084159 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山げんき研究所                 ~元気な山を次代への贈り物にしたい~

PR

カテゴリ

コメント新着

 志太郎(山げんき研究所)@ Re:聖愛の講演会にて(09/28) 池の側@さくこさん はじめまして! 書…
 池の側@さくこ@ 聖愛の講演会にて 先日講演会の後フィールドについてなどお…
 池の側@さくこ@ 聖愛の講演会にて 先日講演会の後フィールドについてなどお…
 志太郎(山げんき研究所)@ Re:先日はありがとうございます(07/08) 司元さん 先日は声をかけてくださり 本…
 司元@ 先日はありがとうございます コトハナセミナーでお会いしました司元で…

お気に入りブログ

成長が待ち遠しい。 参月9さん

ひと休み 野見山 文宏さん

スロー・ボディー・… 野見山文宏さん

・・・・・・・・半… 塩見直紀(半農半X研究所)さん
自分らしく生きる kan1864さん

フリーページ

プロフィール


志太郎(山げんき研究所)

2006年09月28日
XML
カテゴリ:写真


園児1
大阪市阿倍野(あべの)区にある
聖愛幼稚園の子どもたちが
森にやってきました。


園児2

0609280074.JPG
・3歳児~5歳児合わせて、なんと108名!
・園長先生を含む先生方合わせて9名。
・森林ボランティアスタッフ8名。

総勢125名!
静かな森と原っぱが久しぶりに
にぎわいました。



園児4


園児5


園児6



私が所属している森林ボランティア

Save Forest Club (セーブ・フォレスト・クラブ)
(NGO里山復興協力隊) 本部:東大阪市。主催。

園児はS.F.Cの活動拠点
高井田フィールド(大阪府柏原市)に到着すると、

興奮気味!

原っぱの虫たちを夢中で追いかけています。

ふかふかの草のふとんに

大の字に寝ころんで空を見上げる子どもたち。

枯れ草を投げ合う子どもたち。

デコボコ(凸凹)の地形を転けながら
楽しそうに行ったり来たりする子どもたち。


私は土手の上からしばらく
子どもたちのはしゃぎまわる姿を
じっと見せてもらいました。


うれしくて、嬉しくて、ただウレシクテ・・・(涙)

これだなっ!!て思いました。

写真を89枚も撮っちゃいました!


オニギリをおいしそうに食べる子どもたち。


午後は森の中の散策。

アッという間に3時間が過ぎてしまいました。

楽しすぎて帰りのバスに乗りたがらない子どもたち。



山も人も元気にしたい。

山げんき研究所を創設して1年と8カ月が経ちました。

まだまだ手探りの状態ですが、

まずは

「好きなことをする人に自分でできる限りの協力をする」。

これに集中しようと思っています。


夢中にはしゃぎまわる園児の姿を見て

「自分が進んで行く方向はこれでいい」と心から思えた

秋の1日でした。


子どもたちが帰ったフィールドは

すごく静かです。さみし~~い。

虫たちもまた
普段の生活に戻ったことでしょう。


以下はS.F.Cの案内です。

◆大阪市阿倍野区にある大阪キリスト教短期大学
附属聖愛幼稚園(団体会員)の園児が、
高井田フィールドにやってきます。

園の取り組みとして、9月から来年3月まで
毎月1回森で色んな取り組みを予定しています。


◆1回目は9月28日(木)10時~13時。
フィールドの探検、森の中での遊びが中心。
一緒に森を探検して下さるボランティアを募集します。

次月以降間伐や道づくりなども予定しています。

◆募集人数は10名(先着順)、
申込は本部大阪事務局まで。
Save Forest Club (NGO里山復興協力隊) 鈴木ゴリ宣仁










最終更新日  2006年09月29日 06時31分23秒
[写真] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.