000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

●デュエット2

デュエット2
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://www.yama-kikaku.com/
●現在編集中●
------------------------------------------
『彼に協力しろというのだな』
『そうだ。君のESP能力でチ″yを殺せ』
『残念だが、俺のESP能力では無理だ』
『私が君に力を貸してやる』
 チャンは、外海からこちらへやってくる仲間の小船に一瞬、気を
とられた。
 四郎はチ″ンの胸に装着されていたコマyド=ナイフを、念動力
で動かし、チ″yの胸に突き立てる。
 「うり!」
 が、またチ″ソの心臓には届かない。
 「きさま、エスパーか、くぞ{}
 チ″yはカラジンコフアサルトライフルのトリッガーを
四郎の胸めがけて。
 銃弾はしかし、四郎の前で空間に停止している。
引い

m
 テロリスト達は、氷山から海に向かって飛び込んだ。
 接舷していた小船は、火災をおこしていた。
 「まて、船は攻撃するな。奴らを掴まえるんだ。敵の正体を知るた
めだ。ジンベルー少佐、奴等を逮捕しろ」
 小船の彼らは、シンペル少佐のコマンドに対して降伏しない。最
期まで抗戦した。ようやく小船が制圧された時、彼ら全員か死んで
いた。傷ついた者は、ノドにナイフをあて、自殺していた。
ザイード号の4軸プロ。ヘラ=シ″フトの内軸が敵潜水艦の魚雷で
。。やられていた。修理が必要だ。当分、ザイード号は了フッカ海峡で
一停船したままである。横を日本の夕yカー群が通り過きていく。
四郎の胸めがけて。                          ハーリマッド王子、教えてほしい事かある」
 銃弾はしかし、四郎の前で空間に停止している。           郎は尋・ねた。
 ^Iリ゛゛ド王子の超能力が弾丸をそこにとどめているの¨已下一 一いれは何だ・テ゜リスト。達かこのザイード号の氷山から取り出そ
部ハッチからプリッジヘ毒ガス弾が投げ込まれた・煙で相手が見え レっとしていた物だよ」
なくなる。                            一  ハーリマ″ドは少し考え込んでいるようだヽた。
 txt zサブマシyガンを構えたジンベル少佐のコマンドが突入し一一 「しかたがない。いずれわかる事だからね。話そう」
てきた。銃声があちこち皆いてくる。四郎はジソベル少佐によって
助けられる。チャンはウジの速射で即死した。
 シyベル少佐のコマyドは敵テロリストに掴まっていた味方の船
員を解放した。
「よし、奴らを攻撃しろ」
 上空で停止していたSTOLに四郎は命令を下した。バートル=
ヘリはファントムの一撃で燃え上がった。
----・- 一一 -  - -S??ご??.I
 チャソ達テロリストが削り取ろうとしていた氷山の部分は、デイ
’-ド号の船員たちによって、修復されようとしていた。
 「彼らが採していたのはこんなに小さな球なのだ」
 ハーリマッドは四郎に球体の写真をみせた。
 「我々が、浮氷界から氷山を切り離す作業中に発見されたものなの
だ」
 「この球がなせ、そんなに大切なのだ」
27-
-
 「モの球は、外宇宙から飛来してきた。それは一つのメ″セージを
携えてきた。それに触れた者に膨大な知識を与えるのだ。すでに私
達の王国の首都マハドに設備されている受容器、それは一つのビル
の大きさに相当するのだか、に嵌め込まれたならば無限の大宇宙の
知識を我々に与えてくれるはずなのだ」
 「受容器はどうやって設計したのだ」
 「その球に最初に触れた者の頭に直接、投射されたのだ。その男は
電子工学にはまったく無知な作業員だったが、瞬時に設計図を書き
あげた。それを我々の王国の財力を持って作りあげたのだ」
 「その大宇宙の知識を君達ヤスラー王国一国で丁Λじめしようとす
るのかね」
 「違う」
 「それならば、七れをなぜ公表しない」
 「もし、一つの大国がそれをにぎったとすればどうなる。彼らはそ
れを利用して、この地球の支配をめざすかもしれんのだよ」
 「ヤごフー王国がそれをしないと断言できるのか」
 「できる。僕の心の中は君が覗けは、それはわかるはずだ」
 四郎はハーリマッドの心の中をさぐ(てみた。確かに地球支配と
いう様な邪心はない。ハーリマッド王子の心は静寂な一片の風景画
である。
 「わかった。あなたを信じよう。しかし、いずれはその知識は世界
へ公表されるのだろうね」
 「そうだ。そうすべきだと私は考えている。ただその時期が非常に
問題なのだ」
 「失礼します」
r'-゜y"-f9-W心
 シン。ヘル少佐が入ってきた。
 「テロリスト達の身元を割り出そうとしましたが、残念ながら、身
元がわかるようなものは所持しておりません。武器装備も中国製、
アメリカ製、ソ連製、イギリス製とパーフバラです。たた人種的には
中国系のよう・に見受けられます」
 「わかった。ありがとう、四郎、君をこんな大事件にまきこんです
まないと思っている。が、君のおかげで、私は助かっている事も事
実なんだ」
 「ハーリマッド王子、心配なさる事はありません。私は私かかえっ
て足手まといではないかと考えていたくらいです。それにあなたに
命を助けていただいてもいるのですから」
 「いや、この一連の事件は総て、私が原因なのだからね」
 「いや、王子、あなたは私に新しい世界を見させてくれたのですよ。
たぶん、私は王子にみつけたされていなけれは一介の工揃のままで
一生を終わったと考えております。こちらこそ本当に感謝していま
す」四郎は心から言った。
 「ありがとう、四郎」王子の眼には光るものがあった。
 四郎とハーリマッド王子は抱きあった。
 「運行できる状態に修復できました」
 シモノフ博士が、四郎に報告にきた。
「そうか。それでは、早速、出発しよう。赤道近くでいつまでもい
るわけにはいかん」
ジモノフ博士のめがねがキラッとまた光ってい

