3631371 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山本浩司の雑談室2

PR

カレンダー

サイド自由欄































2019.03.14
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
改正相続法は、その大部分が今年の7月1日に施行となります。
はてさて、その改正部分が今年の試験の出題範囲となるや否や、不明の状況が続いておりますが、いまだに当局より何の発表もありません。

こういう場合、改正法を出題の対象とするのであれば、試験当日の半年くらいまえにその発表があるのが普通です。
もちろん、それが、受験生のみなさんに十分な学習をしていただくための配慮です。

しかし、それが、ナイということは、どうやら、今年の試験は例年と異なる取り扱いはしないという意味ととるしかなさそうです。

つまり、今年の試験要綱は、例年通り、4月1日時点での法令に基づく出題となるわけで、相続法は、すでに今年1月13日施行の自筆証書遺言の要件緩和(財産目録はワープロでよい)を除けば、改正前の民法での出題と思ってもよい時期に来たなあと思います。

ただ、試験当日(7月7日)においては、すでに過去のものとなった法令を出題するのは、違和感がありますし、たぶん、法改正部分は避けての出題となりそうな気もします。

まあ、試験要綱の発表を見れば、すべての疑問は氷解するでしょう。






最終更新日  2019.03.14 19:28:29

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.