000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

飛鳥京香/SF小説工房(山田企画事務所)

PR

フリーページ

●(編集終了)●義経黄金伝説● プロローグ


義経黄金伝説■第一章


義経黄金伝説■第二章


義経黄金伝説■第三章


義経黄金伝説■第四章の壱


義経黄金伝説■第四章の二


義経黄金伝説■第五章


義経黄金伝説■第六章


義経黄金伝説■第七章


義経黄金伝説■第八章


義経黄金伝説■第九章


義経黄金伝説■第十章


義経黄金伝説■ 終章


●(編集終了)■ロボサムライ駆ける■第1章


ロボサムライ■第二章新東京


ロボサムライ■第三章霊能師壱


ロボサムライ■第三章弐


ロボサムライ■第四章剣闘士壱


ロボサムライ■第四章弐


ロボサムライ■第四章参


ロボサムライ■第五章機械城壱


ロボサムライ■第六章古代都市


ロボサムライ■第七章血闘場


●編集終了●SF「ロボサムライ駆ける」第4章3





ロボット死闘人「石狩の福次郎」第1章


「石狩の福次郎」第2章


「石狩の福次郎」第3章


「石狩の福次郎」第4章


「石狩の福次郎」第5章


「石狩の福次郎」第6章


●(編集終了)●腐敗惑星● 1腐敗惑星のアリスに変更


腐敗惑星● (4)から


腐敗惑星● (7)から


腐敗惑星● (12)から


腐敗惑星● (16)から


腐敗惑星● (18)から


腐敗惑星● (20)から


腐敗惑星● (21)から


腐敗惑星● (22)から


●(編集終了)石の民1(1989年作品)IT石の民「君は星星の船に変更


石の民「君は星星の船」■第2章 石の男


石の民「君は星星の船」■第3章 光二


石の民「君は星星の船」■第4章 ミニヨン


石の民「君は星星の船」■第5章 アルナ


●(編集終了)聖水紀1(1990年作品)聖水紀ーウオーター・ナイツーに変更


聖水紀■2


聖水紀■3


聖水紀■4


聖水紀■5


聖水記■6


聖水記■7


聖水紀■8


●編集終了●聖水紀3(1990年作品)


●編集終了●聖水紀4(1990年作品)


●編集終了●聖水紀5(1990年作品)


●未完成作品群


■花郎(フアラン)未完成(1994年)■


■機械生命(1994年)未完■


元興寺の鬼(未完)


■「夢千代」未完


「幻視者狩り」(未完)


★(編集終了)●青き騎士(1992年)私の中の彼へー青き騎士ーに変更


■ドラッグ=ウォーYK夢王たちの饗宴--ドラッグウォーの跡でーに変更


「幻視者狩り」(未完)


★編集終わりガーディアンルポ01「最終列車」1から


★編集済★ガーディアンルポ02「人間樹の星」編集中


●(編集終了)ガーディアンルポ03「洪水」


ガーディアンルポ04「ドリーマー」


●編集終了●封印惑星●(1987年作品)


★編集終わり★東京地下道1949■第1回から


地下道1949■第11回から


★消滅の光景と改題●編集中(1988年)コンテンツあり


★消滅の光景と改題●搭-消滅の風景(1988年編集中-後半


★消滅の光景と改題●塔ー20070319編集中ー前


★消滅の光景と改題●塔ー20070319編集中ー後


●ドリーマーインヒズドリーム(1987年)


●(編集終了)●インザダスト(1986年)


★インザダスト(後半部分)44P以降 コンテンツあり


●(編集終了)●山稜王(1987年)


山稜王(編集中)2007


山稜王105ページから


★ジャップスデイズ(1988年)(編集終了)「日本人の日」として予定


★ジャップス=デイズ ビッグオープニンング〉ー日本人の日として発表


●編集終了●哀ランド(1989年)


●編集終了●青き騎士(1992年)


●編集終了●涙石の伝説(1976年)


異郷(1977年)


★緑なす星にて(1978年)編集中コンテンツあり


★ザ・ゲーム(1979年)編集中コンテンツあり


●神よ、その腕もて1(1980年)●編集中コンテンツあり


★神よ、その腕もて2(1981年)編集中コンテンツあり


●編集終了●「支配者たち」(ハーモナイザー01)