28
-
 太陽光線によっていくぶん溶解したザイード号は、ようやくマラ
ッカ海峡を抜けインド洋に入った。
  一週間は何事もなく過ぎ去っていく。四郎の学習はすばらしい進
歩を見せる。
 アラビア語、イスラム教、ヤスラー王国の地理など、睡眠学習に
よって、一定のレ。ヘルまで到達した。まるで本物のアラブ入のように。
 「アラマド大臣」
 アラマドは王子の声に呼ぱれ、部屋に入る。
 「何か、御用でございますか、ハーリマ″ド王子。おお、四郎様も
おられましたか」
 四郎と呼ぱれた方の男がアラマドに言った。
 「おい、アラマド、私かハーリマッド王子だよ」
 「えI、四郎様、御冗談を。が、しかし」
 アラマドは、二人の顔を見比らぺ、頭をかしけている。そしてび
っくりしたように頭をさげた。
 「お許し下さい。じいも年を取りました。自分の加主人かわからな
くなるとは、何たる不破」 `
 アラマドは泣き始めた。
「アラマド、泣く眼はないぞ。それほど、四郎は私にそっくりにな
C 4DJいう事だ。いい事ではないか。なあ、四郎」
「そうです。アラマド大臣、これで私もヤスラー王国へ行っても充
分役目を果たす事ができると思います」
 「ありかたい御言葉です」
 アラマドは床にひれ伏した。
J●
一-
一一
 突然、ザイード号全体が、震動した。爆発音が響いてきた。
 「何事がおこったんだ」
 四郎達は部屋の外へ飛び出した。四郎はこの時はハジム記者の姿
である。
 扉を出たとたん、数人○男達が銃を構えている。船員達はかりだ。
 「王子、艦橋へあが{ていただきましょう}
 船員の一人が言った。有無を言わさぬ様子だ。艦橋には、シモノ
フ博士が、悠然とすわっている。
 「博十六これはどういう事だ」
 シモノフは平然と答える。
 「簡単な事ですよ。これは反乱です」
 「反乱1 それにしては、君はいやに落ちついているな」
 ジモノフは、ニヤリと笑う。
 「私が、その反乱の指揮者ですからね」
 王子は驚く。
 「何だって、君が」
 「そうです。ハーリマッド王子。このザイード号は、すでに私の手
中にあります。この水船はマルディブに着ける予定です」
 「何!・ マルディブ。それじ?、君は」
 マルデ″ブにはソ速海軍基地があるのだ。
 「そう、私はKGBエージェントです。それにこの反乱には、ヤス
ラー王国の第二王子、第四王子の承認を得ているのです」
 「ヤスラー王国をソ連但にするつもりか」
 「いえいえ、そんなつもりはありません。友好国になりたいだけで
すよ。それに少しはかりの石油も入用ではありますが」
-29-
 ジモノフは王子を指さして言う。
 「それに、ハーリマ″ド王子、あなたをソ連に御招待いたしますよ。
我々のESP研究の材料としてね」
 シモノフは次に、四郎の方を向く。
 「それに、ハジム記者、いや日本人、白神四郎くん、君もソ運に来
ていただこう。理由は王子と同じだよ」
 「なゼ、俺達のESP能力の唄がわかったのだ」
 四郎はジモノフに問いただす。
 「マラ″カ海峡でのあのはでな行動では、いくら何でも隠すことは
できんだろう」
 『ジンベル少佐、ジソベル少佐』
 ハーリマ″ド王子は、親衛隊コマンドをテビハジーで呼んでいた。
 「残念ながら、勇敢なるシンベル少佐はこない」
 ジモノフは笑いながら言う。
 「なぜだ」
 「我々が、食事に毒を混入した。コマンド諸君は、全員死亡しただ
ろう。それにすでに、先行する潜水艦二隻も我々同志の手に陥ちて
いる。あきらめたまえ。ここまで、ごくろうだった」
 「ジモノフー 君はいつからKGBの手先S! 4;M’たんだ」
 ハーリマッド王子が叫んだ。怒りで顔の表情が変っている。
 「昔から、私はソ達人ですよ。が私がジモノフになったのは、あの
球体が発見されたが吋ですよ。本名はアレクサンドロフ大尉です、
どうぞお見知りおきを」
 アレクサンドロフと名のった男は、キザに腰を曲げておじぎをし
た。
W
-″-`W゛`マ
W
--

