3479771 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

山本浩司の雑談室2

PR

カレンダー

サイド自由欄































2018.05.07
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
GWが明けまして、司法書士試験の受験申請の受付期間が始まりましたね。
今日、さっそく申請という方もいらっしゃるでしょうね。

さて、本試験では走馬灯が回るというあたりのお話をしました。
では、普段、どういう学習をすればこれに対応できるでしょうか。

まず、普段の学習態度が真剣であることを要します。
本試験のときだけ集中しようという考えは全くのムリ筋です。

私は、受験時代は、一日10時間の集中した学習を欠かしたことがありませんでした。
ですから、本試験の前日は、「あと、たったの5時間だけ集中すればよいのだな」という気楽な感じでした。
そのくらいでちょうどよいです。

集中というのは、時間を忘れることです。
勉強をしていて、「あれ。もう3時間もたったんだ」という感覚のときは、集中しています。

また、本試験でアタマが真っ白になるとあいまいな学習はなんの役にも立ちません。
確実にカラダで理解し、深く学んだことだけが役に立ちます。
ですから、本試験の前のこの時期は、いままで学んだことを「当たり前のこと」と思えるように、学習の質を深めていくことが大事です。






最終更新日  2018.05.07 09:19:18

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.