飛鳥京香作品01


飛鳥京香作品リスト「作成中」02


●(編集終了)ランナー地球防衛機構第1回より5回まで


ランナー第6回から10回まで


ランナー第11回から第18回


●編集終了●聖水記(2007年改訂版予定)


聖水紀1990/6/9ー02


聖水紀1990/6/9


聖水紀1990/6/9(4)


聖水紀1990/6/8(5)


セイスイ記05


聖水紀[8]


★ザ・キング・オブドリーム創造者の夢1 編集終わり


ザ・キング・オブ・ドリーム創造者の夢2


ザ・キング・オブ・ドリーム創造者の夢3


●デュエット1


●デュエット2


●(編集終了)インザダストー070616調整中ー44ページまで


■インザダスト070616調整44ページ以降


■ドリーマーインヒズドリーム0706調整中


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第1章


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第2章


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第3章


ミュータントウオーズ(超人類戦記)第4章


山田企画事務所 作品解説 あらすじ


山田企画事務所作品解説


■小説工房■作品解説■あらすじ


●スマートフォン用小説


★編集済■源義経黄金伝説■一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。


山田企画事務所ブログ一覧


人気ブログランキングへ


小説家になりたい サイトで 飛鳥京香名義で投稿済み小説一覧全29作品一覧


★クリス・クロスマンという名の箱船(編集済)コンテンツあり●


★神よ、その腕もて闇を払いたまえ2(編集中)コンテンツあり


★神よ、その腕もて闇を払いたまえ上(編集中)コンテンツあり


サイド自由欄


山田企画事務所は、ビジネス・マンガ制作事務所です。



義経黄金伝説 イメージイラストラフ 本田トヨタ作

『YG源義経黄金伝説■一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。源義経は平泉にて鎌倉を攻めようと』山田企画事務所・YG源義経黄金伝説■ ●源義経黄金伝説全編にリンクシテマス。
山田企画事務所は、ビジネス・マンガ制作事務所です。


■ユーチューブ■youtube.com●how to draw manga●
http://www.youtube.com/user/yamadakikaku2009


-------------------------------------------------------山田企画事務所は、ビジネス・マンガ制作事務所です。

■ビジネス マンガ制作・山田企画事務所■Business-Manga agency■
広告用マンガ、商品・サービス マンガマニュアル、社内社員教育 マンガマニュアル、販促用キャラクターグッズなどのビジネス マンガの制作は、山田企画事務所までご相談下さい。デザイン業務、印刷。ウエッブ業務は他の会社と提携し制作させていただきます。


山田企画事務所・関連サイト
mangatraining

how to draw manga
jedis.org

manga-training

manga-training.com ●manga-agency.com ●suzuki-junko.com ●mekamushi.com

yamada-kikaku

yamada-hiroichi.com ●how to draw manga ●event-art seminerイベント案内 ●Scenery in japan01風景写真 ●風景写真Scenery in japan02
風景写真Scenery in japan03 ●風景写真Scenery in japan04
本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ
----------------------------------------------------

!山田企画事務所ピンタレストーすべてyoutube動画にリンクしてます!
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/ 御覧ください
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/


pinterest01-01 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest02 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest03 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest04 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest05 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest06 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest07 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest08 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest09 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest10 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest11 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
pinterest12 http://www.pinterest.com/yamadakikaku/

yamadakikaku 山田企画・山田博一の写真帳を御覧ください・
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/ 御覧ください
http://www.pinterest.com/yamadakikaku/
------------------------------------------
■山田企画事務所・飛鳥京香・小説集です。

●YG源義経黄金伝説■
一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。
源義経は平泉にて鎌倉を攻めようと?
https://ncode.syosetu.com/n1703dc/

●BK私の中の彼へー青き騎士ー
異星の生命体《アイス》と人の戦争で、少女暗殺組織ローズバットの沙織は、共生装甲機体・零号を操る独立装甲歩兵・翔と恋に落ちる。
沙織には過酷な運命が待っていた。彼女は人類を新たな旅へ導く。
https://ncode.syosetu.com/n5222dc/


