566364 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山南飛龍の徒然日記

PR

プロフィール


山南 飛龍

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

山南 飛龍@ Re:プリプリ 中村あゆ ドリカム ~(06/10) >謎の三文字☆村石太&ともちかさん コメ…
山南 飛龍@ Re:大丈夫!(^o^)b(05/27) >teru_k_lsfさん 何を言われますか!? …
謎の三文字☆村石太&ともちか@ プリプリ 中村あゆ ドリカム ~ プログで 渡辺美里 で 検索中です。 …

バックナンバー

2019年12月
2019年11月
2019年10月
2019年09月
2019年08月

お気に入りブログ

基本無料ゲーム「艦… New! Pepper Dさん

PURECOUNTRY fukkoさん
みゃあぽのため息 みゃあぽさん
オモシロ雑貨大好き… 原色局長さん
Welcome to rebbecca… rebbeccaさん
2008年06月15日
XML
心地良さと切なさが同居した回でしたね。

家定様と篤姫が徐々に夫婦らしくなっていく過程が微笑ましいです。

『誰も信じない』と言っていた家定様は何処にいってしまったのでしょう(笑)

篤姫からすれば、相談をされるなんて以前では考えられなかったことですし、張り切る気持ちもよく分かるというものです。

その篤姫は、夫の妻でありたいという想いと、父からの密命との間で揺れていて心中複雑なご様子。

まさに板挟みです。表情も声のトーンもいつもとは違いましたし。

でも、篤姫の心の内を知っているかのように声をかける家定様の姿からは深い優しさを感じますし、かなり夫婦らしくなってきた感じがしますね。

さて、今回最大の見せ場は、何と言っても家定様とハリスとの会見です!

アメリカ式の立ったままの会見を求めるハリスに対し、篤姫の意見を取り入れて高く積まれた畳の上から対面に臨んだ家定様。

流石のハリスも目を丸くしていましたし、その場に居た慶喜さえも不安げな表情をしていましたよね。

そのまま最後まで格好良くしていれば良かったのですが、ウツケのふりが長かったせいか、ついやってしまいます。

歌舞伎流挨拶!!!

言っている事は至極まともなのに、なぜか動きは歌舞伎の大見得(笑)

なぜ、この人はこんなにも美味しいところをもっていくのでしょうか。

素晴らしいとしか言いようがありませんよ。

思い悩む篤姫との会話中の微妙な表情や声の変化といい、かと思えば、見る者を唖然とさせるほどの弾けっぷりといい、本当に愛すべき人ですね。

次回も楽しみです(^-^)


徳川将軍百話


渚の篤姫御殿・小松帯刀セット






最終更新日  2008年06月15日 22時04分46秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビ・アニメ・映画] カテゴリの最新記事

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.