「それじて本物のジモノフ博士はどうしたのだ」
 アμクサンドロフはまゆをあげる。
「とっくに、北極の永久永原の下でおやすみg4j Cていますよ」
 目の前に、「剣の先」号と、「アラーの目」号が浮上した。本来
は、二隻とも、海面下でザイード号の護衛に当たるはずだったのだ
が。
 トロール船団が近づいてきて、水船「ザイード号」をとり囲み始
めた。トロール船団はジ速の情報収集船である。
 ハーリマッド王子と四郎はテレパシーで会話を行なっていた。近
くに見張‥リが立っているが、二人とも押し黙っている様に見える。
 『ジy.ヘル少佐は本当に死んだのだろうか』
 『わからん、ずっと、呼び続けているのだが反Cがないのだ』
 『潜水艦内を逸脱できないのですか』。
 『どうやら、対ESP能力訪客装置を使っているようだな』
 マルディブ諸島の島影が見えてくる。
 『四郎、また、協力してくれるか』
 『わかりました』
 『今、ちょうどこのブリッジの上空を飛んでいるヘリがあるだろう』
四郎は透視する。
 『ああ、ザイード号の艦載隨の一つですね』
 『あのヘリの下部に爆弾が装備されているのが透視できるだろう。
あれをこの上に落下させたいんだ』
 『艦橋の上に落下させようというのですね』
 『そうだ、いくぞ』
-30-
 二人はESP能力、念動力を共振させて働かさせる。
 ヘリの諌縦士は驚いた。勝手に爆弾がはずれたのだ。ねら
わず、小型爆弾はプリッジに落下する。
J-W¬-




