583201 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

山南飛龍の徒然日記

PR

プロフィール


山南 飛龍

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

山南 飛龍@ Re:プリプリ 中村あゆ ドリカム ~(06/10) >謎の三文字☆村石太&ともちかさん コメ…
山南 飛龍@ Re:大丈夫!(^o^)b(05/27) >teru_k_lsfさん 何を言われますか!? …
謎の三文字☆村石太&ともちか@ プリプリ 中村あゆ ドリカム ~ プログで 渡辺美里 で 検索中です。 …

バックナンバー

2020年05月
2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月

お気に入りブログ

「魔王様、リトライ… New! Pepper Dさん

PURECOUNTRY fukkoさん
みゃあぽのため息 みゃあぽさん
オモシロ雑貨大好き… 原色局長さん
Welcome to rebbecca… rebbeccaさん
2008年07月06日
XML
切なくも美しい回でしたね。

もはや家定様なしでは語れなくなった篤姫ですが、夫婦の絆ここに極まれりといったところでしょうか。

心底、お互いを必要としているのが伝わってきました。

家定様と篤姫の場面は、時間の流れがゆっくりに感じられるから不思議ですね。

二人を観ているだけで幸せな気持ちになるような、そんな魅力に包まれています。

その一方で、篤姫と幾島との間には溝が深まってしまいましたが、幾島の立場からすれば通り一辺倒になるのは致し方ないところ。

篤姫に強く出るのは、自らに与えられた使命の重さを自覚しているからに他なりません。

ここのところ、口を開けば同じ事しか言わない幾島に対して、しつこさを感じていた面もありましたが、これまで自分がなそうとしてきた事が目の前で音を立てて崩れゆく様は本当に無念だったことでしょう。

篤姫からすれば、正真正銘、徳川の人間になった決定的な瞬間でもありました。

しかし、それよりも何よりも、やはり今回は家定様でしたね。

体調も相当悪いようですし、その上で、後々のことを考えて最良の道を選ぼうとしています。

きっと本人は知っているのでしょう・・・

さて、いよいよ次回は、これまでで最も衝撃的な出来事が篤姫に襲いかかります。

私達も覚悟をして観なければなりませんね。

来週は絶対に見逃せませんよ!


徳川将軍家の結婚


日本刀 小松帯刀拵え(模造刀) 掛台付き






最終更新日  2008年07月06日 23時05分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビ・アニメ・映画] カテゴリの最新記事


キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.