195765 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

PR

フリーページ

●(編集終了)●義経黄金伝説● プロローグ


義経黄金伝説■第一章


義経黄金伝説■第二章


義経黄金伝説■第三章


義経黄金伝説■第四章の壱


義経黄金伝説■第四章の二


義経黄金伝説■第五章


義経黄金伝説■第六章


義経黄金伝説■第七章


義経黄金伝説■第八章


義経黄金伝説■第九章


義経黄金伝説■第十章


義経黄金伝説■ 終章


●(編集終了)■ロボサムライ駆ける■第1章


ロボサムライ■第二章新東京


ロボサムライ■第三章霊能師壱


ロボサムライ■第三章弐


ロボサムライ■第四章剣闘士壱


ロボサムライ■第四章弐


ロボサムライ■第四章参


ロボサムライ■第五章機械城壱


ロボサムライ■第六章古代都市


ロボサムライ■第七章血闘場


●編集終了●SF「ロボサムライ駆ける」第4章3





ロボット死闘人「石狩の福次郎」第1章


「石狩の福次郎」第2章


「石狩の福次郎」第3章


「石狩の福次郎」第4章


「石狩の福次郎」第5章


「石狩の福次郎」第6章


●(編集終了)●腐敗惑星● 1腐敗惑星のアリスに変更


腐敗惑星● (4)から


腐敗惑星● (7)から


腐敗惑星● (12)から


腐敗惑星● (16)から


腐敗惑星● (18)から


腐敗惑星● (20)から


腐敗惑星● (21)から


腐敗惑星● (22)から


●(編集終了)石の民1(1989年作品)IT石の民「君は星星の船に変更


石の民「君は星星の船」■第2章 石の男


石の民「君は星星の船」■第3章 光二


石の民「君は星星の船」■第4章 ミニヨン


石の民「君は星星の船」■第5章 アルナ


●(編集終了)聖水紀1(1990年作品)聖水紀ーウオーター・ナイツーに変更


聖水紀■2


聖水紀■3


聖水紀■4


聖水紀■5


聖水記■6


聖水記■7


聖水紀■8


●編集終了●聖水紀3(1990年作品)


●編集終了●聖水紀4(1990年作品)


●編集終了●聖水紀5(1990年作品)


●未完成作品群


■花郎(フアラン)未完成(1994年)■


■機械生命(1994年)未完■


元興寺の鬼(未完)


■「夢千代」未完


「幻視者狩り」(未完)


★(編集終了)●青き騎士(1992年)私の中の彼へー青き騎士ーに変更


■ドラッグ=ウォーYK夢王たちの饗宴--ドラッグウォーの跡でーに変更


「幻視者狩り」(未完)


★編集終わりガーディアンルポ01「最終列車」1から


★編集済★ガーディアンルポ02「人間樹の星」編集中


●(編集終了)ガーディアンルポ03「洪水」


ガーディアンルポ04「ドリーマー」


●編集終了●封印惑星●(1987年作品)


★編集終わり★東京地下道1949■第1回から


地下道1949■第11回から


★消滅の光景と改題●編集中(1988年)コンテンツあり


★消滅の光景と改題●搭-消滅の風景(1988年編集中-後半


★消滅の光景と改題●塔ー20070319編集中ー前


★消滅の光景と改題●塔ー20070319編集中ー後


●ドリーマーインヒズドリーム(1987年)


●(編集終了)●インザダスト(1986年)


★インザダスト(後半部分)44P以降 コンテンツあり


●(編集終了)●山稜王(1987年)


山稜王(編集中)2007


山稜王105ページから


★ジャップスデイズ(1988年)(編集終了)「日本人の日」として予定


★ジャップス=デイズ ビッグオープニンング〉ー日本人の日として発表


●編集終了●哀ランド(1989年)


●編集終了●青き騎士(1992年)


●編集終了●涙石の伝説(1976年)


異郷(1977年)


★緑なす星にて(1978年)編集中コンテンツあり


★ザ・ゲーム(1979年)編集中コンテンツあり


●神よ、その腕もて1(1980年)●編集中コンテンツあり


★神よ、その腕もて2(1981年)編集中コンテンツあり


●編集終了●「支配者たち」(ハーモナイザー01)


飛鳥京香作品01


飛鳥京香作品リスト「作成中」02


●(編集終了)ランナー地球防衛機構第1回より5回まで


ランナー第6回から10回まで


ランナー第11回から第18回


●編集終了●聖水記(2007年改訂版予定)


聖水紀1990/6/9ー02


聖水紀1990/6/9


聖水紀1990/6/9(4)


