412968 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

気のむくままに徒然日記

PR

Calendar

Favorite Blog

尺取虫VS恐竜 花子8888さん
南イタリア家庭料理… momoesakuraさん

Category

Comments

omachi@ Re:運慶展(10/16) 運慶展を観た方にWEB小説「北円堂の秘…
ヨッシー555@ Re[1]:Outlook 2016 を使いやすくカスタマイズ!(05/22) Good morning(^_-)-☆ 極楽爺さんへ コメ…
Good morning(^_-)-☆ 極楽爺@ Re:Outlook 2016 を使いやすくカスタマイズ!(05/22) 勉強になりました。
ヨッシー555@ Re[1]:Adobe Reader X がうまく動作しない!(01/18) きょろさん、コメントありがとうございま…
きょろ@ Re:Adobe Reader X がうまく動作しない!(01/18) 助かりました! しばらくの間、すぐにフリ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ヨッシー555

Archives

2017.10.16
XML
カテゴリ:絵画・音楽鑑賞

一昨日、上野の東京国立博物館で開催されている「運慶展」を観に行きました。

美術館に行く時、朝早い時間だと入館の列ができ混雑するけれど、帰りには空いていることが多いので、今回は昼近い11時過ぎに入館しました。
待ち時間なしで入館できましたが、作品の前にはそれなりの人混みができていました。





普段は日本各地の寺院に所蔵されている運慶作の仏像たちが、一堂に結集し観覧できる貴重な機会です。
  「国宝 大日如来座像」 (奈良・円成寺)
  「国宝 毘沙門天立像」 (静岡・願成就院)
  「国宝 八大童子立像」 (和歌山・金剛峯寺)
  「重要文化財 聖観音菩薩立像」 (愛知・瀧山寺)
  「重要文化財 地蔵菩薩坐像」(京都・六波羅密寺)・・・

また、運慶の父・康慶、息子の湛慶、康弁と3代にわたる作品も展示されています。


運慶の作品は、どれも姿かたちは力強くリアルで今にも動き出しそうです。
目には水晶が入っている仏像もあり本当に生きているようです。

衣の模様やひだまでが写実的で繊細に彫られ、本当に柔らかい布のようです。
衣の色がわずかに残っていますが、制作当時はさぞ美しい色彩だったことが伺えます。

会場では、迫力ある仏像たちが点在して展示され、仏像の後ろまで鑑賞することができました。

国宝、重要文化財級の作品を一度に観ることができ本当に素晴らしかったです。


11月26日(日)まで開催しているので、興味のある方はぜひ訪れてください。


● 興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」の公式サイト ​http://unkei2017.jp/







Last updated  2017.10.16 11:28:41
コメント(1) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:運慶展(10/16)   omachi さん
運慶展を観た方にWEB小説「北円堂の秘密」をお薦めします。
少し難解ですが北円堂建立の歴史的背景が分かります。
グーグル検索すれば無料で読めます。 (2017.10.16 17:57:06)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.