829899 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山鹿ゆらり七変化

プロフィール


山鹿ゆらり七変化

カレンダー

カテゴリ

バックナンバー

Feb , 2020
Jan , 2020
Dec , 2019
Nov , 2019
Oct , 2019

キーワードサーチ

▼キーワード検索

サイド自由欄

【ブログの内容について】
山鹿市は、このブログに記載される個別の店舗情報や商品情報並びに「楽天市場」内の特定の商品を推奨したり品質保証をするものではありません。

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 山鹿情報へ
にほんブログ村

QLOOKアクセス解析
Jun 22, 2012
XML
カテゴリ:その他

お隣の福岡の伝統的な夏祭り・博多祇園山笠の飾り山を納める「山笠小屋」の大黒柱に、去年から、鹿北でゆっくりゆっくり育った樹齢約110年の綾杉が使われていたことをご存知ですか

綾杉発祥の地は、福岡県西暦200年。朝鮮半島にご出征された神功皇后が、帰国後、鎧に着けていた杉の枝を香椎宮に挿し木したのが始まりだといわれています

今なお、香椎宮には、ご神木として、枝葉を天空に突き上げるようにして葉を繁らせています

およそ1800年の時を経て、福岡の歴史ある博多祇園山笠に里帰りした綾杉博多駅の前に、天に届くような綾杉の大黒柱は、見ている私たちを圧倒させます

博多駅商店連合会の飾り山を納めている綾杉を使った山笠小屋。7月1日に向けて、着々と準備が進められています

写真は、昨年度の立て込みの様子です設置した鹿北の工芸社ハヤタさんから写真をいただきました

山林から搬出されて皮を向いた状態。すべて手作業で進めました

丸太.JPG

博多駅前に、まず柱が立っていきます

柱.JPG

屋根も、綾杉を製材したものです

たてこみ.JPG

完成。足場が外されます

山小屋.JPG

神事の後、いよいよお披露目です

103.JPG

昨年は、人気のワンピースと、反対側が江でした。内容は、博多祇園山笠の公式ホームページに紹介してあります。今年は、何でしょう南も楽しみです

106.JPG

1年が過ぎ、鹿北に保存してあった大黒柱が、6月15日、博多に向けて出発しました博多駅の前には、少しずつ姿が見えているころでしょう

杉は、使い込むほどに、いい光沢を見せてくれます

期間は、7月15日までです。皆さん、ぜひ、里帰りした綾杉を見に行きましょう

 

 







最終更新日  Jun 22, 2012 09:02:57 AM
[その他] カテゴリの最新記事


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.