2019.05.24

深く考えずに痛いから手術をした結果~本当にあった怖い話~

カテゴリ:カテゴリ未分類
これは私の話ではない。

ひょんなことから、出産より痛いと言う痛みと闘ってる3人の子供のママさんと知り合った。

彼女は、二年前お尻の上の辺りにしびれを感じた。
それで通っていたクリニックが、ゴッドハンドと呼ばれる先生を擁するX病院を紹介してくれた。


検査すると仙骨神経根嚢腫、という病名らしい。

ゴッドハンドは、ああ、これは若いうちに手術したら必ず治るよ。絶対手術して方がいい、て、いった。

それで、彼女は特に考えもせず1か月後に手術を受けた。

ところが、
ところがである。


痛みは減るどころか、すごいことになった😭

自転車のサドルに乗る部分のお尻の感覚が全くない😫😫

排泄の感覚が全くない😫😫😫
だから、ここではあんまり、書けないけど、トイレは普通の方法ではできない。

それだけではない。
MRIでもCTにも写らない正体不明の強烈な痛みに襲われた。
しかも、それがずっとである。
歩く機能は失われてないけど、歩いても座っても寝ても、とにかく痛い。
その痛みが半端ないらしい。
3人産んだ彼女が、出産より痛いと言ってる。
私ならとっくに気絶しているだろう。
その痛みがもうかれこれ1年半も続いてる、て。
もちろんありとあらゆる痛みをとる方法を試した。
今も試し続けているそう。

そんな痛みと闘ってる彼女、それでも人に気遣って、自分の痛みのせいで家族が暗くなってしまった、と家族にとても気を遣っている。そして先生も誰も恨まずに、希望を持って頑張っている彼女を私はとても尊敬している。
歩くのさえ激痛を伴うどころか、タクシーで車が揺れるのさえ痛いのに、根気よく病院に通う彼女はすごい。
夜、痛みに耐えられなくて、寝返りしながら声を出してしまうことがある。それを隣の旦那様に聞こえて申し訳ない、て思ってるその思いやりに感心する。

私だったら、どうしてるかな。
出産、痛くて大騒ぎだった。それも人生でトータル20時間程度。
あんな痛みが続くなんて、重ね重ね信じられない。私はずっとけたたましい声を上げてるかも。



彼女から学んだこと。
ゴッドハンドとは言っても、失敗することがあること、後で調べたらこの症状ではリスクの方が大きいから、他の病院ではそうそう手術を行わないらしいこと。

神経系の手術をする時は、できる限りいろんな情報を調べ、お金はかかってもセカンドオピニオンも求め、とにかく命にかかわらないなら、慎重にやった方がいいんだ、てこと。


重ねて言うが、彼女はゴッドハンドを恨んでない。希望を持って治療に取り組んでいる。
私には彼女こそが神に見える。


家族も協力的である。
家事も病院の送迎もしてくれるそう。
彼女の尊い性格が家族を動かしていると思う。
もちろん家族も本当に優しいと思う。


彼女と彼女の家族に幸あれ!と祈ってやまない。


誰か馬尾神経痛の強烈なやつ、治し方知っていたら教えて欲しい。
情報求む!

#仙骨嚢腫 #仙骨嚢胞 #馬尾神経痛

PS
ミクシィに仙骨嚢腫のコミュニティ見つけました!!







TWITTER

最終更新日  2019.06.17 23:02:15
コメント(0) | コメントを書く