●TC東京地下道1949■ 
1949年日本トウキョウ。 太平洋戦争の日本敗戦により、日本はアメリカ軍とソビエト軍に、分割占領。
生き残った少年少女はどう生きるのか。それからの過酷なる日本の運命は?
https://ncode.syosetu.com/n1603de/


●TD「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説」
 故郷、神立山の伝説は、僕、日待明にあらたなる人生の選択を迫る。彼女は何者であったのか?
私は地球人でなく観察者として地球の長い歴史に関与したことをしる。
https://ncode.syosetu.com/n9669cz/


●RSロボサムライ駆ける■
「霊戦争」後、機械と自然が調和、人間とロボットが共生。日本・東京島「徳川公国」のロボット侍、
早乙女主水が 日本制服をたくらむゲルマン帝国ロセンデールの野望を挫く戦いの記録。
https://ncode.syosetu.com/n2492db/


●KIアイランド■暗殺者の島■
 かって存在したエルドラド、サンチェス島で、地球連邦軍暗殺チーム「レインツリー」
に属する暗殺者2人の対決。
https://ncode.syosetu.com/n3928db/


●YK夢王たちの饗宴--ドラッグウォーの跡でー
(麻薬戦争の跡)夢世界の入り組んだ異世界、最高のドリームマスター,夢王は、だれなのか?
なぜ、この世界はできたのか?
https://ncode.syosetu.com/n7285dc/


●CP封印惑星
 封印された地球で情報収集端子であるユニーコーン・新機類は、天空の光矢を見る。
それは新地球の解放者、世界樹の出現する。予兆である。
https://ncode.syosetu.com/n1512de/


●AFアリス・イン・腐敗惑星ー寂寥王の遺産ー
宇宙連邦の監視機構の元で、腐敗惑星内で新生命トリニティが蘇生し、世界の秩序を変える動きが始まる。
https://ncode.syosetu.com/n6825dd/




●KZガーディアンルポ03「洪水」
 廃墟で、人類最後の生存者カインは地球滅亡を迎え。彼は生命形を変え自分から精強なる生物兵器に変貌、
地球を再生し敵へ復讐を硬く誓う。
https://ncode.syosetu.com/n1503de



●UK宇宙から還りし王■
初めて新宇宙への門「タンホイザーゲイト」から帰還した男ネイサンは、今、
ゼルシア国自然保護区、ラシュモア山で王国を建設。みづから発する言葉で、人類を次の高みへと進化させようとする。
https://ncode.syosetu.com/n1598de/


●RUN遙かなる絆-ランナー●
 地球と月を結ぶ「ムーンウェイ」から話は始まる。連邦軍「サイボーグ公社」に属するロードランナー,ヘルム。
マコトは超能力者。2人は月で人類外の野望を砕く、新世界の人類の出現が始まる。
https://ncode.syosetu.com/n1867de/


●「支配者たち」(ハーモナイザー01)
世界樹ハーモナイザーの支配する宇宙での、2人の宇宙飛行士の物語。
これは現実か夢なのか「もちろん、あの人は私の夢の一部分よ。でも、私も、あの人の夢の一部なんだわ」
https://ncode.syosetu.com/n1894de/


●「クアイアーボーイズ」
地球は絶滅の縁にあり。敵ROW」は、生命体ミサイルを発射。
意思を持つ「生物体機雷」が人類戦士として。敵とであった彼はいかに。
https://ncode.syosetu.com/n0015da/

カテゴリ

小説工房作品

(414)

ロボサムライ駆ける2011

(165)

黄金のまどろみ

(7)

アリス・イン・腐敗惑星ー寂寥王の遺産ー

(2)

アイランド

(13)

「染み入れ、我が涙、巌にーなみだ石の伝説

(21)

源義経黄金伝説2010版(短縮版)

(130)

東京地下道1949

(49)

遙かなる絆-ランナー

(3)

私の中の彼へー青き騎士ー

(89)

宇宙(そら)から還りし王(山陵王・改題)

(33)

地下道1949

(18)

漫画家になるには(漫画家になる友)

(34)

キング・オブ・ドリームス

(68)

トリニテイ・イン・腐敗惑星

(63)

ランナー

(18)

義経黄金伝説

(141)

ロボザムライ

(46)

ガーデイアンレポシリーズ

(20)