 閃光が襲う。みはりの目を盲いさす。爆風が見張りの体をなき払
っ。二人は見張りのサブマジyがyをとりあげようとする。
 シモノフことアレクサンドロフが姿を現わす。肢は怒りを顔にあ。
らわしている。                          ・。
 「くそっ、君達の仕わざか」                    一・
 四郎と王子に向け、トカレフ拳銃を発射しよぅとする。瞬間、姿 ・
をあらわした男がいる。弾丸はその男の体にくいこむ。アラマドが ’
体を呈して、二人を守ったのだ。                 一
 王子は落ちていたマシンガンを取り上げ、一連射する。アレクサ ー
ンドロフの体はズタズタになって吹き飛ぶ。
 アラマド0体を王子か抱き上げる。               。・
 「アラマド、しりかりするんだ」
 アラマドは血を口からしたたらせながら笑顔を王子に見せる。
 「大丈夫でございます。あなたが王位に付くまでは、私は死ぬわけ
にはまいりません」
 しかし、かなりの重傷と見てとれる。至近距燧から、腹を打ち抜
かれている○だ。
 銃声を聞きつけて、他の船員が、押し寄せてくる。多勢に無勢だ。
 が、その時、ジソベル少佐の姿が炭野に入ってくる。
 ジyベル少佐の部下か、まず、サブマジyガンで、船員たちをな
ぎ倒し、進入洛を作る。それからダンベル少佐が突入してきた。
 ジソ‘ヘルか尋ねる。
「大丈夫ですか、王子」
「私は大丈夫だが、アラマド大臣が」
「大臣、しっかりして下さい。私が来た限り安心して下さい」
「君達は大丈央だったのか、少佐」
「いえ、残念ながら、3一4の者が、動けない状態です。我々は下の
脱出用ハ″チから登ってきたのです。が、王子、喜んで下さい。我
我の力で『剣の先』号は奪取しました。ただ艦長は射殺されており
ました」
 「では、『アラブの目』号はどうな○だ」
 「残念ながら『アラブの目』号は反乱分子に押さえられています」
 「よし、『アラブの目』号を吹き飛ばすのだ」
 「わかりました」
 ジンベルは暗号で、『剣の先』号へ連絡を送った。
 やがて、大きな水柱が、目にはいってくる。『アラブの目』号が
爆破されたのだ。
 ザイード号の側にいたy運の時報収集船が離れ始めた。
 ザイード号上でも、ジyベル少佐の指拝のもと、反乱分子は掃討
されっつあった。
 反乱が完全に鎮圧できたのは、半時間後であった。
 「よし、舵を、アラビア海に向けろ」
 ザイード号は、航行は可能でゐったが、防備設備は、ほとんど使
用できない。STOL随は総て、破壊されていた。ヘリは形勢を見
てマルディブヘ逃亡している。
 アラマド大臣の傷は悪化の一方であった。
31-
-
 一週間後、ザイード号は、オーマン湾に入っていた。
 シンベル少佐が王子に言った。
「あと、ホルムズ海峡をこえれば、もう。ヘルジア湾です。もう一歩
という所ですね」
「そうだ。。ヘルジア湾に入れぱ、ヤスラー王国海軍の海上哨戒艇が
迎えに来ている」
 ホルムズ海峡のイラyの基地キシムを一群のゲリラが襲撃を行な
っていた。この基地には対&ミサイルが装備されている。ゲリラか
ら、守備隊の立てこもるトーチカに毒ガス弾が射も・込まれた。青酸
ガスが・rlチカ全体に充満した。
 缶ガスマスクをかぶったゲリラが卜1チカに突入する。生き残’
ていた守備隊の兵士をTΛずつ処分していく。
 基地のコントロールHルームにはいったゲリラはコyソールを見
ながら、ザイード号がホルムズ海峡にはいってくるのを待構えてい
る。
 さらに、ホルムズ海峡の海底深くには、ソ迷タンカーの下部から
静かに沈下し、潜行していた小型戦闘基地が作動を始めていた。
 ゲリラが押さえているキシム基地のレーダーにザイード号が映っ
ている。ゲリラのリーダーは命令を下した。スイ。チが押された。
ミサイルぃサイロから中距離ミサイルか発射される。
 ザ”’Iド号から先行している「剣の先」号は、ソ連海中基地にと
らえられていた。
-
S.亀
W● ・
 ハーリマッド王子と四郎は、同時に危咳を感じていた。飛翔体だ。
一瞬、二人は思った。
『かなり大きな代物だな、我々の手に負えるものか』
 が選択の余地は゛ない。ザイード号は丸裸同然なのだ。彼らの持つ
ESP能力が最後に残された武器である。
 飛来してきたヽヽヽザイルの方向が、少しずつ上へと変化していく。
ゲリラたちは動きに気づく。二人は油汗をかいている。ンンベル少
佐はがんぱっている二人の姿を見ながらも、どうすることもできな
い。                        。
 二人の顔はまっ赤になり、今にも倒れそうだ。
 ミサイルは艦橋をかすめ、上空へと飛び去っていく。
 ゲリラの一入はレーダーを見ていた。彼は当然、命中と思った瞬
間、ザイード号が消滅していないので、愕然とした。
 おかしい。ゲリラのりIダーはもう一度、ミサイルを発射させよ
うと命令する。が、彼は二度と、ミサイルの飛び出すところを見る
事はできなかった。ヽヽヽザイル基地の異常に気づいた、イラソ軍の屯
軍のミサイルが、基地を吹き飛はしていたのだ。
 二人は息も絶え絶えだった。
 が二人のうち、ハーリマ″ド王子は、ソ連海中基地から「剣の先」
号から放たれた魚雷を感知していた。王子は最後の力をふりしぼ、
て、魚雷の方向をまげた。近距離から発射された魚雷を「剣の先」
号はよける余裕がなかったのだ。魚雷は潜水艦の鼻先をかすめ、飛
び去っていった。ソ運海中基地はすぐさま「剣の先」号の爆雷によ
って、反撃され、海のもくずと消えた。
=32-
 王子のただならぬ様子に気づいたのはジンベル少佐だった。
 「王子、王子、どうなされたのです。しっかりして下さい」
 四郎は、ミサイルヘの念動力を働かされたので体を動かせない。
声もほとんどでない。
 「お、王子ど、どう……」
 王子は、わずかに口を開こうとしたが、その体力も残っていない。
ミサイルと魚雷の方向転換は、彼の念動力の出力限界を越えていた。
彼は体にわずかに残っていた力をふりしぽ、てシンベル少佐にテレ
。ハシーで伝える。
 『いいか、ジyベル、今日この日から、この四郎がハーリマソド王
子だぞ。私の死体はハジム記者として処理しろ。これからは四郎の
命令を……』
 それが、彼の最後の言葉だった。一瞬、静寂がおこった。四郎は
苦しい思いの下から叫ぶ。
「王子! それは無理というものだ」
 四郎は、王子の死の前に泣き期れる。
 ブジヅジにアラマド大臣が、従者にかつがれて現われた。
 「アラマド、あなたは大丈夫なのですか」
 「いや、私も長くない。もうすぐ王子の後を追う。その前に皆に真
実を伝えておきたい」
「真実」
 アラマドの言葉に、皆、耳をかたむける。


