085067 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山げんき研究所                 ~元気な山を次代への贈り物にしたい~

PR

カテゴリ

コメント新着

 志太郎(山げんき研究所)@ Re:聖愛の講演会にて(09/28) 池の側@さくこさん はじめまして! 書…
 池の側@さくこ@ 聖愛の講演会にて 先日講演会の後フィールドについてなどお…
 池の側@さくこ@ 聖愛の講演会にて 先日講演会の後フィールドについてなどお…
 志太郎(山げんき研究所)@ Re:先日はありがとうございます(07/08) 司元さん 先日は声をかけてくださり 本…
 司元@ 先日はありがとうございます コトハナセミナーでお会いしました司元で…

お気に入りブログ

【連続投稿その2】… 野見山文宏さん

【連続投稿その2】… 野見山 文宏さん

『よさこい祭り』の… 参月9さん

・・・・・・・・半… 塩見直紀(半農半X研究所)さん
自分らしく生きる kan1864さん

フリーページ

プロフィール


志太郎(山げんき研究所)

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

境界

2010年10月17日
XML
カテゴリ:境界
吉野1

吉野森林管理サービス 代表 今西 秀光さんと初対面(合宿)。

山小屋でいろいろな想いを話し合いました。


初めて会って、お互いに12時間しゃべり続けました!

2010-10-17 18:59:54


今西さん、お母さん、奥さん
いろいろありがとうございました。


里山で適正な利益を上げながら
山と人を元気にするビジネスが静かに進行しています。

吉野森林管理サービス

林業GPS 徹底活用術 今西秀光さん共著


自分らしく生きる







最終更新日  2010年10月18日 07時12分55秒
2009年05月24日
カテゴリ:境界
6月末から
とても楽しみな
映画がスタートします♪


同じ職業(測量)人の視点と

木村大作 映画監督兼カメラマン の

「私の映画人生50年のすべてを、この1本の作品に懸けました」

と言う意気込みからして、とても楽しみです♪


CG(コンピュータ グラフィックス)を一切使わずに

すべて直撮りだそうです!!


自分(志太郎)の測量人生26年と重ね合わせながら
じっくり観たいと思っています。

劔岳(つるぎだけ) 点の記








最終更新日  2009年05月24日 08時36分35秒
2009年04月29日
テーマ:お勧めの本(4932)
カテゴリ:境界

森林の境界確認と団地化


森林施業計画ガイドブック


荒廃した山林に人間の手を入れて再生する。

山も人も元気になる♪


温暖化防止。

原因不明の伝染病。

動機不明の犯罪。。。。。。


低減できる仕組みをつくりたい。

私のやっていることは小さすぎるかもしれませんが

自分の出来ることを積み上げていこうと思います。







最終更新日  2009年04月29日 07時33分50秒
2008年12月03日
カテゴリ:境界
きょうは大阪市内で境界立会です。

境界点の位置が1cmずれただけで
土地の面積に変動が生じます。

合法的な範囲内で依頼者の利益を確保する。
と、同時に公正、中立な立場で立会に臨む。

では、行ってきます。






最終更新日  2008年12月06日 12時15分29秒
2008年10月13日
カテゴリ:境界
10/8~12日まで
ふる里の鹿児島(霧島)に行って来ました。


今回の帰省の目的は、山林の境界確認です。

我が家の山ですが、30数年ぶりに入ったため
範囲(境界)の確認に時間がかかりました。

■書証
・地籍調査図(不動産登記法14条地図)
・一筆地形図
・境界座標値
・境界点網図


■人証
・地元精通者
・古老


■物証
・地形(高低差、尾根、谷等)
・地物(境界杭、塚)
・樹種(スギ、ヒノキ、雑木)
・樹齢

等を手がかりにして
境界が明確になりました。


作業が残ったのは、塩浸(しおひたし)の山のみになりました。

幕末、京都・伏見の寺田屋で傷を負った坂本龍馬が妻のおりょうと
湯治に来た塩浸温泉があるところです。








最終更新日  2008年10月15日 06時41分26秒
2008年10月07日
カテゴリ:境界
山林の境界確認に行って来ます。






最終更新日  2008年10月07日 06時51分45秒
2008年03月22日
カテゴリ:境界
3月末、山の境界確認をします。

目的は間伐または皆伐のため。

今回は小型のGPS機器を使って
境界杭の調査、確認をします。

当地は昭和62年に
国土調査法による地積調査済みです。

昨年、図面と巻き尺のみで
境界調査をしましたが、

20数年経過しているため、約7割が境界不明!

