。とんだところに出くわしたものじゃ」
 そのサイ魚を見たロセンデールは味方につけようとした。
『サイ魚法師、早く我々の手助けをするのです。シュトルフを助けなさい。あとで礼はつくします。空母を沈めたことも許しましょう』 ロセンデールの声が、サイ魚法師に響いた。「サイ魚法師、我々に味方しろ。日本対外国の戦いじゃ。どちらに味方すればいいか、おのずからわかろう」主水も声を振り上げる。「おおっ、皆元気のいいことじゃ。こんな地下でも戦争とは大変じゃのう」
 サイ魚法師は知らぬ顔をする。
 どちら側についてもおいしい話なのである。この戦いの力のバランスを崩すことができる。キャスティングボードを握っているのが、サイ魚であった。
「え、あなたが、有名なサイ魚法師ですかー」 そばで見ていた知恵が、調子外れにすっとんきょうな驚きの声を上げ、羨望の眼差しでサイ魚を見る。
 はぐれロボットにとって世界を放浪するサイ魚法師は、伝説のロボットなのである。
「サイ魚法師様、ぜひ私を弟子に。貴方様は我々ロボットのあこがれの人、伝説の人です。どうぞお願いしまーすー」
 知恵が、まるでアイドルに対するようにサイ魚法師に言う。
「おいおい、知恵。戦いの途中じゃ。私はどうなるのだ。よいのう、サイ魚法師、ファンがいて」むくれる主水。
「おじさん、嫉妬だねー」
 主水を見て、あざける知恵。
「サイ魚法師、頼む」
「しかたがないのう、主水、貸しは二つぞ」
   (4)
 サイ魚法師が味方に付いたことで、戦いの流れが変わった。
「いかん、シュトルフ逃げなさい」ロセンデールは命令していた。
「しかし、殿下、我々は、敵には後ろをみせません。今まで、そんな負戦はしたことがありませんぞ」
 呻くシュトルフ。
「シュトルフ、今がその最初の時なのです。私の考えがある」
 ロセンデールがいった
「くそっ、ロボットども覚えていろ」
 ののしるシュトルフ。
 聖騎士団は奥へ退く。
「へへん、ほえづらかくのはお前たちだよー」 知恵は悪態をついた。
「心柱様、我々日本のロボット、外国勢からお守りもうした。どうぞ安心して下されい」『有り難い。が、決して奴らに油断するな。それでは、私を中心とした、いにしえの文化都市をお前たちに見せてあげよう』
 心柱の表面が、一度ぐるぐると回りだし、さらには膨らんでいった。が、その表面は物理的なものではなかった。
 半透明の膨張面は、背後から戦っていたロボットたちの体を突き抜け、心柱の中にロボットたちは、入っていた。
 一瞬、あたりすべてが白熱化し、何も見えなくなる。
 すべてのロボットの目がくらんだ。
「我々ロボットの眼がくらむなど……」
 彼らの視覚が普通に回復すると。
 そこには、心柱のある島を中心に巨大な青々とした地底湖が広がり、六つの島がある。その各の島の上には石造ピラミッドの神殿が現れている。ピラミッドは心柱を中心にきれいに六方向にあるのだ。
 心柱のそばには、超古代に造られたらしい石造りの神殿が出現していた。古代ギリシャのオリンポスの神殿を思わせる。
 主水を始め反乱ロボットはそのそばにたっているのだ。
「これは……」
 絶句する主水。
 いかなるロボットの電子頭脳もこれは理解の範囲を超えている。
 心柱のある島の神殿に数十人の人影がある。西日本都市連合の首長たちである。
 神殿の祭壇の中心に、落合レイモンが座っていた。
 思わず主水は走り寄る。
「レイモン様、ご無事でござりましたか」
「おお、主水か。無論じゃ、危機は去ったようじゃな。こちらへこられるがよい」
「この神殿は一体何でござるか」
「主水にわからないのも無理はない。日本にも、古代には巨石文化がござった。霊戦争以前のこのあたりの奈良地方の山、三輪山、天の香久山、耳成山、畝傍山、忌部山、磯城山、の地下すべてには、このような石造ピラミッドが超古代からあった。また、サイ魚法師が出現された湖も、古代には存在しておった大和湖じゃ」 淡々と述べる落合である。
「レイモン様、このことをすべてご存じだったのですか」
「いや、すべてはわからなかった。が、この近畿新平野において、何者か古代の巨大な霊が復活し、私を呼んでいるのはわかっておったのじゃ」
「それをわかっていて、都市連合会議に参加なさったのですか」
「その通りじゃ、貴公には迷惑をかけたが、このような大いなる目的があった。許せ」
「いえ、何度も私を始め皆の危うい所を、お助けいただき、感謝の言葉もございません。しかし、ロセンデールのものどもは、レイモン様を…」
「ロセンデールは、私を下へもおかぬ丁重な扱いをしてくれおる。この心柱と化野のことを解決できるのは、落合レイモン様しかおられぬとか申しておったわ。はっはっは」
 ちょうど六つのピラミッドの頂上から光が出ていた。この六つの山のエリア内に含まれる湖面が撥ねて変化している。
 光の野となる。
 光が感光したように、地上から浮かび上がっている。十万の人口を養い得る町並が出現していた。湖は三分の一の広さとなった。