聖水紀1990/6/8(5)


セイスイ記05


聖水紀[8]


★ザ・キング・オブドリーム創造者の夢1 編集終わり


ザ・キング・オブ・ドリーム創造者の夢2


ザ・キング・オブ・ドリーム創造者の夢3


●デュエット1


●デュエット2


●(編集終了)インザダストー070616調整中ー44ページまで


■インザダスト070616調整44ページ以降


■ドリーマーインヒズドリーム0706調整中


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第1章


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第2章


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第3章


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第4章


山田企画事務所 作品解説 あらすじ


山田企画事務所作品解説


■小説工房■作品解説■あらすじ


●スマートフォン用小説


★編集済■源義経黄金伝説■一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。


山田企画事務所ブログ一覧


人気ブログランキングへ


小説家になりたい サイトで 飛鳥京香名義で投稿済み小説一覧全29作品一覧


★クリス・クロスマンという名の箱船(編集済)コンテンツあり●


★神よ、その腕もて闇を払いたまえ2(編集中)コンテンツあり


★神よ、その腕もて闇を払いたまえ上(編集中)コンテンツあり


サイド自由欄


山田企画事務所は、ビジネス・マンガ制作事務所です。



義経黄金伝説 イメージイラストラフ 本田トヨタ作

『YG源義経黄金伝説■一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。源義経は平泉にて鎌倉を攻めようと』山田企画事務所・YG源義経黄金伝説■ ●源義経黄金伝説全編にリンクシテマス。
山田企画事務所は、ビジネス・マンガ制作事務所です。


■ユーチューブ■youtube.com●how to draw manga●
http://www.youtube.com/user/yamadakikaku2009


-------------------------------------------------------山田企画事務所は、ビジネス・マンガ制作事務所です。

■ビジネス マンガ制作・山田企画事務所■Business-Manga agency■
広告用マンガ、商品・サービス マンガマニュアル、社内社員教育 マンガマニュアル、販促用キャラクターグッズなどのビジネス マンガの制作は、山田企画事務所までご相談下さい。デザイン業務、印刷。ウエッブ業務は他の会社と提携し制作させていただきます。


山田企画事務所・関連サイト
mangatraining

how to draw manga
jedis.org

manga-training

manga-training.com ●manga-agency.com ●suzuki-junko.com ●mekamushi.com

yamada-kikaku

yamada-hiroichi.com ●how to draw manga ●event-art seminerイベント案内 ●Scenery in japan01風景写真 ●風景写真Scenery in japan02
風景写真Scenery in japan03 ●風景写真Scenery in japan04
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
----------------------------------------------------

!山田企画事務所ピンタレストーすべてyoutube動画にリンクしてます!
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/ 御覧ください
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/


pinterest01-01 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest02 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest03 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest04 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest05 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest06 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest07 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest08 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest09 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest10 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest11 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest12 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/

yamadakikaku 山田企画・山田博一の写真帳を御覧ください・
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/ 御覧ください
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
------------------------------------------
■山田企画事務所・飛鳥京香・小説集です。

●YG源義経黄金伝説■
一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。
源義経は平泉にて鎌倉を攻めようと?
https://ncode.syosetu.com/n1703dc/

●BK私の中の彼へー青き騎士ー
異星の生命体《アイス》と人の戦争で、少女暗殺組織ローズバットの沙織は、共生装甲機体・零号を操る独立装甲歩兵・翔と恋に落ちる。
沙織には過酷な運命が待っていた。彼女は人類を新たな旅へ導く。
https://ncode.syosetu.com/n5222dc/


●TC東京地下道1949■ 
1949年日本トウキョウ。 太平洋戦争の日本敗戦により、日本はアメリカ軍とソビエト軍に、分割占領。
生き残った少年少女はどう生きるのか。それからの過酷なる日本の運命は?
https://ncode.syosetu.com/n1603de/


●TD「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説」
 故郷、神立山の伝説は、僕、日待明にあらたなる人生の選択を迫る。彼女は何者であったのか?
私は地球人でなく観察者として地球の長い歴史に関与したことをしる。
https://ncode.syosetu.com/n9669cz/


●RSロボサムライ駆ける■
「霊戦争」後、機械と自然が調和、人間とロボットが共生。日本・東京島「徳川公国」のロボット侍、
早乙女主水が 日本制服をたくらむゲルマン帝国ロセンデールの野望を挫く戦いの記録。
https://ncode.syosetu.com/n2492db/


●KIアイランド■暗殺者の島■
 かって存在したエルドラド、サンチェス島で、地球連邦軍暗殺チーム「レインツリー」
に属する暗殺者2人の対決。
https://ncode.syosetu.com/n3928db/


