000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

聖水紀■4

SF小説■聖水紀■(1990年作品)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/
聖水紀1990/6/9(4)
 シマはようやく目ざめた。鳥はシマと、意識を失っていたベラの体をどこかに運んだようだ。シマは飛行中に疲労で寝てしまったようだ。しかし、いまだに信じられなかった。自分はあのフガンとかいう聖水騎士団の男に聖水をかけられた、が消滅しなかった。おまけに単なる歌姫だと思っていたベラが、海水を鳥に変化させた。自分はその鳥に乗ったのだ。脅えが今ごろ、シマの体を震わせていた。それにしてもここは。雨音が急にシマの耳に飛び込んで来る。シマは何かの建物の一階にいた。バラック状の簡素な建物で、シマの目前にドアがあった。窓からは激しい雨足が見えている。ドアを開けてズブヌレの男が入ってきた。男の顔はレインパーカのフードのせいではっきり見えない。不安がシマの体を震えさせた。不安は人を多弁にする。
「あなたはどなたですか。それにここは」
「我々はレインツリーだ」その男はフードをあげながら、言った。シマが思ったより若い男だった。
 レインツリー、対『聖水』組織。聖水紀以前の地球社会に復帰さることを目的とする組織だった。おまけに、呪術者集団。
「安心しろ、シマ、我々は味方だ」
「ここは、どこなんですか。それにベラは大丈夫なのでしょうか」「レインツリーの基地のひとつだ。ここは多雨地域。聖水騎士団もなかなかちかずけまい。ベラのことは、直接本人から聞け」
 建物に今度は小さな人間が入ってくる。フードをはずす。元気なおなじみの顔があった。「シマ、大丈夫だった」ベラの第1声だった。
「君こそ、大丈夫なのか。たしか聖水を体に浴びたはずだ」わずかに、安堵感がシマの体に広がっていく。
「わずかよ。それにこのレインツリーの基地で手当してもらったの。私の体は特別製なの」傍らの男を見てベラはしゃべった。最後の言葉に意味があるかのように。
「シマにはもうしゃべったの、ロイド」
 ロイドと呼ばれた男は首を振る。
「いや、まだだ。君の口からいってもらったほうがいいと思ってね」 ベラはすこしの間、考えていたようだが、やがて決心したようにシマの目をみつめながらしゃべった。
「シマ、あなたはシマではない」
 シマはとまどう。悪い冗談かとも思った。が、ベラの表情は、船の上の歌姫の冗長なベラのそれとは別物だった。
「どういう事なのかな。君は私を探っていたのか。疑っていたのか。だから、船の上の君は演技だったのか」シマはわけののわからない怒りで、自分がつき動かされているのを感じた。ベラは顔を赤らめて絶句する。ロイドがその場を救おうとした。
「それはベラから答えにくいだろう。私が船にいる君を発見し、確認のためにベラを歌姫として潜入させたのだ」
 シマは考える。この私がシマでないとすれば、一体私はだれなのだ。ベラは私が誰だかわかっていて私に質問をしていたという。このレインツリーの人間は、本来の私が何者なのか知っているわけか。シマは怖かった。自分が誰か聞くことが。シマの心はちじに乱れ、叫んでいた。
「頼む。教えてくれ。私は誰なのだ」
「本当に知らないようだな」男は静かに言った。「君はウェーゲナー・タンツ宇宙連邦軍大佐だ。聖水が地球防衛圏を突破するのに手をかした男だ。君のために地球は聖水に汚染されたのだ」ロイドの目には憎しみの炎が燃えている。
 ロイドの言葉はシマの心に深々とつき刺さる。俺がウェーゲナー・タンツだと。地球最大の裏切り者。急に過去の記憶が戻ってきて、タンツの心と胸を一杯にした。犯罪者。震えがタンツの体を襲った。たっていられない。両手両ひざをついた。タンツの体は小刻みにふるえる。汗が体じゅうから吹き出る。
 ロイドがひざまずき、タンツに被いかぶさるように、タンツの顔をのぞきこむ。「タンツ宇宙連邦軍大佐。君に教えて欲しい。宇宙連邦軍の秘密要塞の位置を。君しか生き残っていない。宇宙連邦軍で、君しかね」タンツの脳裏には、連邦軍の潰滅シーンが想起された。
「ねえ、タンツ、お願い。教えて。覚えているはずよ。宇宙要塞ウェガの位置と要塞侵入のパスワードを」
「宇宙要塞ウェガが我々の切り札なんだ」タンツは無言で震え続ける。