ハーモナイザーシリーズ

(28)

山田企画事務所のお知らせ

(33)

私の中に彼へ

(4)

夢王たちの宴ードラッグ戦争の痕でー

(28)

ガーディアンルポ03「洪水」

(26)

ゲーム

(1)

お知らせ

(22)

suzuki-junko.com 鈴木純子作品より

(2)

涼し気なる琵琶湖の波音

(3)

youtube・HPにマンガの描き方

(13)

源義経黄金伝説2015年版

(64)

yamadakikaku写真帳

(28)

!山田企画事務所youtube動画

(19)

VisitJapan.info

(20)

漫画の描き方youtube

(14)

封印惑星(ハーモナイザーシリーズ02)

(1)

源義経黄金伝説■2017版

(2)

●源義経黄金伝説●2018版

(76)

STAY HOME

(4)

インザダスト

(11)

石の民

(32)

歴史

(2)

聖水紀

(1)

消滅の光景

(15)

ガーディアンルポ01「最終列車」

(5)

ザ・ゲーム(1979年作品)

(5)

お気に入りブログ

パナソニック電動自… いにしえ写真館さん

ビジネス企画塾(山… yamadas00115さん
山田企画事務所_研… yamadas3さん
広告漫画制作・山田… shugyo_mangaさん
仕事術・手帳術・整… 0115yamadasさん
マンガ広告制作/山田… manga_ka_naruさん
SF小説「アイランド… 飛鳥京香16さん
飛鳥京香「日本人の… 飛鳥京香15さん
「宇宙から還りし王… 飛鳥京香14さん
夢王たちの宴ードラ… 飛鳥京香13さん

日記/記事の投稿

バックナンバー

プロフィール


yamadas0115

2020.05.25
XML

ファンタジー・SF小説ランキング

源義経黄金伝説■一二世紀日本の三都市(京都、鎌倉、平泉)の物語。平家が滅亡し鎌倉幕府成立、奈良東大寺大仏再建の黄金を求め西行が東北平泉へ。源義経は平泉にて鎌倉を攻めようと
この小説のURL : https://ncode.syosetu.com/n1703dc/65/

源義経黄金伝説■第66回1199年(正治元年) 源頼朝の目の前に炎上する鎌倉の姿が見えている。

源義経黄金伝説■第66回



作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

Manga Agency山田企画事務所

★漫画通信教育「マンガ家になる塾」

★http://www.youtube.com/user/yamadakikaku2009



 1199年(正治元年) 鎌倉



 鎌倉の朝。1199年(正治元年)1月13日



鎌倉街道の地面に落ちた霜が太陽を受けて、湯気をあげている。気おもいで

気分のすぐれぬ頼朝は、単騎でゆっくりと動いて来る。大姫の死が、頼朝の

こころを責めさいなんでいる。



鎌倉街道の要所、相模川の橋の完成式の帰りであった。この時のお共には、広

元は最初から参加していない。頼朝は馬に乗り、見知らぬ道を通っていた。ふ

と、回りを見ると、いつもはいるはずの郎党共の姿が見えない。おまけに辺り

にはうっすらと霧が出てきたようである。



「これは面妖な…、ここはどこだ…」

きづくと霧の真ん中に頼朝が一人。

 頼朝は、ひとりごちた。道の向こうに人影がぼんやりと見えている。

「おお、あそこに人がおる。道を尋ねよう」

頼朝はそちらに馬を進めた。



 すでに鬼一法眼の術中に嵌まっていることに、頼朝は気付いていない。

鬼一得意のの幻術である。



 この時、頼朝の郎党の方は、大殿の行方を捜し回っている。

が、みつからぬ。二股道の一方を頼朝が通ったあと、鬼一の手の者が偽装したのだ。頼朝は、郎党から切り話されて霧ふかき見知らぬ森の中にいる。護衛から全く切り離され、一人きりなのである。