●YK夢王たちの饗宴--ドラッグウォーの跡でー
(麻薬戦争の跡)夢世界の入り組んだ異世界、最高のドリームマスター,夢王は、だれなのか?
なぜ、この世界はできたのか?
https://ncode.syosetu.com/n7285dc/


●CP封印惑星
 封印された地球で情報収集端子であるユニーコーン・新機類は、天空の光矢を見る。
それは新地球の解放者、世界樹の出現する。予兆である。
https://ncode.syosetu.com/n1512de/


●AFアリス・イン・腐敗惑星ー寂寥王の遺産ー
宇宙連邦の監視機構の元で、腐敗惑星内で新生命トリニティが蘇生し、世界の秩序を変える動きが始まる。
https://ncode.syosetu.com/n6825dd/




●KZガーディアンルポ03「洪水」
 廃墟で、人類最後の生存者カインは地球滅亡を迎え。彼は生命形を変え自分から精強なる生物兵器に変貌、
地球を再生し敵へ復讐を硬く誓う。
https://ncode.syosetu.com/n1503de



●UK宇宙から還りし王■
初めて新宇宙への門「タンホイザーゲイト」から帰還した男ネイサンは、今、
ゼルシア国自然保護区、ラシュモア山で王国を建設。みづから発する言葉で、人類を次の高みへと進化させようとする。
https://ncode.syosetu.com/n1598de/


●RUN遙かなる絆-ランナー●
 地球と月を結ぶ「ムーンウェイ」から話は始まる。連邦軍「サイボーグ公社」に属するロードランナー,ヘルム。
マコトは超能力者。2人は月で人類外の野望を砕く、新世界の人類の出現が始まる。
https://ncode.syosetu.com/n1867de/


●「支配者たち」(ハーモナイザー01)
世界樹ハーモナイザーの支配する宇宙での、2人の宇宙飛行士の物語。
これは現実か夢なのか「もちろん、あの人は私の夢の一部分よ。でも、私も、あの人の夢の一部なんだわ」
https://ncode.syosetu.com/n1894de/


●「クアイアーボーイズ」
地球は絶滅の縁にあり。敵ROW」は、生命体ミサイルを発射。
意思を持つ「生物体機雷」が人類戦士として。敵とであった彼はいかに。
https://ncode.syosetu.com/n0015da/

カテゴリ

小説工房作品

(414)

ロボサムライ駆ける2011

(147)

黄金のまどろみ

(7)

アリス・イン・腐敗惑星ー寂寥王の遺産ー

(2)

アイランド

(13)

「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説

(21)

源義経黄金伝説2010版(短縮版)

(130)

東京地下道1949

(49)

遙かなる絆-ランナー

(3)

私の中の彼へー青き騎士ー

(89)

宇宙(そら)から還りし王(山陵王・改題)

(33)

地下道1949

(18)

漫画家になるには(漫画家になる友)

(34)

キング・オブ・ドリームス

(68)

トリニテイ・イン・腐敗惑星

(63)

ランナー

(18)

義経黄金伝説

(141)

ロボザムライ

(46)

ガーデイアンレポシリーズ

(20)

ハーモナイザーシリーズ

(28)

山田企画事務所のお知らせ

(33)

私の中に彼へ

(4)

夢王たちの宴ードラッグ戦争の痕でー

(28)

ガーディアンルポ03「洪水」

(26)

ゲーム

(1)

お知らせ

(22)

suzuki-junko.com 鈴木純子作品より

(2)

涼し気なる琵琶湖の波音

(3)

youtube・HPにマンガの描き方

(13)

源義経黄金伝説2015年版

(64)

yamadakikaku写真帳

(28)

!山田企画事務所youtube動画

(19)

VisitJapan.info

(20)

漫画の描き方youtube

(14)

封印惑星(ハーモナイザーシリーズ02)

(1)

源義経黄金伝説■2017版

(2)

●源義経黄金伝説●2018版

(76)

STAY HOME

(4)

インザダスト

(11)

石の民

(32)

歴史

(2)

聖水紀

(1)

消滅の光景

(10)

ガーディアンルポ01「最終列車」

(4)

ザ・ゲーム(1979年作品)

(4)

お気に入りブログ

パナソニック電動自… New! いにしえ写真館さん

ビジネス企画塾(山… yamadas00115さん
山田企画事務所_研… yamadas3さん
広告漫画制作・山田… shugyo_mangaさん
仕事術・手帳術・整… 0115yamadasさん
マンガ広告制作/山田… manga_ka_naruさん
SF小説「アイランド… 飛鳥京香16さん
飛鳥京香「日本人の… 飛鳥京香15さん
「宇宙から還りし王… 飛鳥京香14さん
夢王たちの宴ードラ… 飛鳥京香13さん