いか、この四郎様は、ハーnノマッド王子の本当Q弟なのだ」
「何ですって」
「双子の王子を王妃はお生みになったのだ。しがし[人は私の手で
W四・7-・●S-?-゛I..・~`・---・一雫S-¶゛-・9-一摩‘
日本の王妃の親戚に預けられた。名前はジ″ド王子。それがあなた
の本名なのです。あなたは本当に正当なるヤスーフー王国の王子なの
です。皆、この方のいう事を聞くように。命令に従うのだ」
 これだけ言い終ると、床の上のアラマドは目を閉じた。
 「その話は本当なのですか」
 力を失なっている四郎は、アラマドの側までにじりよって尋ねた。
 「本当です」
 アラマドは再び、目を開ける。
 「王国でもわずかな者しかこの廣実を知らないのです。ぶ武者にな
ってくださいとお頼みしたのは、あなた様の人格を調べるためだっ
たのです。いずれ、御兄弟である事を、お二人にあかすつもりでは
いたのですが」
 「では、ハーリマッドエ子はこの事を」
 「加存知ではありませんでした」
 「兄さん!」
 四郎いや、ジャド王子は兄のなきがらを抱き、再び泣き始める。
 アラマドも静かに目を閉じた。再び目が開かれる頃はなかった。
 ジンベル少佐が、ジ″ド王子をだき起こす。
「我々は、あなたに忠誠を誓います」
「わかったシyベル少佐」
 四郎はそう言って、意識を失なった。ヤスラー王国の海上哨戒挺
が、近づいてくるのが見えた。
世界中の新聞、。テレビに、ハーリマッド王子のピ″グ=プロジェ
33-
-
クトが、多大な犠牲を払い、成功を収めたことが報じられた。
 氷山は、ヤスラー王国に純水を供給した。そして、球体は秘密裡
に、首都マハドにある特別研究所に運びこまれ、ヤスラー王国軍に
守られつつ、解読が進められている。
 ハーリマッド王子は正式にザイード王から王位継承を認められた。
ソ連と結託しようとしていた二人の王子は、反逆者として、民衆の
前で、斬首された。
 ハーリマッド王子こと、四郎は、王宮のベッドに横たわりながら、
T刀月前の出来眼は夢ではなかったと思い始めていた。
 あの日本の東京ですごした日々。
 あるいは、今の自分が、あの東京の安アパートの一室での夢では
ないをと思った。
 しかし、いずれにしても、この悪夢はまだまだ続くだろう。いや
醒める唄はないだろう。
 彼は、地球文明を打ちくだく事ができる、大いなる剣を手にして
いるのだから。
 が、それはまた、別の話になる。
〈作者覚書〉
「異郷」第2回は、お休みさせていただきます。物語を再構成して
いたので今回、書きあげる事ができませんでした。
「神よ、その必Pて闇を払いたまえ」第3回も、書きあがっており
ま汁ん。
つ’-=il
t=
さらに昔々の「新人類戦記」の最終回も書いておかないと気持ち
一が悪いのですが。
一 今年の夏、星群のアンソロジーに「ランナー」と
・ますのでお読み下さい。
レプ

う作品が載

-、4

34-
-


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.