頼朝を乗せた馬は、一歩一歩と、その人影に近づいて行く。



どうやら、若い女性のようだ。旅装で網代笠を被っている。頼朝は馬上から

尋ねた。女の体つきに、へんに見覚えがあった。

「これ、そこなる女、ここはどこなのだ。そして、鎌倉までの道を教えてはくれ

ぬか」

 女はくぐもった小声で答える。



「頼朝殿、鎌倉へお帰りのつもりか。もう鎌倉はござらぬぞ。お前様は帰ると

ころがない」頼朝は奇異に感じた。

「何を言う、貴様、妖怪か」



叫ぶが早いか、頼朝は、女の網代笠を馬の鞭で跳ね飛ばした。瞬間の霧の中

から、ごおーっという音が起こっている。

おお、これは…、幻影か。



頼朝の目の前に炎上する都市の姿が見えていた。霧の仲にくっきりとその映像が見えるのだ。

頼朝は、平泉のことを思い出しているのかと一瞬思う。う、これは、なんとした事。

が、よく見ると、そこは鎌倉なのだ。



「何ということ。儂の鎌倉が燃えている。どういう訳だ」

自分が手塩にかけた愛しき町が燃え上がっている。鎌倉という町は、頼朝にと

っていわば、自分の記念碑である。

「き、貴様」女の顔を見る。



「うわっ、お前は大姫」

 四年前に奈良でなくなったはずの愛娘、大姫の姿がそこにあった。大姫は頼

朝の方へ両手を伸ばした。顔はて暗がりではっきりとは見えないのだ。

「さあ、父上、私と一緒に極楽浄土へ参りましょう」

 大姫が指さす方は、燃え上がる鎌倉である。



「あの中へと」

 その炎上の中にいる人々の姿がはっきりと見えていた。平氏、奥州・藤原氏

の武者、そして源氏の武者、おまけに義経の姿もある。今までの頼朝の人生で

手にかけてきた人物たちである。

「さあ、父上の親しい皆様が、ほれ、あのようにあちらから呼んでおいです。さあ、父上、はよう」



 頼朝はゆっくりと馬から降りて、ふらふらとそちらの方へ歩んでいる。

 突然、石つぶてが、頼朝の体といわず頭といわず降り注いできた。

「ぐっ」



 頼朝は、頭に直撃を受け倒れ、気を失う。淡海の部下が数名、投弾帯や投弾

丈をもちいて、ねらいたがわず、頼朝に命中させていた。投弾帯は、投石ひも

ともいわれ石弾をはさむ一本のひもで、石弾をはさみ下手投げでなげる。時速

八〇キロの速度はでた。



 頼朝はしばらくして気付いた。が、目の前はまだ霧の森の中である。

「い、今までのことは夢であったか」

頼朝は叫んでいる。

人影がある。大姫の姿があった。

「お、大姫。助け起こしてくれ」

 今は亡き大姫の名前を呼ぶ。しかし、大姫は反応しない。



「儂が悪かった。許してくれい。お前の幸せを考えず、志水冠者殿を殺してし

まったのは、俺の不覚じゃ。許せい」

志水冠者は、頼朝が殺した大姫のいいなづけ、木曽義仲の息子である。

 大姫の姿がするすると、頼朝のところへ近づいて来る。

「本当に、そうお思いですか」顔をよせてきた。

「そうだ」頼朝は、大姫の顔を仰ぎ見た。



 いった瞬間、大姫の服が弾き飛ばされている。

 そこには、うって変わって、りりしい若い武者が立っている。



「お、お前は何者」

大地をころびながら頼朝が叫んでいた。

「源義経が遺子、源義行にございます」

 頼朝は、驚き、その人物の顔をしかと観察する。



「まてまて、お前は義経が子か」

「そうでございます」

 義行は、頼朝に対して刀を構えている。しかし目には不思議に憎しみはない

のだ。頼朝に対する哀れみが見える。



 この男は…、本来ならばおじになる。

が、我が父を葬った男。鬼一から話を

聞き日々の憎しみを増幅させ、この計画を練ったのだ。しかし、実際に、頼朝

と対峙してみる、と、悪辣なる敵のイメージとあまりにもかけはなれている。

頼朝には一種独特の凄みがありながら、その体から悲しみを感じるのだ。



愛娘を死なした絶望が見える。頼朝の人生は多くの人々の亡骸から気づかれてい

る。悲しい人生かも知れぬ。おのの存在、源氏の長者として大きくみせなけれ