日記/記事の投稿

バックナンバー

プロフィール


yamadas0115

2017.04.04
XML
「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説」第2回
作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://syosetu.com/usernovelmanage/top/ncode/779592/

第2回
 僕は、いま 1975年ー昭和50年ーの思い出の中にいる。
 正直にいうと実は、「なみだ石」を一つ持っているのだ。

 東京へでてからの僕は人づきあいの悪い人間だった。
特異な風貌、まるで禁欲的な僧侶にみえた。
なみはずれた長身、それにどことなく体から発する毅然たる態度。

 こんな僕でも恋はする。

 その彼女、香月和子こうつきかずこに出会ったのは、去年1974年の十二月。仕事の関係で知り合った。
 彼女の眼をみた僕ははっととする。
同じ種類の入間だ。

 僕は彼女に必死で話しかけ、最後には彼女が同じ頭屋村の出だとわかった。幼ない頃、村を出た僕が知らないはずだった。
彼女と知り合い、それ以後私は彼女にひかれていた。
ずっと昔から彼女を愛しているように思えた。

それからの僕の行動は、あらゆることを投げすて、彼女に会うこと、
それがわびしかった生活をなぐさめる生きる力。

 けれども、彼女にはどこか近づきがたいところがあった。
外見は20才くらいにみえるのだが。
僕と話をすると、僕がたちうちできほいほどの知識をもっていた。
まるで何百年もいきているように感じられた。

「あなたと同じようが寂しい眼をしている人々、この世の中
そう地球といってもいいわ、でやさし過ぎて生きてはいけない人々
をさがし、そんな人達を幸福にみちびいてあげるのが私なの」

 ある時、彼女は私の眼をじっとのぞきこみながらいった。

「でも残念ながら、あなたは私達の仲間にはなれない」
「仲間だって」
「そう仲間よ。一緒に長い旅にてる仲間」

「旅?」
「私達、旅立つ日が近づいている」
 彼女はさびしそく言う。
「二度と、、、
「会えなくなる」
「そんな」

「悲しい?。そう、、これをあげる」
 彼女が僕にわたしてくれたのは、ちっぽけな石。
「これは何」

 僕は立ちあがった彼女を見上げながらたずねた。
「なみだ石」

 彼女は去っていった。
「なみだ石」 僕はつぶやく。

きらきら光るそのなみだ石をじっとながめる。
彼女のあとは追いかけなかった。
 なみだ石、

聞いたことがある。その時はっきり思いだせなかった。

そうだ、ときずいた僕はさっそく下宿にとんでかえる
。もう一度、なみだ岩伝説の事を読みかえす。

 そして、決心した。涙岩をみよう。
ふるさとへ帰ろう、、と。

そうそう,僕、日待明の道ずれについて話すのをわすれていた。
知り合いといっても最近知り合ったばかり。

彼。名前は滝光一郎という。いわゆるフリーターだと本人は言っている。
知り合いになった理由は、ほんの偶然で「なみだ石」をみせてしまったからなのだ。

滝はとてもおもしろい奴だったが、こと、なみだ石のことではしっこく聞き、とうとう一緒に「涙岩」を見るために、頭屋村までついてくることになった。


僕は滝を連れてきたくなかった。
他の地域の人間には見せたくないのだ。
が、滝は、不思議にあまりに執拗に食い下がった。
何があるのだ。
唯一の知り合いなので、無下にことわることができない。

「おい、日待よ、明よ。「カンタチ」駅、この駅じゃないのか」 
色んなことを考えているうちに、やっとお目当ての駅にたどりついた。

 駅の出札口で、駅員(といっても契約社員か)が、私達に話をしかけてきた。 
「あんたら、東京の方からきなすったかね」

「ええ、そうですけれど」
 僕が、答えた。

「いやな。感でいうたんだが、近頃、このーカ月の間に、このカンタチ駅で降りる人がたくさんふえてね。それであんたら神立山カンタチヤマの方へやっぱりいくかね」

「ええ、、、やっぱりの口ですな」
そらなという表情で
滝は答え、僕の顔を見てニヤリと笑った。

「へえ、仲間がいっぱいか。涙岩のことが知られているのか。雑誌でも紹介されたかな、さては」
 僕は、僕でやはり、こない方がよかったかなあ、それにこの滝も、、と後悔しはじめる。