「だめよ。ロイド、タンツは堅く自分の殻に閉じこもっている。病院でも、自分がタンツだと、結局最後まで認めなかったというわ。今でもショック状態よ。我々の機械で治療しましょう」
「ベラ、時間が惜しい気がする。こんな奴に時間を与えるのがねえ」 あたりが急に騒がしくなった。ロイドは建物から飛び出る。男が走ってくる。
「どうした、何があったのだ」「大変です、チーフ」息を切らせてその男は叫ぶ。雨がその男の顔といわず、頭といわず激しく降り注ぐ。
「騎士団員です、騎士団員がここに」
「なぜ、基地の位置がわかったのだ」ロイドの手の中で男は崩れる。「聖水がかかっていたのか」ロイドの方へ、雨足のけぶる中、また誰かがちかずいてくる。「誰だ。ハーマンか」ロイドは仲間の名前を呼ぶ。
「残念ながら、ハーマンではありません」やさしい声がかえってくる。
「誰だ、きさま」ロイドはいぶかって相手をみようとした。雨脚の中、ぬっと新手の男が登場する。大音声で名乗りをあげる。
「初めて、お目にかかります。小生は聖水騎士団員、レオン=フガン。以後、お見知りおきをください。歌姫ベラ、さらにこぎ人シマをいただきにまいりました。おとなしく渡していただきましょう。もし、だめとあらば、この私の聖水剣の舞いをご覧にいれましょう」
「きさま。ひとりでここへ」
「そうです。失礼にあたらねばよろしいのですが」
「いい度胸だ。が、どうしてここが、」
「職業上の秘密ですといいたいところです。まあ、サービスしましょう。聖水が彼女にかかったのですよ。その聖水がこの場所を教えてくれたのです」
「あの少量の聖水が」
「そうです。ああ、それについでに申しあげておきましょう。その聖水は私が先刻、あなたがたの研究所からいただきました。私に所有権はありますものですからね」
「聖水を返してもらおう」
「わからない人だなあ。私たちに所有権はあるといったでしょう。それより、ベラとシマを渡してください。あなたがたレインツリーを滅ぼすのは時間の問題なのですよ」フガンはあたまりまえのように言う。
「フガンとやら、我々が簡単にベラとシマを返すとおもったか。この基地で、きさまから聖水を奪い取ってくれる」
「お手並み拝見しましょう」フガンはニヤリと笑う。聖水剣を引き抜いていた。建物からベラが飛びだしてきた。
「ロイド、無謀よ。彼は聖水剣をもっているのよ」フガンはベラを見付けてニコリと笑う。
「これはレディ、またお目にかかりましたね。聖水騎士団レオン=フガン。聖水の命により、あなたを貰い受けにまいりました。すぐさま、聖水のみもとに」フガンはベラの方に、優雅な仕草で手をさしだしていた。「笑わせてくれるわね。フガン」ベラはフガンの手を打ちすえる。「私のお願いを受け取っていただけない。寂しい限りです。わかりました。それでは力ずくで、あなたをさらつていきましょう」
「フガン、いい度胸だ、まわりを見ろ」ロイドが叫んでいた。フガンのまわりをレインツリーのメンバーがとりかんでいた。
「これは、これは怖そうなおにいさんがたですねえ」「フガン、へらず口をたたくのもこれまでだ。我々の包囲陣、やぶれるか」
「何ですか」フガンは聖水剣をむけた。が、聖水が彼らにとどかない。
「ここれは」どうしたことだ。
「フガン、我々が何故、このような多雨地帯にいるのか、わかるか」「ははあ。そうなのですか」
「きさまの想像どうりだ」水にたいしては水を使う。地球の水がレインツリーの呪術師の念力により一種のバリアーとなっている。分がわるいとフガンは判断する。臨機応変の処置だった。フガンは一瞬飛び上がり、ベラの真後ろに着地した。
「さてさて、レインツリーの皆さん、今日はこれで幕にしておきましょう。変に手だしをなさると、このお嬢さんが傷つきますよ。これでも私は諦めのいいほうなのです」
「皆、構わないで、このフガンをやっつけてよ」
「レディ、そう騒がれてはこまります。あなたは諦めの悪い方ですね」フガンはベラに当て身をあて、気を失わせる。
「フガン、きさま」ロイドの顔は激怒の色。
「皆さん、お静かに、彼女が目をさまします」フガンはベラを担ぎあげ、走り去る。上空から飛翔機が降りて来る。「ちょうど、いい時間です」
「では皆さん、またお目にかかりましょう。あ、それから、シマによろしく」飛翔機は飛び上がっていった。 

SF小説■聖水紀■(1990年作品)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.