ばならなかった。いままで、源氏のだれもが、望み得なかった高見に頼朝はい

るのだ。

しかし、この悲しみの原因は何のか。

そして、義行を哀れみの情で見ているのだ。驚いたことに頼朝は、涙を流しているではないか。



源義行は思わずたじろぐ。



「義行殿、不憫よのう、お主は、我が父、義経が、北へ逃れ、蝦夷の王、

いや、山丹の王になっておるをお主は知らぬのか。

私頼朝が、ある人物との約束で許したのだ。」



何をいまさら、血舞いよい事を。

その言葉の一瞬、源義行は、頭に血が上り、



この後に及んで、私をたぶらかそうとするのか。やはり叔父上は、見かけで

はなく、本当に悪人なのかも知れぬ。

義行は、迷うが、怒りをあらわに再び切りかかる。



同時に、木陰から数個の石が雨あられと降り注ぐ。再び狙い過たず、頼朝

の体に命中していた。額からは、うっすらと血が滲んでいる。頼朝が再び地に

伏す。



「蝦夷だと、ええい世迷いごとを、、叔父上、 父の敵、覚悟…」

 義行が、大声で呼ばわり、大地に倒れている頼朝に走りより、刀で刺そうと

した。



 突然、じろりと頼朝が、うつむいていた顔を持ち上げ、義行にまなざしを向

ける。 不思議な鋭い眼差しであった。空虚うつろ。深き絶望が、その眼の中に見えるのだ。



「ううっ…」

義行は、振りあげた刀を、叔父の体に振り下ろすことができない。

「うっつ、くそ」



義行は、叫び声をあげ、いたたまれなくなり、急に後を振り向き、霧の深い

森の外に走り出した。

義行の体がおこりのように、体がぶるっと震えた。



なぜだ、なぜ俺は、この父の敵の叔父上を打てぬのか。それに父が、、

義経が蝦夷、山丹の王だと、聞いていない。鬼一はそれを知っていたのか。

疑問が渦を巻く。

「くそっ」

義行は、途中で思わず路傍に、武士の魂、刀を投げだすように捨てた、一目さ

んで逃げ出している。



倒れている頼朝の側に、霧の中からのそりと僧服の大男が現れていた。

「頼朝様、ごぶじか」

「おお、文覚、助けに来てくれたか」

「鬼一、ひさしぶりだのう。お主の計画、俺が止めてやるわ」

霧の中に向かって文覚がしゃべっている。

森の中の霧が、ゆっくりと薄らいできた。



霧の中から、同じような格好をした鬼一が、背後に人数を侍らしながら現れて

いる。

「くそっ、文覚め。よいところで、邪魔をしおって。だが、いい機会だ。

西行殿の敵、ここで討たせてもらうぞ」



鬼一も言葉を返す。

「ふふう、逆に返り討ちにしてくれるわ」

「まて、まて」

 二人は構えようとしたが、騒ぎを聞き付けて、ようやく頼朝の郎党が、刀を

構えて走ってくる。



「勝負は後でだ、文覚」

鬼一は走り去る。



「わかりもうした」

文覚は、逃げていく鬼一の集団にむかい叫ぶ。



「頼朝殿、しっかりされよ」

 文覚は、頼朝の体を揺さぶり抱き起こした。気を取り戻す。

「傷は浅手でございますぞ」

「文覚、今、儂は、義経の子供にあつたぞ」

「おきを確かに」



文覚は、あたりに転がっている頼朝を倒した石を調べてみる。石の表面がわ

ずかに濡れている。何かの染料か。文覚は石の先を木の枝で少し触り、その匂

いを嗅いでみる。



「くそ、鬼一め、丹毒を塗っておる。いずれは吉次か、手下の鋳物師から、手

に入れよったか」

「はよう、大殿を、屋敷に」



文覚はあわてた、

この時期に頼朝殿をうしなうとは、鎌倉の痛手となる。ましてやこの文覚がそだてた頼朝殿を、日本の統一を手にした頼朝殿を、、この手配は、京都の手のものか。ゆるさじ。



続く



作 飛鳥京香(C)飛鳥京香・山田企画事務所

Manga Agency山田企画事務所

★漫画通信教育「マンガ家になる塾」

★http://www.youtube.com/user/yamadakikaku2009






最終更新日  2020.05.25 15:40:13
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.