000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

聖水紀5(1990年作品)

SF小説■聖水紀■(1990年作品)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/
 ロイドはベラを深く愛していたことに急にきずいたのだ。なぜ、俺はフガンが彼女を連れて逃げた時に反応しなかったのだ。自責の念が常にロイドの心を占めていた。過去にさいなまれているロイドは周りが見えていない。
「何者だね」急に聖水騎士団の男がいた。
「聖水への帰依を希望するものです。遠くから参りました」
「それは殊勝な心がけだ。どうぞ、この門をとうりなさい」
聖水神殿への道だった。この門では怪しい者がいないか、常に聖水騎士団が見張っていた。
神殿の前はごったがえしていた。
ロイドは巡礼の一人にたずねる。
「何かあったのですか、この騒ぎは」
「お前さん、何もしらないのか」男は不思議そうな顔をする。
「いえ、私は遠くからここへ着いたところで」
「それなら、しかたがないな。『みしるし』が発見されたのだ。これで新しい時代がくるって、大騒ぎなんだ」
「『みしるし』が」
「そうなんだ。おまけに、今日、我々がその『みしるし』を神殿で拝見できるって訳だ」
聖水神殿に潜入し、聖水プールにたどりついた。
ベラがプールの中で寝ていた。ベラはとても美しく見えた。がここは聖水神殿。信仰の中心地。敵の本拠。人が多くとてもちかずけそうにない。また、この時期では警備も厳重だろう。ベラを目の前にして、ロイドは無念の涙を流す。神殿から退去し、近くにある建物の壁に変化した。誰もロイドにはきずかない。彼は周りに同化する能力をもっていた。
 夜になり、人影がなくなった。ロイドは生身にもどった。
ロイドはベラを見付けようと思った。が急に後ろから、声をかけられた。
「これは、これはロイドくんではないですか、それが君の呪術でしたか」フガンだった。
「フガン、俺をどうする気だ」
「そうですね。どうしましょうか」フガンは少し考えていた。
「ベラにあいに来たのでしょう。じゃ、ベラの所まで案内してさしあげましょう」
「なぜ、俺を助ける」
「なぜ、私はこう見えても、血も肉もある人間です。さあ、ついてきなさい」
フガンはロイドを神殿の中央祭壇まで連れていく。
「さあ、早く。ベラを連れておにげなさい。私は消えます」
ロイドは後ろを何度も振り返る。罠ではないかと。が、他には誰もいない。プールにベラが沈んでいた。かわいそうなベラ。そして愛しきベラ。ロイドは思った。
「助けにきたぞ、ベラ」
『が、私はもう、昔の基準では生きてはいない』ベラの目が開き、顔をこちらに向けている。どうしたのだ。が恐れずロイドはつずける。
「ベラ、君を愛している。私の手元に戻ってきてほしい。何よりも君が必要なのだ。そう、私はきずいたのだ」
『もし、あなたが私を愛しているのなら』プールの中、揺らめきながら、ベラはしゃべつている、水の中で。
「君を愛しているのなら、どうするのだね」
『あなたも私と同じように、聖水に同化してほしい』
「君はどうしたのだ」恐れがロイドの心に走った。本当にベラなのか。別の生き物ではないか。
『ロイドようこそ』何かがベラの側に形作られていた。
「貴様は」
『水人だよ』
「きさまが水人なのか。ベラを返してもらうぞ」
『ベラがのぞむまい』
「何をいう」
『彼女は我々にとって偉大なる祖先の記憶をもっているのだ』
「まさか、本当ではないだろうな、ベラ」
「残念、本当よ、ロイド。私は聖水のみもとにいる」
「何があった、ベラ」
「私は人類の記憶を取り戻した。あなた方、人類は聖水に同化します」
死刑宣告を受けたかのように、ロイドの体はふるえた。
『我々はこの地球のすべてを手にいれる』
「何だって、そんなことさせるか」
『むだだよ、ロイドくん、君も人類創成の秘密をしれば、我々に従わざるをえんよ』
「まさか、きさまたち」ある考えがロイドの頭に巡った。
『君の考えたとうりだよ』
「まさか、そんなことが」顔が強張る。
ロイドの頭の中にベラの記憶が想起される。
「やめろ、やめてくれ。こんなことがあつてたまるか、こんなことが、くそ、こんなことなら、俺を殺せ。ベラ、君の手で、お願いだ」ロイドは喚きながら、涙を流していた。ロイドの方へ、聖水プールからのベラの手が伸びていた。何Mの長さに伸びた手が。
やがて、彼の体は溶けていく。
『レインツリーの諸君、表意術でみているだろう』

 海に達した聖水は、海水と激しい争いを繰り返していた。水H2Oを分解し、自分たちの組成に組み替えていた。それに対して海、地球の海なるものも戦いを挑んでいた。聖水と海水との境界線は熱をもっていた。蒸発する水が湯気を上らせていた。
 が聖水の方が勢いがあった。彼らはいわば、狂信者であり、ある一定の意志の元に進化しているものだった。
地球のあらゆるところで、地球の水は変化を遂げていた。地球の水は聖水に飲み込まれていた。そして、聖水へと変化していった。

SF小説■聖水紀■(1990年作品)
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://w3.poporo.ne.jp/~manga/pages/


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.