今回こそは全点確認を、
と思っています。

その手法として、まず

・日本測地系の境界座標値を世界測地系座標に変換

・その後緯度、経度に変換

この北緯と東経値を使って
GPSで調査します。

自宅近くでテストしたところ、
±4mの誤差で位置確認できました。

森林内では立木の影響で
人工衛星からの電波受信率が低下すると
思われますが、何とかしたいです。








最終更新日  2008年03月22日 11時18分22秒
2007年08月24日
カテゴリ:境界
土地や建物の調査・測量・登記です。

その内の8割くらいは
土地の調査です。

調査には

資料調査(法務局保管資料等)

権利調査、現地調査(境界調査)等があります。


今日の仕事は
関係者との土地の境界確認立会でした。


一番神経を使う業務です。


連日の外業はカラダにこたえます。

今日も気温は35℃!!

アスファルトからの熱気と照りつける太陽さま。
ふう~


あまりの暑さに
カラダがとけてしまいそうです。

9月初旬まで外業が続きます。

9月26日の日曜日も仕事です~
ファイト~。

プロフィール






最終更新日  2007年08月25日 08時16分12秒
2006年11月26日
カテゴリ:境界

4泊5日で霧島の実家に帰ってきました。

大阪(梅田)発 夜行バス
  ↓
鹿児島空港南
  ↓
JR肥薩線 嘉例川駅
  ↓
JR肥薩線 霧島温泉駅 下車
  ↓
実家着


今回の目的は、山の境界管理と間伐です。
5箇所ある所有林の半分2.5箇所を踏査できました。

30年ぶりぐらいに行った山は
すっかり様子が変わっていました!

事前に入手済の境界図面を手がかりに、
地元古老数人に聞き込み調査。

雨の中、カッパを着て周辺を案内して
くださいました。

おかげさまで境界が何とか分かってきました。

還暦を過ぎた母もいっしょに山の中へ。
巻き尺をもったりして
測量を手伝ってくれました。

連日の山仕事でちょっと疲れたけど
山は元気になってくれたことでしょう。

次回は携帯GPSを持参しようと思っています。











最終更新日  2006年11月28日 06時48分03秒
2006年08月24日
カテゴリ:境界
大阪府地籍フォーラムに行ってきました。

まちづくりや都市再生には、正確な地図(14条地図・地籍図)が必要です。

***
【地籍とは】
地籍とは、一筆ごとの土地に関する
地目・地番・面積・所有者等の記録です。

ところが、登記所に備え付けの
土地登記簿及び地図の多くは、

明治時代の地租改正によって
作られた地図をもとにしたものであり
土地の境界が不明であったり、面積も不正確
あり正しい土地の把握ができません。



【地籍調査と目的】
このため、みなさん方の重要な財産である土地の実態を
正確に把握するための地籍調査を実施する必要があります。

地籍調査は、土地に関する最も基礎的な調査であり、
毎筆の土地について、その所有者・地番及び地目の調査
並びに境界及び地籍に関する測量を行い、

その結果を地図及び簿冊に作成し、国土の実態を科学的
かつ総合的に調査することにより、

国土の開発及び保全並びにその利用の高度化に
資するとともに、あわせて地籍の明確化
を図ることを目的としています。
(地籍調査のススメ・大阪府)
***



地籍調査実施50年の現段階で進捗率は全国平均で47%。
都市部で19%。

大阪府はなんと2%。全国最下位です!。
複雑な権利関係が原因とのこと。


大阪府は今後の基本方針として

10ヶ年計画における目標値(平成18年度から平成27年度)

★着手目標:府内全市町村(43市町村)

★進捗目標:182平方キロメートル(大阪府面積の10%以上)

を掲げています。



目標達成へ向けての4つの方策

1.都市再生街区基本調査成果を活用した地籍調査の推進

2.土地境界の不明確化が進む森林部での地籍調査の推進

3.行政資料(区画整理資料や道路台帳)を活用した新たな地籍調査

4.面整備による国土調査法第19条第5項指定の啓発



地籍調査の

■メリット
1.公共事業の円滑化
2.住民間や官民間のトラブル防止
3.適正な課税
4.よりよい街づくり
5.災害等の復旧
6.GIS(情報化)で住民サービス


■デメリット
多額の予算をかけて実施しても境界確認トラブル等が発生して
事業が進まない。
特に都市部は、土地が細分化されており、
権利者が多数でかつ1cmくらいの境界認識の相違で話が進まなくなる。


***
大阪府地籍フォーラム プログラム

主催:大阪府
後援:国土交通省

開催場所:エル・おおさか(大阪市中央区)

開会あいさつ:大阪府環境農林水産部長

あいさつ:国土交通省 土地・水資源局 国土調査課長

体験発表:「地籍調査に対する住民の期待」

      田尻町事業部 都市政策課 参事

講演:「都市再生と地籍調査」

      早稲田大学特命教授
 
***

以上









最終更新日  2006年08月25日 06時23分37秒

全38件 (38件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.