「見よ、主水。超古代都市の復活じゃ」
「レイモン様、これは……」
「はるか昔、古代ユダヤの民の一支族が、この日本に住み着き、『ソロモンの宝』をもってこの地を豊饒の地にされた。やがて人々はその祖先を忘れ、享楽にふけるようになった。それゆえ、この古代の都市は、最後の霊道士によって封印されたのだ」
「ロセンデールが狙っていたのも」
「そうじゃ、この都市に眠るソロモンの秘宝を、ロセンデールは狙っていたのじゃ」
 あまりのことに驚く主水たちであった。
「ところで主水、足毛布博士という方を存じぬか」

   (5)
「ええっ、足毛布博士とおっしゃいましたか。博士はご無事でございましたか」
「無事も無事よ。主水も知らぬらしいのう」 いい澱む落合。
「が、いたしかたがない。教えてやるか」
「何でございますか、そのような奥歯にものの挟まったような言い方、お止め下され」
「よいか、主水。この地下都市発掘に関するプロジェクトで、地下ロボット動員策は、だれが提唱したと思うのじゃ」
「ま、まさか、足毛布博士ということはありますまい」
「ほほ残念ながらのう、足毛布博士なのじゃ」 主水の人口体液が急激に冷却した。
「まさか、そのようなことが…」といいつつも、やはり山本たちが言っていたには本当だったのか。まさか、生みの親である足毛布博士がそれほど悪辣だとは思っていなかった。
「足毛布博士はロボットに恨みを抱いておられるようじゃな。かつて我が子のようにかわいがったロボットに逃げられてのう。その名は…」
 レイモンはじろりと主水を見る。
「レイモン様、あとは言われなくてもわかります。私と言う訳ですか」
 取り乱す主水。
「そうじゃ、霊能力者たるレイモンにとって、すべては読みとれるのじゃ。ほほ、お前が、足毛布博士のトラウマ(精神的外傷)なのじゃ。それゆえ、お前に対する憎しみも強かろうの。そう思うじゃろう、夜叉丸」傍らにいる夜叉丸に言う。
「さようでございます。主水殿、気をつけられよ。足毛布博士は、今普通の精神状態ではござらぬ」
 主水は、神殿の上にいる人々の群れの中に足毛布博士を見つける。
「足毛布博士」
 主水はかけよるが、
「お前の顔などみとうない」
 博士が顔をのけぞらす。
 すねているのか、と主水は思ったが、博士の言葉が急に襲ってきた。
「裏切り者。俺を裏切って、今は何か、徳川公国の侍ロボットになりさがりよるか。よいか主水、お前は宇宙旅行用に開発されたロボットよ。徳川公国の旗本ロボットになろうと思っても、所詮、水と油。お前のボディもICチップもほぼアメリカ製じゃ。アメリカと日本のハイブリッドなのじゃ。それがお前は徳川公国の大名になりたいじゃと。何を考えておるのじゃ。どうじゃ、主水、体の具合がおかしいじゃろう」博士は喚く。
「……」
 主水は図星をつかれた。が、なぜなのだ。体が不調なことをなぜ知っているのだ。まさか、そうプログラミングされていたわけでもあるまい。
「おかしいはずじゃ、体がいうことをきかなくなる時があろう」
 どんどん、声をあらげる博士。完全に自分の言葉に酔っているようである。
「……」
 どうしたらよいのだ。この場合の選択枝はなにだ。が、主水には解答はない。
「それはロボット・ストレスじゃ。アメリカの体に日本の心を宿したからのう。いくら頭脳強化剤を与えたところで、機械工学で解決できるものではないのじゃ。ロボット生理学やロボット心理学の世界でしか解決できぬのじゃ。どうじゃ、すべて図星であろうが」
 がなる博士に、もう手のうちようがない主水だった。
「主水、気にするな」
 新たな声がやわらかに主水を包む。別の声だ。
 続いて、徳川家当主、徳川公廣が現れていた。徳川家康そっくりの顔を見ると主水も安心する。
「これはお上」
 主水は膝を落とした。
「貴公は我が徳川公国のために働いておる。それはすなわち日本にたいして役に立っているということじゃ。足毛布博士の言うことなど気にしなくてよい。よいか、足毛布博士は、お前を再び我が手し、宇宙へ飛ばそうとしておるのじゃ」
「宇宙へですと」
 新たな情報で眼が回る思いの主水だった。「よいか、日本を狙っているのが、ルドルフ大帝なのじゃ。ルドルフは霊戦争の原因が宇宙空間にある冷子星と考えておるらしい。この冷子星へ調査隊を飛ばす計画のようだ」
 冷子星は地球監視衛星『ボルテックス』を作った種族が支配する星である。
 主水は急に切り札を思い出した。この一つで、博士に切り返すことができる。
「足毛布博士、あなたのお宅にユダヤのダビデの星が落ちておりましたが」
「何と、どういうことかな。足毛布博士」
 徳川公が詰問する。
「お前は邪宗の徒なのか」
「それは……」
 今度は足毛布博士が言い淀んだ。
 その時、新たな人物が、主水の前に現れていた。
■ロボサムライ駆ける■
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.