000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

「幻視者狩り」(未完)

■「幻視者狩り」
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yama-kikaku.com/

1.
「何だ、これは。」
俺は、叫び声をあげていた。目ざめて、鏡をのぞいて、自分が、全然知らないものになっていたら、そんな叫び声をあげるだろう。ましてや、自分が機械生物になっていれば。
「輪廻だよ。」
部屋のどこかから声が響いてくる。俺はこの声に口ごたえしていた。
「いくら、俺が犯罪者だからといって、この姿はないじゃないか。」
「君がこれから赴任する生物生息惑星には、その形態がぴったりなんだよ。」
声は続けた。
「もとの姿にもどる方法はないのか」
俺は泣き叫んでいた。
「ひとつある。」
長い沈黙のあとで、声は言った。
「何だ、はやく教えてくれ。」
「それは、この世界を変えることだ。」
「世界を変えるだと、どういう事なんだ、ちゃんと説明してくれ。」
「それは自分で考えろ。」
冷たい調子で声は言う。
次の瞬間、私はある星に転移させられていた。私の姿は一角獣。星の名は地球。

2.
最終壁は、この“地球”という生物牢獄の果てに存在していた。今日も多くの宇宙のあちこちから集まった巡礼者が、この壁に読みこまれた秘密を読みこもうと必死だった。
幾人かの巡礼たちは、壁の前で急に倒れる。巡礼たちが逆に壁に読み込まれたのだ。
巡礼の体は幽体となり、処理班のカーゴが、その幽体を積み込みいずこかへと走り去っていた。
そんな様子を見らがらも、巡礼たちは、誰一人としてここから立ち去ろうとしない。
「私の名はアシューラ=アン。私を読みとりなさい。」
石のひとつが心に呼びかけてきた。
「あなたは、何という名前。」
「ローラン・クレイだ。」
自然にこう答えていた。が、アシューラ=アンと名のついた石からは驚きの声がかえってきた。
「あ、あなた幻視者ね」
「幻視者って何だ。知らない言葉だ。」
「う、うそおっしゃい、知っているはずよ。あ、あ、私の意識が。」
最終壁の意識の1つが巡礼の1人に吹いとられた。
壁の構成因子の石の中に、その巡礼の意識は潜り込む。

3.
熱い。体が燃えあがって灰になりそうだ。河岸だった。クレイは数時間前から追いかけられているのを感じていた。そいつは姿を現わさないで、クレイをおいかけているのだ。
「くそっ、いいかげんに姿をあらわせ。」
クレイは叫んでいた。
「姿をあらわしてほしいか、幻視者」
あし原の中からそいつが姿を現していた。一角獣だった。

■「幻視者狩り」(未完)



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.