「いや、そんなことはないはずだよ。涙岩が、どんな新聞、雑誌にも記事になたったことがない。滝、君の方がよくしってるだろう」

「そうだな。神立山の方で他に何か祭事があるのか。まあ、いいや。あ、どうやらあそこがパス停らしいぞ。レンターカーはない?なにのだな。人口がないから、、商売にならんから、、か」

 滝は、しゃべっている間、しきりにズボンの内ポケットの中に手をつっこんでいじりまわしている。

「滝、何を、そういらいらいじくりまわしている」
「いや何も」
 こんどは、ジャケットの内ポケットに手をつっこんでいる。
「日待よ。これは俺の個人的な性癖ってやつだ。あまりつっくっ子無と友達なくすぞ。って俺しかいないか友達は、なあ明クンよ」
探し物か?僕はいぶかしく思った。内をそわそわ。

つまりは、僕の存在より、カンタチヤマへの手がかりとして僕に近づいてきた。という疑念が僕におこる。


とはゆえ、バスは、十人ほどの近くの村人達をのせて走りだす。

 僕は彼女に頭屋村で会えそうな気がしてきた。

彼女に会いたい。
一目でいい。

あの人は頭屋材出身だといっていた。

駅員が神立山の方へ行く人がふえたと言っていた。ひよっと
してその中に彼女がはいっていないだろうか。

いや絶対に帰っているに違いないと僕は思った。

僕の、自分でいうのも何だが、このロマンスというか、純真さが後で大惨事を起こすとは。思っちゃいなかった。そして僕の人生も変えてしまうとは。

それは、この田舎バスから始まったのだ。

 バスは、そう考えにふけっている僕を乗せ、
神立山へむかって坂を下りたり峠を上たり、森林を抜け走る。
あちこちに点在した人家がたまにみえる。しかしめづかしく、でこぼこ道だ。
あまり乗りごこちはよくない。

「日待、何かへんな気分だな。僕の方をみているようだ」
と、滝は、僕、日待明ひまちあきらの名前を気安く呼ぶ。

「気にするなよ。僕らのかっこが目立つからだろう・・」

「しかしだな。テレピというものがあるだろう。こいつら、テレビで東京の人間を見たことがないか」
「滝、いいわすれていたけれど、神立山の方は日本でめずらしく電気がとおっていない。だからもちろん、
テレビもみずらい。新聞・郵便物は1週間にまとめてだ」
 「へえーー、まるで日本の秘境か、まだ日本にあったか、、だな」
 滝がしゃぺった。

 「あんたらも、神立山の方へいくだか」
後の座席から、急に声がしてびっくりした。後ろには、市外地の途中のバス停で降りたらしく、もう4人しかいない。
 滝がふりかえって答えた。「ええ、そうですけれど」
 僕も後を見る。後の方の座席に80才くらいの男の老人がちょこんと腰掛けて、僕たちの方をにらんでいる。
「僕は、頭屋村トウヤムラの出なんです。頭屋村へかえるんです」
 僕が答えた。
「へえ,、そうかいね。,頭屋村のもん近頃、ようバスにのっとるで。また危ない」
「また頭屋村で人がようけいてなくなるやろらだろう・・」
「あんた、そのこというたらいかんがね」
老人の隣にいる老婆が、きつい調子でたしなめた。
「そうやったな。あのこと、を、しゃべったら、それも他の村のものがいうたら、タタリがあるの
やなあ。クワバラ、タワバラやは」
「おじいさん、ひょっとしたら涙岩伝説のことと違う」
滝がしゃぺった。
老人達は、しわい顔をしてだまりこむ。パスの中は、異様なふんいきだった。

やがて、老婆が訟もいきったようすでいった。
「そっちのにいちゃは、頭屋村の人だけど、いま、あのことをいったにんちゃは。村の人と違う
ようだね。そのことは、口にせん方が身のためだ」
「これや、これ」
今度は、老人の方が老婆をたしなめた。いっているのが聞こえてくる。

「ちえっ、しったことかいな」 滝が後を見ずに悪態をつく。
 その老人達は、次のパス停で降りていった。残りの2人も山の中に点在するバス停で逃げるよう降りていった。
 奥深い山の中を走るパスの中には僕たち二人だけ。

 年の若いニキピづらの運転手が、バスを止め、座席から振り返り話しかけてきた。迷惑そうに、たづねる。
 「あんたら、キクけどさ。本当に頭屋村までいくの?」

(続く)作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所
http://syosetu.com/usernovelmanage/top/ncode/779592/






最終更新日  2017.04.04 23:31:54
コメント(0) | コメントを書く
[「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.